読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん表紙『+act.』5月号・『女性自身』4/26号・『クロスワードてれ~び』Vol.3

【お知らせ】


明日13日は智くんがセカムズ番宣で日テレを電波ジャックします。
(詳しいスケジュールはブログ記事の下の番組情報をご覧ください)


※キリンビール 公式Twitterアカウント


《\#嵐 新CM情報!/ 気持ちの良い木漏れ日の中、#松本潤 さんがフリーマーケットを楽しんでいる新CM「一番搾り フリーマーケット篇」が、明日から順次放送されます。○○も似合ってる…かも? お楽しみに!》


《\#嵐 新CM情報!/ 30秒バージョンは12日19時からの「踊る!さんま御殿!! 3時間SP最強女子アナ春の乱!話題のイケメン美女祭」(日本テレビ系列)で放送されますよ。お見逃しなく!》




こんにちは。
本屋さんに行ってきました♪


今回のプラスアクトはグラビアも良かったんですが、テキストがものすご~く読みごたえありました!!
京都時代や「大野智天才論」、怪物くんや死神くんのくだりなども興味深く、特に櫨山Pと中島監督の対談は必読かと思います。
グラビア全体のボリューム感もありましたし、個人的なお気に入りショットも見つかりました♪



今日発売の『女性自身』4/26号の表紙巻頭4ページは智くん。
春らしい桜色をバックに、全身黒いスーツ、ネクタイと革靴も黒でピシッと決めての登場です。
よく見るとスーツの生地にストライプが入っているところが零治社長っぽいのです(^^)


表紙ではあぐらをかいて座り、口元に手を添えてクールな表情♡
誌面では箱馬の上でさまざまなポーズをしてみせています。


撮りおろし大野智「社長って、こんな感じ?」グラビア1~2ページ目はコミカルな写真が多いですね。
箱馬の上でバランス取るポーズしてみたり、片足乗せて親指を立ててみたり、足を高く上げたり……。
ライトを浴びてノリノリ!?(笑)


表紙の写真も箱馬を縦にして、ずいぶん狭い空間に器用にあぐらかいてたんですねえ!
ってか、よくその小さいスペースにお尻乗ったなあ(さすが小尻♡)


3ページ目はグラビアには使われていない自身のバストショットを黒いボードに貼りつけ、足を組んで座って苦み走った顔つきを^^
4ページ目ではナチュラルな立ち姿。
両手を組んで、口を尖らせどこか横を見つめています。
テキストは既出でした。



昨日発売の『クロスワードてれ~び』Vol.3では、表紙にセカムズの智くん、そして99.9の松潤のドラマシーンの写真が1枚ずつ。
クロスワードと共に両ドラマの相関図や第一話のカットが中のページに掲載されていました。


(ちなみに管理人、クロスワードパズルが大好きで一時期かなりハマっていたことが。時間ができたらたっぷり楽しみたいと思います!)



クロスワードてれ~び Vol.3



※読売ファミリー 公式Twitterアカウント


《【読売ファミリー4月13日号大野智さん取材こぼれ話】大野さんのネクタイが水玉模様でした。記者のネクタイも水玉模様だったのでインタビューが終わってから「ネクタイの柄水玉でカブってますね」と声をかけると、大野さんは「僕の柄の方が大きいですね」とさわやかに笑いながら答えて下さりました》


《読売ファミリー大西編集長が紙面を紹介! 4月13日号紙面紹介動画が届いたネル!先週に引き続き、大野智さんの紙面を何とか伝えようとした編集長がとった行動とは!? 大野智さん写真ベストショット投票企画も! 見てネ◎》


www.youtube.com
 

 

+act. 5月号

大野智 表紙巻頭 撮り下ろしポートレイト&ロングインタビュー


智くんの撮り下ろしポートレイト&ロングインタビューは全12ページ。
うち、グラビアが8ページ、残り4ページには写真はなく、びっしりとテキストで埋め尽くされていました!!


今回のプラスアクトの表紙とグラビアは、背景が白。
智くんが着ているセーターはペールグレーでところどころ青い糸が混じっています。
下はジーンズに黒っぽいスリッポン。


まず最初に気になったことを書きますね。
こんなの気にするの私だけなのかもしれないんですが……。
ざっくりとしたセーターの編み目から智くんの肌が透けてますよね、この衣装って。
それともフィギュアスケーターみたいに肌色の下着を中に着てるんでしょうかー!?
(いやあ、気になる。着てると着てないとでは大違いw 失礼しました~)


表紙は、毛足の長いベージュと黒の絨毯の上で寝転がっている智くんです。
左腕を伸ばして二の腕に左手を重ね、その上に頭を乗せてこちらに穏やかな顔を向けています。
髪の毛はごく自然にセットされた感じ。
目次にも同じ写真が1枚小さく使われていました。


1ページにつき1枚の写真を使い、グラビア1~4ページ目でも同じ絨毯の上での撮影。
1ページ目では仰向けに寝転がったり、2ページ目で木製の椅子に座って背もたれを両手で持ったりしています。


3~4ページ目の写真がいいですね♡
表紙とほぼ同じポーズの3ページ目の写真でも、4ページ目で少し上体を起こそうとしてる写真でも、智くんが目を細めてほがらかに笑っていました^^


5~6ページ目は真っ白な空間での撮影で、1ページに3枚の写真が縦に並べられています。


5ページ目の上段の両腕を組んで足を曲げて、何だか寒そうに横になってる写真がすごくかわいいです(*´ω`*)
中段は片足で立て膝をつき壁に手を置いて厳しい顔つきを。
下段は笑顔のバストショットでした。


シュールなのは腹筋するようにゆっくりと起き上がる、6ページ目の3枚の連続写真。


7ページ目では横になったまま左膝を上げ、そこに左手を置いてポーズしている写真が一面に。
セーターの襟ぐりから肩のラインをチラ見せしてます///


私が一番好きなのは8ページを全面飾っている写真!
智くんが椅子の上で膝を抱えて座っているショットです。


靴を脱ぎ、筋張った素足だけになって、真贋を見極めようとするかのごとくまっすぐなまなざしをメガネの奥からこちらへ向けています。

7000 WORD INTERVIEW 大野智


特集の9~10ページ目は丸ごと智くんのインタビューになっており、テキストが見開きいっぱいびっしりと刻まれていました。
クランクイン前のインタビューで、メディア共通のものをとても詳しく丁寧に綴ってある印象です。


こちらのテキストでは『死神くん』のときにもラブストーリーの候補があったけれど智くんが避けてきたことも記載されています。
(公式にメディアなどでは公表されていなかったけれど、当時『死神くん』のプロデューサーが語っていたとか。ってプラスアクトには載っていない話ですが)


また、アジポでははっきりと「プーチン大統領」って明かされていた大統領の名前が配慮もあってか伏せ字になっていました。


絵と芝居は「似てるっちゃ似てるけど……でも何かが違う」と智くん。
例えば3ヶ月という期間の中で芝居をする、絵を描くとなると、どんどん分厚くなっていく。
そういう意味では似ている。


でも単純に台詞を覚えるなどの作業は全然は違う。
絵はずっとひとりで誰が評価するわけでもなく、人に見せることを前提に描いているわけじゃない。
でも芝居は人に見てもらうものという大きな前提がある。


(´・∀・`)「似ているようで、似てない気がするなあ」
と、もう1度繰り返しています。


『死神くん』から2年間、時間が空いたのは良かった。
リセットできた、フラットになった感じがする、とも智くんは語っていました。


(´・∀・`)「『死神くん』で、俺……"出し切った"って思ったから(苦笑)」

成長し続ける俳優、大野智の魅力とは?(プロデューサー・櫨山裕子×演出・中島悟)


11~12ページまでは『世界一難しい恋』の櫨山Pと中島監督の対談になっていました。


リード文にはこう書かれています。
《"怪物界のプリンス"という二次元にして特殊なキャラクターを、まるで実在するかのごとく見事に体現し、自分のものにしていく大野の姿を、一番近くで見つめていた二人である》


対談の中で気になった箇所などピックアップし、まとめていきたいと思います。


・大野くんとは『Kyo to Kyo』時代のに出会った。次の公演の合間、人懐こくよくしゃべる子たちがまとまって話している中、大野くんだけひとりポツネンとしていた。そんときに「この人……たいへんだなあ」と思った(櫨山P)


・愛想があるタイプじゃないから。嵐が結成され、松潤や櫻井くんなど派手な印象のある中に大野くんが入った。当時、松兄と「あの子は大丈夫か?」みたいな話をしたこともあった(櫨山P)


・そうこうしている間に仕事周りで「大野智天才論」というのが出てきた。「あいつはすごいよ」と。満を持して『怪物くん』で一緒に仕事することになった(櫨山P)


・印象は『怪物くん』で一緒に仕事したときから変わらない。こちらは熱く前のめりで行くタイプだけど、大野くんのほうは「どうした?」、「目を合わさないけど?」という感じ。でも大野くんは、逆にそこまで熱くなっていない分、現場に入ったら一気にその熱が出るようなタイプ(中島監督)
中島監督「それは、彼の踊りとか歌を見たりしてもそうですけど、すごく瞬発力がある人だなっていうのは思っていました」


・大野くんの良さは、前に出ないあの感じ。ずるい。リアクション1つとっても、オーバーに芝居しなくてもその場の空気を持っていっちゃう(中島監督)


・『怪物くん』のときは原作通りの帽子が似合うとは思っていなかったけれどかぶったら違和感なかった(笑) 耳をつけたらさらに違和感がなくなった(笑) ドラマをやりながら「この子は、何かあるな」というのを感じていた(中島監督)


・憑依型だと思う。連ドラ『怪物くん』の最初と最後のキャラクターがずいぶん違っていた。"役を飲み込んだ"ということ(櫨山P)


・秋の歌番組で会ったとき、「最後の怪物くんだね」と言っていた。「そうだね、最後だね」と話して舞台袖で待っていたら、帰ってきたときに大野くんが泣いていた(櫨山P)
櫨山P「寂しかったんじゃないですか、最後だから」
「2011年の秋。映画の撮影が終わったあと」(2011年11月30日のベスアに怪物くんが登場したときですね……)


・連ドラが終わり、スペシャルドラマ(『怪物くん完全新作スペシャル!!』)のときに大ちゃんが「俺、いつまで怪物くんやるんだろう」ってぽつりと言った。愚痴のような、本当のクエスチョンのような一言だった。


中島監督「そのあとに彼が涙したっていうことは……」
櫨山P「(役から解放される)嬉し涙?(笑)」
中島監督「いやいや(笑)」


・長期間演じることで怪物くんの"色"がついてしまうと思っていたのではないか。それでも色々な場面で怪物くんをやり切った。だから"卒業"のときには、そういう"愛着"になったのではないか(中島監督)


・『怪物くん』では"作り"の芝居ができた。『鍵のかかった部屋』もキャラクター的に偏ったところがあった。でも今回は30代のもっと等身大な台詞の出し方をする役。彼がどう台詞を発するだろうというのは一番にある(中島監督)
中島監督「でも初日より次の日、3日目と良くなっていく。やっぱり、わかってからの"つかみ"は早いです」


・『怪物くん』では「どこぞのプリンス」、今度は「どこぞの大統領」という櫨山Pの要望に彼は笑いながら「もういい加減にして!」と言うが、何となく理解する。「こうして、ああして」よりも「こんな感じ」という話をすれば、彼は絵描きだし、芸術センスあるから感じ取る(中島監督)


・背筋を伸ばすとか手を振って歩くとか、身体性でつかんでいっているところに彼の成長を感じる。中島監督が「現場入ったら、胸を張れ」って言っているけれど少し猫背で入ってくる。それでいて芝居ができる。自分の中に回路があるのではないか(櫨山P)
中島監督「その回路にピッ! とスイッチ入ったときの、やり切り感っていうのが彼はあるよね」


・リアクションが上手い子だから、笑えるリアクションがすごくいい(中島監督)


・予断がない。無駄な考えがない。言ったもん勝ちだから怖い(櫨山P)
中島監督「言ったら、そのまんま演るからね。その指示で台なしになっちゃうかもしれないから。『いや、それは違うでしょう』とか言わないから」
櫨山P「こっちが言うことは全部飲み込んでしまいます。そこが怖いですよね。何でもやれてしまうから」


・お見合いシーンのあと店から出てくるとき、零治はレディファーストなんてしないから先頭切って歩く。お見合いが上手くいったと自己満足げに店から出てくる気持ちを、背中と歩き方で見せて欲しいと言ったら、そんな動きをしてた(中島監督)


中島監督「そういうことを、その場でやるんです。瞬発力ですよね、本当に」
「それと、その(芝居のパターンの)1・2・3が全部違う。(中略)彼はそういう幅がありますよね」
櫨山P「最初に話した"大野智天才論"っていうのは、たぶんそういうことですよ」


・零治という役にリアリティーとファンタジー性を乗せるさじ加減がたいへん難しい。彼は「こう言おう」と思って言ってないし、やっていない。そのすごさ、恐ろしさ(櫨山P)
中島監督「それは、たぶんグッと(役に)入ってるからなんですよね。引いて見てないから、自分の芝居を、それは"生もの"だからなんでしょう」


・主演とヒロインの2ショットの囲み取材は王子とお妃様の挨拶みたいだった(櫨山P)
中島監督「だから、俗っぽくないわけだよね。たぶん、キスも想像できない……みたいな感じでしょう?」
(あるの!? ないの!? どっちー!?)


・本づくりとしては、脚本の金子茂樹が主人公をいじめることが仕事。大野智をどうやっていじめるか? 苦しめるか? それは普通の人だとかわいそうな感じになるけれど、そうならずに「バカだなあ、こいつ」と笑ってもらわなければばらない(中島監督)
中島監督「そこは、大野くんなら大丈夫なんじゃないかなって思うし、その辺がエンターテインメントになればいいなと思う。(中略)そういう人がヒーローのお話です(笑)」



+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2016年 05月号




●二宮和也くん『坊っちゃん』Blu-ray&DVD 4月13日(水)発売



坊っちゃん [Blu-ray]



坊っちゃん [DVD]



●大野智くん雑誌情報 


○4/15(金)
「ジュニアエラ」5月号(朝日新聞出版)
嵐 大野智 インタビュー

ジュニアエラ 2016年 05 月号 [雑誌]


○4/18(月)
「福岡ウォーカー」5月号(KADOKAWA/角川マガジンズ)
大野智 表紙

福岡ウォーカー28年5月号


○4/19(火)
「Cut」5月号(ロッキングオン )
大野智 表紙巻頭「俳優・大野智の肖像(仮)」
《マイペースなのに変幻自在の顔を持つ大野智は"演技"といかに向き合ってきたのか? その歴史に迫る》

Cut 2016年 05 月号 [雑誌]


○4/20(水)
「エンタミクス」6月号(KADOKAWA)
大野智、波瑠「世界一難しい恋」

エンタミクス 2016年 6月号[雑誌]


○4/20(水)
「東京ウォーカー」5月号(KADOKAWA/角川マガジンズ)
大野智 表紙

東京ウォーカー28年5月号


○4/20(水)
「横浜ウォーカー」5月号(KADOKAWA/角川マガジンズ)
大野智 表紙

横浜ウォーカー28年5月号


○4/20(水)
「東海ウォーカー」5月号(KADOKAWA/角川マガジンズ)
大野智 表紙

東海ウォーカー28年5月号



●松本潤くん雑誌情報


○4/16(土)
「DIME」6月号(集英社)
独占撮 嵐・松本潤 弁護士になる!


DIME(ダイム) 2016年 06 月号 [雑誌]


○4/16(土)
日刊スポーツ(日刊スポーツ新聞社)
松本潤 連載「Saturdayジャニーズ」



●嵐さん雑誌情報


○4/13(水)
「an・an」4/20号(マガジンハウス)
嵐 表紙
大野智 連載「社長DAYS!」


anan (アンアン) 2016/04/20号[雑誌]
予告>>今どきマナーと新常識 - フードニュース (Food News) マガジンワールド


○4/13(水)
「ザテレビジョン」16号(KADOKAWA)
大野智 表紙&グラビア&インタビュー「世界一難しい恋」


○4/13(水)
「TVガイド」4/22号(東京ニュース通信社)
松本潤 表紙SPグラビア&インタビュー「99.9―刑事専門弁護士―」連載スタート記念SPメッセージ!
嵐「VS嵐」公式連載スタート記念SPグラビア&インタビュー


○4/15(金)
「QLAP!」5月号(音楽と人)
大野智 主演ドラマ「世界一難しい恋」
松本潤 主演ドラマ「99.9―刑事専門弁護士―」
(表紙 伊野尾慧)


QLAP!(クラップ) 2016年 05 月号 [雑誌]


○4/20(水)
「non-no」6月号(集英社)
close-up 松本潤 大野智
嵐 連載「2/嵐 アラシブンノニ」

non・no(ノンノ) 2016年 06 月号 [雑誌]
予告>>ノンノ5月号|ファッションやノンノモデル情報を発信する女性誌「nonno(ノンノ)」の公式サイト「nonnotown(ノンノタウン)」|HAPPY PLUS(ハピプラ)



●嵐さんテレビ情報


 ○4/12(火) 22:00-
 ニノさん大賞2016(日本テレビ系)
 二宮和也 大野智


 ○4/12(火) 22:25-23:00
 グッと!スポーツ(NHK総合)
 相葉雅紀


 ○4/12(火) 24:25-25:40
 「99.9刑事専門弁護士」ナビ(TBS)
 松本潤


 ○4/12(火) 25:24-25:29
 4月もドラマは日テレ!~春のドラマのウワサ話~(日本テレビ)
 大野智


 ○4/12(火) 25:59-26:29
 日テレプッシュ「必見!!『世界一難しい恋』直前スペシャル!!」(日本テレビ)
 大野智


 ○4/13(水) 5:50-8:00
 ZIP!(日本テレビ系)
 大野智


 ○4/13(水) 8:00-10:25
 スッキリ!!(日本テレビ系)
 大野智


 ○4/13(水) 10:25-11:30
 PON!(日本テレビ系)
 大野智


 ○4/13(水) 11:55-13:55
 ヒルナンデス!(日本テレビ系)
 大野智


 ○4/13(水) 13:55-15:50
 情報ライブミヤネ屋(読売テレビ系)
 大野智


 ○4/13(水) 15:50-19:00
 news every.(日本テレビ系)
 大野智


 ○4/13(水) 22:00-23:10
 世界一難しい恋(日本テレビ系)
 大野智


 ○4/13(水) 24:10-24:40
 話題独占!松本潤が超型破りな弁護士に!!「99.9刑事専門弁護士」ナビ(TBS)
 松本潤


 ○4/14(木) 19:00-19:57
 VS嵐(フジテレビ系)


 ○4/14(木) 20:57-22:54
 櫻井・有吉THE夜会SP(TBS系)
 櫻井翔 松本潤


 ・4/15(金) 25:05-25:35
「99.9―刑事専門弁護士―」ナビ(TBS)
《嵐・松本潤主演 有罪率99.9%の刑事事件に挑む、超個性派・型破りな弁護士たちが送る痛快リーガルエンタテインメントの舞台裏に密着!香川照之 榮倉奈々 青木崇高》


 ・4/16(土) 14:55-15:00
 今夜は!天才!志村どうぶつ園 春の2時間SP(日本テレビ)
《今夜の志村どうぶつ園2時間SPは…相葉と伊野尾が初タッグ!猿250匹を楽しませる! ハズが…猿が飛び乗って伊野尾マジ泣き!? 志村園長とちびの散歩に嵐・大野くん飛び入り参加!イベント直前の桝アナをドッキリ訪問!》


 ・4/16(土) 16:00-17:00〔再放送〕
 春休み!!特別編集版 花より男子2「切ない雨の別れSP」(TBS)
 松本潤


 ○4/16(土) 19:00-20:54
 天才!志村どうぶつ園(日本テレビ系)
 相葉雅紀 大野智


 ○4/16(土) 22:15-23:09
 嵐にしやがれ(日本テレビ系)