読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

『嵐にしやがれ元日SP』大野会・大野智×大野くん大好きトリオ(菅田将暉×知念侑李×上島竜兵)「大野智の作ってみようSP」

嵐にしやがれ

しやがれ元日SPの大野会、ほんとに幸せな時間でした!!
2017年の元日もまたこんなにハッピーな気持ちで過ごせるなんて♪


菅田くんや知念くんが言っていた大野さんの話、とても良かったですね!
それに何よりですよ、大野さんの腹筋ほんとすごかった~(≧▽≦)
映画『忍びの国』で、どれだけ鍛えたことか……。


あんないい体してるんだから、ぜひアンアンあたりでグラビアをやってもらいたいものですが!
2016年から色々と新しいことにチャレンジしている智くんだから、ぜひ^^


熱湯風呂のくだりも、上島さんらととても楽しそうにしていて、見ていてこちらも嬉しくなりました(^^♪


そうそう、ふと知念くんと菅田くんって何歳差だっけ? と思ってググってみたんですが、同じ1993年生まれなんですね!
でも菅田くんは早生まれなので学年だと1個上ということになります。


またこのメンバーで大野会、来年は開かれることになるかな? どうかな!?(笑)


 

嵐にしやがれ元日SP(2017/1/1)

オープニング


いつものしやがれのスタジオも今回は門松や玉飾りがあったりとお正月モード。
嵐さんは黒い羽織にシルバーの袴姿です。
そして羽鳥慎一さんも智くんの隣に。


(`・3・´)「あけまして!」
(´・∀・`)(.゚ー゚)(`・3・´)(‘◇‘)ノノ`∀´ル「おめでとうございま~す!!」
と羽鳥さんと一緒にお辞儀。
相葉ちゃんはカメラに手も振っています。


(`・3・´)「さあ、今夜の『嵐にしやがれ』正月SPですけども、ええ、超豪華ゲストをお招きしてメンバーそれぞれ全力で、ミッションに挑んでおります」


ゲストは錦織圭選手、篠原涼子さん、ムロツヨシさん、佐藤栞里さん、ぺこ&りゅうちぇる、ノブコブ吉村さん。
(のちほどスペシャルゲストとして北斗晶さんと佐々木健介さんも登場していました)


錦織選手の登場に、
ノノ`∀´ル「俺、超ドキドキしてる。正直超ドキドキしてる、俺」
「私、昨年、錦織選手に憧れて、テニス始めました」
(`・3・´)「そういう人多いんじゃない? ほんとに」
(.゚ー゚)「多いだろうね~」
(あ~、だからテニスブームなのか~)


ノノ`∀´ル「もう同じ空間にいるなんてもう信じらんないよ」
と扇子で隣にいた羽鳥さんをペシン!
羽鳥さん「痛いよ(笑) 痛いから」


趣味はゴルフやサッカーだという錦織選手。
(´・∀・`)「ゴルフ、ゴルフとかやって、テニスの感覚狂ったりしないんですか?」
錦織選手「全然だいじょぶですねえ」
(´・∀・`)「関係ないのか」
テニス選手はオフになるとゴルフをする人も多いそうです。

二宮和也×大谷翔平「二宮和也のちっちゃな野望SP」

俺たちは錦織圭に勝ちたい


スタジオに錦織選手のサーブを再現できるマシンを用意。
発射される球を見事に打ち返せば成功です。


コートは通常の半分程度ということで、ちゃんと返せなくてもラケットの芯に当たればOKというルール。


わ、嵐さん、着物にたすき掛けですね^^
でも智くん「あるある」で、これまた帯というか羽織の結び紐の位置が高いです~。


嵐さんからは智くん翔くん松潤が挑戦を。
サイン入りラケットは先着1名ということで、順番はジャンケンで決められました。
ジャンケンの結果、4番目に翔くん、5番目に松潤、6番目に智くんにチャレンジすることに。


1番手から4番手の翔くん、5番手の松潤と失敗が続きます。
ノノ`∀´ル「全然無理、俺の友達こんなスピードで打つやついないもん!」


さあ、次はバドミントン経験者の大野さんですよー!!
(´・∀・`)「ここだったよね?」
とボールの弾道を確認。


(´・∀・`)「これじゃダメなの?」
と最初からラケットを弾道の配置する作戦を提案。
周囲からは「いい!」という声は上がったものの……?


錦織選手「でも、ここだけ持ってるのは男としてどうかと思います……」
(´・∀・`)「……」


(´・∀・`)「(錦織選手を指さして)け、結構言うよね!?」


羽鳥さん「さあ、ではリーダー、お願いします!!」
(´・∀・`)「勘だ」
と、「男として」ラケットは弾道には配置せず、後ろに構えてスタンバイ!


あ~、智くんも空振りです!
「惜しい!」という声が周囲から上がり、錦織選手も「惜しい」と拍手。
(´>д<`)「かぁ~!」
智くん、悔しそう~。
(でも、かっこ良かったよ、智くん♡)

松本潤×ムロ軍団「松本潤のTHIS IS MJ SP」

大野智×大野くん大好きトリオ(菅田将暉×知念侑李×上島竜兵)「大野智の作ってみようSP」大野会


(´・∀・`)「あけましておめでとうございま~す!」
公園らしき場所にて、寒そうな智くん。
青いつなぎの首元からは白Tが見えています。


(´・∀・`)「今年挑戦してみたいことがあって(と手を打つ)」
「大野会を開きたい」


ナレーション「そう、大野2017年の初挑戦は、大野を慕うメンバーが集まる、大野会の開催!」


(´・∀・`)「芸能人同士集まって、パーティーするじゃないすか。そういうの僕もやってみたい! 誘われたこともない!」
(って、誘われても行くのかな~!? 笑)


ナレーション「そう、そんな大野のために集まってくれたメンバーがこちら」


黄色いつなぎの知念くん、緑色のつなぎの上島さん、そして菅田くんは赤いつなぎで登場です。


知念くん「どうも~」
上島さん「やあ~」
と嬉しそうにやって来るようすに思わず照れ笑いの智くん。


一目散に駆け寄る知念くんと上島さん。
そして智くんは菅田くんの姿に、
(´・∀・`)「あ~!」
と、びっくり!
それから肩組みを。


一列に並ぶ智くん、菅田くん、知念くん、そして上島さん。
上島さん「僕たちは」
菅田くん知念くん上島さん「大野くん大好きトリオです!」
(´・∀・`)「ふふっ☆彡」


上島さん「せ~の!」
菅田くん知念くん上島さん「ヤ~!」


ナレーション「ということで今回の大野会のメンバーは、ドラマ『怪物くん』で大野と共演して以来、二人で飲みに行く仲、ダチョウ倶楽部、上島竜兵」


(わあわあ、『怪物くん』のワンシーンが流れました~)



ナレーション「さらに大野に憧れてジャニーズに入った、Hey! Say! JUMP知念侑李」


ナレーション「そして意外なのは、俳優、菅田将暉」


菅田くんの肩をポンと叩いて、
(´・∀・`)「菅田くんだって、2年前に一緒にドラマやってる」
菅田くん「やりましたねえ」
上島さん「ああ、ほんとに?」
(『死神くん』は他局だからかワイプに静止画のみ)


 


菅田くん「僕は仲良くさせていただきたいなと思ったんですけど」
「ま、連絡先を交換することもなく……」
申し訳なさそうな顔でうつむく智くんです~。


上島さん「まだほら、教えてくれっつって、言ったら教えてたと思うの」
(´・∀・`)「そうだよ! 菅田くんが言わないからだよ」
菅田くん「いやいやいやいや、俺のせい!?(笑)」
とお互いを指さす智と菅田っち^^


(´・∀・`)「俺が言うわけないじゃん、そんなこと」
上島さん「ちょっと、どうでもいいけど先にケンカしてチューするなよ? 俺がやるからな、先に」
(え~、やだ~。智、断固として拒んで~)


ナレーション「さあ、大野会、本日のメニューは?」
(´・∀・`)「風呂作りたいなと思って」


(´・∀・`)「木から作る。き、木の風呂」
知念くん「お風呂~?」
菅田くん「あ、桶ってこと?」
(´・∀・`)「桶みたいなやつ」
上島さん「アクリルの水槽用意してもらえばいい……」
(´・∀・`)「いやいや(笑) やめて」


(´・∀・`)「イチから作るからいいんじゃん! 入って気持ちいいんじゃん」


ナレーション「ということで今回は手作りのお風呂に浸かり大いに語ろうではないか!」


(四人がお風呂に入ってるイラストが画面に。今回のイラストはかわいくていいですね^^)


(´・∀・`)「風呂作って~、絶景露天風呂に入ろうっ!!」
四人で「オ~!」と腕を掲げます。


今回指導してくださるのは金子風呂桶店の金子幸一さん。
(耳の上にさした鉛筆がいいですね~^^)


智くんご一行は工場に移動。


(´・∀・`)「イメージこれです」
と智くんが示したフリップには、大きな四角い桶のような浴槽が。


上島さん「絶対無理だと思うよ」
知念くん「結構たいへんな作業になりそうだなあ」
上島さん「無理だと思う」


(´・∀・`)「いけますよね?」
と智くんは金子さんに確認。
金子さん「うん」
(´・∀・`)「ほら!」
上島さん「いける?(笑)」


ナレーション「今回作るのは江戸時代から使用されていた日本古来の木桶風呂」
(参考資料として喜多川歌麿の「寒泉浴図」が紹介されていました)


ナレーション「木のお風呂は美しいだけでなく、保温性に優れ、お湯が冷めにくい」


ナレーション「作り方はご覧の通り、まず側板を輪っか状につなぎ合わせ、そこにぴったりと収まるよう底板をはめ込む」
(`・3・´)ワイプ「これが難しい」
 

ナレーション「第一の難関は、このカーブを描いた側板作り」


金子さん「内側を削って、外側を削って」
菅田くん「こうする?(とカーブを描くようなしぐさ)」
(´・∀・`)「え~!(と左手でおでこをなでる)」
菅田くん「ああ、そうなんだ」


ナレーション「使うのは、曲面に合わせた特殊なカンナ」
カンナにカーブがかかっています。


立てた側板にカンナを当てて引く智くん。
金子さん「そうそう、そんな風に。そうやって」
(´・∀・`)「あ、気持ちいい」
と、とても手際いいです^^


ナレーション「大野・菅田がスムーズにこなす一方、知念・上島の手先不器用組は……」
(菅田くんも絵を描く人でしたよね、確か^^)


上島さんがカンナをかけている姿を見て、
(´・∀・`)「ははは☆彡 何かおもしろいんだよな(笑)」


上島さん「こんなもんすかね、親方」
金子さん「どうでもいいや」
上島さん「そんな言い方ないでしょう!?」


(´・∀・`)「あれ!? ここでいっちゃう? ここでいっちゃう? ええ、ここでいっちゃう?」
金子さんと上島さんの間からイケメン智見える~。


上島さん「人が一生懸命やってんのに」
金子さん「わかった、わかった」
金子さんのスルーっぷりに爆笑の智くん^^
前髪が気になるのか、左てでちょっとかき上げるしぐさを///


ナレーション「さらに、側面を斜めに削れば」


知念くん「バームクーヘンのひとかけらみたい」
菅田くん「あ~、そうそうそう」
知念くん「そういう感じが」
菅田くん「わかりやすい」


ナレーション「これを糊でつなぎ合わせると、ご覧のようなカーブができる」
(すごいな~。糊でつなぎ合わせるだけなんですね)


側板に刷毛で糊を塗っていく智くん。
そこへ上島さんが自ら顔を近づけていますw


上島さん「ちゃんと顔に……」
(´・∀・`)「ははっ☆彡」


智くん、刷毛で上島さんの口元をひと塗り。


上島さん「顔に塗んなつってんだろ!?」
と智くんに詰め寄る上島さん。
あ~、また、このパターンは……。


金子さん「はいはいはいはい」
上島さん「はいはいはいはい」
か、金子さん、ナイス!!
このメンバーでいったい誰がツッコミをするのか、やっぱり智くんなんだろうな~と思っていましたが、まさか金子さんが鉄壁でスルー対応してくれるとは(笑)


爆笑する智くん。
(`^3^´)ワイプ「親方ー!(笑)」
(´・∀・`)「できない!」
(`^3^´)ワイプ「おもしろ~い、親方」


ナレーション「次に、全ての側板を素早く接着」


糊をつけた側板をしっかりとつなげていく智くん。
手のアップです♡


ナレーション「仮のタガをかけて締め上げる」


四角い風呂桶の方にくっつけた側板の周りに、まずは金子さんと四人で紐を巻いていきます。


ナレーション「木桶風呂は底にいくほどすぼまる形になっているため、上下を逆にし、タガを下にずらすことでキツく締まる」
(なるほど。で、下のほうがすぼまっているから底もはずれないんでしょうね)


ナレーション「それでは乾燥を待っている間に思い出作りタイム」


上島さん、智く、知念くん、菅田くんと横並びになってトークです。


菅田くん「絵描かれるじゃないですか」
(´・∀・`)「は!」
菅田くん「で、ちょっと僕の似顔絵を描いて欲しいな」
(´>д<`)「え~っ!」


菅田くん「みんなで描き合うと言いますか」
(´・∀・`)「あ、描き合う!? あ~」


(´・∀・`)「俺が、菅田くん描く?」
菅田くん「そうっす。で、僕、大野さん描くんで」
(´・∀・`)「おお~!」


知念くん「したら僕~、上島さん描かないといけないんすか?」
(´・∀・`)「ふふっ☆彡」
上島さん「いけないんですか!? ってどういうことだ」


上島さん「いいだろ、別に俺描いたって」
あ、また、このパターン……。
顔をそむける智くん。
なかなかこの横顔の角度ないかも♪
お耳が中までよく見えます(←ごめんよ、智。変なとこばっか見てるファンで……)


知念くんと上島さんの向こうにまたイケメン智が……。
上島さん「いいだろ、別に俺描いたって。みんなでやってんだから。そうだろ」
知念くん「そりゃあ、もうだって、会長に描いて欲しいじゃないですか」
上島さん「会長に描いて欲しいって、俺が描いてもいいじゃないか。こういうもう順番になってんだから、おまえこの野郎……」
知念くん「会長が……」
とチューですよ。


笑いながら拍手する智くん。
(´・∀・`)「やっとできた、やっとできた」
と上島さんの肩をポンポン。


上島さん「やっとできた!」
と非常にすっきりされているようすです。
後ろでまだ智くんが笑っています。


ナレーション「さあ、大野会特別企画、新春似顔絵大会」


上島さん、知念くん、智くん、菅田くんとテーブルを囲んで似顔絵タイム。
場所は川沿いと野外です。
木材が積んであるから工場の近くだと思うんですが、ほかに場所なかったのかな~? 寒そう~。
四人とも裏地が白の黒いコートを着ていました。


(´・∀・`)「むずっ!」
と智くんがペンを走らせているのは何と木桶の底!


ほんとに難しいらしく、智くん、天を仰いで頭をブルブル振っていました。
きゃ~、前髪乱れてる♡


10分後、皆さんの絵が完成したようです。
知念さん「よし~」
菅田くん「よっしゃ~」
(´・∀・`)「できた」
と智くんもペンを置いていました。


上島さん「じゃ、僕知念くんです」
知念くん「はい」
(´・∀・`)「おお」


上島さんが描いた知念くんはお風呂に入っていました。
菅田くん「あ、かわいい」
上島さん「いいでしょ?」
(´・∀・`)「上手いね」
上島さん「何のおもしろみもなく……」
(うん、普通~ですね……。笑)


ナレーション「続いて知念」
知念くん「上島さん描きました。ドン!」
知念くん、青色のペン1色を使ったのね^^


上島さん「気持ち悪い」
知念くん「えっ!?」
菅田くん「こういう人いっぱいいるよ(笑)」
上島さん「そうだよ。これおじさんだよ! 普通の」
(菅田くんがテンション高めに「こういう人いっぱいいるよ」って言ったとき、智くんが自分の声と聞き間違ったっていうのわかった気がしました。確かに似ている瞬間があります)


ナレーション「さらに画伯大野」
(´・∀・`)「色んな色、使った」
と、しばし、木桶の底をじっと眺めて、絵を披露。


おお! やっぱ智くんの絵ってかっこいいなあ!!
眉毛や目元など、菅田くんの特徴もよく捉えられています。
色んな色を使うのはここ数年の智くんの絵の傾向でもありますね。


知念くん「え、わかる! え、すごい!」
上島さん「すごいな」
菅田くん「わ、めっちゃ嬉しい!」
(´・∀・`)「ちょっとこうなってる(髪がウェーブしている)イメージ」


ナレーション「ラストは注目の菅田作品」
菅田くん「大野さんのこの、好きなパーツを重視した、描きました」
と、木桶の裏には智くんの横顔が線画で描かれていました。
こちらは背景がブルー1色です。


上島さん「はははははははは!(笑)」
(´・∀・`)「どこ? 俺の好きなとこぉ」
菅田くん「鼻です」
(´・∀・`)「鼻かあ!(笑)」
(鼻も素敵だし、私は目も好き♡ というか全部いいよねえ~!!)


菅田くん「横向いてください」
知念くん「でも、その形が」


菅田くん「この鼻ががやっぱかっこ良くて」
と、智くんと似顔絵を比べます。
川岸で風が強いからか、智くんの髪が乱れていい感じ///


上島さん「あ、鼻、そうだね」
ちょっと笑っちゃう智くんです^^


菅田くん「こう、メインに描きました(笑)」
(´・∀・`)「だからちょっと鼻でけえんだ」


ナレーション「一方風呂作りは、最も難しい作業、底入れへ」


ナレーション「風呂桶は底に行くほどすぼまっているので、押し込むだけでがっちりハマる」


水平にしなくてはならないらしく、最後は金子さんが調整。
ストンと底を木桶にはめ込みます。
上島さん「あっ、ああ、上手い」


ナレーション「しかしここで予想外もハプニングが!」
(`・3・´)ワイプ「どしたー?」


金子さんが強く底板を叩いてはめ込んでいってます。
そのようすを後ろで手を組んで見守る智くん。
(´・∀・`)「あ、やばい!」
んっ!?
底板が歪んでいますが……。
上島さん「俺が踏み過ぎた?」


ナレーション「よってたかって力任せに底を入れたために、底板が割れてしまった」


智くんが底板を足で強くはめ込むときに
(´>д<`)「いでーっ!!」
って叫んでいたところがナレベで流れました。


上島さん「こういうことよくあるんですか?」
金子さん「よくないね」
(´・∀・`)「ない」


女性スタッフさん「これ修復できますかね、これ 」
金子さん「修復はできない……」
(`・3・´)ワイプ「え、できない」
(´・∀・`)「できない……」


ナレーション「大野会、一気に微妙な空気に。さっきまであんなに楽しかったのに……」
(微妙な空気の中、ほんと申し訳ないんだけど、笑いの消えた智くんの真顔がもうかっこ良すぎて、それどころじゃなくなった……!!)


って、何と、予告などで流れていた、上島さんが底板をはめ込むとき智くんたちがジャンプするコントは本編ではナレベでしたか~。


ナレーション「しかしそこはこの道50年の金子さん。あの手この手でリカバリーすること20分」
(`・3・´)ワイプ「さすが親方」


(´・∀・`)「さっ、底が、ただいま入りました!」
と智くんは風呂桶をトンと手で1つ叩き、全員で拍手~♪


ナレーション「何とか完成!」
(´・∀・`)「良かった~」


ナレーション「心配していた水漏れも……」
智くんがバケツで風呂桶に水を注いでも大丈夫!


知念くん「大丈夫そうですよね?」
(´・∀・`)「漏れてない!」
と智くんは風呂桶の裏を確認。


菅田くん「すげえ、漏れてねえ」
(´・∀・`)「すげえ、すげえ」


ナレーション「それではいよいよ、絶景露天風呂に浸かろう!」
(わー、いよいよだー♪)


川岸を歩く四人。
(´・∀・`)「実はですねえ、クルージングしながら」
知念くん「えっ、船の上ってことですか!?」
(´・∀・`)「ははっ☆彡(コクンとうなずく)」
上島さん「この季節に」


(´・∀・`)「風呂入りながら景色が、変わるってないでしょ?」
菅田くん「それはわかる。それは素敵だと思います。時期」
(´・∀・`)「時期ね。間違えたかもしれない」
上島さん「間違えたよ……」


(´・∀・`)「さあ、これです!」
上島さん「うわ!(笑)」
智くんが示した先には船があり、その上に風呂桶が乗っていました。 


(´・∀・`)「竜さん、どうよ、これ」
上島さん「ええ? もう完全にどっきりだね」
(´・∀・`)「あはははは!☆彡(と1つ手を叩く)」
上島さん「蹴落とされる雰囲気」
(´・∀・`)「感じするよね(笑)」
上島さん「感じするよ、もう」


ナレーション「さらに、風呂桶に溜めるお湯は、群馬県から直送、本物の温泉のお湯」


温泉を運んできた車から、上島さんがホースで風呂桶にお湯を溜めていきます。
お湯が出たことにテンションアップの智くんたち^^
(´・∀・`)「出たよ!(笑)」


ナレーション「さあ、舞台は整った!」
(‘◇‘)ワイプ「すげえすげえ」


さらに、智くんたちは旅館で着るような浴衣にお着替えに♡


女性スタッフさん「今日は竜兵さんもいらっしゃるということで、やや熱めの感じで、ご用意しました」


上島さん「いや、もうそれは僕の夢だったから」
「大ちゃんに入ってもらいたいんだよ」
(´・∀・`)「エッ!?」
上島さん「大野くんに、入ってもらいたいの、熱湯風呂」


(´・∀・`)「俺はいいよ」
上島さん「じゃあ俺が入るよ」
知念くん「じゃあ僕が入ります」
菅田くん「じゃあ、俺やりましょうか?」
\(´・∀・`)「……じゃあ俺が……(笑)」
と観念したかのように手を上げる智。


菅田くん知念くん上島さん「どうぞどうぞ」
1度笑ってから、上島さんの手をペチンって、さ、智、かわい♡


(´・∀・`)「とりあえず、やってよ、竜さん(笑)」
上島さん「とりあえず俺やる?」


ナレーション「というわけで、まずは上島のお手本」
上島さん、浴衣の下にはふんどしをつけていて、ほおっかむりもして準備万端です^^


お風呂の縁をつかんで四つん這いになりスタンバイ。
智くんと菅田くんと知念くんは、上島さんの腰のあたりに手をかざしています。


上島さん「押すなよ~! 押すなよ~!」
(´・∀・`)「押さない(笑)」
上島さん「絶対押すなよ~!」
(´・∀・`)「押さない押さない」
上島さん「押せよ!!」
爆笑する智くんたち^^
智くん、腕に顔をうずめるようにして笑ってて、これまたかわいい♪


上島さん「押すなよ、押すなよ、絶対押すなよ! で押すんだよ」


(´・∀・`)「お願いします! じゃあ」
と仕切り直し。
上島さん「よしっ」


上島さん「押すなよ~。押すなよ~」
菅田くん「押さないです」
上島さん「絶対押すなよ~!」
で、智くんが手で押し込むようにして上島さんはお風呂へドボン。


落としたほうの三人が「熱い」って、しぶきを熱がってます(笑)


お湯から出ると床に仰向けになる上島さん。
(´・∀・`)「ああ、溺れた! 溺れたたよ、竜さん(笑) 溺れちゃったよ(笑)」


(´・∀・`)「せ~の(笑) ははは☆彡」
お腹を押すと上島さんが口から水を出すという、いつものギャグが。


(´・∀・`)「ああ、ああ、危ねえ(笑) 危ねえ」
息を吹き返した(?)上島さん。
上島さん「フォー、ビューティフルヒューマンラ~イフ」
智くんが楽しそうに笑ってるのが何より~^^


(´・∀・`)「やるよ、僕」
上島さん「あ~っし」


ナレーション「覚悟を決めた大野。ならば、後輩への愛を試させてもらおう」


女性スタッフさん「菅田さん、来年公開の映画がありますので」
「今回日テレ伝統の熱湯コマーシャル」
(´・∀・`)「おっ!?」
上島さん「あっ、熱湯コマーシャル!」


菅田くん「頼みます」
上島さん「ほんと頼むよ」
知念くん「だいたいどのぐらいあれば告知できそう?」
菅田くん「20」
知念くん「20!」
上島さん「20秒ね」
(´・∀・`)「20は無理だろ~!」


ナレーション「大野、人生初の熱湯風呂!」
(もともとは熱いお風呂の苦手な智くん。でも最近はお風呂にも浸かるようになったらしいし、がんばって!!)


(´・∀・`)「イヤァ~!!」
と気合いもろとも浴衣を脱ぎます///
わー、久々に海パン姿見た~♡


ほかの三人は拍手。
やっぱり寒いのか、智くんはすぐに体を抱えるようにして小さくなっています。


わあわあ、肩と二の腕にもしっかり筋肉ついちゃって(≧▽≦)


階段を上がりかけ、一旦戻ってから、手をついてまた上り始めます。
(´・∀・`)「準備はできてんだよ~」
おお、腹筋腹筋♪


(´・∀・`)「押すなよ~!」
とお風呂の縁をつかんで覆いかぶさります。
あ~、絶景風呂ってこういう意味か……!!
ちょっともう胸のあたりに私の視線が集中しちゃって(/ω\)
良かった。
前にラジオで話してたときは絆創膏を貼るって言い出してたから(笑)


(´・∀・`)「押すなよ~!」
智の背後に迫る上島さん。
(´・∀・`)「絶対押すなよ!」
で、上島さんに足でお尻を押されてお湯の中へ~。


でも前髪と体の前半分が浸かっただけで、速攻でお湯から飛び出してきた智くん!!
すごい動き!
ほんと忍者だ~。


(`^3^´)ワイプ「そんな……(笑)」
上島さん「待ってくれよ!」


智くん、すぐに氷で足を冷やし、再びお湯へ。
今度は上島さんたちが智くんの肩のあたり押さえています。
智くん、目をギュッと閉じて我慢~。
おお、やっぱ肩と二の腕、それに腕そのものの筋肉もすごいついてる~(*ノωノ)


(´>д<`)「あっち! 熱い! あっち! 熱い」
菅田くんが氷をつかんで体を冷やしてくれるも、数秒でまたお風呂から飛び出してくる智くんです。
すぐに足を氷で冷やします。


今度は上島さんをお湯の中へと押す智くん。
(´・∀・`)「行け、ほら」
って、もう完全に楽しんでますね(笑)
そして自らもお湯に飛び込みますが、上島さんに続きやっぱりすぐに出てきてしまいます。
そしてまた氷で足を冷やすという(笑)


ナレーション「さらに後輩、知念出動!」
お風呂の縁をつかんだ知念くんのお尻を押して、お湯の中へと落とす智くん~。
(´・∀・`)「入れ、ほら」


知念くん「あちあち! あっつ! あっつ!」
と、これまたすぐにお風呂を飛び出て氷のもとへ。
知念くん「ちょっと待って、何も。え? そのくだりもないんすか? その」
(´・∀・`)「ないないない、ほら(笑)」
と自分の体にかけていたタオルを取って、また知念くんをお風呂へと促します。


知念くん「うわ~、あ~、あっつい!」
というお風呂の中の知念くんを氷で冷やしてあげる菅田くん。


知念くん「あ~、熱い、あつ、あつ! あつ、あつ!」
って、だんだんハイトーンボイスになってたし(笑)
氷をつかんで、
知念くん「冷たい! 冷たい!」
ってw


(´・∀・`)「ほらもう、自分で、はあ、そうだよ!」


自らの映画の告知の秒数を確保するため……。
ナレーション「最後は菅田将暉参戦」


上島さん「もう入ったほういいよ」
菅田くん「入ったほういいっすね」
(´・∀・`)「何だよ(笑) ふふ☆彡 一応用意してるじゃん」
もちろん菅田くんも浴衣の下は海パンです(笑)


ナレーション「菅田、これが最初で最後かもしれない熱湯風呂」
菅田くん「押すなよ(笑)」
菅田くんの背後で怪しく押す体勢に入っている智くんですww


笑って1つ手を叩いて、
(´・∀・`)「押さないよ」
菅田くん「押すなよ!」
(´・∀・`)「押さないよ!」
菅田くん「絶対に押すなよ!」
(´・∀・`)「押さないよ(笑)」
と言いつつお風呂の中へ~。


菅田くんも速攻で出てきてしまいます。
菅田くん「うわ、これ本当に熱いじゃないですか!」


(´・∀・`)「全然冷めないんだけど(笑)」
(外が寒いから余計に熱く感じることでしょう)
菅田くん「あっつ!」
(´・∀・`)「ふははは☆彡」


ナレーション「ということで菅田、告知タイム21秒獲得!」
(`・3・´)ワイプ「すごいね、みんな」


映画『キセキ ーあの日のソビトー』が1月28日(土)より公開だそうです。


kiseki-movie.com


ナレーション「さあ、それでは、待ちに待った入浴タイム」


浴衣を脱ぎ、まずは智くんからお風呂の中へ♡
(´・∀・`)「あ~、気持ちいい♪ あ~」
んふふ、こんな智くんを元日から見られて幸せ///


菅田くん「ああ、ほんとだ。おお~」
(´・∀・`)「ちょっと熱いぐらいだね」
菅田くん「ああ、でも気持ちいい!」
知念くん「あ~! 気持ちいい! ああ、最高!」
(知念くん、そりゃあ色んな意味で最高なことでしょう~^^ 良かったね)
(´・∀・`)「すごいねえ」
上島さん「ああ、気持ちいい! ああ、ちょうどいい」


菅田くん「やば」
(´・∀・`)「やっばい、超気持ちいい」
と智くんは風呂桶の縁に腕をかけています♡
知念くん「これ超いいじゃないですか」


ナレーション「いざ絶景ポイントに出航!」
四人が入った風呂桶と大勢のスタッフさんを乗せ、船が動き出します。


スタッフさん、グッジョブ!
俯瞰のカメラいいですね♪


上島さん「あ~」
菅田くん「おお、すごい、動いてる動いてる」
(´・∀・`)「ほらあ、風呂入って景色変わるってすごいでしょ?」
菅田くん「すごい」


ナレーション「これが、めったに体験できない露天風呂クルージング」
船は海のほうまで進んでいきます。


ナレーション「まずは上島が語る大野との思い出」


上島さん「ちょこちょこ前、飲みに行ってたんだけどお、よく寝るのね、すぐに」
フニャッて笑った智くんの笑顔最高だな~♡


上島さん「これ2~3年前だけど、あの松岡くんと、TOKIOの。で、三人で飲んでて、そこにドラマで一緒だった、あの」
「稲森さん、稲森いずみさん」
(´・∀・`)「ああ、そうだ」
上島さん「呼ぼうってことになって」
「で、一緒に四人で飲んでたの」


智くん、鼻をむずむずさせて聞いてますね^^
上島さん「そしたら松岡くん、急に『俺明日早いから先に帰るから、あと三人で、あのよろしく飲んで。俺この店、知り合いの店だからだいじょぶだから』って言っといて」


上島さん「で、稲森さんと大野くんと俺、三人で」
「(智くんを指さして)で、寝だしてさ」
(´・∀・`)「はは☆彡」
上島さん「あの人気さくないい人だからね? 俺とも話してくれたんだけど、こっちが緊張しちゃうじゃん!」


(´・∀・`)「そっか、俺寝て松兄も帰っちゃったんだもんね」
上島さん「いや、寝ててもう~」


(´・∀・`)「で、今度四人で行こう」
お風呂の中で立って話している智くん。
後ろ髪を左手で整えています。


キャー!! 腹筋すっごいなあ(ΦωΦ)
昔ほんとにすごかったけど、それと同じぐらいに見えるな~。
胸筋もついてるし、ほんとに鍛えたんだねえ……。


上島さん「行きましょう」
(´・∀・`)「竜さんのおご、おごりで」
上島さん「バカ野郎!(笑)」
(´・∀・`)「ん?」
上島さん「これは大野会なんだから!」
(´・∀・`)「えっ!?」
上島さん「そうだよ」
(´・∀・`)「じゃあ、竜兵会にしよう、これ」
上島さん「おまえなあ……」


上島さん「こん中で一番貧乏なの俺だよ! たぶん」
「パチンコ屋の営業1本いくらかわかるか!?」
あ~、智の腹筋、永久保存しといて欲しい♡
上島さん「パチンコ屋でちょっと喉枯らしてんだからな、俺」
(´・∀・`)「ははははは☆彡」


ナレーション「さらに知念が大野の魅力を語る」
知念くん「ジャニーズなのに、かっこつけないってところがやっぱ」
上島さん「あ~」
知念くん「ほかにいないなって思います」


上島さん「まあ、ほかはみんなやっぱり」
知念くん「何か、かっこ良く見せようとか、みんな結構必死にがんばったりする。そういう感じなんすけど」
「そこ気取らないでやってるってのがすごい、そこが何かかっこいいなと思います」
(やっぱ知念くんとは共感できるな~)


智くん、表情はあまり変わらないですが、知念くんに褒められて実は照れてるのかな?(^^)
上島さん「いいことばっかり言うね」


ナレーション「すると菅田も」


菅田くん「そうなんです。打ち上げとかで、(カラオケ)歌ってくれたんですけど」
上島さん「ああ、ほんとに」
菅田くん「それが、まあ~ずるくて。かっこいいんですよ」
(´・∀・`)「やめて///」


菅田くん「真ん中のほうに行って立って歌うんじゃなくて、端っこのほうに座って、歌唱力だけで沸かせる」
(菅田くん、よくぞ言ってくれました~!!^^)
あー、照れてる!
智、照れてる!!


菅田くん「しゃれてましたね~」


(´・∀・`)「当時ねえ、菅田くん21歳ぐらいだねえ?」
菅田くん「そっすねえ。二十歳なりたてぐらいでしたねえ」
(´・∀・`)「とは思えないぃ、何かね、オーラみたいなのが出てたの」


(´・∀・`)「もう、ちゃんと役のことをずっと考えててえ?」
「『そう思いません?』みたいな、か、振ってくんだけど、俺まだそんとき何も考えてなかった」
知念くん「あはは(笑)」


(´・∀・`)「『あ~、だよね~』とか言って合わせたことある」
菅田くん「あははははっ!(笑)」
(あんまり褒められて居心地悪くなったのか、菅田くんをアゲて自分をサゲる智であった^^)


ナレーション「そうこうしているうちにお目当ての絶景ポイントに到着」


(´・∀・`)「やばいって、ほら、皆さん! 絶景ポイント、到着!」
(`・3・´)ワイプ「これはテレビじゃないとできないねえ」
(.゚ー゚)ワイプ「そうだねえ、こうやって……」
知念くん「綺麗~!」
(´・∀・`)「レインボーブリッジ」


こちらも絶景を愛でております。
智くん、綺麗なお背中♡


(´・∀・`)「このままレインボーブリッジの、真下に行ったことないでしょう」
菅田くん「あ、ないっすね」
知念くん「ない」


菅田くん「しかも風呂入りながら」
(´・∀・`)「風呂入りながら(笑)」
智の絶景、色んな角度からありがとうございます……!!


ナレーション「それでは行ってみよう! 大野会でしか味わえない、お風呂に入りながらのレインボーブリッジくぐり」


菅田くん「すげえ真下だ!」
(´・∀・`)「あ~!」
船が橋の下をくぐっていきます。
ああ、これはあれですね、アリーナでスケステ直下になったような感じですね!


菅田くん「おもろ」
上島さん「ああ、これはいいね」
(´・∀・`)「すごいね」
ジーッと見ちゃう。
智だけジーッと見ちゃう~!! 


知念くん「今、風呂入ってるよ~」
(´・∀・`)「レインボーブリッジの下で風呂入ってる(笑)」
上島さん「そうだよ、最高だよ、これ」


(´・∀・`)「いいなあ、大野会」
知念くん「ははははは(笑)」


ナレーション「ということで、大いに露天風呂クルージングを楽しんだ一同」


知念くん「これでも、毎回、元日SPの恒例になりそうじゃないすか? 大野会」
(うん、恒例にしたいよね。毎回来たいだろうに、知念くん)


わー、さとやん、髪の毛乱れてモシャモシャになってる♡
前髪前髪♪


(´・∀・`)「うん、大野会はあるかもしんないけど、たぶん、次違うメンバーかもしれない(笑)」
智、ばっさりwww
(ほんとはこのオチで切ったほうが編集的には綺麗だったんだけどな~)


上島さん「おいおいおいおい、そんな言い方ないだろ」
知念くん「お願いしますよ」
上島さん「違うメンバーって、こんな朝早くから大野くんのために集まったのに、そんな言い方ないだろ」


(´・∀・`)「いや、だから、やめましょう」
上島さん「いや、それはメンバー変わるってのは、誰に言ってんだよ!」
(´・∀・`)「いや、変わんない、変わんないし。変わんない変わんない」
上島さん「そうか~。何だよ!」
(´・∀・`)「あはは☆彡」
上島さん「長いよ、もう」
(良かったー。智、死守したw 何度迫られようと、そこはぜひNGでお願いしたいww)


ナレーション「以上、初めての大野会でした」

櫻井翔×ミラ・ジョヴォヴィッチ×ローラ「櫻井翔のニッポン再発見 お正月スペシャル」

上田軍団vs嵐 座布団引き抜き対決


スペシャルゲストにはさらに上田晋也さんと松下奈緒が加わっています。


その上田さん率いる上田軍団と嵐さんが座布団引き抜き対決で対戦。
10枚重ねた座布団の上に乗り、座布団を上から引き抜いていく速さを競うものです。


智くんがひとり、青いヘルメットを装着しております!
上田さんも赤いヘルメットをかぶってスタンバイ。


先攻は嵐さん。
10枚重ねた座布団の上に智くんが乗り、ほかの四人が四隅に集まって座布団を引き抜いていく戦法。


座布団の上にしゃがんでいる智くんは、袴をまくっているので白いステテコみたいのが見えてます^^


(´・∀・`)「せ~の」
と静かに懸け声をかけ、ジャンプしていく智くん。
そのたびに相葉ちゃんが勢い良く座布団を引き抜きます。
ほかのメンバーは座布団を押さえる係。


さすが智くんっていうジャンプだし、もはや坦々としていて、職人のようなチームワークです!
そういえば、昔は嵐さん、こんな風に座布団を使ったゲームもやっていましたもんね^^


嵐さんのタイムは14秒……って早っ!!
智くんはメンバー一人ひとりとハイタッチ♪


でも対戦チームは3枚ずつ座布団を引き抜く作戦で、嵐さんの勝利とはなりませんでした~。

相葉雅紀×吉田沙保里「相葉JAPAN お正月スペシャル」

エンディング


羽鳥さん「じゃあ、最後に大野さん!
(´・∀・`)「はい!」
羽鳥さん「2017年の抱負! 一言お願いします!」


(´・∀・`)「そうっすね、あの~、2016年嵐はすごいスイーツにね、ハマりましたね」
羽鳥さん「はい」
(´・∀・`)「ええ~」


(´・∀・`)「なので、2017年は、あまり糖分を摂りすぎず、え~、塩分も摂り過ぎず」
笑いを堪えている櫻葉の顔が映りました(笑)


ニノも笑いをこらえていますが……松潤はまじめに聞いてる!?
(´・∀・`)「え~、玉ねぎをいっぱい食べて、血液をサラサラにするように」
2017年の嵐の目標は血液サラサラ!!


ノノ`∀´ル「それが今年の抱負ということでよろしいんですね?」
(´・∀・`)「はい。あの、健康診断に、みんなでいきましょう」
(.゚ー゚)「はい」


(`・3・´)「さあ、というわけで『嵐にしやがれ』、今年も1年よろしくお願いしま~す!」



●嵐さんテレビ情報


 ○1/1(日・祝) 25:45-29:50
 朝まで櫻井・有吉THE夜会(TBS系)
 櫻井翔