青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

『VS嵐10周年記念春の2時間SP』BABA嵐・10周年特別企画「嵐五人で忘れられない名場面を語ろう!」

こんばんは。
今夜のBABA嵐も楽しかったですね!^^


智くんと菅田将暉くんの絡みがとても良かったです♪
菅田くんが智くんのことすごく褒めていたのも嬉しかったな~。


あと、決勝がすごく見ごたえありました(笑)



ただ今回、この4月からフジテレビの番組は編成の関係でローカル局だと最後のところがチョン切れてしまうこともあるそうで……。


VS2時間SPでは菅Dを始めとしたスタッフの方々がBABA嵐の最後が切れたりしないよう配慮したらしく、ラスト6分に嵐の五人が名場面を語るコーナーが追加されていました。


でもこれがメンバーだけでVSを振り返っているもので、五人のトークなどなかなかに内容が充実しているのです!
全国放送されないのはもったいないくらい。


私ももともと北海道に在住していた身で、テレビ番組の地方の壁の高さは重々身に染みていますので、フジテレビの番組がローカル局でも最後切れたりしないよう改善されることを願うばかりです。


BABA嵐の前の対戦ゲストとの対決については1つ前のブログ記事にアップしてあります。


 

VS嵐10周年記念春の2時間SP「BABA嵐」(2018/4/12)

予選第1試合


予選第1試合の出場者は翔くん、そして加藤一二三さん、東出昌大さん、田中みな実さんです。


いつものBABA嵐の対決ルームに入り、テーブルに着く皆さん。


嵐さんはもちろんトランプスーツです。


今回からはシャッフルタイムのサイコロもリニューアル。


「右1」と書かれた目が出た場合には、全員が右隣のプレーヤーに手札を渡します。
「左1」はその逆に左隣へ。


「対面」は向かいのプレーヤー同士で手札を交換。
さらに、ドクロマークが出た場合には手札交換は「なし」でシャッフル失敗となります。


対決スタート。
冒頭でジョーカーは東出くんが持っていそうだと予想する翔くん。
と、その直後、東出くんから引いたカードがジョーカーだったために翔くんは固まってしまいます!(笑)


(.゚ー゚)ワイプ「警戒してたじゃん!(笑)」


しかし翔くん、シャッフルタイムを使い、ジョーカーを隣の田中みな実さんのもとへ送ることに成功。


東出昌大くんが1抜けしたあと、その田中みな実さんもシャッフルタイムを使ったために翔くんのもとへジョーカーが戻ってくる事態に。


天の声「櫻井さんのもとにジョーカーお帰りなさ~い!」


そして加藤一二三さんが2抜け。


翔くんと田中みな実さんの一騎打ち。
ジョーカーがお二人の間を行ったり来たりしたあと、最終的に田中みな実さんが3抜け。


決勝進出は翔くんに決まりました。

予選第2試合


さあ! 予選第2試合の出場者は我らが智くんですよー!!(*´ω`*)
そして映美くららさん、菅田将暉くん、織田信成くんというメンバーです。


菅田将暉くんは今度、映画『となりの怪物くん』に主演するとのことで。


天の声「菅田さん、まさに今、となりに怪物くんがいますけども」
菅田将暉くん「あ、ほんとだ!」
(´・∀・`)(←)


テロップで「まさにとなりの怪物くん」って(笑)


スタジオからも「怪物対決」、「まさにとなりの怪物くんだ」との声が飛んでいます。


智くん、流し目でとなりの怪物くん……ではなくて(笑)、隣の菅田くんをジーッと見てました^^


天の声「大野さんの印象っていかがですか?」
菅田将暉くん「大野さんは……完璧な人のイメージがあります」


テロップで『死神くん』の静止画も♪
(そのうちに『となりの死神くん』とか漫画で出てきそうw)


智くんは右手で目の間をさわったりして、ちょっぴり照れているようす( *´艸`)


菅田将暉くん「その~、何でもできて、人とのコミュニケーションも得意でおもしろくて、でも尻尾を見せないみたいな」
(菅田くんって洞察力のある人だな~って思う!)


(´・∀・`)「まさに怪物くんだね(ニコッ)」
(`・3・´)ワイプ「自分で言っちゃった(笑)」


菅田くんが両手で怪物くんの変身ポーズをすると、本家智くんも同様に^^
仲いいな~♪


 


天の声「大野さん」
(´・∀・`)「はいっ」
天の声「このグループ、決勝に進む予想をお願いしていいいですか?」
(´・∀・`)「いや、でもあの~、翔ちゃんがぁ負けたんでぇ、僕、かなあ、とは……」
(最近、何かと山々しいのだった^^)


この言葉にスタジオでは方々からツッコミが。


(.゚ー゚)ワイプ「翔さんが行くと自分も行っちゃうシステム?」
(´・∀・`)「ええ」
(`・3・´)ワイプ「それは何か申し訳ない」


天の声「さあ、大野さんがかなり弱気ですけれども」


智くんは首を振って、両手で軽く顔を覆ったりと、もしかしてプレッシャーを感じているんでしょうか!?


予選第2試合の対決がスタートしました。


(´・∀・`)「じゃ、切りますか」
とトランプを切り始める智くん。
BABA嵐名物の智くんの空豆ほっぺが見放題ですよー!!♡


最初にジョーカーを持ったのは菅田くん。
菅田くんからカードを引く智くんは、ジョーカーの隣にあるカードを2度ほど選んでいました。


智くん、ジョーカーを引きそうで引かない状態が続いています。
(‘◇‘)ワイプ「次怪しいぞ、次怪しい」


(`・3・´)ワイプ「現状大野さんが一番リスク高いもんね!?」
「ま、僕が言うのも何なんですけど」
今回はやたら山々しいのです^^


ああっ、とうとう智くんが菅田くんからジョーカーを引きました~!!


天の声「大野さんも表情には全く出ない! ちょっと目を伏せているような感じもありますが」
(でもよく知る人が見るとジョーカーが来たのがわかると思う~)


おっと、織田信成くんが智くんからカードを2枚引いてしまうハプニングが(笑)


と、ここで智くんがシャッフルボタンを足でプッシュ!
サイコロによって左の人へ手札を渡すことに。


(.゚ー゚)ワイプ「あっ、リーダー大チャンスだよ!」


菅田くんから回ってきた手札は1枚だけ。
ニノの言う通り大チャンスです♪


ジョーカーが回ってきてむせる織田信成くんの後ろで、智くんがスタッフさんへサイコロを手渡しています。
そのさりげない渡し方が超かっこよー!!♡


織田信成くんのもとにあったジョーカーは映美くららさんへ。
残り1枚の智くん、けれどなかなか手札がそろいません。


菅田くんのカードが残り1枚になり、智くんが引こうとしたところでシャッフルタイムへ。


菅田くんのもとへジョーカーが戻り、智くんの手札は交換後も残り1枚の状態!


そして智くんが菅田くんからカードを引いたところでまたもシャッフルタイム。
しかしこれはドクロマークだったためにシャッフルなしに終わりました。


ありゃりゃ~、菅田くんからジョーカーを引いてしまいましたよ、智くんが~( ゚Д゚)


って、そのジョーカーをすぐ織田信成くんが引くという(笑)
わかりやすい織田信成くんの表情に智くんと菅田くんはニヤニヤ。


ジョーカーはグルグル回り、今度は映美くららさんのもとへ。


わ! 智くんのカードがそろい、何と1抜けです!!
\(*´・∀・`)/「あっはっはっは☆彡」
と両手を広げ、天井を仰ぎます。
(´・∀・`)「やった」


2抜けは織田信成くん、3抜けは菅田将暉くん。
決勝進出は映美くららさんに決まりました。


天の声「大野さん、これ、ジョーカー今、誰持ってるなっていうのは、わかっていなからやってたんですか?」


(´・∀・`)「そう、僕がぁ、途中で引いてぇ(舌ペロッ)、で、シャッフルをして、織田くんがぁ(笑)、ふふ☆彡 ずっと持ってたんすよ」


(´・∀・`)「そしたら何かもう視界が、何か(深呼吸して顔を手で仰いで)『ファー』とかやり始めてえ」

予選第3試合


予選第3試合の出場者は相葉ちゃんと松潤、そして鈴木奈々さんと北村一輝さんです。


(‘◇‘)「いや、顔濃い率が高くて。圧がすごいよね! 圧がゴーッて来る」


北村一輝さんは松潤とドラマ『バンビ~ノ!』で共演していますが……。
北村さんから見た松潤の印象は「怖い」!?


北村一輝さん「夜中に急に電話かけてきて、で、『来てよ!』って。上からすごい言われる」
(‘◇‘)「だいぶ先輩じゃないすか? ねえ」


松潤いわく、北村さんは優しくて面倒見がいい先輩とのこと。



鈴木奈々さんは相葉ちゃんが負けると予想。
(‘◇‘)「俺か! 俺か~」
鈴木奈々さん「相葉ちゃんには勝てると思います」


(‘◇‘)「俺、ナナちゃんには勝てると思うなあ!」
"奈々ちゃん"の発音がテレビ局の"7チャン"みたいな相葉ちゃんww
(‘◇‘)「ここの一騎打ちかもしれないね!」


鈴木奈々さん「でも私、嵐の中で大野さんが一番タイプなので、大野さんと戦いたかったです!」
(´・∀・`)ワイプ.。oO(!?)


ノノ`∀´ル「知らねえよ!(笑)」
(‘◇‘)「ごめんごめんごめん」
(´・∀・`)ワイプ(ニコニコ)


最近、予選は勝ち続けている相葉ちゃんです。
(‘◇‘)「負ける気はしないんですよね」


(`・3・´)ワイプ「でも過去、最多最弱王じゃない?」
(.゚ー゚)ワイプ「時代を作ってますよ」
(`・3・´)ワイプ「相葉王朝だいぶ長かった記憶があります」


大野王が始祖となり、最弱王朝を築き上げ、その後に相葉王朝の一時代があったと……。


(‘◇‘)「でもそっから何かねえ、神社に行くってことを覚えたらだいぶ強くなったんですよ」
でも今は神社には頼っていないそうで。


ゲームがスタートし、シャッフルタイムによって相葉ちゃんと松潤が、北村一輝さんと鈴木奈々さんがカードを交換。


ジョーカーは鈴木奈々さんから北村一輝さんに移りました。
眉毛の動く北村一輝さんです(笑)


松潤が残り1枚になったところで北村さんがシャッフルタイムを発動。


ジョーカーは松潤のもとへと移動します。
そのジョーカーはすぐに鈴木奈々さん、そして相葉ちゃんのもとへ!


さらにすぐに北村さんのもとまで戻ってしまいます。
ジョーカーを持っていると口元に手がいってしまう癖のある北村さんです。


1抜けは松潤、2抜けは鈴木奈々ちゃん、そして3抜けは相葉ちゃんと一気に流れ、決勝進出は北村一輝さんに決定しました~。

予選第4試合


予選第4試合はニノ、土屋太鳳さん、小峠英二さん、野間口徹さんの対決。


最初にジョーカーを持ったのはニノ。
ニノは手札が少なくなるまで待って、シャッフルを使わずに野間口さんにジョーカーを引かせます。


ニノのカードが残り1枚となったところで野間口さんがシャッフル発動。
ニノと小峠さん、土屋太鳳さんと野間口さんがカードを交換します。


ジョーカーは土屋太鳳さんのもとへ。
そしてニノが1抜け。


ジョーカーは野間口さん、小峠さんへと動いていき、シャフルタイムによって野間口さんのもとへすぐに帰っていきました。


2抜けは土屋太鳳さん。


小峠さんと野間口さんの一騎打ちの結果、3抜けは小峠さんで、決勝進出は野間口徹さんに決定しました。

決勝


決勝のメンバーは翔くん、映美くららさんと北村一輝さんと野間口徹さん、そして現最弱王の坂口健太郎さんです。


決勝は五人で行われるため、サイコロの「対面」の目は「右2」と「左2」に変わっており、それぞれ2つ奥のプレーヤーに手札を渡すことに。


ジョーカーを最初に持ったのは北村さん。
そして、いきなりジョーカーを引いたのは現最弱王にして"ジョーカーに愛された男"の坂口健太郎さんです。


さらにそのジョーカーを翔くんがすぐに引くという展開に!
(´・∀・`)ワイプ「す~ごい動いたなあ」


翔くんから野間口さんにジョーカーが動きます。
しばらくして野間口さんがシャッフルタイムを使うと、ジョーカーは映美くららのもとへ。


ここで王からカードを受け取った翔くんに異変が。
王の持っていたカードは力を込めて握られていたのかグリングリンに曲がってる事態に(笑)


ジョーカーを引いてしまう北村さん。
やっぱり癖で口元に手が行ってしまいます。


しかしさすが現最弱王、そのジョーカーがすぐに手元に引き寄せる引きの強さ!


さらにジョーカーはすぐさま翔くんのもとへ。


今回は北村さん→坂口健太郎くん→翔くんへのジョーカーの動きが非常に早いです。


ジョーカーは何週目かで野間口さん、そして映美くららさんのところへ。


1抜けは翔くん。


ジョーカーは北村さんのもとへ。
ジョーカーを持つと口元に手が行ってしまう癖が出て、周りの人がそれに気づきます。


(´・∀・`)ワイプ「おもしれえなあ」


2抜けは映美くららさん。


坂口健太郎さんの手札が残り1枚になったところで北村さんがシャッフルタイムを使います。


シャッフルによってジョーカーは野間口さんのもとへ。
しかし野間口さんはすぐにカードをそろえ、ジョーカーは北村さんのもとへ戻ります。


3抜けは野間口徹さん。


これで北村一輝さんと坂口健太郎くんの一騎打ちになりました!


坂口健太郎さんは4抜けし、最弱王は北村一輝に決定しました!!


(すごく見ごたえのある決勝戦でした! おもしろかった~)


坂口健太郎さんから北村一輝さんへ、最弱王のジャケットが贈られました。

10周年特別企画「嵐五人で忘れられない名場面を語ろう!」


最後は嵐五人だけのコーナー。
VS並び、トランプスーツで椅子に腰かけている嵐さんです。


(`・3・´)「さあ、『VS嵐』も10周年ということで、メンバーだけで『VS嵐』の思い出を語っていきたいと思います」


(.゚ー゚)「やっぱり海外ゲストだよね」
(`・3・´)「あー、言われた!」
(‘◇‘)「まあまあまあ」


ノノ`∀´ル「誰?」
(.゚ー゚)「え~」
ノノ`∀´ル「せ~ので言ってみる?」


(´・∀・`)「海外から来たゲストね。だいじょぶ、だいじょぶ」


(‘◇‘)ノノ`∀´ル(`・3・´)「せ~の」


(‘◇‘)ノノ`∀´ル(.゚ー゚) < トム・クルーズ
(`・3・´) < キャメロン・ディアス
(´・∀・`) < ????(というテロップが)


ノノ`∀´ル「合ったね(と相葉ちゃんと自分を交互に指さす)」
(‘◇‘)「トム・クルーズ」


(`・3・´)「(相葉ちゃんは)トム・クルーズさん、(松潤は)トム・クルーズさん」
(.゚ー゚)「(自分を指さして)トム・クルーズ」


(`・3・´)「何?(と智くんを指さす)」
(´・∀・`)「新庄さん」


(`・3・´)「あ~……!」
(´・∀・`)「海外から来たじゃん」
(‘◇‘)「確かに」
(`・3・´)「そうだった、そうだった。わざわざ来てくださったんだよね」


(`・3・´)「いや、『海外からの』でよくすぐ出てきたね」
(´・∀・`)「むしろ、それしか出てこなかったんだよ」


(2012年1月3日OA、プラスワンゲストで新庄剛志さんが登場した回の映像が流れました)


(`・3・´)「僕は同じキャメロン・ディアスさん。トム・クルーズさんとキャメロン・ディアスさん一緒に来てくれて」


(2010年10月14日OA、トム・クルーズとキャメロン・ディアスがゲスト出演した回の映像が流れました)


(‘◇‘)「めちゃくちゃあのローリングコインタワーを気に入ってくれてさ、『海外セレブの間で流行らせますから』みたいに言ってくれたよね」
ノノ`∀´ル「持ち帰らせてくれって言ってたもんね」


(`・3・´)「俺あれかな~、ビニール、ボールのビニールのやつ(ウォーターボール)でさ」
(´・∀・`)「あったあった」
(`・3・´)「漕いでいくやつ」
(´・∀・`)「うん」


(2013年8月5日OA、山のウォーターダッシュ対決の映像が)


(`・3・´)「超つらかったよね?」
(´・∀・`)「つらい!」


(´・∀・`)「ただ、見た目はすごいおもしろいんでしょ?」
(`・3・´)「見た目はすごいおもしろい!」


(`・3・´)「ああ、俺それで言ったら(ポンと膝を叩いて)、かねてからファンだと言っていた竹内結子さんがいらしたときのニノのあり方」


(`・3・´)「あれ狂ってるよね!?」
(.゚ー゚)「俺狂ってるの? あれ?」


(2010年7月15日の放送では、ゲストに竹内結子さんを迎えるニノがスーツで登場w)


(`・3・´)「テレビ出てる人が『ファンです』って公言してあそこまでやるの初めて見たもん!」
(.゚ー゚)「いや、そうだね、確実に笑ってたけど(竹内結子さんが)引いてたもんね」


(`・3・´)「あと『VS嵐』ならではって言ったら、やっぱりメンバーが対戦チームで現れるっていうことじゃない?」
(.゚ー゚)「確かにそうだね」


(`・3・´)「一番最近だと『ナラタージュ』の松潤かなあ?」
「クイズ松本潤ね!」


(2017年10月12日OAの「クイズ松本潤」の映像が)


ノノ`∀´ル「いや、もう10年やるとスタッフがふざけ始めるっていう」


(.゚ー゚)「近々で言うとやっぱり相葉出荷ゲームが」
(`・3・´)「あれ相葉出荷ゲームじゃないのよ」
(‘◇‘)「違うのよ」
(`・3・´)「どこまで、どこまでチキンレースで行けるかっていうやつで」


(2017年10月19日OAの相葉出荷ゲームのようすが流れました。まさに相葉ちゃんが出荷される場面です~)


(‘◇‘)「たいへんよ、あれ!」
ノノ`∀´ル「ぎりぎり惜しかったんすけどね~」
(.゚ー゚)「狙ってたからね~」


(‘◇‘)「ぎりぎりって言えば俺、結構、あの、今年の正月の、ボウリングの、あと1本でパーフェクトっていうやつがすごい残っちゃってんの! 俺」
ノノ`∀´ル「そんだけね!(と太ももを叩く) ラスト、一投」
(.゚ー゚)「まあ、初めて出るか出ないかみたいなね?」


(2018年1月3日OA、オールパーフェクトのかかったボンバーストライカーの映像が流れました。相葉ちゃんが残り1ピンを倒せなかったんだよねえ……)


(`・3・´)「まだ未だ達成してないことつったら、だからそれになってくんじゃない?」
(‘◇‘)「(オール)パーフェクトねえ~」


(`・3・´)「ま、10周年迎えましたけど、ぜひとも! え、『VS嵐』今後とも!」
(‘◇‘)ノノ`∀´ル(`・3・´)(´・∀・`)(.゚ー゚)「よろしくお願いしま~す!!(お辞儀)」


最後は松潤がクレーンカメラに手を振って終了。

プライバシーポリシー

『青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog』は、嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。大野智くんについて、ラジオ・雑誌・ドラマ・映画・舞台、ダンスや歌やコンサートの情報、TwitterやInstagramのニュースなどをお知らせしています。
「青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。