青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん嵐さん月刊テレビ誌『TVnavi』7月号「忍びの国」中村義洋監督インタビュー・『TVfan』7月号

こんにちは。
今日は月刊テレビ誌と隔週週刊テレビ誌の発売日が重なっています。


まずは週刊テレビ誌を発行していない出版社の月刊テレビ誌2誌『TVnavi』と『TVfan』のレポと感想からお届けしたいと思います。


ブログには次に週刊テレビ誌を発行している出版社の月刊テレビ誌2誌、そして隔週週刊テレビ誌の雑誌レポを時間を置いて投稿予定です。


ちなみに月ジョンの連載もテレガイの連載も智くんのお当番(^^♪



ところで明日のVS、嵐チームが勝ったら大野智×加藤諒でダンスすることになっていますが、テレビ誌を読んだら嵐チームが負けた場合には大野智×千鳥・大悟でダンスをすると書かれていました!!


どっちにしろ智くんの踊りが見られる~♪
バラエティ仕様なのだとは思うけれど、テレビだと嵐さんのダンスを見られる機会が限られてしまうのでやっぱり嬉しいです。


智くんのダンスと歌を週1ぐらいで見られるような番組があればなあ……!!
うん、それだと智くんたいへんかもしれないから月1でも全然いいです。
星に願っておきます(>人<)



さらに、6/8(木)放送の『VS嵐』には、『おたすけJAPAN』チームとしてKAT-TUN中丸くんとNEWS小山くんがゲスト出演を!



『TVfan』の巻末のプレゼントのページなど、今日発売のテレビ誌には映画『忍びの国』特製缶バッジの画像も載っています。
駆ける忍者の黒いシルエットの背景が嵐カラーになっているもの。
青いの欲しい~!!


 

TVnavi 7月号

ARAnavi(2ページ)


「ARAnavi」2ページには、明日5/25(木)放送のVS収録レポを掲載。
小さい写真をたくさん載せていて見ていて楽しいです♪


梅雨の季節ということでOPでは雨具の話題が。
翔くんは高級傘を使うのはもったいないらしく結局ビニール傘を使っているんだとか。


一方、ビニール傘派のにのあい。
相葉ちゃんは、差してみると思ったより傘が小さい場合があるそうで、
(‘◇‘)「ビニール傘って縮むのかな?」
という発言にメンバーは総ツッコミ(笑)


そして以前はウエストポーチに折り畳み傘を入れていたという智くんの現在は……。
折り畳み傘を家に置きっぱなしとのこと。
(んふふ、私も智くんと同様に折り畳み傘派なので嬉しい♡)


雨が降っても傘を使わないのは松潤。
これには、
(‘◇‘)「イタリア人みたい」
と相葉ちゃん^^(←イタリア人っていうか、海外の人ってそういうイメージある、私も)


さて、千鳥の大悟軍団との対戦では、大悟さんの持ち込み企画「投げ釣り風船割り対決」が行われます。
でも釣り好きなはずの智くんがなぜかイマイチ乗り切れないようす。
何でも普段の上投げスタイルではないからなんだとか。
(釣りって奥深い……)


この企画では距離感のおかしい大宮の写真も多めでした^^
会話している大宮のようすがすごくナチュラルで癒されます。


そしてプラスワンゲストは森泉さんと加藤諒くん。
加藤諒くんから送られる熱い視線に、
(;´・∀・`)「無駄に見てくる」
と智くんも困惑気味?


加藤諒くんは隙あらば智くんにボディタッチ!(うらやま~)
山が談笑している場面でも、すかさず智くんに接近してくる加藤諒くんに、智くんは翔くんに助け舟を求めるようにくっつきます^^


(`・3・´)「友達でしょ」
(´・∀・`)「決して友達ではないから!」


でもゲームで加藤諒くんの隣になった相葉ちゃんはこんなことを。
(‘◇‘)「僕にはさわってくれない」


加藤諒くんが「ダンスの上手い大野さんと一緒に踊りたい!」って言ってますよ~。
(「ダンスの上手い」って言ってくれるの嬉しいなあ♪ そこだけカットされたりしませんように!!)


嵐チーム勝たないかな~ってこれまで思ってたんですが、何と大悟軍団が勝つと大悟さんと智くんが踊ることに!
どっちにしろ智くんのダンスが見られるんだあ♪


しかし当の智くんは、
(´・∀・`)「何で俺なの!?」
と困り顔だったとか。
最後は智くんのダンスをメンバーで「にやにや鑑賞」していたとのこと。


収録レポではメンバーの「仲良しShot!」も。
相葉ちゃんは智くんの好プレーに、
(‘◇‘)「リーダー、上手かったよ!」
と声を。


翔くんは奇妙な衣装や小物を見るとさわりたくなる癖があるようで、この回も大悟さんがぶらさげていた桃太郎の巾着をプニプニさわって遊んでいたらしいです。


ほか、翔くんの10月期ドラマ『先に生まれただけの僕』クランクインや、松潤の映画『ナラタージュ』などの写真も掲載。

ARAnavi Movie 大野智「忍びの国」中村義洋監督インタビュー&見どころ解剖!(2ページ)


智くんの主演映画『忍びの国』の特集は2ページ。
載っている写真はいずれも既出のもので、平兵衛との対決シーンや高台にひざまずく無門殿など。


1ページ目は中村監督のインタビューになっていました。
情報的には既出ではありますが、簡潔にまとてみたいと思います。


・冒頭と後半の2回、忍者同士の決闘シーンがある。最初のものはダンスを踊るようなイメージで、無敵なのだけれど飄々としていてそのすごさがばれないように調整している。


・後半の決闘シーンは丸3日かけて撮影した平兵衛と無門の「魂のぶつかり合い」で、練習もたいへんだったはず。大野くんと(鈴木)亮平くんじゃなかったらできなかったと思う。手数も最初の決闘シーンの倍以上だった。


・その決闘で無門に変化が生まれる重要なシーンだった。アクション監督とはそういった話はしていたものの、大野くんには何も話していなかった。だけど直感的にこの決闘が物語の鍵になるとわかったのか、アクションをしながら無門の表情が変わっていった。


・決闘を終えた無門がお国のところへ戻ってくるシーンは、台本上での二人の会話は「……」でしか表現されていない。これでは不安だとプロデューサーから再三言われていた。しかし大野くんなら表現できるとそのまま押し切った。


・実際、戻ってきた無門のこれまでとは違う表情にお国役の(石原)さとみちゃんが泣きそうになってしまった。「あんな顔で帰ってこられたら、やだ……」と。この場面では最高の誉め言葉で、それぐらい胸をざわつかせる演技だった。


・合戦を前に仲間たちに、(´・∀・`)「伊賀の者どもよ、聞けー!!」と声を張るシーンがあるが、思わず『映画 怪物くん』を思い出した。「そうだ。この声が出る人だった」と。大きくてよく通る、いい声。あれはなかなか出ない。
(「俺は怪物ランドのプリンスだぞ!!」はほんとに印象的な声での言い回しでした^^)


・合間には「撮影現場コント」をやったりしていた。大野くんが"扱いにくい俳優"で、子役上がりの設定だとか、大物俳優の設定とか。大野くんがこちらのむちゃ振りにつき合ってくれた。


中村監督「でも、カメラが回れば、ちゃんと決める。大野くんも人知れず予習してきてるから。だから、スタッフもみんな大野くんが大好きでしたね」


・隣のスタジオで二宮くんが映画(ラストレシピ)の撮影をしていて、空き時間にやってきた。(.゚ー゚)「リーダーちゃんとやってますか?」というので、撮影している大野くんのところに二人で行った。でも大野くんは二宮くんを完全スルーだった。確実に二宮くんが視界に入っているのに何のリアクションもしない。


(.゚ー゚)「ちょっと突っ込もうよ!」


・『怪物くん』はすでに出来上がったキャラクターがあった。『忍びの国』では無門というキャラクターがまずあって、そこに大野くんが入っていった感じ。だから次に大野くんと組むなら、逆に大野くんの魅力から全面的に作り出していくようなものをやらせてみたい。例えば『世界一難しい恋』で演じた鮫島社長みたいな。


中村監督「あのドラマは本当におもしろかった! 普段の大野くんとは全然違うんだけど、そういった役を演じるときに彼特有のおもしろさやかっこ良さがにじみ出る」


2ページ目では無門以外の登場人物に着目し、映画『忍びの国』の見どころを紹介。
下山平兵衛、お国、織田信雄、日置大膳などが取り上げられていました。

相葉雅紀「相葉マナブ」収録レポート(1ページ)


マナブくん収録レポ1ページでは、5/28(日)放送予定の「日本の100貝を食べ尽くせ!マナブ貝図鑑」をピックアップ。
これは日本におよそ100種類あるという「食べられる貝」を全て食べ尽くすという新企画だそうです。


また、先日行われたマナブくん200回突破記念のマグロ解体ショーの写真も掲載。
相葉ちゃんとアンジャッシュ渡部さん・ハライチ澤部さんの座談会も載っていましたが、こちらは既出の内容です。

Reader's Square


読者コーナーに映画『忍びの国』と智くんに関する投稿あり。
編集部からは「大野さんの忍者姿とても似合ってます」の返信が^^


TVfan 7月号

「VS嵐」収録レポート(2ページ)


fanおなじみの小さい写真がびっしり詰まったVS収録レポが2ページ載ってました。
智くんのビジュアルがこれまたよろしいな~♡


1ページ目が、6/1(木)放送、舞台『髑髏城の七人 Season鳥』チームの皆さんの登場回。
OPトークは「写真」がテーマの嵐さん撮影"あるある"話に。


(‘◇‘)「五人のときは限界まで近寄る」
(.゚ー゚)「俺とリーダーはたいてい後ろで小さい台に乗らされる」
ニノが言うと、智くんはエアでメンバーの肩に手を置いて、後ろから身を乗り出すしぐさを。


智くん恒例(?)のキメ顔も披露!
そう、しやがれの綾野剛くんの回でも連続して同じ表情をしていましたが(笑)、あんな感じの笑顔です(アイドル名人芸!)


特別企画(他誌によれば「Catch AROUND DAIBA」という名称らしい)では、智くんと松潤が高速回転椅子に乗りながらのゴールシュートに挑戦。
ゲーム前には智くんの提案から、そのまま「ポンポンアタック」という作戦名が誕生~。
チャイルドシートみたいな椅子に座ってる智くんがめちゃかわいい!!(≧▽≦)


(実際に見てみないことにはわかりませんが、これは目が回りにくい人じゃないと無理なゲームかもしれませんね。しやがれで回転する椅子に乗ったあと、智くんが綺麗にフィギュアのポーズを取れたように。あれを見たら、乗るなら確かに智くんと松潤が適任かも)


ところでニノは、この回に智くんが着ている白Tのプリントが気になるようす。
確かに、とてもいいな~。
あのね、Twitterで見かけたんだけど、これって葛飾北斎作の富嶽三十六景『神奈川沖浪裏』をかわいく模写したものでした。
欲しくなりますよね!
それに『神奈川沖浪裏』はFヨコのロゴマークにも使われていたから、何だかつながりが感じられて嬉しくなりました^^


2ページ目では、6/8(木)放送のVSをピックアップ。


OPではライブでの松潤の視野の広さが話題に。
メンバーがどんなに離れた場所にいても衣装の脱ぎ忘れなどを見つけられる……とのことで実際にその瞬間を再現。
スタッフさんから巻きが入るほど大盛り上がりしたとのこと。


バルーンシューティングではニノがかっこいいポーズを連発!
(´・∀・`)「かっこいいなあと思った」
と智くんからも言われた出来事とは!?


また、この回には『おたすけJAPAN』チームよりKAT-TUN中丸くんとNEWS小山くんがゲスト出演を!


ニノさんはこの回でも智くんの白Tのロゴが気になるようすなのかな!?
智くんのお腹のあたりのむんずとつかんで、Tシャツの布を引っ張ているような写真が。
テレビ誌では上に着ているシャツでちょっと隠れていますが、智くんの白Tには「RELAX」と縦書きでロゴが書かれています。

「嵐にしやがれ」収録レポート(1ページ)


しやがれ収録レポ1ページでは、5/27(土)OAの又吉直樹さんによる文学講座が取り上げられていました。


あ、またニノったら智くんの顔の前に腕を伸ばしてカメラに映るの妨害してる~(笑)
でも智くんはその腕の下からちゃんと顔をのぞかせていました^^


智くん、袖をまくったブルゾンも、その下のVネックもとっても素敵♡
だけど、ム~ッて口をへの字にしているのは、パソコンの前に座っているからなのかしら……!?


文学講座ですぐにパソコンに向かったのは翔潤、ニノはどこか余裕でノブコブ吉村さんと談笑していたそう。
一方の相葉ちゃんは頭を抱えて苦悶、智くんは宙の一点を見つめて熟考していたとか。


又吉さんが直木三十五について語ろうとすると、智くんと相葉ちゃんは「三十五って何て読むの?」「直木って下の名前なんじゃないのんだ……」とゴニョゴニョ(笑)
(「三十五」はそのまま読んで大丈夫^^ このくだり、ぜひOAでも取り上げてもらいたいな~。ほんと智くんと相葉ちゃんには癒しをいただいております♪)

相葉雅紀「貴族探偵」現場レポ「相葉マナブ」収録レポ(1ページ)


相葉ちゃんの『貴族探偵』とマナブくんの特集が1ページありました。


こちらの御前様はドラマシーンもオフショットもクール系ですね!
コートを脱いでベストとシャツだけになってモニターを見つめている相葉ちゃんの後ろ姿、モデルのようでとてもかっこいいですよ!


マナブくんは200回突破記念のマグロ解体ショーが紹介されていました。

櫻井翔「先に生まれただけの僕」現場レポート(2ページ)


翔くんの10月期ドラマ『先の生まれただけの僕』のクランクインの取材が2ページ。
写真は大きめで、オフショットも多かったです。
相関図の掲載もあり。