青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「ここは譲れないってとこは絶対に譲れないっす」

おはようございます。


智くん振り付けの『Do you…?』MVも解禁され、仕事の合間に私も何度となくリピしました🕺


どうやら、過去のMVへのたくさんのオマージュが散りばめられているみたいで、フルで観るのが楽しみでもあり、寂しくもあり……💦


今日はとりあえず、お仕事いっぱいして気を紛らわします。


ええ、だから今日発売の雑誌のレポもね、夜遅くか明日になりそう😅


そうだ!


昨日はまた、嵐さんのTikTokが更新されました♪


チョコ買ってきてこれをやったら、私にもできるかな(笑)


数学的な何かの現象みたいですし。


教えて、智くん💙


@arashi_5_official

🍫👀❓##嵐 ##ARASHI

♬ Go Go Go Who's Next? - Hip Hop Harry


郵便局ネットショップからは、こんなお知らせが。


嵐さんの年賀状は、私も近所の郵便局で申し込むことにしています。


チラシももらえますし😆



 

ARASHI DISCOVERY forever(音源2014/10/2・レポート2020/10/28)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「おはようございます! 嵐の大野智です! "今日の一言"ぉ、カモン」


(SE)


(´・∀・`)エコー「議論に勝つ最善の方法は、この世にただひとつしかないという結論に達した。 その方法は、議論を避けることだったぁ!」


(BGM:Endless Game)


(´・∀・`)「ふふふふっ☆彡 なるほど」


(´・∀・`)「これはアメリカの、実業家、デール・カーネギーさんの言葉です」


(´・∀・`)「『正面から難題に向かっていくのではなく、難題をかわしながら目標にたどり着こう!』ということですかあ、これは。ええ~。ま、一瞬逃げにも感じますけど(笑) ふふっ☆彡」


(´・∀・`)「リスナーのせっちゃんから教えていただきましたあ。メールを読みますと……」


(メッセージ)「大ちゃん、おはよう、せっちゃんだよ! の言葉を知ったとき、色んなことを、のらりくらりとかわす大ちゃんが、思い浮かびましたぁ」


(´・∀・`)「なるほど。わかんないよ? おいら相当議論してるかもしんないじゃん……。してないけど。ふふふっ☆彡」


(´・∀・`)「『ああでもないこうでもない。いや、そうじゃない。いや、それは、果たしてどうかな。いや、こうだろう。いや、待てよ』……ってことでしょ?」


(´・∀・`)「あんまりないなあ〜! 僕は」


(´・∀・`)「結構ね、例えば、ま、自分からゆったことだと、やったり、やったことだとしてもお、結構、い……受け入れる。人の意見を聞くかなあ。うん」


(´・∀・`)「結構やっぱひとりで決めてるとさあ、もう、周り見えなくなってまっすぐなっちゃうんだよねえ」


(´・∀・`)「そうするとさぁ、何か、そこ、で、1個問題があるとぉ、もう、何か、出られない、く、なっちゃってて」


(´・∀・`)「そんで、人の意見をパッと聞くと、『あっ! あ、そういう……方法もあったな』みたい、のが多い」


(´・∀・`)「ま、絵でも何か。ま、絵でも振り付けでもそうだね。うん」


(´・∀・`)「だ、よくねえ、振り付けんときとかあ、振り付けぇ~しててえ。で、松潤が……『(スッ)ここ、こうやったほうが、いっ、良くない?』とかっ」


(´・∀・`)「……と、すると、結構ね、『あっ……確かに』と思って。うん。『あっ、そうしよ! そうしよ!』みたいな、結構多い。うん」


(´・∀・`)「あ、翔くんも言ってくれる、たまに。『ここ、俺もこうやったら、何か、全体的に、こ、この振り合うよね』とか。『ああ! いいね、それいいね!』とかね(笑) 結構、い、結構意見入れちゃうね、取り入れちゃうね」


(´・∀・`)「でもそんだけやっぱ考えてやって、ねえ? 振り付けぇ、覚えて受けてくれるって、やっぱ嬉しく感じるよね、ほんとに」


(´・∀・`)「……そう、でもここは譲れないってとこは絶対に、譲れないっす。決めポーズとか……。うんっ」


(´・∀・`)「だから、『え? ほんとこれぇ?』とか言われることもある。『うん、それ! やってぇ♪』」


(´・∀・`)「そこはねっ、いいとこだよね、僕が、振り付ける点で言うと」


(´・∀・`)「たぶん、ふ、ほかの振付師だったらあ、『ああ、気になるぅ?』とか言って。『ああ、じゃちょっと変え~るね。待ってぇ』みたいななるけどね」


(´・∀・`)「僕は、変えないっす♪」


(´・∀・`)「っとか言う~、意地悪は、ありますけど。ふふっ☆彡」


(´・∀・`)「まぁ、でもそういう考えたらおもしろいです、最近、その、ねぇ? 振り付けぇするぅ率が多くなった点では。ええー」


(´・∀・`)「ま、次のツアーでもね、もしかしたらぁ、振り付け……担当、何……曲かあるかもわかんないけどね。ええ~」


(´・∀・`)「当ててくださいっ(笑)」


(´・∀・`)「以上! 大野智でしたあ」


――智くん、『Do you…?』では3年ぶりの振り付けだそうで、驚いてしまいました。


そっか、もうそんなに経つんだー……と。
お芝居だと、もっとか……。


智くんのすごいところはたくさんありますが、決してブレない軸を持ちつつも、他人の意見にしっかりと耳を貸すところが素晴らしいと私は思っています。


水のように柔軟に流れを変えるのだけれど、決して下から上へは流れないという、そんな感じ。


ただ、やっぱり智くんが自分自身に振り付けるソロ曲と、五人やJr.が踊る曲の振り付けでは違う部分も多いでしょうから、譲れないところとそうでないところをしっかり見極めてらっしゃるのでしょね。


もう少ししたらアラフェス2020があるけれど……。
演出の感じからして、過去のアラフェスとあまり変わらないのかな?


ソロ曲については、あれば超嬉しいけれど、ないと思っていたほうが、がっかりしないだろうからそうしま~す💦💦💦