青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐さん表紙『ピクトアップ』2004年APR+MAY.♯27①「プロジェクト・オブ・『ピカ☆☆ンチ』!」/大野智くん「甘えちゃったりして、自分で納得できないことがあると許せないんですよね」

こんにちは。


シューティングの映画化に触発されて、過去の雑誌からピカンチ関係のものを読み漁っています。


今日紹介するのは、2004年4・5月号の『ピクトアップ』です。


かなり詳しく映画『ピカ☆☆ンチ』について語られていました。


嵐さんだけでなく、原案のイノッチ、脚本の河原雅彦さん、そして堤幸彦監督……。


そして何と何とジュリーさんのインタビューまで❗️😲


と、でも、その部分はこの次に🙏


ものすごいボリュームの特集なので、まずは嵐さんのグラビア・インタビューから取り上げたいと思います。


智くんのグラビアはたぶんほぼスッピン。
インタビューへと自然体で答えている智くんがとても素敵です💙


ピクトアップ 2004年APR+MAY.♯27①

嵐 表紙「プロジェクト・オブ・『ピカ☆☆ンチ』! 嵐とJstormの1年半、そして未来」グラビア・インタビュー(巻頭19ページ)


このあとのインタビューでもふれられていますが、表紙の嵐さんは映画『ピカ☆☆ンチ』で主役のハルを演じる智くんがセンター💙


撮影はお正月明けぐらいかな?


この『ピクトアップ』の発売日が2月21日。


映画『ピカ☆☆ンチ』は3月公開なので、直前に発売されたという感じでしょうか。


智くんはもうハルの髪型じゃなくって全体的に短く、やや茶髪。


短めの眉毛とか前髪も含めて、ちょっとヤンチャな感じ。


ススキの生い茂る河原でのロケみたいで、茶色いジップアップコートの襟を立て、チェック柄した紺色のセーターを中に着ていました。


ちょっと俯瞰から撮影しているカメラに、まっすぐ鋭い視線を投げかけているのがかっこいいです💙


――グラビア・インタビューは、巻頭19ページ。


「プロジェクト・オブ・『ピカ☆☆ンチ』! 嵐とJstormの1年半、そして未来」との見出しがついています。


衣装と撮影場所は、表紙と同じ。


河原に生い茂るススキの間に、舗装されていない細い道があり、五人は智くんをセンターにして、ゆっくりとカメラのほうに歩いてきます。


1~3ページ目まで、その連続写真だけが大小で紹介されていました。


みんなで爆笑している場面もあるけれど、1ページ目では後ろの四人だけが笑っていて、智くんはひとり、何か考え事でもしているかのような表情です。


顔に持っていこうとしている指先が繊細で美しいなあ✨


4ページ目からは個人ページが。
智くんのソロカットも、まずは大きく1枚載っていました。


下は黒いパンツに、茶色い革靴。
川の前にしゃがみ込み、じっと水面を見下ろしています。


はたから見たら、「何かあったのかな……」と思うようなしょんぼりした表情をしているよ❗️
(これは撮影だけどね)


そしてやっぱり思うのは……やっぱり智くん、もともと色素薄い系の色白さんだな~って。


このあとはラストまで、さらに個人のソロカット1枚+インタビュー1ページと続きます。


アップの智くんは下手側を流し見、ちょっと口元をニヤリとさせた感じ。


これねえ、智くんはほとんどメイクしていないんじゃないかなあ。


ファンデはおろか、アイブロウもしていません。
顔に1つ2つ、ニキビも見えます。
若い~😆


インタビューをまとめてみたいと思います。


あ、プロフィールには「歌ではメインボーカルを担当」の文字がちゃんとありました♪


・☆☆では主役を担当。


(´・∀・`)「僕が主人公でって聞いたときは、『は!?』と思いました。『あのハル役で!?』って。ハルは脇役だろうってずっと思っていたので」


(脚本の河原雅彦さんは舞台『青木さん家の奥さん』の演出も手掛けているという、そういう関係もありますもの❗️)


(´・∀・`)「ハルの色んな表情が前回より観れるかなと思ったし、楽しいところや、切ないところもある。それがちゃんとハルっぽいいい台詞になってるところもある。ジーンと来て、鳥肌が立ちましたね」


(´・∀・`)「『これを自分が上手く表現できるかな』って。そこはプレッシャーでした」


(´・∀・`)「ただ、みんなより少し多く出ている感じがするだけ。それに、監督から最初に『ハルは前回と同じ風で』って言われてたので、役作りで迷うこともなく、結構自然にできました」


・撮影について


(´・∀・`)「1日24時間、朝の5時から翌朝5時まで撮影っていうときもあったんですけど、全然時間を長く感じなかった」


・前回は家から現場まで遠く、その移動もあってたいへんだった。


(´・∀・`)「だからほとんど寝れなかったし、今回はさらに出番が多いから、絶対寝れないはずだと思ってたんですけど、結構寝れたんですよね~。家から10分で着くようなところで撮影をやってたから(笑)」


(´・∀・`)「前作だったら、2時間待ち時間があっても、帰る時間はないから現場で寝なくちゃいけなかったのが、今回は家に帰って風呂入って寝てましたから」


(´・∀・`)「本当にあっという間だったからなぁ。『よし、これからだ!』っていうところで撮影が終わったんですよ(笑) でも、芝居には打ち込めたし、職場はおもしろかったし、おもしろい作品になってると思います!」


・この1年半成長したと思いますか?


(´・∀・`)「どうかなぁ。ちょっと自信はついたかなと思いますけど。僕は何をやっても不安なんですよ。特に芝居がそう。でも今回は、そんなに不安じゃなかった。前作以降に芝居(舞台)をやったりもしてちょっとずつだけど、自信はついてますよ。だから自然に成長してるんじゃないかなとは思います」


(ピカ☆☆ンチはねえ、銃を構えるハルの目つきがめっちゃスナイパーでしたよねえ。智くんに一度スナイパー役をやってもらいたいですよ‼️)


・仕事にたいする態度への変化は?


(´・∀・`)「だいぶ変わりましたね。昔はいつでも二日酔いでした(笑) むくんだ顔で仕事に行ったりしてたんですけど……。書けないですね、これ」


(ピクトアップのライターさん、書いちゃってたよ! 笑)


(´・∀・`)「でも、最近は翌朝早いときは飲まないようになりました。責任感が強くなってきたと言うか。遅刻は絶対にしたくないし」


・自分には厳しいほう?


(´・∀・`)「舞台とかで周りからいい評価を受けても、結局は自分との闘い。甘えちゃったりして、自分で納得できないことがあると許せないんですよね」


・自分にとっての"大人"とは?


(´・∀・`)「やっぱり責任がある人かな。それでつらいことが多くなっても、つらいとこきそが新しい自分の誕生のとき。今までの自分を振り返っても、つらいときが一番頭に残ってるし、苦しんだもん勝ちっていう気がします」


(本当にずっと変わらず、太い芯が1本、心にあり続ける智くんです💙)