青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん『POTATO』1997年10月号「スペシャル企画:KYO TO KYO ルポ・ジャニーズJr.」レポート・インタビュー

【お知らせ】


 ・2/22(月) 19:00-21:00
 スカッとカラオケ!誰もが歌える日本の名曲SP(フジテレビ系)
《▽嵐の16年前の貴重映像!》


※「メレンゲの気持ち 豪華ゲスト初登場連発SP」予告
(大野智くん櫻井翔くんのお名前あり)




こんにちは。


今日は関東地方、すごく天気がいいですよ❗️🌞


快晴だけれど、コロナもあって花粉もあって、なかなか気軽に外出できないのが残念です💦


智くんはどんな風に過ごされているでしょうか❓


ちょっと昔のことを懐かしく思い出してみるのも楽しいかもしれません👍


今日は、1997年10月号の『POTATO』を紹介したいと思います♪


こちらの雑誌に、『KYO TO KYO』のレポとインタビューが載っておりますので。


若智くんがとにかく麗しいのです‼️😆


ただ、雑誌が古すぎて、あのAmazonにさえもう書影がありませ~ん💦


これからも大切に保管していきたいと思います。


POTATO 1997年10月号


嵐さんがデビュ―する前の雑誌で、表紙には相葉ちゃんとニノ、タキツバ、そして小原裕貴くん。


ほかの三人に比べると、当時はまだ相葉ちゃんとニノは素朴な感じですね😊

スペシャル企画:KYO TO KYO ルポ


こちらには『KYO TO KYO』にゲスト出演した赤坂晃さんと、山本淳一さんのSHOW TIMEのレポが載っています。


光源氏が原っちのときで、智くんのお顔がはっきりと映っている写真はありませんでした。

スペシャル企画:KYO TO KYO ルポ・ジャニーズJr.(3ページ)


先ほどとは別のところに3ページ、Jr.をメインとした『KYO TO KYO』のレポがありました。


智くんの牛若丸やダンスシーン・歌唱シーンも載っていて、それがどれもすごく良いお写真💙


歌っているときは女の子みたいにかわいかったり、踊っているとセクシーだったりと、16歳の智くんが麗しいです‼️✨


ステージばかりではなく、この取材用の写真もありました。
撮影場所は、大きな窓のあるロビーとかそんな感じ。


智くんは真っ赤なオーバーサイズの半袖シャツを着て、胸元のボタンを2つ開けておりますね👍


稽古用の黒いヘアバンドを鉢巻きのように頭につけております。


原知宏くんが智くんを右に、田中純弥くんを左にして、両肩を抱えている3ショットがまず1枚。


それから、三人は同じポジションで、ほかのJr.の子が後ろに映っている集合写真が1枚。


原っち、智くんの1個上か2個上のはずだけど、何かもう当時からすでに体格とか顔が完成されていて、ほかのJr.と一緒だと引率の先生みたいな感じがすごいよね(笑)


本当に当時から頼りになる人だということが写真からだけでも伝わってきます😊


でも、インタビューを読むと、TOKIO兄さんやトニセンの皆さんは原っちが甘えられる存在だったことがわかってホッとします。


それから、
《(堂本)光一から話そうよって言われても、眠くて「いいよ」って言えなかったけど》
と、キンキからも原っちには応援が。


ライターさんの『KYO TO KYO』のレポには、
《それにしても、大野くんの歌の上手さにはびっくり!》
との一文も♪


智くんのインタビューにはこんなことが書いてありました。


(´・∀・`)「もう京都に来て1か月経った。本音言っていい? 東京に帰りて~!(笑) 関東のJr.が来たとき、ムカついたもん。だって、みんなすぐ家にかえれるんだもん(笑) これだけ長く家を離れたのは初めてでしょ。寂しいッ!」


(ホームシックな智くん、つらいだろうけれど……かわいい💙)


(´・∀・`)「昨日、親に電話したけど、もうほかに電話する相手もいなくなったし、かかってこなくなった(笑)」


(´・∀・`)「お弁当が多いから、普通の料理が食べたいよ~。今、食べたいのはカルビ丼。稽古のときよく食べてて美味かったから」


(´・∀・`)「でも、俺、太っちゃったんだよぉ~!(笑) これだけやってるのにほっぺがプニプニになっちゃってさ、どういうこと!?」


(ほっぺプニプニさとちゃん🤣)


(´・∀・`)「でも、『帰りたい』とか言ってもさ、自分たちが主役だからがんばれる。でかい照明を浴びるのも初めてだしね。絶対手抜きはしてないし」


(´・∀・`)「人からも『これを経験すれば、絶対何かつかめる』って言われて、自分でも『そうだろうな』って。それが何かはまだわからないけど、最後まで絶対にがんばる!」


(『KYO TO KYO』の経験は、智くんにとって芸能界、及び人生にとっても、基盤となるような濃厚な日々だったことでしょう! 選んだ道は大正解だったと思います!! これからも一生の宝物なのだろうな~。素敵だね✨)


ほかにも、当時の関西Jr.だった今川晴司くんから智くんの話題が……。


レッスン中、アクロバットで右手人差し指を骨折してしまった今川くん。
しかも着地に失敗し、首を打って救急車で運ばれたことも!!


今川くん「僕、大野くんたちとアクロバットでロンダートをやるはずだったのに、ケガでできなくなったんですよ。そしたら大野くんが『治ったら、ロンダートで一緒に交差しようね』って言ってくれてね。いい人やなあって改めて思いました」


(1日5公演もあって、智くんも色んなケガを見てきたのだろうなあ。そして智くんは本当に、いつの時代も変わらず誰に対しても優しいことに感動しちゃう🍀)



●大野智くん雑誌情報


○3/5(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」150号(メディアパル)
interview ARATA 6 プロのダンサーが語る 大野智の凄さ
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 150号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 150号



●大野智くんテレビ情報


 ○2/26(金) 25:30-27:40〔CS放送〕
 映画「忍びの国」(TBSチャンネル1・TBS CS)
 大野智