青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「ゴミを投げてゴミ箱に入れるんですよ」&嵐「ARASHI Anniversary Tour 5×20」and more … グッズプレ販売(京セラドーム大阪)

おはようございます。


何か早いね~。
今日は大阪の5×20グッズ第3弾のプレ販です。


大阪のグッズ第3弾の会場限定アイテムは黄色だそうですよ。
じゃあ、青色はここのところしばらく巡ってきていない名古屋あたりかな……???


だけどな~、札幌なんて確かPopcorn以来ずっと赤色が回ってきていないみたいだし、なかなか予想が難しいですね。
いつの頃からから、嵐さんのグッズの色はクジででも決めてるんですかね(笑)


グッズ第3弾はどれも智くんがかっこいいから、私もしっかりゲットしたいと思います♡


今日は水曜なので、このあとテレビ誌のレポと感想を投下予定です(^^)/



●12月20日(金)発売の『non-no』2月号の表紙は嵐さんです!


○12/20(金)
「non-no」2月号(集英社)
嵐 表紙
・楽天ブックス

ノンノ 2020年2月号 [雑誌]
・Amazon:non・no(ノンノ)2020年2月号 表紙: 嵐


ARASHI DISCOVERY forever(音源2016/2/17・レポート2019/11/20)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「おめでとうございます! 嵐の大野智です! "今日の一言"ぉ、かもん!」


(SE)


(´・∀・`)エコー「なっしん! う゛ぃーずさくせす! らぁい、んさくせす!(Nothing breeds success, like success)」


(BGM:復活LOVE)


(´・∀・`)「ふははははっ!☆彡(ス~ッ)ちょっとCMぽかった。うん」


(´・∀・`)「これは、『成功ほど続いて起こるものはない』という意味の英語のことわざです。1つの成功は次の成功につながっていくということで、え、日本のことわざにある、『一事が成れば万事成る』とっ、似たような意味になります」


(´・∀・`)「はあ~。まあ、だからあ~、1回成功しちゃえばもう、つながっていくということですねっ。う~ん。そこまで、達成したということですから」


(´・∀・`)「ま、だから、何でも練習して、できなくても……ある日達成したら、もう……そこの境地に行けばもうずっと成功するっていうことでもありますからねえ。ええ~」


(´・∀・`)「ただね! 僕ねえ、これだけはねえ~、成功してもねえ、あぁの維持できないものってねえ、あるんですよ! 知ってますか? 皆さん」


(´・∀・`)「僕はねえ、じ、う~ん、十何年間もっとかな、やってきたことなんですけどぉ。成功したこともあるですよ! ただ、維持できない! 練習したことは正直ないです。ただ、よくやることなんです」


(´・∀・`)「何だと思いますか!? ふふ☆彡 引っ張りますよぉ」


(´・∀・`)「成功したら、『おお~!』ってなるんです。で、ちょっと失敗すると、あんまり見た目いいもんではないです。わかりますか!?」


(´・∀・`)「い、言いますよ。ゴミを、投げて、ゴミ箱に入れるんですよ」


(´・∀・`)「だから例えばティッシュで鼻かんだりしたとしましょう。(ス~)ほんでそれ丸めますよね。で、それをゴミ箱に投げるんですけどぉ、この成功率ったらあ……ゴワリ(5割)だ!」
(BGMの『復活LOVE』で一瞬音が止まるところとばっちりリンクしております。笑)


(´・∀・`)「これだけは100%になれないんだよ。十何年やってるけど」


(´・∀・`)「だから! あんまりぃ! 人前でやるとぉ、あんまりいいもんではない。入れば『おおー』だけど。100%入るん、だったら、いいと思います」


(´・∀・`)「ただほぼはず、はずしたときにぃ、見た目が悪いんです。だから家でやるんです、僕」


(´・∀・`)「これはねえ、どう、考えてもねえ、(ス~)続かないですよねぇ~。ま、練習すればいいんだと思うんだけどぉ、練習しなくてももう十何年やってきたからぁ。もうそろそろずっと入ってもいんじゃないかなって思うわけっすよ(笑)」


(´・∀・`)「う~ん。ちょっと練習しようかなあ」


(´・∀・`)「ええ、これだけはねえ、ちょっと極められないですね、まだね」


(´・∀・`)「う~ん、何か投げる、りゅ、ルーティーンをねえ、ちょっと決めたほうがいいのかなあとか思いますよね」


(´・∀・`)「まあ、毎回同じ、ダーツみたいなもんですよ。ダーツだってそうじゃない。ずっと真ん中入れられないじゃないすか。ま、たぶんそれと一緒なんですよ。あと普段のコンディション。う~ん」


(´・∀・`)「ただぁ! ものによるんですよねえ。自転車だって1回乗れるようになったらもうずーっと乗れるじゃないすか。っていうことなんですよ。ああ、赤ちゃんだって四つん這いで立ち始めます、みたいなことで、ずーっとできるでしょ?」


(´・∀・`)「(スッ)ずーっとできないものってやっぱあるよねえ? う~ん。不っ思議だなあと思います」


(´・∀・`)「まあ、ちょっと……基本、まあ、80・90パーぐらいゴミ箱に入れられるぅようになりたいですね。今年は」


(´・∀・`)「ぃふっ!☆彡 以上(笑)、大野智でしたあ!」


――智くんて日々の生活の中で小さなチャレンジを楽しむことがお好きですよね^^
今はどんなチャレンジしているのかなあ?


このときの音源の"今日の一言"について話すとき、すぐに「1回成功しちゃえばもうつながっていく」と理解しているところが智くんらしかったなあ。


「何でも練習して、できなくても、ある日達成したら、もうそこの境地に行けばもうずっと成功するっていうことでもありますからね」って。


きっと智くんにとってはダンスがまさにこの言葉通りのものなのではないでしょうか。


ただ、ほら、ご自分の体は自由自在に動かせてもね、そこに1個ゴミとかダーツなどクッションが入ると、なかなか思い通りにはいかなくなるものなのかも。
不思議ですよね。


歌と音源をずっと聞いていても、歌声と話し言葉でガラリと発声が変わったりと、智くんご自身もものすごく不思議!


 



●嵐さん雑誌情報


○11/20(水)
「non-no」1月号(集英社)
相葉雅紀×松本潤「ダーツノアラシ」連載「2/嵐 アラシブンノニ」
(表紙 SixTONES)
・楽天ブックス

non・no(ノンノ) 2020年 01月号 [雑誌]
・Amazon:non・no(ノンノ)2020年1月号 表紙: SixTONES


○11/20(水)
「non-no」1月号 増刊号 コンパクト版(集英社)
相葉雅紀×松本潤「ダーツノアラシ」連載「2/嵐 アラシブンノニ」
・楽天ブックス

コンパクト版 ノンノ 2020年 01月号 [雑誌]
・Amazon:non・no (ノンノ) 2020年1月号 増刊 表紙違い・コンパクト版 表紙: 鈴木ゆうか


○11/20(水)
「TVガイド」11/29号(東京ニュース通信社)
櫻井翔×二宮和也 連載「週刊VS嵐ガイド」