青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐さん表紙『person』vol.2(2002年12月号)嵐・独占撮り下ろし「僕たちの青春ストーリー Five way to go」グラビア・インタビュー

こんにちは。


また木曜日がやって来ました。


木曜日は、以前に「あらもく」な~んて呼ばれていたこともあった通り、ひみあらとVSが同じ曜日に放送されていたりして、忙しかったですよね。


智くんも、私が想像できないぐらいたいへんだったろうな💦


にぎやかだった木曜日。


今の穏やかさには一抹の寂しさも感じられるので、また過去の雑誌ですが、レポをしてみたいと思いました。


今回は、2002年12月号の嵐さん表紙『person』です。


今から19年ほど前の雑誌となりますので、当時のインタビューと今の嵐さんの思いには、変化した部分も、変わらない部分もあることでしょう。


智くんに関しても……。


そういった点にも注目していただければと思います。



と、その前に!


智くんと親交のある後輩くんたちが本当にがんばっていて、今日もネットニュースが流れていました!!


まず、舞台『エレファント・マン』に主演した小瀧望くんが、「第28回読売演劇大賞」の男優賞にノミネートされています。


www.yomiuri.co.jp


また、加藤シゲアキくんは昨日、小説『オルタネート』で直木賞受賞こそ逃したものの……。


今日は「2021年本屋大賞」にノミネートの発表がありました。


www.oricon.co.jp


どちらの後輩くんも、智くんはとても懇意にされていますし、きっと今頃ものすごく喜んでくれているんじゃないかな~🙏


『エレファント・マン』は私も観劇しましたが、小瀧くんはあの難役を堂々と演じていました。


智くんも観てくれてるといいなあ🍀


 

person 2002年12月号

嵐 表紙


表紙は、映画『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』の頃の嵐さん。


SOANMの横一列になり、スプレーでグラフィックの描かれた塀の前に並んでいます。


よく工事現場などを囲んでいる金属製の塀ですね。


衣装は、皆さん、当時のおしゃれな若者……って感じ。


智くんは、黒と紺の中間色をしたサイズオーバーのジャケット(安定の萌え袖)をご着用。


スタッズホール(穴の開いた金属製のボタン穴みたいの)が袖やポケットにズラッと並んでおります。


履いているユーズドジーンズもゆったりめですね。


そこに、黒のタートルネックを合わせていますが、これもかなり袖が長くて、ジャケットからはみ出すぐらい。


智くんの手は、袖口から、美しい指先が3本のぞいているだけです✨


映画の中では超かわいらしいハルの髪型ですが、こちらでは髪の分け目やセットの仕方が当時の智くんのヘアスタイルに。


金髪智くん、かっこいいー💙


また、目次にも、表紙と同じ衣装の嵐さんの写真が。


こちらの並びはMNAOSで先ほどと並びが真逆。


ロケ地は郊外です。

嵐・独占撮り下ろし「僕たちの青春ストーリー Five way to go」グラビア・インタビュー(巻頭16ページ)


嵐さんの独占撮り下ろしとなる「僕たちの青春ストーリー Five way to go」グラビア・インタビューは、巻頭16ページという大ボリューム!


撮影されたのは2002年の秋、『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』公開の頃。


グラビアは表紙とは衣装が異なり、よりカジュアルに。


智くんはカーキ系のチェック柄をしたブルゾンに、黒のパンツ。
中に鮮やかな赤のTシャツを着ているのが、ひとり、目につきます♪


1~2ページ目では、MNAOSと横一列に並んでいて、智くんは相葉ちゃんと翔くんをかき分けるようにして顔をのぞかせていました。


背景にはヒマワリ畑が広がっているものの、花はうなだれ、種をつけようという段階です。


ロケ地は郊外に広がる田園といったところ。


3~4ページ目では、その田園の道を嵐さんたちが思い思いに歩き、ちょっとカメラのほうを後ろを振り返っていました。


智くん、見返り美人だなあ💙


5ページ目には、5ショットが合計8枚。


こちらも嵐さんたちが道を歩いているショットばかりです。


相葉ちゃんがスケボーに、松潤が自転車にときどき乗りながら進んでいました。


途中で、その松潤の自転車を奪おうとする智くん(笑)


松潤を自転車に乗せたまま、ハンドルを握って押している写真もありました😆


6ページ目の上段では、嵐さんたちが同じような道を今度は走っています。


その下段には、ピカンチ・シリーズのメガホンを取り続けている堤幸彦監督のインタビューが掲載されていました。


嵐さん全体の印象と、それから智くんについて語っているところを、一部抜粋させていただきます。


【背中を押すからがんばれよ】堤幸彦:インタビュー


《嵐は、奇跡的とも運命的とも思える組み合わせからできたグループです。後天的か先天的かわかりませんが、とにかく五人のキャラクターのすみわけが絶妙にできています》


《一番びっくりしたのは大野くん。あれだけ運命に受動的な演技が上手いとは思わなかった。彼が固まってしまう表情は、映画のフックになっています。つくづく愛すべきキャラクターだと思いました》


《大野くんは、受動的キャラを全面的に生かして、運命に翻弄される男を演じていって欲しい》


(受動的と言うのとは少し違うかもしれませんが、運命に翻弄される成瀬領を演じる智くんには、とてつもなく惹かれました💙)


7ページ目に、自転車を二人乗りしている相葉ちゃんと松潤の2ショット。


8ページ目に、信号の3ショットがありました♪


智くんがひとりスケボーに乗っているのですが、少ししゃがみ込むようなポーズと、何よりも右手と笑顔の美しさがまぶしくてッ‼️😆✨


9ページ目では、再び表紙と同じ衣装に戻り、松潤だけが立っていて、智くん始めほかの四人は斜面の芝生に腰を下ろしていました。


奥には団地も見えています。


10~14ページ目は、個人ページが1枚ずつ。


翔くんのインタビューで智くんにあげた誕プレの話題もありました。


(`・3・´)「もっと前の大野くん(の誕生日)では小物をいっぱい買って。単3電池を単2にするものとか、わけわかんないもの(笑)」


(単3電池を単2として使える器具、私も持ってるよ~! 笑)


また、その逆に、二十歳の誕生日を迎えた翔くんに、智くんがトースターを買ってくれた……とも。


智くんの個人ページでは、白いコスモスを背景に撮影(きゃわ!💙)


スケボー手に、少し前かがみになっているため、カメラを見つめるまなざしが上目づかいになっているのが非常にGood!!


それでは、智くんのインタビューをまとめてみたいと思います!


(記者)スクリーンで見るハルは、ボケーッとした表情や泣き顔があまりにも自然。大野くんの素顔を垣間見た気にさせられるが……?


(´・∀・`)「あれは演技ですね。ボーッとした表情は普段でもしますよ。でも、それとは違う感じで……。ハルの基本的な顔はどんな風にしようかなって、研究したんですよ。鏡見て(笑)」


(´・∀・`)「先日、久々に映画館へ行ったんですよ。いやぁ、最初から最後までボロボロ泣きました。涙がたまってたのかもしれないけど、鼻水が止まらなくって、もう最後は垂れ流し(笑) 周りは暗いし、誰も見てないからいいやって」


(記者)"かっこいい大人像"とは……?


(´・∀・`)「自分で決めたことはやり通す、そんな大人がかっこいいですえね。生きていれば、必ず何かの壁にぶち当たって落ちてしまうことってあると思うんですよ。そんなとき、落ちてもいいけど、"またはい上がろう"という気持ちがなくなって、そのままどんどん落っこちていく……。そんな人間にはなりたくないです」


(´・∀・`)「それから、デビューしたとたん、僕よりずっと年上のスタッフの方が自分のことを、突然"さん"づけで呼んだり、『大野さん、座ってください』『お茶入れましょうか』って気をつかってくれるのが、すごく慣れなくて……」


(´・∀・`)「座らなかったっすもん、最初は。やっぱり、自分でできることは自分でやりたいですね。周りの大人から気をつかわれることに慣れちゃうと、何だか自分が崩れそうで怖いっす」


(´・∀・`)「個人的には歌をがんばりたい。踊りもずっとやりたいですし。自分が嵐のメンバーでいる今が、一番ハッピーで恵まれているなって思います」


(´・∀・`)「基本的に人に指示したりすることが苦手なんで、年上・年下という年齢差も全然感じない。でも、自覚はありますよ。だから、遅刻はしない。信頼関係が崩れますからね」


ラストの15~16ページ目は、嵐さんが畑と道路の間にある、低い段差の上を一列になって歩いているシーン。


それが夕暮れのような淡い光の中で撮影されています。


智くんは両手を水平にまっすぐ広げて、細い段差の上をバランスを取って歩いていました🍀


こちらには、五人のQ&Aが掲載されています。


智くんのアンサーを中心に、気になったものをピックアップしてみたいと思います。


・Q:嵐は、あなたにとって何?


(´・∀・`)「一生もの」


・Q:嵐の中での自分の役割とは?


(´・∀・`)「見守りキャラ」


・Q:自分の性格を分析すると?


(´・∀・`)「めんどくさがりや。ちょっとしたことがめんどくさいときってあるんですよ。例えば、米、食ってるときとか。何か疲れるんですよ、アゴが(笑) でも最近、がんばって食べるようにしてるんですけど」


・Q:今、一番したいことは?


(´・∀・`)「旅行。北海道あたりに何となく。海外だったら、インドかな。同級生がよく1か月ぐらい行ってて、『いいよ』って言うから」


・Q:最後に泣いたのはいつ?


ノノ`∀´ル「最近はプライベートで……。失恋で大泣きしました」
(松潤に限らず、まだ若かった嵐さんたちは、昔の雑誌とかでちょこちょこ恋愛の話をしていたりするよね)


それと、おもしろかったのがこの一連のクエスチョン。


・Q:自分はエッチだと思う?


(´・∀・`)「僕は思わないですね」
(`・3・´)「スケベです」
(‘◇‘)「はい」
(.゚ー゚)「俺エッチだと思います」
ノノ`∀´ル「エッチです」


・Q:メンバーの中で一番エッチなのは誰?


(´・∀・`)「誰だろ……? 翔くん」
(`・3・´)「俺も含めて、みんなそうです(笑)」
(‘◇‘)「翔くんじゃないですかね」
(.゚ー゚)「翔くん」
ノノ`∀´ル「僕と櫻井ですね」
(翔くんに5票入ってる🤣)