青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐さん表紙『Eye-Ai』October 2019「嵐のワクワク学校2019」「嵐を旅する展覧会」レポート&屋良朝幸くんゲスト出演『すっぴん!』「One Love」振り付け裏話

こんにちは。


さっき郵便受けをのぞいたら嵐さんが表紙の『Eye-Ai』October 2019が届いていました。


もうほとんど既出の内容ではあるのだけれど、雑誌レポしてみましたので良ければ読んでいただけると嬉しいです。



あとですね、8月30日(土)に屋良っちが『すっぴん!』というラジオ番組に出演していて、嵐さんの『One Love』を振り付けたときの話などもちょっとしていたので、その部分のみ文字起こしを載せておきたいと思います。
嵐さんと翔くんのお名前が出ていました。


また、振り付けだけでなく、舞台のことジャニーさんのことなど興味深い話を聞くことができました。
途中で『One Love』も流れていましたよ^^



www.billboard-japan.com
 

Eye-Ai October 2019

嵐 表紙「嵐のワクワク学校~時空をJUMP! すべてが愛おしくなる修学旅行~」「ARASHI EXHIBITION JOUNEY 嵐を旅する展覧会」(日本語訳つき)(巻頭モノクロ6+2ページ)


表紙は嵐さんの展覧会の会見のときのもので、背景にはロゴの入ったパネルが。
NAOSMと並び、智くんがセンターで、皆さんガッツポーズしています。


智くんは左手の拳を握り、グレーのジャケットに白T、光沢のあるワインレッドのパンツに茶色い紐靴を履いていました。


嵐さんの特集は巻頭でワク学が6ページ、展覧会が2ページ。
いずれも全て写真は白黒です。


ワク学1~2ページ目は見開きで、嵐先生とJUMP助手が集合写真を撮っているところ。
ポーズは大野光線なので(笑)、白黒だと智くんのひじのとんがり具合いが余計にくっきりしている気がします!


3~6ページ目まではワク学のレポととともに写真もたくさん載っています。
ただ、あんまり智くんが大きく写っているものはないかな~。
全体的に引きの画が多かったです。


展覧会についての特集は2ページあって、こちらは既出の写真ばかりでした。


……ところで、こちらの雑誌は本文が英語で巻末に日本語訳がついているのですが、ちょっと驚きました。


ワク学は普通のレポなのだけれど、展覧会のほうには展示のテーマとか若干ネタバレが書いてあります。


これから展覧会に行かれる方で、新鮮な気持ちで楽しみたい! という方はこちらの雑誌を読むのは展示を観たあとがいいかもです。


・Amazon

Eye-Ai [Japan] October 2019 (単号)


すっぴん!【ゲスト:屋良朝幸】(2019/8/30)


コレオグラファーとしても活躍している屋良朝幸くんですが、以前ジャニーさんはタレントが振り付けをするのをいやがっていたところがあったそうで。


そこから嵐さんの『One Love』に振りを付けたときの話題へ。


屋良っち「まあ、言っちゃえば、自分らしい振り付けではないんですけど(笑) 何か、あの、嵐のメンバーと話して、何か、嵐のメンバーがどうもやらの振り付けの『手の印象がすごくある』って言ってくれて。自分でわかんないんですよ。だから『そうなの?』みたいな話をして」


屋良っち「だから何か、あの、普段やってるちょっとノリのいいものじゃなくて、『手の振りで表現して欲しい』って言われて」


屋良っち「でも最初『無理』って言ったんです、僕。1回断ろうとして(笑) でも、『それでもやって欲しい』って言ったから、じゃあやってみようかなって話になって作ったんですけど」


1曲の振り付けが30分でできることもあると言っていた屋良朝幸くんですが……。


屋良っち「まあ、これほんとにね、一番時間かかったんじゃないかなあっていうぐらい悩みました。たぶん1週間、この1曲で。何か、イメージが湧かなくて。こういう曲調で僕振り付けしないんですよ。もっとダンサブルな……」


屋良っち「どういう風にしたら、じゃあ、あの、この曲を見てくれるファンのみんなが喜んでくれるかなって、ものすごく考えて、それぐらいかかってしまったんですけど」


屋良っち「でも結果的に作って、あの、東京ドームとかで、自分が作った振りをファンのみんなが、みんな覚えてくれて、こう、まねしてやってくれるの見たとき、ものすごい感動しましたけど。『あ、やって良かった』って思いましたけど」


あと、興味深かったのが、屋良っちが初単独主演したミュージカル『道化の瞳』についての話題。


それまで事務所内の舞台出演はしていたけれど、外部の舞台に出るのもこれが初めて。
しかし、オファーが来て事務所からOKが出るまでに1~2か月かかったとのこと。


屋良っち「で、僕、毎日ジャニーさんに、『ね~、ジャニーさん、やらしてよ~』みたいな(笑) 毎日、もう何か直談判して、『ん~、ん~』ってジャニーさんずっと言ってて、1か月後に『じゃあ、やってみれば』、『よっしゃー』と思って」


ジャニーさんはいったい何が抵抗だったのか、屋良っちは聞いていないそう。
でもミュージカルを観に来たジャニーさんが「良かったよ」と言ってくれたので、どんどん外部の舞台に立つようになった……と屋良朝幸くん。


また、15歳ぐらいにのときダンスミュージックやストリートダンスに出会うものの、まだジャニーズにそれらは入ってきておらず、自分で振り付けを始めた屋良っち。


屋良っち「(事務所からOKがなくても)勝手にやってました(笑)」
「『振り付けしないでくれ』みたいなことも言われてりして(笑)」
「もう自分たちでやりたからみたいなことやって、それを何か無理くりやってる状況で」


屋良っち「ただ、そのときに何か結構一緒になってくれたのが、あの、嵐の櫻井翔くんとか、結構一緒に踊ってたんですよね。で、何かダンスのスタイルもすごくあったりとかしてて、一緒に振り考えたりとかしてたんですけど」
(Jr.の頃の翔くんの姿が浮かんできますね~^^)


屋良っち「何かそういう仲間もいて、自分のことは自分でやるみたいな」
「だから、Jr.のコンサートとか結構やってたときに、大概あの、先輩の曲を歌うじゃないですか。あの、何か僕ら、ちょっとひねくれ者チームは、先輩の曲を歌わないみたいな。何か、海外のアーティストの曲を(笑)、もう持ってきて、何かすっごいマニアックなことして……」


ジャニーさんは屋良っちたちがやっていたことをずっと「ダメ」だと言っていたとのこと。
しかし、ダンスに関して屋良っちは曲げられず、もう50~60回は事務所を辞めようと思ったことがあるそうです。
ただ、振り付けに関して、ジャニーさんからついに「おもしろい」と言われた、と。


一番やりたかった『THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE』をジャニーさんに観てもらうことができなかったのは残念だけれど、今のスタンスのままブレずに貫きたい……と屋良っちは結んでいました。
(自信を持って、そのまま突き進んでね、屋良っち!!)



●嵐ニューシングル『BRAVE』9月11日(水)発売!


Amazon:BRAVE/嵐(予約ページ)


楽天ブックス:BRAVE/嵐(予約ページ)


セブンネットショッピング:BRAVE/嵐(予約ページ)


タワーレコードオンライン:BRAVE/嵐(予約ページ)


TSUTAYA オンラインショッピング:BRAVE/嵐(予約ページ)



●大野智くん雑誌情報


○9/4(水)
「ASIAN POPS MAGAZINE」141号(メディアパル)
《また、今年の24時間テレビ(日テレ)のチャリTシャツを手がけた大野智をピックアップ。これまでのチャリTシャツ デザインをふり返る》
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 141号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 141号



●嵐さん雑誌情報


○9/4(水)
「TV LIFE」19号(学研プラス)
大野智×櫻井翔 連載「嵐の"しやがれにしやがれ"~こんなもんじゃない?~」


○9/12(木)
「+act.」10月号(ワニブックス)
嵐 表紙 巻頭
完全独占!撮り下ろしポートレイト&5人座談会
・楽天ブックス

+act. (プラスアクト) 2019年 10月号 [雑誌]
・Amazon
+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2019年 10月号


○10/28(月)
「MORE」12月号(集英社)
嵐 表紙 巻頭スペシャル特集:究極の「嵐」! ARASHI Go Around
・楽天ブックス

「MORE」2019年12月号 通常版 [雑誌]
・Amazon:MORE(モア)2019年12月号 表紙:嵐 付録:フォリフォリ おおきいのとちいさいの。ロゴポーチセット



●嵐さんテレビ情報


 ○9/2(月) 23:00-23:59
 news zero(日本テレビ系)
 櫻井翔