青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐さん表紙『Switch』vol.27 No.4(2009年)「PHOTO STORY PLANET FIVE」グラビア・インタビュー/大野智くん「地道。近道はして来なかった」

こんにちは。


昨日から相葉ちゃんの舞台『ようこそ、ミナト先生』がスタートしましたね。


取材では相葉ちゃんが、


(‘◇‘)「みんな忙しいから……リーダー来てもいいんだけどな? 連絡します」


って言ってたんですけど、何か微妙な……😅


相葉ちゃんは、みんなと連絡取っているそうで、


(‘◇‘)「リーダーにも電話します」


って言っていたようだから、これから智くんにも電話、もしくはLINEするのかな?


でも、相葉ちゃんの舞台は大勢のマスコミが張ってそうだな~。


智くんは活動休止中だし、なかなかね……。


智くんに憂いなく、自由に過ごせているといいのですけど。


www.oricon.co.jp



さて、今日は過去の雑誌から、嵐さんが五人で表紙を飾った『Switch』を紹介したいと思います。


『Switch』には嵐さんたちがあんまり頻繁には登場していないのだけれど、ふと、これまで全然ブログで取り上げていなかったなって気づいて……(私が忘れているだけかもしれませんが)


今日は2009年発行のを手に取ってみました。


写真いっぱいで、ソロインタビューもあります。


どうぞ♪


Switch vol.27 No.4(2009年)

嵐 表紙「PHOTO STORY PLANET FIVE」グラビア・インタビュー(14ページ)


表紙・グラビアでは嵐さんが、大小さまざまな白い球体を小道具にして撮影。


球体はごく軽そうな素材です。


智くんはその球体に右足を乗せて表紙ではポーズ✨


左手にも小さな球体を握り、右手は……まるで菩薩像のような指の形に。


ちょうど取材時期が『歌のおにいさん』の撮影と重なっているので、髪型は健太くんそのもの💙


衣装はベージュのシャツを右腕だけまくり、パンツはグレートベージュのチェックでした。


白いシューズに真っ赤な錨のマークがついていてアクセントになっています⚓


グラビア・インタビュー14ページでは、表紙と同じ衣装のほかにもう1着、グレーのカーディガンに黒白ボーダーのポロシャツ、ベージュのハーフパンツというスタイルも披露しています。


ドル誌とは異なり、画像処理ですね毛をなくしたりはしていないのがカルチャー誌のいいところ😊


見せられる美しいすね毛ですよ、智くんのは💙


にしても、智くんのふくらはぎ、立っているときも筋肉がはっきりわかるけれど、しゃがむと本当にくっきりと浮かび上がって惚れるッ‼️


ソロインタビューだけ載っているところが4ページあるのですが、5等分すると1ページには満たず、少なく思えてしまいます。


智くんのインタビューのみ紹介いたします。


ライターは、現在は元Switch編集部の肩書きを持つ内田正樹さん。


芸能記者にありがちな大衆にウケようとする質問などはなく、その人のそのもののあり方を見つめるペンが好印象です。


【Day3.大野智 Switch編集部】


グラビア撮影は五人一緒ですが、取材一人ひとりバラバラに、色んな場所で行われたようです。


智くんは『Switch』編集部での取材だったみたい。


《おはようっす。その挨拶の言葉通り、リーダーは寝起きだった。ドラマ『歌のおにいさん』の収録が佳境に入り、睡眠時間の少なさも手伝って移動車の中で眠っていたという》


お疲れ様でした、智くん🍀


(´・∀・`)「ドラマは『魔王』が終わってまたすぐやるなんて思ってなかったの。俺、連続ドラマ(主演)は『魔王』が初めてだったから、ひとつの役に3か月も入ったままでいるのはしんどかった。終わってもしばらく役が抜けなかった」


成瀬さんでいてくれてありがとう💙


(´・∀・`)「でも『歌のおにいさん』の現場に入ってみて、段取りとかリズムとか、前より勝手がわかっている自分に気づいてね」


舞台では、まず自分の理想を頭に思い描き、そこに向かって稽古と本番を重ねるというアプローチ方法だった智くんでしたが……。


(´・∀・`)「ドラマはないよ。舞台とは別。まだ2回目だし、最後に自分がどんな姿なのか想像もつかない。だから楽しむことが最優先」


(´・∀・`)「自分の着地点よりも、スタッフやキャストのみんなやテレビを観ている人達が楽しんでくれたらいいなって、そればかりだよ」


素敵な智くんです💙


歌おにでは大勢の子供と接することに。


(´・∀・`)「俺ね、意外と苦手じゃないんだよ。番組のロケでも結構あったし、何十人もまとめて来られるとさすがに体力奪われるけど」


釣りに行きたいところだけど、そうも行かないとのことで。


内田正樹さん「それは、『今はがんばり時だから』みたいな意識ということ?」


(´・∀・`)「がんばり時って言うか、いい経験の時期なんだろうねっていう感じ。そういうことをあれこれ考えた時期もあったけど、途中で面倒くさくなっちゃってさ」


(´・∀・`)「俺の場合、考えても変わらないし、考えれば考えるほど、逆に縮こまったり悪い状況になる。自由が減っちゃう気がするんだよ」


嵐のこれまでの10年について。


(´・∀・`)「早いっちゃ早いし長いっちゃ長かった。ただ、何も考えないで来たわけじゃない。そうだな……地道だったかな」


(´・∀・`)「地道。近道はして来なかった。誰だって地味な努力ってしたくないじゃん? でも嵐は今思われているよりしてきたほうだと思う。こんな話はあまりしたくないけど」


ほかの四人について。


(´・∀・`)「変わらないけど大人になった」


お兄ちゃん目線な智くんでした😊


「青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。