青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん「大野丸」伊豆大島ロケ地巡り2③町・宿

こんにちは。


今日も、伊豆大島ロケ地巡りの旅レポをしたいと思います


3回目です。


大野智くん「大野丸」伊豆大島ロケ地巡り①泉津の切り通し・港 - 青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog


大野智くん「大野丸」伊豆大島ロケ地巡り②椿花ガーデン - 青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog


そう言えば、船から下りてすぐバスに乗ってしまったので、まだ元町港船客待合所を紹介していませんでした。



旅の拠点となる施設の前には、こんなオブジェも建っています。


吹き上がるマグマをデザインしたのかな?


七支刀みたい……。


元町港の周囲にも智くんがロケした場所が点々としています。


散策がてら、巡ってみました。


まず、元町港船客待合所の目の前にあるのが、智くんも訪問した「旭売店」です。




せっかくなので、ここでちょっとおやつを購入。


ほんとは特産品の大島牛乳を買いたかったのですが、売り切れていたので。


次の目的地に向かう前に寄り道。


明日から10月だと言うのに、この日は夏の終わりのような暑さ。


大島に、変わり種アイスをたくさん置いているお店があるということで、その「トリトン」さんに行きました。


店内でアイスを食べながら休憩することができます。



たくさんの種類がある中から、おすすめのエルダーフラワーのアイスを買いました。


値段は300円。

 
ニワトコ科のハーブの一種みたいで、智くんも好きなライチに味が似ているとのことでしたけれど、とてもさっぱりと爽やかでした。


そして、街並みの撮影と見せかけて、智くんとイモトアヤコさんが訪問した「ナイトラウンジ宮殿」と空の写真を撮影。



まだ閉まっているし、スナックですので訪問は見送らせていただきました。


ってか、下戸の女ひとりで入るには敷居が高すぎます😅


ここを折り返し地点にして、港のほうへと引き返します。


ナイトラウンジ宮殿のそばにあるこの坂を、智くんがイモトアヤコさんと上ってきてましたね✨




ちょうど夕日が落ち始めている頃でした。



ただ、その夕日の一番綺麗な沈む場面を、私は見逃しちゃったんですよね。


夕ご飯に夢中で(笑)



「寿し光」さんは、ややカジュアルで、地元以外で私がカウンターに座ったのは2軒目のお寿司屋さんとなりました。


ここ、めちゃくちゃ美味しかったー😆


まずはただのウーロン茶を注文。


それから「しまにぎり8巻」を頼みました。



マグロの赤身と、え~と、確かヒラマサとクロムツ……。


とにかく白身は全て違うお魚です🐟


茶色いの2巻は大島名物「べっこう」のお寿司。


白身の地魚を島唐辛子醤油で漬けたもので、昔は保存食だったそう。


その味やレシピは、家庭やお店ごとに違いがあるのだとか。



これは、頼まずにはいられなかった「明日葉ちりめんコロッケ」です。


島唐辛子ソースをかけていただきまーす♪



「明日葉の天ぷら」は、お店の人に「量が多いのでハーフにしますか?」と聞かれ、言われるままそうしてもらったもの。



でも、ハーフにしないほうが良かった~。


「明日葉の天ぷら」は、もうポテチ感覚で、塩を振って何枚でも食べられちゃいます。


ご飯を食べ終わったら、宿に電話して迎えに来てもらうことに。


夜、島の中は星がとても綺麗だそうですが、真っ暗なところが多いらしいので、日の光のあるうちに宿へと入りたいと思います。


と、その前に、宿の人が私を見晴らしの良いところに連れていってくれました♪


「富士山が見えるよ」とのことでした。



わかります?


山と雲の間に、わずかにぼんやりと富士山の輪郭が浮かび上がっています。


下の写真は、夕食を食べる前、私が一瞬だけ富士山と見誤った利島(笑)


本当の富士山とは正反対の方向にありました。



さらには、中央にちっちゃく灯台の明かりが見えるこちら。



あそこは、智くんが船でやって来た伊豆の稲取港の方角です💙


いつか、あの稲取港のある伊豆にも行ってみたいな~。


この日は宿に入って、そのままのんびり……。


一夜明け、朝に撮影したものですが、こちらが私のお世話になった宿の「ブランブルー和」さん。



上の写真が母屋。


部屋は下の写真の離れになっており、3室それぞれに「雪月花」の一文字がつけられていました。



私が宿泊したのは「花」でした(風花の「花」? 笑)🌼


シーズンオフ・平日の宿泊だったせいか、このときは「雪」と「月」にお客さんがおらず、私ひとりの貸し切り状態でした😆



「ブランブルー和」の"和"は「かず」ではなくて「なごみ」と読みます(笑)


「ブルー」が入っていたのと、次に訪問予定の地層大切断面に近い宿だったこと。


そして、大浴場ではなくて、個室にバス・トイレがついていたことから選びました。





ブランブルー和さんには夕食の用意はありませんが、朝食つきのプランを選ぶことができます。



食事は母屋にて。





湯呑みも椿柄でかわいい✨



お腹いっぱいになったところで、宿の方から次はどこに行くのかと聞かれ、バスで地層大切断面を見に行くつもりだと答えたら……。


普段は、元町港や岡田港への送迎ですが、車で5分ちょっとだからと、ご親切に地層大切断面まで送迎してくださることになりました。


本当にありがたかったです♪(地層大切断面に近い宿を選んでやっぱ正解でした😊)



こちらは、宿の前に置かれていた青い花💙


「アメリカンブルー」という名前らしいです。


(※つづく)

「青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。