青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

二宮和也くんラジオ『ベイスト』リーダーは人見知りっていうよりもあんま人に興味がない

 

BAY STORM(2016/8/14)

オープニング


(.゚ー゚)オープニングの一言「田園!」


(メッセージ)先日の『FNSうたの夏まつり』ですが夏の思い出の曲のトークのとき二宮くんの思い出が伝わっていなかったような気がしました。二宮くんは無意識かもしれませんが玉置さんのお名前だけで曲名がなかったからかもですね。
私は『田園』かなと思いましたがどうでしょうか。渡部さんは『ワインレッドの心』などを思い浮かべて夏がイメージできなかったのかなあと想像していました。嵐のメンバーの皆さんは二宮くんの意図をすぐに読み取っていてさすが嵐さんと拍手しました。
これからアリーナツアーとドームツアー、そして映画も大忙しだと思いますが体調に気をつけてください。全力で応援しています(にのみあさん)


(メッセージを読み上げるとき、最初と最後以外はつぶやくように声を出していたニノさんでした~。FNSの番組レポを読み返すと確かに曲名を言ってませんでしたね、ニノさんは)
嵐さん『FNSうたの夏まつり ~海の日スペシャル~』 - 青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog


(.゚ー゚)「でもさ、たま……それって、安全地帯じゃないの? ワインレッドってねえ」


(.゚ー゚)「俺結構、玉置浩二っていう人はすごく夏のイメージがあった人だったんだけど。そんなこともないの!?」
(逆に私は冬のイメージ持ってます。何でだろう。同じ北海道出身だって思ってるからかなあ)


(.゚ー゚)「あっ、あ、そう。あ、そんなじゃあ、TUBEとかいうのは。あの人、夏っぽかったのかなあ。ハハハハ!」


(.゚ー゚)「そうだよなあ。TUBEさんとかも夏の、夏とかハワイとかそういうイメージがあるな~」


(.゚ー゚)「俺だからそういう感じで結構、玉置浩二っていうあの人自体が結構夏っぽいイメージだったけど、そっかあ……そんなこともないんだろうなあ、世の中的には。俺が勝手に思ってただけかもしれない」


(.゚ー゚)「『田園』、『田園』ってあれだよね? 井ノ原くん、ドラマの主題歌だよね。そうだよね」(←ドラマ『コーチ』の主題歌だったみたいですね)


(.゚ー゚)「あ~、あれもいい曲だよ。いや結構いい曲、すげえたくさんあるんだけどな~(紙をめくる音)、玉置さんてね」


(.゚ー゚)「あんま、夏か、代名詞のようなつもりで言ってたけどそんなこともないんだね。なるほど」


オープニングナンバーはASIAN KUNG-FU GENERATION で『ブラッドサーキュレーター』です。


神が来た


(メッセージ)私に神が来た瞬間は美術館に美術部として作品を出したときでした。自分の作品の批評が気になっていましたがあまりみんながよく見てくれている気がしませんでした。でもそこに神が来たんです。顧問の先生がそばで「自分の作品が好きなのは自分だけでいい」と言ってくれたんです。すごく嬉しかったしこれからも自分の作品の一番のファンでいようと思います(まんまるまにょさん)


(.゚ー゚)「へえ~、そうなんだ。『自分の作品が好きなのは自分だけでいい』って。いい先生ですね」


(.゚ー゚)「美術館にでも美術部として作品を出すことがあるんだね」
(私、美術部でしたけど、その通りですよ。あるんです^^ 地元の美術館のフロアをお借りして○○高校美術部展覧会みたいな感じで。他校の美術顧問や部員が見に来たりするから結構緊張したな~)


(.゚ー゚)「そんなことあったかなあ? 学校で。全く通ってないからなあ。へ~、お、こういうことがあること自体、全然知らなかった。そんなことあるんだ」


(メッセージ)先日仕事中にマンションの管理会社さんから電話がありました。何と「家の鍵をドアに挿したままです」と。住民の誰かが親切に連絡してくれたらしいんです。焦って1時間かけて家に帰りました。オートロックの玄関ですが心配だったので鍵は替えることにしました。無事替え終わり仕事場に行こうとしました。
すると今度は自転車の鍵をかけ忘れてしまったんです。無事でした。全力でダッシュしたので電車ではひとり毛布のような上着を着て汗だくという恥ずかしいことに。何だか今日は疫病神でも来てるのかなと思い投稿さしていただきました(いなりさん)


(.゚ー゚)「……家の鍵ドアに挿したまんま(笑)、なことがあるんだね。焦ってたのかなあ、そもそも。珍しいな~」


(.゚ー゚)「ま、確かにね、オートロックだろうと何だろうと自分の家の玄関の鍵がそのまま挿してあったらもう、あんまり関係ないもんね、オートロックだろうと何だろうとね」


(.゚ー゚)「怖いな、しかも。何か盗られていたとか、何かそこに事件性があったらさあ、そ、何ていうの? 負い目を感じるけどさ、何にもなかったほうが怖いよね、こういうのって意外とね?」


(.゚ー゚)「そら替えるよなあ」


(.゚ー゚)「でもああいうのって替えていいんですね。やっぱ管理会社にゆって承諾を得ないとダメだよね。へ~」


(.゚ー゚)「自転車はもうしょうがないよね、こればっかりは」
「今だってチャリンコってすごいでしょ? 何か100万クラスのとかあったりするんでしょ」
(零治さんの乗ってたロードバイクとかね~)


(.゚ー゚)「だってチャリンコ買うときとかも結構あれだもんね、登録証、あの警視庁だっけ? あの黄色いさ。ねっ、何か小判型みたいな(笑)、やつ貼るもんね」


(.゚ー゚)「信じられないな」


(メッセージ)私が「神が来た」と思った瞬間はこないだ行った修学旅行の話です。私の学校は北海道に4泊5日で行く予定だったんですが帰る日突然飛行機が飛ばなくなってもう1泊することになりました。
そのとき泊まっていたホテルがすごくいいところで部屋が2階になってるホテルで普段泊まれるようなことがないので神が来たと思いました。ほんとに思い出に残る修学旅行でした(二宮くんに1回でも名前呼ばれたいまゆちゃそさん)


(.゚ー゚)「すごいな、しゅ、4泊5日って普通? 2泊3日? だいたい。ま、そうだよな。そんなに学ぶこともないもんなあ」


(.゚ー゚)「でも北海道広いからなあ。俺あの地図の縮尺は間違ってると思ってんの、北海道の。北海道と埼玉県は、あの縮尺が間違ってると思ってる」


(.゚ー゚)「めちゃめちゃでかいはずなんだよ、もっと。思うよねえ? 何か『片道2時間とか、まあまあ普通に考えられます』っていうようなさ、すごい精神力の持ち主が集まってると思いません?」
(私も含め試される大地の民なのでね~。笑)


(.゚ー゚)「片道2時間だよ!? で、2時間行ったところで、市ぐらいしか変わらないんだよ。東京から行ったら神奈川超えれる? 静岡行けるよねえ。1県越えられるんだよ、2県目に入れんだよ」


(.゚ー゚)「そんな距離、結構普通だけどな~みたいな人たち、が少なくない気がしてるんですよ、僕は、北海道の人たち。そう考えるとやっぱあの縮尺、あそこまで東京、神奈川、静岡のちょっとこっち側、神奈川よりんとこが、入る……あるかって思ったりするんだよ、あれ見ると。あの縮尺、絶対違うよね」


(.゚ー゚)「だって函館から、旭川だっけ、とかも結構遠いんでしょ? そうだよね、飛行機で行くぐらいだもんね。ハ!(笑) 絶対、もっとおっきいはずなんだよな~。そんなことないのかなあ」


(.゚ー゚)「(紙をめくる音)気になるんだよ、あれ」


(メッセージ)私は今年から大学通うために兵庫から東京に出てきて寮生活をしています。しかし寮では自由に嵐の番組を見ることができなくて悩んでいました。そんなときに大学に松本潤くんが撮影に来たんです。緊張のあまりただ固まっていた私たちに車に乗った潤くん自ら窓を開けて笑顔で手を振ってくれました。テレビを自由に見られなくて悩んでいましたが画面上ではなく、生で近くで本人を見られた上に神対応を受けた私と友達はまさに神が来たと思いました(二宮誕生祭開くさん)


(.゚ー゚)「偉いね、神対応ですって。自ら窓を開けて、笑顔で手を振ってくれたんだって。すごくないすか」


(.゚ー゚)「俺やらないもんなあ。うん、やらない。やったことない、そんなあまり」


(.゚ー゚)「いや! 万が一だよ。万が一の可能性、俺じゃなかったらどうするって話。うん」


(.゚ー゚)「後ろに誰かいたら、その後ろにすごいみんなが熱狂してたらどうしようって想っちゃったりするから、俺できない、こういうの」


(.゚ー゚)「すごいな~。ひとりだったのかな? だから松本さんが。ひとりでこう、大学で撮影してたってことなのかな? 映画かな~、ドラマかな、どっちだろ……映画かな?」


(.゚ー゚)「みんな、でも働いてんだよ、こうやって一生懸命。ね? 大野さんも働いてるからねっ」(←ニノさんもね^^)


(.゚ー゚)「多いな(?)、嵐の映画ね(紙をめくる音)」


2曲目は桑田佳祐さんで『ヨシ子さん』です。


 

裏嵐


(メッセージ)私は夏になると嵐さんの『夏の名前』をずっと聞いています。この曲を聴くと「夏だ~」という気分になり夏が来たことを実感させてくれます。とても心がワクワクする曲です。二宮くんは夏のいえばこの曲という曲はありますか。良かったら教えてください(二宮くんの横顔が素敵すぎるさん)


(.゚ー゚)「やっぱりTUBEさんだよねえ。ねえ? やっぱりTUBEさんよ、夏といえば、ねっ」


(.゚ー゚)「冬といえば、広瀬香美が挙がってくるように、夏といえばね、TUBEさんでしょうね~」


(.゚ー゚)「あんまり曲を聴いて、夏だなって、夏に曲聴い……ん~。そういう心意気で聴いてないなあ~」


(.゚ー゚)「何か外に出たり、ま、あんまりこう思い出がない人だから、なのかなあ。家でずっとゲームやってる、人にとって、曲を聴いたら夏だなって、思うことってあまり多くないかもなあ」


(.゚ー゚)「ゲーム中は聴かない。ゲームの曲を聴いてますね。うん」(←私もゲーム音楽大好き♪)


(.゚ー゚)「だから、もうほんとに、人が歌っている曲なんて、もう嵐が一番多くなってるかもしんないな」


(メッセージ)先日、NEWSの加藤くんがテレビで「ジャニーズ内の陽な人・陰な人」の名前を挙げていました。二宮くんはキラキラで社交的な陽な人に入っていました。ちなみに陽な人はほかに井ノ原くん・太一くん。人見知りな陰の人には大野くんや剛くんなどがいました(らいむは受験まで強く生きるさん)


(.゚ー゚)「ごうくん、つよしくん」


(メッセージ)二宮くんから見てこれはどう思いますか。また嵐の中で大野くんは人見知りなんですか。


(.゚ー゚)「ん~、まあリーダー人見知りっていうよりも、あんま人に興味がないんだよね。だから、人見知りってことじゃないと思うんだよな~」


(.゚ー゚)「自分の共通の趣味があったり、同じ価値観を持ってる人とはしゃべるけど、もうそういうしゃべる人が存在してるからほかにわざわざしゃべる必要性もない……って考えてる人なんだと思うんだよな」
(私も同じように思っていたから、智くんに近しい存在のニノと同じように考えていたのがすごく嬉しいです^^)


(.゚ー゚)「相葉くんじゃない? 一番人見知りなの、嵐では。うん。あの人は、あの、すごく人見知りだから。相葉くんは、まあ陰ではないと思うけど」


(.゚ー゚)「人見知りだからずっと一緒に動物と仕事してんだ」(←そうなの!?)


(.゚ー゚)「わかるでしょ、みんなだって。ねっ? あ、そんなことない?(笑) いや俺はそう思うよ。人とあんま上手くいかないんだもん。ずーっと動物とロケやってんだから」


(.゚ー゚)「人見知りですよ、あの人一番」


(.゚ー゚)「まあ、どっちかわかんないな、これは『ごうくん』なのか『つよしくん』なのか。う~ん」


(あ! それ両方です。堂本剛くんと森田剛くんのどっちもお名前挙がっていました)
力入っているよりはたまには抜いてバランス良くやっていくのが一番いい〔大野智・ラジオ〕 - 青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog


(.゚ー゚)「ま、そうね、ご、ま、人見知りなのかな? 果たして。人見知りってさ、何だろ、人と交流を持ちたいとか、もうちょっと何か、あの人みたいにみんなと仲良くしたい、みたいな人しか使わない言葉だと思ってるわけ」


(.゚ー゚)「その何ていうの、その人見知りと言われている性能を持ってる人で困ってない人は人見知りだとも何とも思ってないわけさ。ひとりで生きていけるから、そういう人たちは」


(.゚ー゚)「だからそう考えると『ごうくん』も『つよしくん』も、その人見知りですごく、うん、もっと人と会話したいんですよっていう、ことでもないと思っていて」


(.゚ー゚)「もう別に、ひとりで黙ってれば、もう時がすぎるんで、みたいな。もうちょっと一匹狼っぽい、何か別に人と関わることがしたいって思って苦労してる人ではない気がすんだよね、あの二人」
(これはシゲに聞かせてあげたいな。笑)


(.゚ー゚)「だから何かあんまり、それで困ったな~とか、すごい悩んでるなあって姿1回も見たことないだよね、あの二人に関しては(笑)」


(.゚ー゚)「あ、でも陰な人ではあるのかな。こう、じゃ剛くんと井ノ原くん、この二人は陰と陽だったらどっちですか? みたいなことでわけたら、そうなるもんね、普通にね。クールだもんね(紙をめくる音)」


(メッセージ)私は今年の春から大学に入ってダンスサークルに所属しているのですが本格的にダンスを習うのが初めてです。今はロックとパンキングというジャンルをがんばってるんですがロックは基本的な技を教わっているときに、「あ、これ嵐の振りにあったやつ」とか「あ、これ『Crazy Moon』で難しかったところがステップだ」という感じに色々と嵐と関連づけて練習するのがとても楽しくなりました。二宮くんはダンスする上で一番気をつけていること、また嵐のダンスの練習風景だったりを教えてください(もかなはポカポカ日和さん)


(.゚ー゚)「……ダンスする上で一番気をつけていることだって。もう忘れちゃったな。何を一番気をつけていたか。何を気をつけているんだろ、私は、ダンスする上で」


(.゚ー゚)「間違えないことかな? みんなで振りを合わせる、ことかな? 何だろ。もう~難しいね、逆に難しいよ! もうこうなってくると!」


(.゚ー゚)「20年やってることで(笑)、さあ、気をつけ、何を気をつけてんの? 私は。何だろうね。何にも気をつけてないのかなあ、こんだけ考えて出てこないってことは」


(.゚ー゚)「好きだからでしょ? ダンスサークルに入るってこと。何も気をつけることなんてないんじゃないの? 別に」


(.゚ー゚)「たのし、楽しければいいんじゃないの? って思っちゃうけどね」


(.゚ー゚)「何か……最初の頃は思ってたのかな~。でも感覚でやってたような気がするけどな」


(メッセージ)『嵐にしやがれ』で、さかなクンの帽子をみんなでかぶっていてかわいかったです。アナゴのつかみ捕りをしていましたが、つかみ捕りをできるところはさすがだなと思いました。アナゴのつかみ捕りはやっぱり難しかったですか? 裏話などがあったら教えて欲しいです(ぎょぎょぎょろんこさん)


(.゚ー゚)「(紙をめくる音)いや裏話も何ももう、もう映ってることですよ、全ては」


(.゚ー゚)「もう~さ、普通に考えてもやっぱ、そのバラエティ番組とかじゃないとやらないよね。うん。やる意味ないんだもん!」


(.゚ー゚)「アナゴ? だよね。つかまえる日常じゃないもん、もう。アナゴはあれ、百歩譲って食うほうだもん、俺は」


(.゚ー゚)「だ、つかまえるなんてさ、すごい冷静に考えてよ? すごい冷静に考えてもやる意味ないんだもん! 俺は。あれやってお金もらってるわけじゃないから(笑)、アナゴつかまえてね?」


(.゚ー゚)「だからバラエティでしかやらないから、もう裏も何ももう、あそこでこう描かれてたことが全て」


(.゚ー゚)「いや、そうなの。苦手なのよ。でもさ、どうする? 『いや、俺ダメだな、こんなの無理だよ』ってちょっとさ、こじらしてみなよ。そりゃたいへんだよ、企画変わって、これでこう企画変わっちゃったら。『じゃあ、もういいです。ドローにしましょう』みたいな。そんなの見れる!? ねえ?」


(.゚ー゚)「毎週土曜日(笑)、ねっ? 夜10時を楽しみにしてたら、不機嫌な嵐が出てくんだよ? 『もう俺はちょっとこういうの無理だよ~。やだよ。何でそんなのやらなきゃいけないの。いいよ、じゃ俺負けで』とかっていう。1週間楽しみにしてそんな感じだったらどうする? いやでしょ、絶対」


(.゚ー゚)「嫌いだけどね(笑) 嫌いだけど、やらなきゃいけないやつですからあれは、ね」
「もうやらないんだろうなあ」


(.゚ー゚)「でもまあ、俺はね? 生きててもう魚さわることとか絶対ないから、ああいうときでしかさわれないから。逆に新鮮っちゃ新鮮なのかな、ああいうことはね」


(.゚ー゚)「ああいう、だって、ああいうバラエティなことがないと、さわんないもん、ほんとにあれは」


3曲目は『supersonic』でした。
(この曲やっぱめちゃかっこいいよね~♪)


 

エンディング


エンディングはジャポコンDVD&Blu-rayとニューシングル『Power of the Paradise』の告知でした。