青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐さん特別栄誉賞受賞!『第62回 輝く!レコード大賞』レコ大スペシャルメドレー「果てない空」「Love so sweet」「A・RA・SHI」

こんばんは。


いや~、こんなにまったりとした元日は久しぶりでした。


毎年、しゃかりきに嵐さん……智くんの出演しているテレビ番組を追っていたものでしたが。


管理人なんて、今日は昼間にゲームしてましたからね。
がっぽりアイテムを稼ぎましたよ😅


と言っても、明日からはもう仕事です(やだ~)💦


ブログのほうも明日から平常運転ですが、少しの間、年末年始のテレビ番組と、あと、どっさりと発行されたスポーツ紙について書くことになりそうです。



さて、こちらは、昨年12月30日、自宅を留守にしていてリアタイできなかったレコ大の番組レポです。


特別栄誉賞の受賞については、レコ大の放送前に発表があり、すでにお祝いさせてもらっているのですが……。


改めまして、嵐さん、特別栄誉賞受賞おめでとうございます!!


色々な事情もあって、ジャニーズ事務所の皆さんはこの番組への出場を遠慮しているものの……。


本来であれば、ここ10年以上はずっと、嵐さんがレコード大賞を受賞し続けていてもおかしくはなかったことでしょう。


今回は、その分の賞をまとめてもらったという感じかもしれませんね😊
何しろ、嵐さんのために新設されたようなものですから。


智くん、レコ大の盾を見ながら、もうお酒は飲んだかしら❓
きっと美味しいお酒になったことでしょう🍺


第62回 輝く!レコード大賞(2020/12/30)

嵐・秘蔵映像


まずは嵐さんの秘蔵映像が、1999年のデビューから紹介されていました。


映像は『A・RA・SHI』と『感謝カンゲキ雨嵐』・『サクラ咲ケ』・『WISH』・『Love so sweet』・『Happiness』……。


そして『truth』のときには『魔王』の映像もー‼️👼👿


うわあああ、歌っている成瀬さんも、ドラマ初回で復讐に燃える成瀬さんも美しひ……💙💙💙💙💙


今振り返っても、衣装だって最強だあ✨


そのあとには『Beautiful days』が流れ……。


『うたばん』でのポロシャツ成瀬さんも💙
半袖の日焼けあとがくっきりしてますなあ(笑)


そして映像は、『夏疾風』・『カイト』と現在までの嵐さんの足跡を追っていました。

特別栄誉賞・嵐


ステージの登場した嵐さんは全員、おそろいのブラウンのタキシードをご着用。


フロックコートって言うのかな?
裾の後ろが長いタイプのものですね。


襟と蝶ネクタイが同じこげ茶色で、シャツは白で革靴は黒。
ベストがベージュのダブルになっているのが非常におしゃれです。


全体的にイギリス風。
左の襟には皆さん、コサージュを挿しています。


やっぱりね、智くんはこういうお衣装を着ると、ダンサーさんかパントマイマーに見えるよねえ。


前にも書いたと思うけど、正装したときの他メンの印象は、翔くんが司会者で、相葉ちゃんがモデルで、ニノがマジシャンで、松潤が指揮者。


AMOSNと並んだ嵐さんのセンター、智くんの右手にはマイク、左手には緋色に金のレリーフをほどこした盾が‼️


吉岡里帆さん「こちらには、嵐の皆さんにお越しいただきました。日本レコート大賞・特別栄誉賞受賞、おめでとうございます!」


嵐さんたちはお辞儀と共に、口々に「ありがとうございます」とお礼を。


吉岡里帆さん「率直に今のお気持ちをお聞かせください」


(´・∀・`)「いやぁ、もう~、信じられない……だけです。ふふ☆彡」


(´・∀・`)「やっぱり、子供んときからね、日本レコード大賞は知ってるし、それぇ……プラス、しかもこの、特別栄誉賞なんてぇ、ちょっと理解ができない感じですね(笑)」
ノノ`∀´ル「そうだねえ」
(´・∀・`)「ええ~」


盾にほどしてある金のレリーフは、ハープを持った女性です。
これは、音楽の女神ミューズではないかと思うのですが。


「GRAND PRIX」(フランス語で「大賞」の意味)の文字も見えますし、プレートには「2020年 日本レコード大賞 特別栄誉賞 嵐 殿」と刻まれています。


吉岡里帆さん「どうですか? 日本レコード大賞と言うと、これまでどんな印象をお持ちですかね」


(.゚ー゚)「やっぱね、ほんとに62回も続いている、あの~、素晴らしい賞レースですし、僕らもデビューしたときには、『絶対62回には出ようね』って、みんなで約束して……」
ノノ`∀´ル「ここ目指しだったの?(笑)」
(.゚ー゚)「そうそう(笑)」


(.゚ー゚)「61でもない、63でもない、62に出ようねって」
(*´・∀・`)(←笑顔でうなずく智💙)
(`・3・´)「ビタリここなの?」
(.゚ー゚)「ビタリここです!」


(‘◇‘)「夢叶ったよねえ(笑)」
(.゚ー゚)「夢叶った!」
(´・∀・`)「ありがとうございます」
と、智くんは正面に向けて小さく会釈。


ノノ`∀´ル「相当すごいよ!(笑)」
(.゚ー゚)「みんなで言ってたんだよ、夢叶えようって……(笑)」


吉岡里帆さん「ぴったり合わせてこられたんですね(笑) おめでとうございます」
(.゚ー゚)「ありがとうございます」


吉岡里帆さん「そして、嵐の皆さんと言いますと、明日で活動休止となりますが、今。素直にどんな思いでしょうか?」


(`・3・´)「そうですね。あの~、ま、およそ2年くらいの期間ですか? お陰で、あの、ほんとにたくさんの方に感謝の思いを伝えて、『ありがとう』って思いを伝えてきたんですけれども」


(`・3・´)「そんな期間の中、逆に、こう、『ありがとう』って言っていただく機会もほんとに多くて、胸が今いっぱいです」


(`・3・´)「あの、明日(12月31日)には自分たちのずっと前から構想を練っていたライブも控えてますので、明日、その感謝の思いと言うのをね、五人で爆発させたいなと思ってます」


吉岡里帆さん「ほんとに楽しみです。相葉さん、いかがですか?」


(‘◇‘)「そうですね~、ん~……。もちろん寂しい気持ちも、ありますし、12月31日ってのが、何かあんまり現実味がなかったんですけど、それがもうとうとう来るのかっていう気持ちもあるし、すごい、言葉で表すの難しいですけど……」


(‘◇‘)「まだ、まだね? 明日も、いいコンサートをやらないといけないので、そこに向かって、今、ちょっと気持ちを高めて」


吉岡里帆さん「この2日間でギュッと盛りだくさんですよね。まあ、でも、本当にこの21年間っていうのは一言では語り尽くせない色んな思いがあると思いますが、何か印象に残ってる出来事っていうのはありますか?」


ノノ`∀´ル「いや、いっぱいありますよ! あの、ほんとに自分たち音楽だけじゃなく、バラエティー番組も出させていただいたり、テレビドラマだったりねえ? 映画だったり、それぞれほんとに色んなことやらせていただいたので……」


ノノ`∀´ル「その都度その都度、こう、そのタイミングで色んな人に支えられたからこそ、今、こうやって、この場にいられるんだな~というのは改めて思いますね」


吉岡里帆さん「本当の日本中に元気とか勇気をくれた皆さんだと思います。何か、ターニングポイントになったなあ、そんな時期っていうのは記憶にありますか?」


(‘◇‘)「僕は出てないですけど、やっぱり『花より男子』でしょうね(笑)」
(`^3^´)「ハハハッ!(笑)」


ノノ`∀´ル「出てないよね?」
(‘◇‘)「僕、あの、出てないですよ(笑)」
(.゚ー゚)「いいんですよ? いいんですよ?」


(‘◇‘)「出てないですけど(笑)、あれからだって、結構、あの、『Love so sweet 聞いたよ』とか、『あれいい歌だね』とか言われること多かったんで、やっぱ、あれターニングポイントだったんだな~って、ねえ?」


(`・3・´)「F4良かったよね~」
(‘◇‘)「ありがとうございます」
(´・∀・`)「すげえ好きだったな~」
ノノ`∀´ル「この四人じゃないの。この5分の4じゃないの」


(`・3・´)「僕は、まあ、ほんとに色んなたくさんのきっかけを、そのTBSの皆さんにも作っていただいて。やっぱり、その中のひとつ、ねえ? 大野さん、あの、『うたばん』で……」
(´・∀・`)「はい」


(`・3・´)「あの~、下剋上コントというのでねえ? それもまた、嵐のこと知っていただく大きなきっかけになったので。ほんとに中居くん・タカさんと、あと、番組スタッフの皆さん、ほんとに感謝してますねえ」
(´・∀・`)「ありがたいですねえ」


吉岡里帆さん「ほんとに楽しかったですし、最近久しぶりに見られて懐かしいな~って」
(`^3^´)「夜会でやらせていただきましたから(笑)」
(´・∀・`)「ああ、はいはい。もうたいへんでしたよ!(ニコッ) はい」
(`^3^´)「ハハハ!(笑) 思い出はたくさんありますねえ、ほんとに」


吉岡里帆さん「もうあと2日と思うと本当に名残惜しいんですが、今夜はレコ大スペシャルメドレーを皆さん披露してくださるということで。今日はどんな思いで、この曲たちを選んだのでしょうか?」


ノノ`∀´ル「そうですね、あの、この21年、僕ら活動させていただいたので、この21年に対する賞だと、え~、いう風に伺ったので、え~、僕らにとって思い出のある、え~、自分達が何度も歌ってきた曲……」


ノノ`∀´ル「え、また、今年ほんとに、たくさんの方たちがほんとにたいへんな思いをされた1年だったと思います。なので、え~、2021年が少しでも皆さんにとって明るい、ええ、そんな日々になるように、え~、気持ちを込めて、届けたい曲を、え~、歌いたいと思います」


吉岡里帆さん「このあと聞くのをほんとに皆さん、楽しみに待っていると思います」


吉岡里帆さん「さあ、それでは最後になりますが、レコード大賞ご覧の皆さん、そして応援し続けている皆さんに、おひとりずつメッセージをいただきたいと思います」


(‘◇‘)「そうですね、あの~、ほんとに、あの~、21年目で、え、特別栄誉賞をもらえると思ってもなかったですし、あの、21年間、こう、がんばってきたご褒美かな~なんて思ってます」


(‘◇‘)「ええ~、このあと、最高のパフォーマンスする予定なんで、最後まで見てください。お願いします」


(`・3・´)「"予定"ね?」
(‘◇‘)「"予定"です。はい!」
ノノ`∀´ル「何起こるかわかんないから」
(‘◇‘)「わかんない(笑) はい!(笑)」


ノノ`∀´ル「改めまして、え、21年間、たくさんの方に支えていただいて、これまでやってくることができました。え~、本当にありがとうございます!」


ノノ`∀´ル「え~、少し形は変わりますが! ええ、これからも、え~、これからも前を向いて進んで行こうと思うので、ええ、これからも嵐をよろしくお願いします」


(´・∀・`)「えー、21年間、本当、皆さんの応援なかったら今、僕たちここに立ててないと思いますし、え~、ま、今日のパフォーマンスも、え~、僕ららしい! パフォーマンスを最後までやりたいと思ってます」


(´・∀・`)「そして、最後は(と、チラッと盾を見て)え、これを、見ながら、お酒を飲みたいと思います♪ ありがとうございます」


(.゚ー゚)「ああ、いいね」
(`・3・´)「美味しいだろうなあ!」
(.゚ー゚)「美味いよ」


(`・3・´)「え~、この2020年、え、支えていただいた皆様、そして21年間、支えていただいた皆様、ほんとにありがとうございました。そして、栄えある賞も頂戴いたしました。ほんとに胸がいっぱいです」


(`・3・´)「あの、来年以降も、僕たち嵐の音楽が、胸に、え、耳に、響き続けてくれたらな~なんてことを願っております。ええ、これからもどうぞ、嵐の音楽を愛してしただけたらと思います。ええ、本日は本当にありがとうございました」


(.゚ー゚)「ええ、ほんとに、ええ~、長い間、応援をありがとうございました。ええ~、休止前、ええ~、TBSで歌うのが最後となりますが、ええ~、この、"最後"っていうものがいただけて良かったなと、ほんとに感謝しております」


(.゚ー゚)「え~、僕らも、え~、きっちり最後は歌って、え~、締めたいなと思っておりましたので、ええ、この場に呼んでいただきまして、本当にありがとうございます。ええ~、力いっぱい! 五人で歌わせていただきます。お願いします!!」


ニノの言葉の最後に、智くんもお辞儀しておられました。


吉岡里帆さん「ありがとうございました。それでは皆さんで、曲紹介お願いします!」


ノノ`∀´ル「はいっ、それでは聞いてください。せ~の」
(‘◇‘)ノノ`∀´ル(´・∀・`)(`・3・´)(.゚ー゚)「嵐・レコ大スペシャルメドレー!」
(‘◇‘)ノノ`∀´ル「どうぞ」

嵐・レコ大スペシャルメドレー「果てない空」「Love so sweet」「A・RA・SHI」


嵐さんのメドレーは『果てない空』からスタート。


ステージと衣装は先ほどのトークと同じです。


青い照明に星が散りばめられているような演出がとても綺麗ですね。
光だけでこんな風に魅せるのもいいですね!


が、しかし、マイクのバランスと音響は最悪です!!😅
智くんのマイクの音が小さいですね~💦


ほんと、ステージによってマイクのバランスや音響技術ってすごい差があるものだな~って、改めて痛感。


2曲目は『Love so sweet』でした。


こちらももうちょっと智くんのマイクのボリューム上げてもらいたいですね。


おや、ノノノのないラブソうなんて、イチゴの乗っていないショートケーキだわよ~!!


あ、でも、このフロックコートでの後ろ姿、智くん超かっこいい💙
やっぱり背中でも魅せる男だわ✨


3曲目に披露されたのが『A・RA・SHI』でした。


ずっと思ってたけど、たまには智の巻き舌からの「♪ハッハッ!」のところで、カメラで抜いてくれたっていいのに~😭


ただ、英国紳士たちのデビュー曲もいいものですね😊


この衣装での智くんのジャンプは、さらに上品です❗️


智ソロパ来たあああ‼️😆
美しい声よのう✨
そして今回は格別に優しい歌声に聞こえました。


このときはまだ、大晦日にライブを控えていることもあってか、バク転や側転などはなしですね。


智くん、自分のところに来たカメラを、手で指し示すように隣の相葉ちゃんへ送っていました。


智くんのソロパには今回、ほかの四人のコーラスがついています。
ここはファンが合唱することもあるパートですが、今回は無観客ということも影響しているのかもしれません。


だけど「♪for~」だけはさすがに真のソロパでした😊
この「♪for~」だけで心をワシづかみにされるなあ。


本当に、歌を聴いてくれている人のために智くんは歌っているのだなって、ことさら強く感じます💙




●大野智くん雑誌情報


○1/15(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」149号(メディアパル)
interview ARATA 5 プロのダンサーが語る大野智の凄さ
《YouTuberでプロのダンサー、ARATAが語る大好評連載「大野智の凄さ」No5ではソロ曲“Hit the floor"を》
・Amazon

ASIAN POPS MAGAZINE 149号



●大野智くんテレビ情報


 ○1/4(月) 25:00-27:10〔CS放送〕
 映画「忍びの国」(TBSチャンネル1・TBS CS)
 大野智