青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

「今夜は『嵐にしやがれ3時間SP』&『ボク、運命の人です。』」豪華!4時間SP

「今夜は『嵐にしやがれ3時間SP』&『ボク、運命の人です。』」豪華!4時間SP


(`・3・´)「今週は『嵐にしやがれ3時間SP』! そして!」
亀梨くん「新土曜ドラマ『ボク、運命の人です。』」
(´・∀・`)(.゚ー゚)(`・3・´)亀梨くん&山P(‘◇‘)ノノ`∀´ル「豪華! 4時間超スペシャルー!!」
智くん、今度は右手をグーにして振って、次にニノと同じように両手で振って、最後はまた右手を細かく振るという(笑)


(`・3・´)「さあ、まずは今夜7時からですね、放送の『嵐にしやがれ3時間SP』ですけれども! 大野さん」
(´・∀・`)「はい」
(.゚ー゚)「んー!」


(`・3・´)「見どころ、これ聞きたいな、大野さんにやっぱり」
(.゚ー゚)「お願いします」
(´・∀・`)「見どころ? まいったな~」
って、智くは両手をおでこにあてて顔を覆うようなしぐさを。
(おでこに指が並ぶこのポーズ、お顔は隠れちゃうけど手が良く見えるから、これも好き♡)


ノノ`∀´ル「違うでしょ!?(笑)」
(.゚ー゚)「フフフ、いっぱいあってのほう!(笑)」
(´・∀・`)「いっぱいあって」
(.゚ー゚)「いっぱいあってのほうよ」


ノノ`∀´ル「今日、それぞれあるじゃないすか」
(´・∀・`)「そう、それぞれもロケしてるしね」


(`・3・´)「松本くんのコーナーでは、まさにこの二人(亀梨くん&山P)と一緒に」
ノノ`∀´ル「はい! 三人でね、三つ巴対決」
(`・3・´)「『THIS IS MJ』ね」
ノノ`∀´ル「かっこいい対決やってきましたね」
(.゚ー゚)「対決してましたね」


(`・3・´)「さあ、そして今夜からですね、新企画『しやがれ記念館』も始まります。ええ、今僕たちがいるこちらの新セットも登場するわけですけども」
(.゚ー゚)「ね」


(`・3・´)「キュレーターの二宮さん」
(.゚ー゚)「はい!」
(`・3・´)「ちょっとどういった企画かお願いします」
(.゚ー゚)「いや、これは我々嵐がですね、記念館の管理責任者・キュレーターとなって、ゲストの方々の思い出の品をですね、まつわるそのエピソードをうかがうことで、その方の半生をこう紐解いていけるんじゃないかという企画になっておりますね」


(`・3・´)「今日のゲストが!」
(.゚ー゚)「はい、沢尻エリカさんでやらしていただいてます」
(`・3・´)「おもしろかったね」


(`・3・´)「マジでほんと、たいへんだよね」
(.゚ー゚)「うん」
(`・3・´)「色々持ってきてくれてさ。例えば何だろ、昔のアルバムとかさ、子供のときに愛用していたこれです、とかさ。結構持ってくるのたいへんだと思うのよ」
(.゚ー゚)「結構それでね、あの沢尻さんも『何か振り返れて良かったです』みたいな」
ノノ`∀´ル「何か貴重だったねえ、ほんとに」


(.゚ー゚)「そういうのやっていきたいなと思っております」
「その中でですね! 実はわたくし、亀梨さんと山下さんに関する記念品を入手いたしましたので、ちょっと皆さんに見ていただきたいと思います。こちらです!」


セットの後ろの扉からからブレザーを着たマネキンが登場。


(.゚ー゚)「これいったいどういう品物なんですか? ということですが」
亀梨くん「これもう、それこそ12年前に、『野ブタ。をプロデュース』というドラマで」
山P「はい」
亀梨くん「着てた制服ですね」


(`・3・´)「そっかあ、まさにそのお二人のタッグというと12年前! 『青春アミーゴ』」
亀梨さん「『青春アミーゴ』」


(`・3・´)「あれさ、未だにさ、カラオケとかで歌う方いっぱいいない?」
(‘◇‘)「いっぱいいるでしょ」
亀梨さん「結構忘年会シーズンとかで、お邪魔させていただくと結構振られるよね?」
山P「振られますね」
亀梨「『アミーゴ歌ってよ』とか」
(`・3・´)「だろうね」


(‘◇‘)「え、二人で歌ったことはあるの? カラオケとかで」
亀梨くん「あります! 普通に二人で飯食って、ちょっと酔っぱらって、飲んで、『カラオケ行こう』つって(笑)」
(‘◇‘)「おお」
亀梨くん「二人きりで『青春アミーゴ』を歌う(笑)」
ノノ`∀´ル「誰が聞いてんだよ、それ!(笑) 誰も聞いてない」
(.゚ー゚)「店員さん気まずいよ」


亀梨くんと山Pから新ドラマの説明がありました。


(`・3・´)「さあ、というわけで新土曜ドラマも注目ですけれどもー、二人は今回、ええ、MJとスマート対決してくれたということで、そちらも注目ですよね?」


(`・3・´)「松本さん、かなり白熱した」
ノノ`∀´ル「イエ~!! もうほんとに~」(←「いえ」が「イエ~イ」のように聞こえましたw)
(.゚ー゚)「疲れが出ちゃって」
ノノ`∀´ル「出てませんよ(笑) ええ、ほんとにね」
(´・∀・`)「ふっ☆彡」


ノノ`∀´ル「三つ巴初めてだったんすけど。まあ、よく知ってる二人と、一緒に楽しみながらできましたね」


(`・3・´)「二宮さんもまた、かなりのアスリートの方と対決を」
(.゚ー゚)「ガチンコですから!」
(`・3・´)「うん」
(.゚ー゚)「マジで。もう満身創痍ですよ」


(.゚ー゚)「高梨沙羅さんにスキージャンプで挑んでます、私」
(`・3・´)「そ、そうだね。ま、どういった結果になったのかと」
(.゚ー゚)「いや、ほんと見てください」


(`・3・´)「相葉さん、そして」
(‘◇‘)「はい! 僕はですね、『出張隠れ家ARASHI』といって、ゆずのスタジオ、ゆずのお二人の隠れ家と言われてるスタジオがあって、ゆずさん専用のね? そこに行って、まあ、ちょっと歌ってもらったりだとか。ほんとだから、どこにあるかっていうのも、明かせないような」
(.゚ー゚)「そうだよね。そりゃそうだよね」
(‘◇‘)「感じの、秘密の隠れ家に行ってますので」
(`・3・´)「そういうの見せてくれるんだね」


(`・3・´)「さあ、そして大野さんは?(笑)」
(´・∀・`)「僕はですね、星野源くんと、オトコ飯」


(`・3・´)「同い年でしょ!?」
(´・∀・`)「同い年だからもう話がねえ、もう懐かし話が」
(`・3・´)「盛り上がって」
(´・∀・`)「盛り上がりましたね。ええ」


(.゚ー゚)「さあ、そして翔さんが?」
(`・3・´)「はい! え~っと、イモトちゃんと、地元の鳥取で、山登りをしまして。ご実家のほう行ったんだけど、まあ~、俺はね、今一番尊敬している人誰ですかと聞かれたら、俺はイモトアヤコと答える」
(.゚ー゚)「ああ、そう!」
(`・3・´)「イモトすげえ、マジで」


(`・3・´)「さあ、ということで『イモトアヤコの3時間SP』このあと……」
(.゚ー゚)「違う違う違う(笑) 『嵐にしやがれ』! ワンコーナーで出てくるけど。出てくるけど、『嵐にしやがれ』の3時間SPです」
(このときニノの隣で笑っていた智くん、かっこいい♡)


(`・3・´)「さあ、僕らが過去に行った数々のロケの中から、選りすぐりのVTRをまとめました。ご覧ください、どうぞ!」
 

(このあと、『嵐にしやがれ』名作VTRが放送されました。エンディングに流れたプレゼントクイズは深夜の日テレプッシュ「今夜は『嵐にしやがれ3時間SP』&『ボク、運命の人です。』と同じものでした)