青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「意味はないんだけども。その響きと言い方とがもうガマドンなんですよ」

おはようございます。


昨日、町田慎吾くんがこのようなツイートをされていました。


お仕事へのオファーがあった経緯です。



これを読んだら、2015年、町田くんが最後のWebで書いていたことを思い出しちゃって。


そこには智くんとお酒を飲んだ話が書かれていましたよね。


そして、「困ったら助ける」と智くんから言われたことと、町田くんも同じ気持ちであることも……。


智くん、活動休止中は町田くんと何度ぐらい会えているのかな。


また二人で笑い合ってくれてたら嬉しいです。


町田くんが出演する9月の舞台『蘇州夜曲2022』も楽しみにしています♪


www.mizu-pro.com
 

ARASHI DISCOVERY forever(音源2010/11/3・レポート2022/4/11)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「今日はぁ、機械の問題です」


(´・∀・`)ロボットのまね「ワタクシハ、オオノサトシヲ、サポートスルタメニ、ツクラレマシタ」


(´・∀・`)ロボットのまね「ワタクシハ、カレノカワリニ、モンダイヲ、ヨミマス……ヨミマス……ヨミ……カンジガ、ヨメマセン!」


(´・∀・`)「さて! 機械によって、人間に似た動きをするものを、何と言うでしょうか? 次の3つの中から、選んでくださいっ」


(´・∀・`)「1っ! ロボット。2っ! ロケット。3、ミリオンヒット」


(リスナー:解答/BGM:Dear Snow)


(´・∀・`)「答えは、1番のぉ、ロボットです!」


(´・∀・`)「11月6日に、フィリピンで開かれる、世界の小中高生がっ、技術を競う国際ロボットコンテスト『ワールドロボットオリンピアード』にっ! え、横浜市立上郷中学校の三年男子3名が挑戦するそうです」


(´・∀・`)「去年は、地区予選、え~、1回戦で敗退し、涙を飲んだ彼らですが、え~、競技を始めてっ1年半で世界大会に出場するまでに技術力を高めました。三人は『出るからには優勝したい!』と、意気込んでんでおります」


(´・∀・`)「それはすごいなぁ!」


(´・∀・`)「いいねぇ。優勝して欲しいですね、ほんとに」


(´・∀・`)「僕ね、日本……人のね、技術力ってねぇ、たぶん世界一だと思ってますよ」


(´・∀・`)「ま、僕も、ロボットぉ(笑)、ふっ☆彡 経験者ですからぁ」


(´・∀・`)「えっ? 知らなぁい?」


(´・∀・`)「いや、僕は、あのっ、なん、3年前ぐらいかなぁ?」


(´・∀・`)「あれ? 個展も観に来て……来たよね」


(´・∀・`)「来たよねぇ!? うんっ」


(´・∀・`)「あの、最後のほうに何かすごい(カタッというかすかな物音)……すごいロボット飾ってあった……って思うんだよな……」


(´・∀・`)「ライトアップされて、ちゃんと綺麗に。そっ」


(´・∀・`)「名前は、ガマドン! っていうロボットをねぇ、作ったんです。ええ~」


(´・∀・`)「結構、名前重要ですからねぇ。だからねぇ、彼らがねぇ、作ったロボットの名前がねぇ、どういう名前かって言うのが興味あるね」


(´・∀・`)「僕のぉロボットはね、ほんと、ガマドンなんですよ」


(´・∀・`)「意味は、ないっ……! んだけども。その、響きと、言い方とっ、がもう……も、ガマドンなんですよ」


(´・∀・`)「ま、そういう感じで、え~、じゃあ、ガマドンⅡを、いつか作りたいと思います(笑)(パタッと少し大きな音)」


(´・∀・`)「以上(笑)、大野智でしたっ」


――ガマドン2号機、ぜひお目にかかりたいです🤖


実はもう作っていたりしないのかな?


2号機はまだだけれど、ガマドン1号機はチャームになって、ファンの子一人ひとりが大切に持っているの、智くんとのつながりを感じられて幸せな気持ちになれます💙


最初、小さな写真で見たとき、私にはチャームがかわいいベルの形に見えて。


拡大した写真を確認して、「ガマドン!!」って驚きました(笑)


まさかFS2020でチャームにしてくれるとは♪


智くんも今、どこかにガマドンのチャームつけているかしら。


パッと浮かんだのはお家の鍵だけれど、智くんはお財布に入れているって以前仰っていたから違うかな。


次の個展が開催され、またガマドンに会えることを切に願っています。


「青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。