青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

生田斗真くん菅田将暉くん初共演舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』観劇

こんばんは。
まだまだ終わらない映画『忍びの国』ですが、奈良の映画館、ユナイテッド・シネマ橿原さんで12月1日までの上映が決定したそうです!


神奈川のアミューあつぎでは12月2日からの上映なので、これで見事つながったことになりますね^^


しかもユナイテッド・シネマ橿原では、智くんのお誕生日11月26日にも応援上映があるそうです!!
これは羨ましい~(≧▽≦)


関東でも12月1日まで『忍びの国』を上映し、さらに11月26日に応援上映を開催してくれる映画館があるといいのですが……。


同じ系列のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場さん、いかがでしょうか!?
ぜひぜひよろしくお願いいたします_(._.)_


映画 ツインゲート橿原 ユナイテッド・シネマ



さて、今日は世田谷パブリックシアターにて舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』(略してロズギル)を観劇してまいりました!


何しろこの舞台、生田斗真くんと菅田将暉くんの初共演作ということなんですが、サトシック的にはそれだけじゃないんです。
ななな、何と大野智くんと共演した方々がこんなにご出演を!!( ゚Д゚)


 生田斗真くん(魔王)
 菅田将暉くん(死神くん)
 林遣都くん(死神くん)
 半海一晃さん(怪物くん)
 松澤一之さん(魔王)
 小野武彦さん(歌のおにいさん)


ええ、こうなってくると、もはや智くんが出演していないのが不思議なほどです(笑)
こんなに豪華な共演者の方々をたった1回の舞台で観られてしまうなんて、何てラッキー!(*^^*)


ただこの舞台、これだけの豪華キャストということもあってチケットを取るのがたいへんでした。
もちろん現在チケットはすでに完売。


それもそのはず、公演が行われた世田谷パブリックシアターは思っていた以上に箱が小さく、約600席ほど。
キャパ的には大きめの映画館のスクリーンぐらいでしょうか。



内装も外観と雰囲気がよく似ていました。
(ちなみに建物の中は撮影禁止です)


1階、2階、3階に分かれていて、立見席も出る人気公演となっています。
私もどうにか1階後方の補助席に座らせてもらうことができました。


ただ、補助席と言っても会場がそんなに大きくはないのとステージと客席がすごく近いのとで、双眼鏡など使わずに斗真くんや菅田くんの表情もきちんと判別できました!


最前列のファンの方々は感激だったんじゃないかな~。
ほんとに座席の目の前で斗真くんや菅田くんが立ったり座ったりしてましたもの。


生田斗真くんを生で見るのは、以前に相葉ちゃんの『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』公開記念で「ミラクル☆ツリー」点灯式を観覧した際、お見かけしたとき以来。
それ以外の方々はお目にかかるのこれが初めてです。


本作はシェイクスピアの悲劇『ハムレット』にて、「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」の一行だけで片付けられてしまったロズとギルのスピンオフ戯曲とのこと。
イギリスの劇作家、トム・ストッパードが手がけて、初演からは実に50年の歳月が経っている作品だそうです。


『ハムレット』がモチーフとなっているので、脚本も古典的な部分が多く、この豪華キャストだからこその魅せ方がされた舞台だったように感じました。


ツッコミ的に、台詞でも役柄上でも舞台を引っ張っていってたのは菅田くん。
斗真くんはやはり台詞でも役柄上でも受け手の、いわばボケ担当のような演技をされていましたが、おそらくこの二人の役柄を入れ替えてもまたおもしろい舞台になったのではないでしょうか。
っていうか、そのパターンも見てみたいです^^


ハムレットを演じていたのは林遣都くん。
座長役の半海一晃さんはかなり重要な役柄で、人間だけれど人間ではないようなトリックスター的な人物に私には見えました。


舞台は3幕。
物語はロズギルの二人の会話で進行していくので、斗真くんも菅田くんも台詞がすごく多かったです。


今日のお昼の公演ではカテコは2回ありました。
3回目のカテコでスタンディングオベーションしようかと思ってたんですが2回で終わっちゃったの。
2回目で私も立てば良かったな~。


SIS company inc. Web / produce / シス・カンパニー公演 ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ



●嵐ニューシングル『Doors ~勇気の軌跡~』11月8日(水)発売!


Doors 〜勇気の軌跡〜(初回限定盤1)|嵐


Doors 〜勇気の軌跡〜(初回限定盤2)|嵐


Doors 〜勇気の軌跡〜(通常盤)|嵐



●櫻井翔くん雑誌情報


○11/10(金)
「+act.」12月号(ワニブックス)
櫻井翔 表紙巻頭 完全独占! 撮り下ろしポートレイト&ロングインタビュー


+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2017年 12月号



●嵐さん雑誌情報


○11/8(水)
「TVガイド」11/7号(東京ニュース通信社)
相葉雅紀 表紙 SPグラビア&インタビュー
櫻井翔×二宮和也 連載「週刊VS嵐ガイド」
櫻井翔「先に生まれただけの僕」連載「櫻井校長の必翔講座」


○11/8(水)
「ザテレビジョン」46号(KADOKAWA)
相葉雅紀 表紙 SPグラビア&インタビュー



●嵐さんテレビ情報


 ○11/7(火) 22:25-23:15
 グッと!スポーツ(NHK総合)
 相葉雅紀