青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「ホテルのベランダで何か振り返ってたのね、15年前の自分とか」

おはようございます。


先日ドリパスにて、6月30日(秋葉原UDXシアター)と7月1日(吉祥寺プラザ)の『忍びの国』上映が決定したとご報告しましたが、昨日さらに劇場が追加されました!!\(^o^)/


TOHOシネマズ仙台(宮城)とTOHOシネマズ赤池(愛知)とTOHOシネマズ二条(京都)にて、7月7日『忍びの国』が公開されるとのこと。


そして7月1日にはTOHOシネマズ海老名(神奈川)でも『忍びの国』の上映が♪


しかもですよ、このTOHO海老名での上映はチケットが628枚用意されるということで、何と一番大きなスクリーンが使われるようなんです!


1年前の作品がそんな大箱で見られるなんて、ほんとすっごい(≧▽≦)


でも、これって人数がたくさん集まらなかったときにはもっと小さい箱に変更されたりすることもあるんでしょうか?


TOHO海老名は新宿駅から小田急線快速急行(小田原行)に乗って45分ほどの距離です。
海老名駅から徒歩3分ほど近いので、ぜひぜひ皆さん、参集いたしましょう(^^)/


チケット取れたら、私も行きますよ♪


※ドリパス
www.dreampass.jp
www.dreampass.jp
www.dreampass.jp
www.dreampass.jp


ARASHI DISCOVERY forever(音源2014/10/14・レポート2018/6/7)


(BGM:感謝カンゲキ雨嵐)


(´・∀・`)「おはようございます。嵐の大野智です! 今週はぁ、リスナーの皆さんのメールを紹介しながら、ハワイライブを語る特別バージョンでお送りします」


(´・∀・`)「まずは、はるまーさんからのメール」


(メッセージ)「大ちゃん、おはようございます。『ARASHI BLAST in Hawaii』に行ってきました。嵐の皆さん最高でした。とても素敵なロケーションでしたが、コンサート当日は、周囲を見て回る余裕がなかったので、ええ、翌日、もう1度行ってみました。ライブ会場の、解体作業に遭遇しましたが、現地の方々が、嵐の曲を大声で歌いながら作業していたんです」


(´・∀・`)「え〜!」


(メッセージ)「『Love so sweet』の、"♪ウォウ、オゥオゥウォオ、イエ〜イ、イエイ、イエ〜"。間違えた(笑) ふふっ☆彡 のところとか、『感謝カンゲキ』の"♪スマ〜イルアゲイン、ありがとう~"のとこか、サビか。とか、楽しそうに歌いながら作業していましたよ」


(´・∀・`)「マジか!! 現地の人も楽しんでくれてたんだね(笑)(ス~)覚えてくれてたってことだね。リハーサルから聴いて。いや、結構ねえ、ノリ良かったですよ、皆さん。結構楽しんでた」


(´・∀・`)「結構ねえ、あのね〜、リハーサルからね……大雨だったんですよ(笑) 前日とかがね。通し稽古ぐらいからもう大雨でぇ(笑) っへ☆彡 『マジかぁ』みたいになって。黒いゴミ袋、を、頭通すとこと腕通すとこ切って、着て。で、その現地の人も着てて、『イエ~イッ!!』とか何か言って(笑) ふふふっ☆彡 雨最高! みたいなノリだったの覚えてるわ」


(´・∀・`)「うわ〜、嬉しいね、でも、こういうのはね。だぁ! 結構、だってハワイって年にぃ、そんな降んないんでしょ? 雨ぇ(笑) ふふ☆彡 2日目なんか大雨だったからね」


(´・∀・`)「で、10周年の国立のとき大雨だったでしょ? あれぇ……より降ってたぐらい」


(´・∀・`)「何か節目で降るよね、嵐って。ふっ☆彡 何か意味があんのかな~と思う。"嵐"っていうぐらだからやっぱ降るんだよねえ。う〜ん。や、おもしろかったです。2日間ともねえ、何かおもしろかったですねえ(フー)」


(´・∀・`)「(紙をめくる音)ま、でも、しょ、あのぉ〜、夕日に沿ってね、あの、ハワイアンの曲調にして、『everything』とかあ、歌ったりしてね。夕日ぃバックにね。うん、すごい綺麗でしたよねえ」


(´・∀・`)「あとは基本的にはもう〜、あの、年代順ていうかあ。ま、最初、あの『A・RA・SHI』から始まって。うん、そんで徐々にシングルメインにやってって。久々に、あの『PIKA☆NCHI』とか踊ったりしてね」


(´・∀・`)「結構ねえ、初日はねえ、やばかった。あおりの曲でももう汗が止まんなくてえ。ああ、これ脱水になるなっていうぐらいぃ、めっちゃ暑くてえ。もうハケるたんび、ずーっと水分飲んでたねえ」


(´・∀・`)「で、2日目雨でぇ。正直、雨降ってくれてちょっと良かった部分ある。ふ☆彡 水分的にかな(笑)(紙をめくる音)」


(´・∀・`)「でも1回目はやっぱりどうなるかわかんないからあ、がむしゃらにやったらね、もう、あっせ止まんなくなっちゃってねえ。や、でもね〜、い〜ライブでしたよぉ」


(BGM:season)


(´・∀・`)「やあ、もうねえ、ちょっとねえ、泣いてしまったんですけどねえ。最後の挨拶だったんだけど、その前まで楽しくやってたんだよ?(笑)」


(´・∀・`)「ほんでぇ〜、結構ピンの照明で五人当ててえ、BGMかかってえ、翔くんからぁ、しゃべり始めるんだけどぉ。もう翔くんのぉ、コメントがあ、もう良過ぎてえ。で、もう来ちゃって。で、自分なってえ」


(´・∀・`)「ま、正直よくあのぉ、ホテルのベランダ、で、何か、振り返ってた……のねっ? 15年前の自分とか。そうそうそう。で、そのこと言ってたらあ……。もうダメだね、来ちゃったよね。ふふふっ!☆彡」


(´・∀・`)「で、さ〜あ、全然しゃべれなくなっちゃってえ。で、落ち着けと思いながらもぉ、何か、ちょっと隣、松潤だったの、右、右隣」


(´・∀・`)「松潤もぉ、ふふっ☆彡 前向いてたのにぃ、後ろ向いたんだよ! 横目でちょっと、何か、わかったの、後ろ向いたのが。それにも来ちゃってえ。んははは!☆彡 な〜んかねえ。松潤も来てたらしくて。もう松潤も翔くんからもう来てたんだって」


(´・∀・`)「でもぉ、俺泣いちゃったからあ……。『俺、もう泣けないって思った、泣いちゃダメだ』って思ったらしくてえ、必死に耐えてたらしい(笑) ふふっふ☆彡」


(´・∀・`)「(紙の音)みんなねえ、そうなってたねえ。ほんとハワイで、デビューして良かったなって思ったねぇ。なかなかね、日本とか~、あの、例えば……ま、渋谷とかさ、新宿とかさ(笑) (スッ)で会見やってたら、また違ってたかもしんない。ま、違うね、感情あるとしても」


(´・∀・`)「う〜ん。全くね、海外で……それこそハワイで、って言うね(フ~) って言うのがやっぱり意味があったんだろうねえ(パンとかすかな物音)」


(´・∀・`)「うん。非常に、あのぉ〜……幸せな、ええ、15周年のライブでしたねっ。うん〜……」


(´・∀・`)「ま、まだこの話、ハワイの話、いっぱいあるんでね。また明日、え〜、しゃべりまぁ〜す!」


(´・∀・`)「以上、大野智でしたあ!」


――BLASTハワイは、コンサートやライブDVDの映像ももちろんのこと、VSの「大野が泣いちゃったSP」に今なお強い感動を覚えます。


あんな風に泣きじゃくる姿を見せられたら心をわしづかみにされちゃうよ~。


ホテルのベランダから、ハワイの景色を眺めながら振り返った嵐としての智くんの記憶は、どんな模様を描いていたことでしょう。


そして来年の20周年は嵐さん、いったいどこでライブを行うんでしょうか。
今度はどんな思いで20周年を迎えるのか、智くんはその胸の内をまたどこかで語ったりしてくれるのかな?


レジェンド・オブ・スケスケ衣装は20周年でも着るのかな~。
やっぱり雨は降るのかしら!?
(たぶんスケスケ衣装は着るし、雨も絶対降ると思う。笑)


  



●嵐さん雑誌情報


○6/7(木)
「Wink Up」7月号(ワニブックス)
嵐 表紙 巻頭


WiNK UP (ウインクアップ) 2018年 7月号


○6/7(木)
「Hanako」6/28号(マガジンハウス)
相葉雅紀 連載「嵐さんと一緒。」


Hanako (ハナコ) 2018年 6月28日号 No.1158[鎌倉遺産。]