青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「ミニ四駆ってマジね、速いよ! あれは必死に追いかけた」・「ターミネーターに見られたかな」

おはようございます。


昨晩の東京タワーは、オリンピック開幕まであと100日を記念した、サプライズライトアップだったらしいですね。


東京タワーを見ると、智くんのFS2020がすぐ頭に浮かんできます🗼💙


あと、もしも予定通り2020年に東京五輪が行われていたら、嵐カラーとほぼ同じだね~なんてトークがNHKでもあったかも?


嵐カラーのライトアップはとても綺麗ですが……。



報道によれば、どうやら東京五輪を強行するつもりのようじゃないですか😱


マジか~💦


まさかとは思うけど、NHKが活動休止をしたばかりの智くんを、無理やり引っ張り出すようなまねをしなければいいのですが😰


もうほんと、最初からケチがつきっぱなしの五輪だし、いやになります💧


唯一良かったのは、今もこうして嵐カラーのライトアップが見られたことぐらい。


智くんもきっと、東京タワーを眺める日が、今もあるよね💙


ARASHI DISCOVERY forever(音源2015/11/19・レポート2021/4/15)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「おはようございます。嵐の大野智です! "今日の一言"、カモンっ!」


(SE)


(´・∀・`)エコー「天才とは、蝶を追って、いつの間にか山頂に登っている少年である」


(BGM:青空の下、キミのとなり)


(*´・∀・`)「ほほっ(笑) なるほど」


(´・∀・`)「これは、ジェームズ・ディーン主演の映画の原作、『エデンの東』などを書いたアメリカの作家、ジョン・スタインベックさんの言葉です」


(´・∀・`)「何かひとつのことに、え~、夢中になれる人は相当な集中力がある人が、え、天才だという、こと、なんでしょうかね……っ」


(´・∀・`)「え゛~、いっちばん、お、追いかけた、のはミニ四駆かなあ。しかも友達のミニ四駆だったの」


(´・∀・`)「で、僕ねぁ、あのぉ~、川沿い……で、行ってえ、でぇ~、ミニ四駆ってえ、どんくらい早いのかなって思ってえ」


(´・∀・`)「友達、ラジコンとか持ってきたんだけど」


(´・∀・`)「で、僕、目の前で、こ、ミニ四駆さわってて。で、見てて、スイッチ入れてえ、走らせたらとんでもない速さだったわけぇ!(笑) (フーッ)追いつかないわけよ」


Σ (||´・∀・`)「『うわあ~!』って」


(´・∀・`)「しかも友達のでえ、走った、向かってったとこが、も、川なわけ]


Σ (||´・∀・`)「『ぃヤ~バいっ!!』っと思ってえ、ちょっと段差があってえ、上手いこと段差に、ミニ四駆がころかって(転がって)、後ろ、裏向いたわけ。で、助かったの」


(´・∀・`)「あれ、いっちばん焦ったよ!」


(´・∀・`)「自分のなら別にいいけどさあ。しかもたぶん改造……して? すげえ速くしてるやつだから絶対大切なやつじゃん?」


(´・∀・`)「あんな焦ったのはねえ~、初めてだったね。ふふふふっ☆彡」


(´・∀・`)「ミニ四駆ってマジねえ、速いよ! あ~れは必死に追いかけた。ほんっとに助かった、あれ」


(´・∀・`)「そいっ(それ)、もうずっと忘れないもん。う~ん」


(´・∀・`)「それかなあ? 必死に追いかけたのはね」


(´・∀・`)「まあ、でもあのぉ~、やぁ、子供んときはね、僕、よくひとり遊びずっとしてた」


(´・∀・`)「1回ねえ(笑)、何だっけなぁ、あの『ターミネーター』……が流行った時期」


(´・∀・`)「ターミネータ(ー)……2かなあ? 僕、小学校五年~ぐらいだったんだけど」


(´・∀・`)「で、ターミネーターってあさ(てのさ)、無表情でさあ、坦々んと歩いてえ……ってゆうイメージじゃん」


(´・∀・`)「で、1回ねぇ、あのぉ~……文房具屋に入って(スー)、で、俺、俺も無表情でえ、ターミネーターみたいにぃ、こう、無表情でこう、ただ、歩いて」


(´・∀・`)「で、『何探してるんですか?』みたいなこと言われて」


(´・∀・`)「『いや、ここは絶対に、しゃべっちゃいけない。人間と見られてはいけない』と思って」


(´・∀・`)「無視してそのまま、店を出てったことある」


(´・∀・`)「ときに……『勝った』と思った」


(´・∀・`)「ただ、やな、やっ、『何だ、あいつは』って話なんだけどお!(笑) 当時の僕からしてみりゃもう『ターミネーター』にハマってるから」


(´・∀・`)「『ターミネーター……に、見られたかな』と。『ちょっとビビって、ビビってたかなあ』とか」


(´・∀・`)「そんなことやってましたねえ」


(´・∀・`)「結構、シカトすんの勇気いったの覚えてる」


(´・∀・`)「『やべ、話しかけられちゃったあ』と思って」


(´・∀・`)「『でもここは絶対にwww、(フー)申し訳ないけど無視するべきだ』……って、出てった」


(BGM:『ターミネーター』のテーマ曲)


(´>∀<`)「♪デデンデンデデン!(笑) つって。ふははっ!☆彡」


(BGMが『青空の下、キミのとなり』にすぐ戻りました。笑)


(´・∀・`)「勝ったなあ、あんときは。ええ~」


(´・∀・`)「あんときは天才だと思ったよ。ええ~。今じゃもう怖くてできないすけど」


(´・∀・`)「ええ、ほんとにあんときの店員の、方、ほんと申し訳ないっす。ええ~」


(´・∀・`)「ああいう、そういう時代もありました、わたくしもねっ。ええ、もうできないっす! はいっ」


(´・∀・`)「以上!(笑) 大野智でしたあ」


――このときの"今日の一言"は、ドンピシャ智くんに当てはまっていましたよね‼️💙


きっと自覚があったのでしょう。
"今日の一言"とその説明のあと、少し照れてらっしゃったのがとても印象に残っています🍀


音源をリアルタイムで聴いていた当時も、たぶん同じ感想を書いたと思うのですが。


……きゃわいい❗️😆


エピソードだって、どれも愛らしいですよねえ🤣


理想などではなくて、物理的にミニ四駆を追いかけていたお話ですから(笑)


あと、最高なのが、智少年がターミネーターのまねをしていたお話🤖


子供の頃から、憑依型の演技を磨いていたのかも⁉




●大野智くん雑誌情報


○4/30(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」151号(メディアバル)
interview ARATA プロのダンサーが語る大野智の凄さ7
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 151号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 151号