青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

鈴木亮平さん×満島真之介さん『アカデミーナイトG』「忍びの国」対談

アカデミーナイトG(鈴木亮平×満島真之介「忍びの国」対談)


今回の対談は、完成披露試写会舞台挨拶の直前に行われたものだそうで、お二人のジャパンプレミア当日15時~19時までの過密スケジュールも紹介されていました。
鈴木亮平くんも満島真之介くんも直前まで撮影や取材、移動などでびっしり!


15時25分から15時45分の合同インタビューには智くんも参加されたのかな?
いずれにしろ、主演の智くんはお二人以上の取材や撮影を受けておられたことでしょう。


『アカデミーナイトG』の対談は18時~18時20分と、ジャパンプレミアの10分前まで行われ、お二人ともそのときと同じ衣装をご着用。


対談はまず「俳優としてお互い尊敬できるところ」、「初めて会ったときの第一印象」などが語られたあと、「苦労したシーン」としてお二人とも「川」のシーンを挙げていました。


満島くん「やっぱりアクション……の『川』?」
亮平くん「『川』ね」
満島くん「あそこはやっぱりほんとに、たいへんだったし……」
亮平くん「両方無門と一騎打ちしたことある二人だもんね」


満島くん「ね、もうショートレンジという近い距離間で」
亮平くん「(今二人が1m離れて向かい合っている)これぐらいの距離だったんですか?」
満島くん「そうですよ。しかも僕のときは、大野さん武器持ってない」
亮平くん「そうだ」
満島くん「だからあの、ガチン! と当たるところとかなくて、全部空振りなんで。結構ね、あの、空振りってパワー使うじゃないですか。だからそれあったし、めっちゃくちゃ暑かったじゃないすか、撮影」
亮平くん「いや、あのシーンね(笑)」
満島くん「もう俺死ぬかと思いました」
亮平くん「次郎兵衛やばかったよねえ」
満島くん「はい、ほんとに、あの沖縄出身であんなに暑さに慣れてるはずなのに、初めて倒れそうになってたし」


亮平くん「だって、この満島真之介が終始無言でしたからね(と息の荒い満島くんのものまね)」
満島くん「もう、やばかったんすよ! もう瞳孔開いちゃって」
亮平くん「ねえ。もう、この人だいじょぶかなっていう」
満島くん「やばかった」
亮平くん「あの満島真之介を見て俺は、後半の俺の殺陣、これを超えなきゃいけないのかと思って、逆に気合いが入ったからすごい感謝してる」
満島くん「ああ、ありがとうございます、ほんとに」
亮平くん「もう真ちゃんがここまでやってるんだったら、『あ、この映画マジだわ。マジなやつだわ』って思って(笑)」


さらにその後、話題は「役作りの方法」へ。
外から「役作り」と言われることはあるけれど、俳優同士で「役作りの方法」などについて話すことはないとお二人は語っていました。


そして最後は対談が盛り上がりすぎてタイムオーバーに。
まだまだ語り尽くせないといった感じのお二人でした^^