青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

『嵐デビュー20周年記念 VS嵐 豪華2本立て3時間SP』Mr.VS嵐

【お知らせ】


※CM INDEX Twitter

【TV番組・CM INDEX】11/15〜(金) OA …#嵐 「年賀状」 ◇放送内容詳細
TV番組「CM INDEX」 | TV番組・刊行物 | CM総合研究所・東京企画




こんばんは。


嵐さん20周年のVS嵐3時間SP、楽しく視聴させてもらいました!


番組前半の「Mr.VS嵐」と番組後半の「二十嵐」に分けて、ブログのレポを投稿いたします。


まずは「Mr.VS嵐」から!


智くん、最初から最後までご活躍でしたね~♪
うん、何だかんだ智くん中心だった気がする!!


たいへん長時間の放送でしたので、番組レポもくんに関わる部分をメインに文字起こししております_(._.)_



5×20ツアーand more札幌1日目も、VS3時間SPの放送中に無事に終わったようです。


コンサート始まる前に嵐さんからはFC会員ページやSNSへたくさん投稿ありました。


そして、ライブではいつもと変わらない五人だったようで、ホッとしています。
もちろん、嵐さん全員がプロだからというのもあるでしょう。


明日も明後日も、温かな会場となりますことを願います。
あと、天候も穏やかになってもらいたいですね!


 

嵐デビュー20周年記念 VS嵐 豪華2本立て3時間SP(2019/11/14)

オープニングトーク


嵐さんは先週放送されたドラフト会議のとき、後ろに飾られていたそれぞれのチームのユニフォームを着ての登場です。


智くんはセピア色のTシャツに、例の濃紺の釣りベストを装着!!^^
右胸の下あたりにはカジキマグロと釣り竿がデザインされ、「OHNO」と赤色で書かれたロゴもついています。
パンツはスウェットタイプの黒で、シューズはTシャツと同系色です。


(`・3・´)「これ、相葉さん。相葉さんからのお話だということは覚えてますか?」
そう、今年の2/21(木)OAのVSにて、OPトークで相葉ちゃんがまさに「Mr.VS嵐」という言葉を発案していました。


(‘◇‘)「まさかこんな大きくなるとは思ってなかったですね!」
(.゚ー゚)「確かにね」


3時間SPということで、前半には「Mr.VS嵐」を、後半には「二十嵐」が行われます。


(`・3・´)「大野さん相葉さんの対決なんかね、かなりのこう……」
(‘◇‘)「ヘリコプターで移動したんだよ、その場所まで」


スーツにサングラス、指の綺麗な手を口元に添えて、ヘリコプターの窓から景色を眺めている智くんが超イケメン!!♡


(´・∀・`)「2時間半」
(‘◇‘)「2時間半ぐらいね、車でかかるところをスタッフがちょっと頭おかしいのかわかんないけど! ヘリコプターで20分で行かされて」
(´・∀・`)「で、こ、怖い思いして、20分で帰ってきた」


先週のドラフト会議で決まったチームメンバーも登場。


ミキ亜生さんによれば、V6三宅くんがずっとキンプリ岸くんのお尻をカンチョーしてたとか!?
三宅くん「そんなのさ、当然削れるもんは削っていくからな!」


(`・3・´)「さあ、続ていては大野さん!」
(´・∀・`)「はい!」
(`・3・´)「渋いね~!!」


亜生さん(?)「裏方感が(笑)」
吉村崇さん「ユニフォームちょっと作り直してもらっていいでしょうか?(笑)」
ノンスタ井上さん「完全にこのあと家建てるやん!」


KAT-TUN上田くんはと言うと、
上田くん「今日、僕、兄貴の兵隊なんで好きに使っていただいて……」
って翔くんにw

Mr.VS嵐

キッキングスナイパー(チーム相葉vsチーム二宮)


テレビ誌などにありましたが、チーム相葉のキッキングスナイパー直前に、相葉ちゃんと三宅くんのけんかキッスがありました~。


そして、そのチーム相葉が対決を制しています。

バルーンシューティング(チーム大野vsチーム松本)


チーム大野とチーム松本のバルーンシューティングとなります。


ノノ`∀´ル「不思議よ。こういるっていうのは何か不思議、やっぱ」
(´・∀・`)「初めてだ」


(`・3・´)「こっから見ると、でもねえ、6ショットね、一体感あるのよ。何か阪神園芸とタイガースみたいな」
ザキヤマさん「(甲子園の)5回を思い出す、5回を」


天の声「あの、ドラフトを振り返ると大野くん」
(´・∀・`)「はい!」
天の声「大野くんが指名した、え~、お二人ですが、二人ともチーム大野に入りたかった」
(´・∀・`)「それが嬉しいっすねえ」


(´・∀・`)「うちら、もうね、すでに作戦見っけましたね」
吉村さん「そうですよ! さすがですよ、うちのリーダーは」
(´・∀・`)「はい」


智くんは釣りベストのお腹のあたりのポッケをつまみ、
(´・∀・`)「何のためにこれがあるかって言う」
おもむろに吹き矢の矢をポッケへと入れ始めました!


(.゚ー゚)「ちょっと1回やってみてよ」
吉村さん「ちょっと待ってください。ポケット深すぎますよ! 引っかかって取れないですよ~! おやび~ん!」


(´・∀・`)「こっちがあった!」
と、今度は胸ポッケのほうを手で開きます。
あくまでもポッケ作戦を続行するのかな!?
吉村さん「さっすがおやびーん!」


しかし、プレー直前になると結局矢束を手に持って吹き矢を構えるチーム大野のメンバーです(笑)
ポッケは活用できるのかな!?


ファーストターゲットでは手に汗握る互角の勝負が続きましたが、最後1個の風船を先に割ったのはチーム大野!!
JUMP伊野尾くんも「ぎりぎりだ~!!」と叫んでいました。
智くんは左手で拳を突き上げてはいますが、表情は「危なかった~」と言いたげ。


吉村さん「いや、誰もここ(ポッケの矢)の使わないっすね!」
伊野尾くん「取れない取れない!」
吉村さん「取れない! もうこっち(台の上の矢に)行っちゃう!」
(´・∀・`)「こっち行っちゃうね(笑)」
吉村さん「ここ(ポッケ)の余裕なんか1つもなかった!!」


ノノ`∀´ル「やっぱこれはちょっと六人向きのゲームだね」
(´・∀・`)「ゲームだ」
吉村さん「肺がやばい!」


さて、次はセカンドターゲットです。
これを取った時点でバルーンシューティングではチーム大野の勝利が決定します。


吉村さん「よ~し、勝てる!!」
(´・∀・`)「っしゃあ!!」
智くんの「っしゃあ!!」いただきました~♪


チーム大野はしょっぱなからリード!
あっという間に残り1つ、小さい風船だけになり、それもすぐに割って終了です。


バルーンシューティングはチーム大野の勝利に!!
わーい♪ わーい(^^♪


天の声「一気に決めた、チーム大野~!」


智くんは今度、右手でガッツポーズ♡


天の声「チーム大野強し! 勝ち点3を獲得で~す!」


天の声「大野くん」
(´・∀・`)「はい!」
天の声「強かったですね~」


(´・∀・`)「いや、だって、僕ぅ……え、伊野尾、何個ぐらい?」
伊野尾くん「僕、ほんとに1個ぐらい」
(´・∀・`)「俺も1~2個」


(´・∀・`)&伊野尾くん「めっちゃ上手いね」「めちゃめちゃ上手い」
と二人同時に真ん中の吉村さんを指さします。


吉村さん「まさか、この才能があったとは!」
伊野尾くん「ほぼ吉村さん(笑)」
吉村さん「何かゾーンに入ったんですよ。何か止まって見えたんです!」
(´・∀・`)「めっちゃ上手かったな~」
(吉村さん、本当にありがとう! 吉村さんがチームメイトで良かった~)

デュアルカーリング(チーム大野vsチーム櫻井)


チーム大野は続けてチーム櫻井との対決。


天の声「ただ大野くん」
(´・∀・`)「はい」
天の声「ここを勝つと一気に決勝が見えてきます」
(´・∀・`)「そうなんすよ。かっ、勝ちたいんすよ」
吉村さん「勝ちましょう」


(´・∀・`)「やっぱBABA嵐で、嵐五人での対決だから……どうしても相葉ちゃんと僕が不利なんですよ」
(`・3・´)「条件は一緒だから、不利ってことはねえ」


今回のデュアルカーリングはボーナスポケットのある旧バージョン。
(このゲームは智くんがお得意でしたよね。がんばって!)


ここで、嵐五人がボーナスポケットにどれぐらいのストーンを入れているか、その確率のデータを発表。


・1位:大野智
・2位:松本潤
・3位:二宮和也
・4位:相葉雅紀
・5位:櫻井翔


1位はもちろん智くん!
天の声「何と確率56%」
「櫻井くんは、五人の中で最下位です」
 

さあ、デュアルカーリングのスタートです。
真っ先に智くんがボーナスポケットにストーンを叩き込みます!
やっぱ上手~い♡


と、次に智くんが投じたストーンはチーム櫻井のストーンと接触して弾かれてしまいました~。


智くんが3つ目に投げたストーンも綺麗にボーナスポケットへ!
続いて4つ目も!!
すごーい♡
天の声「大野くん、すごいパフォーマンス!」


翔くんがWストーンをねじ込んだあとには、それを押し込むように智くんのストーンも入りました。


5つ目は弾かれてしまったけれど、チーム大野はこのゲームの得意な智くんにストーンを全て任せていたみたいですね。


そしてボーナスポケットの下がったところで、今度は高得点の的をめがけて全員がストーンを押し出します。


両チームともあまり的にストーンは残せませんでしたが……。


ただ、こちらもチーム大野が勝利を決めました!
智くん、予選は負け知らずです!!♪


(`・3・´)「マジか! ガンガンやっぱ、真ん中に入ってたのかな?」
吉村さん「バンバン入れてました!」
と智くんを指さす吉村さん^^


天の声「チーム大野は大野くんが4つ、ボーナスポケットにストーンを入れてます」
ザキヤマさん「上手いよ」


天の声「チーム大野、これで2連勝、勝ち点6です!」


今気づいたけど、伊野尾くんの胸ポッケにまだバルーンシューティングの矢が入ってる^^

ピンボールランナー(チーム櫻井vsチーム松本)


こちらは上田くんの兄貴愛が炸裂し、チーム櫻井の勝利。


途中、岸くんの天然ボケに智くんが上を向いて笑ってて、その笑顔がかわいかったです(^^)

クリフクライム(チーム相葉×チーム二宮)


クリフクライムは両チームがパーフェクトを出しましたが、クライマーの相葉ちゃんが時間を稼ごうと焦ったばかりにグリップを落としてしまうというミスを……。


こちらはチーム二宮の勝利となりました。

BABA嵐


予選の順位は以下の通り。


・1位:チーム大野 勝ち点6
・2位:チーム櫻井・相葉・二宮 各勝ち点3
・5位:チーム松本 勝ち点0


智くんがトップ通過です!
このあとBABA嵐がありますので、この得点を生かしたいところです。


各チームのユニフォームのまま、智くんを先頭にBABA嵐の対決ルームへと入ってきました。


智くんは相葉ちゃんと松潤に挟まれています。


めっちゃ緊張してるなあ、相葉ちゃん(笑)
吉村さん「貯金ゼロの顔してる!」


天の声「現時点で勝ち点6、チーム大野。大野くん」
(´・∀・`)「はい!」
天の声「一気に勝ちきりたいですねえ」


(´・∀・`)「いやあ、でも、最初にやったのこの五人だもんね?」
(.゚ー゚)「確かに、ね?」
(2014年1月3日のBABA嵐の映像が流れました)


(´・∀・`)「そこで僕負けてるんですよ」
(`・3・´)「なるほど」
(´・∀・`)「怖いっちゃ怖いです」
(智くん、がんばって♡)


(´-∀-`)「……」
静かにうなだれる智くんです。
吉村さん(ワイプ)「キャプテーン!!」


吉村さん「バチーンと勢いよく行ってくださいよ!! 俺らだってこんなの着たくてやってるわけじゃないんですよ!!」
(不評な釣りベスト。笑)


さあ、嵐さん五人だけのBABA嵐、久々のスタートです!
カードを翔くんが配っていきます。


最初にBABAを持ったのは松潤。
1巡目、それを智くん、まずは避けていました。
2巡目も智くんはジョーカーを回避。


3巡目でとうとう智くんがジョーカーを引いてしまいます!
ちょっと顔に出ちゃってる?


が、そのジョーカーをすぐに相葉ちゃんが引いちゃいました~(笑)
智くんは思わずにっこり^^


天の声「大野くんが笑いをこらえている! 大野君が笑いをこらえておでこをかいた!」


何とニノは、
(.゚ー゚)「これっすよね、たぶん」
と相葉ちゃんの持つジョーカーをつかんで、位置を言い当ててしまいます!!
マジでニノすごいな~(笑)


天の声「さすが二宮くん、さっそくジョーカーを当てて見せました」


(´・∀・`)「ほっ」
と、智くんは掛け声とともに松潤からカードを引きます。
ジョーカーが無事に移動したので余裕があるっぽいですね~^^


(.゚ー゚)「元気出た、急に。『ほっ』」
(‘◇‘)「あ~、悔しいな~(笑)」


天の声「どうもですね、やはりこれはもう相葉くんの手元にジョーカーがあるというのは、メンバーはわかっているようですね~」


智くん、少しずつカードを減らしていってます。


(‘◇‘)「いや、ちょっと待って。すげえ考えてる、今」
(.゚ー゚)「(シャッフルボタンを)押すタイミングをでしょ?」
ノノ`∀´ル「それ言っちゃうの!?」
(‘◇‘)「違うよ、取るのだよ、どこを取るのか(笑)」
(´>∀<`)(←笑いをこらえてうつむいてますww)


智くんから1枚引いたところで相葉ちゃんがシャッフルを発動。
しかし出たのはドクロマーク!
何とシャッフル失敗です~。


智くん、そろって残り2枚、そして相葉ちゃんが引いて1枚に!!


ここで残り1枚だった翔くんのカードがそろい、1抜けに。
智くんもここでそろえば上がりですが……!?


何とそろったー!!!!!
智くん、2抜けです!!
\(*´・∀・`)/


つまり、決勝進出はチーム大野とチーム櫻井に決定!


残るは最下位決定戦。


が、智くんが2抜けしたので、残り1枚だった相葉ちゃんからニノがカードを引き、今度は相葉ちゃんが3抜けすることに。
(´・∀・`)「うわ、すげえ」
ノノ`∀´ル「もう、何だよ~」


4抜けは松潤。
最下位は意外にもニノという結果に終わりました。


天の声「櫻井くん、1位フィニッシュお見事でした」
(`・3・´)「やっぱりもうここまで圧倒的な点差をね、稼いでる強豪の大野さん。これね、1位通過して、やっぱり強豪国と戦うと、いうのを目標としてましたから」
(つまり智は、国か国王……?)


天の声「大野くん」
(´・∀・`)「はい」
天の声「戦いの前はかなりプレッシャーを感じていましたが、結果2位フィニッシュ、堂々の決勝進出です」


(´・∀・`)「いや、良かったっすねえ。僕も、そう、ジョーカーもらってなかなか消えない……ことが多いんだけども、一発で消えたんで」
ノノ`∀´ル「並び順の妙だね(笑)」
(´・∀・`)「ええ」


6連続で相葉ちゃんからのジョーカーを回避し続けたニノ。
(.゚ー゚)「どれがジョーカーなのかもしっかりわかってたんで」


(.゚ー゚)「逆に今考えたら、あれを引いて(シャッフルボタン)踏めば良かったんすよね、俺きっと。でもね、俺、手に取るようにわかって、おもしろくなっちゃって」

プレッシャーストライカー(チーム大野vsチーム櫻井)


決勝はプレッシャーストライカーで行われます。


1ピンだけ流れてくるピンを各チームのメンバーで倒し続け、誰かがはずれた時点で勝敗が決まります。


天の声「大野くん」
(´・∀・`)「はい」
天の声「今どんなお気持ちですか」


(´・∀・`)「いや、まさかね、ここまで来れると思ってなかったんで。ババで終わると思ってたんでえ……ちょっと複雑ですね」
伊野尾くん「複雑て!」
吉村さん「あそこで俺ら終わってる予定だったんですか!?」


先攻後攻は、予選1位通過の智くんが決めることができます!
(´・∀・`)「おっ、あっそ……」


天の声「大野くん、どうしましょうか」
(´・∀・`)「どっちがいいんだろうな」
吉村さん「親方、この場合どっちもあるんです」
井上さん「いつから親方になってんの!? 釣りでしょ!? あなたたち。いつから大工の設定になってんの!?」
吉村さん「船酔いで陸に上がってきたんですよ、我々」


(´・∀・`)「うわ、難しいなあ」
「倒されちゃうと、めっちゃプレッシャーで外しそうな気もするじゃない」
「で、はずしてくれたら気持ち的に楽でしょう?」


(´・∀・`)「えっ!? じゃあ、どうしたらいいの?」
吉村さん「親方の得意なタイプでいいです」
伊野尾くん「はい、一番」


(´・∀・`)「いや、後攻」
ということで、チーム大野は後攻に決定。
(´・∀・`)「後攻のほうがいい」


三宅くん「何か、でも、あの、いつもやる気がなさそうに見える大野が、何かとってもやる気が今回感じられて、すごく楽しみですね」


(´・∀・`)「で、これで勝ったら、『VS嵐』の一番強い男になるわけですよね?」


(`・3・´)「初代ね」
(´・∀・`)「初代」


(´・∀・`)「やりましょうよ(ニヤリ)」


さあ、第1回Mr.VS嵐を決定するプレッシャーストライカーのスタートです。


って、何と後攻のチーム大野が1ターン目でいきなり全員はずしてしまいました~。


(´・∀・`)「……」
天の声「あっという間の決勝戦」


ということで、初代Mr.VS嵐はチーム櫻井に決定しました。


(.゚ー゚)「ほんとにガチンコだからしょうがないけど、これ、どこでCMまたごう?」


(‘◇‘)「後攻(プレッシャー)かかったでしょ」
三宅くん「プレッシャーだった?」
(´・∀・`)「プレッシャーしかなかった」


三宅くん「でも、後攻選んだじゃん、大野」
(´・∀・`)「いや、もう最悪! ごめんなさいでした!」
とスタッフさんのほうを向く智くん。


番組のこと考えてスタッフさんに謝っちゃうなんて、本当に優しいなあ。
それに、勝者決定のときに舞った紙吹雪がまだ智くんの髪の毛にいくつかついたままです。


(.゚ー゚)「色々感じてる、あの人」
吉村さん「こんなこと言うのあれですけど、もう1回やりませんか?」


吉村さん「掃除して!」
と言う吉村さんと一緒に、智くんも紙吹雪を片付けるポーズ。

表彰式


優勝旗が初代Mr.VS嵐に輝いたチーム櫻井へと手渡されました。


天の声「大野くん……」
(´・∀・`)「はいっ」


(.゚ー゚)「やめてあげて」
ザキヤマさん「話しかけないであげて、今」


(´・∀・`)「ほんと! 皆さんすいませんでした!」
って、なぜか表情台に上がって、チーム櫻井を遮るように立つ智くん(笑)
お辞儀してました~!



●嵐さん雑誌情報


○12/23(月)
「週刊朝日」1/3-1/10合併号(朝日新聞出版)
嵐 表紙 特集!カラー7P(予定) 
・Amazon

週刊朝日 2020年 1/3-1/10 合併号【表紙: 嵐 】 [雑誌]