青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

『嵐にしやがれ』進め!大野丸:大野丸日本一周プロジェクト(大野智×菊池風磨)瀬戸内海アートツアー

こんばんは。


改めまして、嵐さん、CDデビュー20周年おめでとうございます!(^o^)
今日、何度もお祝いすると思います^^


さて、今夜のしやがれのこちらは「進め!大野丸」の番組レポです。


瀬戸内海アートツアーということで、芸術作品を鑑賞する智くんがたくさん見られて本当に良かったです!!


Sexy Zone菊池風磨くんとのやり取りもすごく楽しかったなあ。


ドキッとしたのは、ちょっと小悪魔っぽく、智くんが菊池くんのマイクをチョンチョンってしたときー!!(≧▽≦)
いいなあ、菊池くん……。


それに、智くんとギューッてハグし合ったりさあ。
羨ましい~!


大野丸とこういうアートのコラボ、とてもマッチしていると思いました。
またやってもらいたいな♪


 

嵐にしやがれ(2019/11/2)

進め!大野丸:大野丸日本一周プロジェクト(大野智×菊池風磨)瀬戸内海アートツアー


ナレーション「本日のスタート地点は、オリーブで有名な香川県小豆島」


小さな港を背景に、岸壁にたたずむ智くんが登場。
グレー地に赤いチェック柄の入ったシャツを着ておられます。


(´・∀・`)「じゃんっ」
手にした巻き物をクルクルと広げると、
(´・∀・`)「瀬戸内海アートツアー」
という文字が。


現在、「瀬戸内国際芸術祭2019」が、11月4日まで開催中です。


ナレーション「今回は、そんなアートに湧く瀬戸内の島々の中から、ご覧の3つの島(小豆島・豊島・男木島)を巡り、この秋、絶対に見たいアート作品をご紹介いたします」


女性スタッフさん「大野さん、もちろん、嵐の中ではアート担当みたいなとこありますけど、ほかのメンバーはちょっとうとい感じもありますけど」


(´・∀・`)「いやっ、一番ねえ~、アート……が好きなのは実はねえ、松本潤ですからね。MJ」


(´・∀・`)「僕が個展をやったときにね? 四人が僕の似顔絵を描くっていう~企画をやったときに」
「奈良美智さんが観に来てくださって」


(´・∀・`)「松潤の僕の似顔絵に、『これいいな~! これいいな~!』つって、もう大絶賛でしたからね。実は彼が一番、芸術家だと思ってます」


(ということで、そのとき松潤が描いた智くんの似顔絵がテレビ画面に映ったんですが……ティーン! って効果音がついてました。笑)
ノノ`∀´ル(ワイプ)「アハハハハ!(笑) おい! 使い方! 使い方が違うぞ!! これ」


まずは小豆島からスタート。
小豆島でも必見のアートとは……?


古い民家の横の通りを歩いている智くんです。
女性スタッフさん「まずここです」
(´・∀・`)「あ、もうここだ。おっ、アート……ぎゃらりぃ(ギャラリー)に来ましたよ」


智くんがやってきたのは、古民家を利用して作られたジョルジュ・ギャラリーです。
(´・∀・`)「お邪魔しま~す。あっ、お、すげえ~」


(´・∀・`)「うわ、すごい。何だ、この……」
「不思議な、金になってるの」


智くんが案内されたのは、欄間や畳、壁や襖の一部が、ところどころ半円や半楕円形に金色に塗られている和室です。


ナレーション「それは、和室の壁や畳に金色の箔が貼られた、ジョルジュ・ルースの作品」


スリッパを履いている智くんは、しげしげと畳の上の金箔を見つめていました。


ナレーション「しかし、その神髄はここからではわからない」


とある視点から撮影された写真では、和室の中に金色の円が綺麗に浮かんでいるように見えます。
(´・∀・`)「えっ、これが!?」


ナレーション「そう、無作為に貼られたように見える箔は、とあるポイントから見ると美しい円形に」


Georges Rousse作『SHODOSHIMA 2018』という作品のようです。


智くんもアート作品と一緒に写真を撮ってもらうことに。
(´・∀・`)「あ、いいすかぁ?」


和室にて、両手を軽く握って膝に置き、美しい正座をする智くん♡
きりりとした表情のお顔を金色の円が取り囲み、まるで戦国武将の肖像のようではないですか!!


(´・∀・`)「ああ、何か、俺が作ったみたいになりましたね。ぶふふ☆彡」
って、発言はお茶目です^^


もう1つ、驚きのアート作品へと向かうため、智くんは路地を進んでいきます、


女性スタッフさん「次はここです」
(´・∀・`)「えっ……何じゃ、こりゃあ!?」
と立ち止まり、少し体を後ろに引いていました。


それは家の中が真っ白でなめらかになっており、まるで雪を掘って作ったように見えるアート作品。


(´・∀・`)「どっから入るの? これ入り 口?」


ナレーション「かつて、外敵の侵入に備えて、迷路のような路地を作ったとも言われる小豆島、土庄本町(とのしょうほんまち)地区」


ナレーション「こちらは、それに着想を得て作られたアート作品なのだ」


智くんがその作品の中に入ります。
やっぱりスリッパに履き替えたのかな?
家全体がアートになっているようです。
(´・∀・`)「これ、結構な坂だよ」


わあ、本物の雪のトンネルみたい!
楽しそう~。


(´・∀・`)「うわ、すげえなあ。ふっ☆彡 迷路だねえ」


こちら、もともとはごく普通の日本家屋だったのだそうです。


雪のトンネル(勝手に命名)の中を進む智くんは両手を壁についたりと、何だか新曲のMV撮影でも見ている気分になります^^


(´・∀・`)「いや、何か雪の中にいるみたいだなあ!」
(わ~、智くんと同じこと思ってたよ! 嬉しい♪)


窓辺に座ったり、しゃがんだり、智くんのそのしぐさも絵になります。
足細~い♡


両手をついて、ピョンッて、軽くバスタブの中に跳び込むところも素敵///
ふふ、そうやって両腕を縁において浴槽に浸かるのね^^


(´・∀・`)「元のぉ、この家のぉ~、構造だったりぃ、間取りだったりが見たくなるけどぉ、(パンと手の甲を叩いて)あえて見ないほうがいいのかなあと思った」


(´・∀・`)「想像したほうがおもしろいんだろうな~と思ったね」


女性スタッフさん「これメンバーだったら誰が好きそうですか? このアートは」
(´・∀・`)「相葉ちゃんじゃない? んふふ☆彡」(←私もそう思ったww)


(´・∀・`)「『うわ~、おもしれ~』って言いそうだよ」
って、壁の穴をのぞき込む智くん。
(´・∀・`)「1回すっ転ぶと思うよ(笑) ふっふっふ☆彡」
と腕組み。
(‘◇‘)ワイプ「確かに(笑)」


次のアートを求めて、智くんは豊島へと移動。
智くん自らが船を操縦して向かったのかな?
舵のようなものがそばに見えましたが……。


(´・∀・`)「次に行く島がぁ、前に見える、でかい島です」


直島同様に人気のアートの島ですが、中でも絶対に押さえておきたいという作品が……。


(´・∀・`)「『檸檬ホテル』? え~」


道は舗装されていたところから、砂利道へと変わっています。


(´・∀・`)「ホテルん中に、アートが転がってるということ……かなぁ?」


(´・∀・`)「あ、何か書いてある」
智くんの目の前には門が。


(´・∀・`)「『2名のカップルになりなさい。相手がいない場合は。え~、訪れるまでしばしここで待つ』」


女性スタッフさん「二人1組じゃないと体験できないアート施設なんです」
(´・∀・`)「じゃあ、ここは無理じゃん」
「だっていないもん」
と両手をブラブラ。


ナレーション「すると!」


どこかから「あれっ!?」という男性の声が。
菊池風磨くん「大野くんじゃないすか!(笑)」
とセクゾ菊池くんがやってきましたよ~。


菊池くん「おはようございます!」
智くんは笑ってそっぽを向いていますww


しかし、振り返って、
(´・∀・`)「ふーちゃん!」
菊池くん「偶然っすね」
(´・∀・`)「え、地元!?」
菊池くん「この辺、ちょっと歩いてたら、たまたま何か、困ってそうだったんで……」


(´・∀・`)「プライベートぉ?」
菊池くん「今日プライベートですね」
(´・∀・`)「あ~、良かったじゃん」
って、菊池くんの胸元の風防つきのピンマイクをチョンチョンとさわる智くんwww
いいな~、菊池くん(笑)


男らしく菊池くんのほうへと左手を差し出す智くん!
それを菊池くんが握り返すと、智くんは手をグッと強く握って、二人で手をつないでアート施設へ///
やっぱ羨ましいなあ、菊池くん……!


(´・∀・`)「やった! 入れたぁ~!」
と門をくぐります。


『檸檬ホテル』に入り、智くんと菊池くんはヘッドホンを装着。
イヤホンガイドの指示に従いながらアートを鑑賞していきます。


(´・∀・`)「おっ、あっ、もうあった」
菊池くん「これだ」
(´・∀・`)「あったあった。あったよ」


「1」と書かれた場所にて、
菊池くん「じゃ、さっそく(イヤホンガイドの)1番押してみます」
(´・∀・`)「押しちゃお~♪」


(´・∀・`)「あ、流れた! ああ~、行かなきゃ♡」


イヤホンガイドの指示通り、レモン色の布とたわむれる智くんと菊池くん。
智くんのしぐさがかわいいです♡


菊池くん「ははは♡」
(´・∀・`)「はははは♡」
菊池くんの肩に手を置いて、満面の笑みで智くんはイチャイチャ(笑)


ナレーション「人によっては、初対面の人とこれをやらなければならない。それこそがこのアートの狙い!」


智くんはかわゆく両手を広げたり、両手で顔を隠したりと、安定の彼女ポジ(笑)


(´・∀・`)「隠れちゃおうかしら♡」
って自分に布を巻きます!!


1番が終わって、次は2番の場所へ。
(´・∀・`)「もう2だ」
菊池くん「わ、ほんとだ」
(´・∀・`)「ワニの池」


砂利の敷かれた一角に、飛び石が置いてあります。
ここをワニの池に見立てるわけですね。


(´・∀・`)「僕、行く、そっち」
菊池くん「じゃ、僕、ここで待ってますね」
(´・∀・`)「あ……」
と、手をつないだまま、小さな水たまりを挟んでやり取りする二人。


(´・∀・`)「行くよ」
菊池くん「はい」
(´・∀・`)&菊池くん「せ~のっ」


無事、(40cmほどの)水たまりを跳び越えることに成功!
(´-д-`)「あ~!!」
菊池くん「あ~ん!!」
と固く抱き合う二人なのでした……!(何じゃ、こりゃ。笑)


(´-д-`)「あ~ん!」
菊池くん「あ~ん!」
さらに強く抱きしめ合ってます(何を見せられているんだ、私は……)


そしてまた1つ、小さな飛び石に二人で移っては抱きしめ合うという(笑)
菊池くんにしがみつく智くんの手が、背中をなでるのやばいな……!!
やばすぎるな……!!


ナレーション「最後は、頬と頬でレモンを挟み写真撮影」


智くんの自撮りがかわゆい♡


初対面で"頬レモン"した場合は、シェアするために連絡先を交換する人もいるのだとか。


(´・∀・`)「うわ~、よくできてますねえ!」


ラストは男木島へ船を走らせます。


(´・∀・`)声「出航~!」
(´・∀・`)&菊池くん「イエ~イ!」


おお、智くんが船を操舵しているところもちゃんと映してもらっております♪
船を進める間にはおしゃべりも。


女性スタッフさん「菊池さんは休みの日は何をやってるんですか?」
菊池くん「僕結構、パンパンに、スケジュール組んじゃうんですよ」
(´・∀・`)「ええ、じゃあ、櫻井翔と一緒じゃ~ん」


(´・∀・`)「じゃ、連休を……できたら?」
菊池くん「もう、絶対にどっか行きますね。旅行いっちゃいますね」
(´・∀・`)「翔くんと一緒じゃんねえ」


(´・∀・`)「行って、予定決める? それか、前もってもう……」
菊池くん「あ、僕もう、しおりみたいの作るのが好きなんすよ」
(´・∀・`)「櫻井翔じゃん!!」


男木島の住宅は傾斜を利用して建てられており、迷路のように入り組んだ細い路地が通っています。


その細い道を進んでいく智くんと菊池くん。
周りには石垣が。


菊池くん「あ、あ~、何かここも良くないすか?」
(´・∀・`)「木の絵として、なってるな」


(´・∀・`)「ああ、何だこれ! ええ、何で色がないの?(笑)」
と智くんが驚いたのは、一見するとまるで焼け跡のような家。


『未知の作品2019』というタイトルのグレゴール・シュナイダーの作品だそうです。
1区画を全て墨で塗っているのだとか。


菊池くん「白黒なんだけど、(その中に立つと)自分だけカラーに」


ということで、智くんもその1区画が丸ごとアートになっている場所に立ち、菊池くんが撮影します。
菊池くん「ああ、でもすごい、アートだな、これ」


わあ、本当だ。
写真にするとすごくおもしろいアート作品です。
白黒の写真の中で、智くんにだけあとから着彩したような感じになりました。


(´・∀・`)声「上手いな! 写真」
菊池くん(声)「ほんとですか?」
(´・∀・`)声「うん」


さらに小道を進んでいく二人です。
菊池くん「こんなデートいいですね」
(´・∀・`)「いいかもねえ」
菊池くん「若い……男女いましたもんね」
(´・∀・`)「結構いるもんね~。やっぱみんなこういうの興味があるんだろうな」


菊池くん「音楽はレコードで聴くタイプっすかねえ」
(´・∀・`)「……だろうね~」
菊池くん「絶対そうっすね」
(´・∀・`)「う~ん」
菊池くん「ここ来てて、俺、家がレコードじゃなかったらちょっといやですもん」
(´・∀・`)「ちょっと……引くね~」
菊池くん「引きます」
どんなカップルとすれ違ったんでしょうか、このお二人(笑)
ノノ`∀´ル(ワイプ)「引かないだろ、別に、いいだろ(笑)」


次にやってきた作品の前には、案内の方が。
菊池くん「いや、もうお姉さんの髪型がすでに」
(´・∀・`)「あ、すごいねえ」
前髪を短くカットし、サイド刈り上げ、緩いツインテールの三つ編み風ヘアスタイルのお姉さんです。


作品はすぐそばに。
(´・∀・`)「え、これ?」
菊池くん「一見普通のおうちじゃないすか?」
普通と言うか、使われなくなった古い家と言うか……。
(´・∀・`)「むしろ何か、心霊スポットみたい」(←それだ!)


中に入ってみると?
(´・∀・`)「うお~!! 何じゃこりゃ!!」


(´・∀・`)「え~!!」
菊池くん「おお~!!」
(´・∀・`)「どういいうこと!?」
菊池くん「何これ!?」


智くん、頭が前に飛び出してる~^^
(´・∀・`)「どういうこと!?」


何と、家の中に一筋の滝が!
雨は降っていませんが、屋根が壊れて大量の雨漏りをしているかのようです。


(´・∀・`)「なぜに? 滝?」


ナレーション「これは、かつてここに人が住んでいた気配や存在感を、流れる水に使って表現した作品」


水の流れって、私は"時間"に似てると思てて、例えば四次元空間も"水"をイメージするとわかりやすいなと感じているのですが、こちらも滝によって時の移ろいを感じる作品ですね。
毎分5トンの水が流れているのだとか。
(´・∀・`)「ああ、流してるんだあ」


(´・∀・`)「家の中にこういうのが見たのが初めてだから」
菊池くん「確かに」
(´・∀・`)「すげえ不思議」
菊池くん「変な感じじゃないすか?」
(´・∀・`)「うん」
菊池くん「家に滝が流れてるというか」
(´・∀・`)「見たことないもんね」


智くん、何を左手で払ったのかしら。
ほこりか、虫かな?
菊池くん「カレーを箸で食うみたいな」
(´・∀・`)「言う感覚だよね?」
菊池くん「何かほんと感覚としては、『何だ、これ』っていう」
(`・3・´)ワイプ「こいつ何言ってんだ(笑)」
(菊池くんなりの「違和感」の表現なんでしょうね)


ナレーション「そして最後は、見る人によって楽しみ方が無限大のアート」


また別の民家の一室へとお二人が入っていきます。
中には真新しい和室が。


(´・∀・`)「おお、綺麗な部屋がある」
菊池くん「……あっ!」


その部屋は、壁に畳が貼ってあり、襖が横になっていました。
そして、その壁の畳には茶舞台も貼り付けられています。


(´・∀・`)「おお!? おお! おお!!」
菊池くん「そういうこと!?」
こちらはトリックアートの部屋ですね。


菊池くん「すげえ!」
(´・∀・`)「わかった!」
菊池くん「そういうことだ!」


菊池くん「そういうことだ!!」(←何度も言う)
(´・∀・`)「ふははは!☆彡 うん、言いたくなる(笑)」


こちらは大岩オスカールの『部屋の中の部屋』という作品。
部屋の中に90度回転した和室が設置されています。


智くんはそこに踏み出します。
(´・∀・`)「うわわ、何か、怖い! でも怖い」
菊池くん「うわうわうわ!」
(´・∀・`)「うわあ~! すげえ」


智くんは床に寝転がり、壁に頭を持たれかけて菊池くんに写真を撮ってもらっていました。
菊池くん「ここペスポジっすねえ」
そして両足を高く上げます(笑)


90度回転させると、まるで高くジャンプして天井に頭をぶつけたかのような写真が完成!


菊池くん「ああ、いいですね~! いいですいいです。いいですよ~」


今度は智くん、同じ場所で、足をまっすぐ伸ばしてみています。
こちらは宙に浮いているような写真になrました。
菊池くん「すごいイイ!」


菊池くん「わかったわかった。わかりました! ここをこう歩いてください」


智くんは普通に床の上で立っているように見えますが……。


菊池くん「ああ、そうっすねえ。ありがたっす」


写真を90度回転させると、まるで壁を歩いているかのような画に。


菊池くん「潤くんがやってた、あの……(笑)」
(´・∀・`)「MJウォーク?」
菊池くん「そうですそうです」
(´・∀・`)「MJウォークより、MJウォークだよ」
菊池くん「そうっすね」

次回予定


来週の「爆売れ!ご飯のお供デスマッチ」のゲストは岡村隆史さん。


「二宮和也の勝ちたいシリーズ」には、囲碁界史上最年少名人の芝野虎丸さんが出演し、ニノと囲碁ボールで対決を。


翔くんが担当する「隠れ家ARASHI」にはスーパーキッズが登場します。



●大野智くん雑誌情報


○11/5(火)
「ASIAN POPS MAGAZINE」142号
Pick Up Festival 第22回小津安二郎映画祭 大野智主演「忍びの国」上映リポート2
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 142号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 142号



●嵐さんテレビ情報


 ○11/3(日) 12:45-13:15
 ニノさん(日本テレビ)
 二宮和也


 ○11/3(日) 18:00-18:30
 相葉マナブ(テレビ朝日系)
 相葉雅紀


 ○11/4(月) 23:00-24:09
 news zero(日本テレビ系)
 櫻井翔