青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「説明書を読まないっていう」&田中圭くん×堤幸彦監督Huluドラマ『死神さん』秋スタート

【お知らせ】


 ・2/27(土) 12:00-13:30
 メレンゲの気持ち【豪華俳優・女優・ジャニーズ・大物芸人34組の蔵出しSP】(日本テレビ系)
《松嶋菜々子・仲間由紀恵・上戸彩・菅田将暉・中村倫也・長瀬智也・堂本剛・ネプチューンら豪華ゲストの初登場&大野智・平野紫耀・吉岡里帆ら貴重なプライベート映像も!》




おはようございます。


いや、昨日ね、ネットニュースで見つけちゃったんですよ。


田中圭くんの主演で、堤幸彦監督がHuluでオリジナルドラマを手掛けるって。


そしたら、そのタイトルが『死神さん』って言うじゃないですか‼️😲


『死神くん』最終話にだって、田中圭くんは出演していますしね~❗️


これはちょっとブログでもふれておこうと思って😊


と言っても、田中圭くんが、『死神くん』こと死神413号のようになったわけではありません。


「死神」は、あだ名で刑事役だそうです。


どんな風に事件を解決するのかな?


原作はこんな感じです。



www.oricon.co.jp



また、昨日はVSディレクターが、ブログでまた嵐さんのお話をしていました♪


ディレクターの分厚い度入りメガネを、嵐さんたちイジっていた……という思い出話でした。


智くんもそのときかけたのね、あのメガネ(笑)


lineblog.me



昨年7月から延期となっていた美術展「『巨大映像で迫る五大絵師』−北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」が、この夏に開催決定したそうです。


若冲の群鶏図もデジタル技術と映像演出によって公開とのこと。


私も観に行くつもりです♪


bijutsutecho.com
 

ARASHI DISCOVERY forever(音源2013/4/25・レポート2021/2/26)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(※現在、募集は行われておりません)


(´・∀・`)「おはようございます。嵐の大野智です。"今日の一言"、カモン!」


(SE)


(´・∀・`)エコー「森の分かれ道では、人の通らぬ道を選ぼう。全てが、変わる」


(BGM:Welcome to our party)


(´・∀・`)「……かっこいいな、この言葉。好きだなぁ」


(´・∀・`)「これはですね、アメリカの詩人、ロバート・フロストさんの言葉です」


(´・∀・`)「人の通らない道を選ぶことで、険しいけれども、ほかの人がぁ、見ることができない風景や体験ができて、それが自分の成長につながる」


(´・∀・`)「なるほど。そういうことですねっ!」


(´・∀・`)「まぁ〜、そうっすねえ? 僕もそういう傾向あるなあ! んふふふっ☆彡」


(´・∀・`)「僕の場合ねえ、バカ(破裂音)なんだよね! ただ単に(笑) ふふっ☆彡 説明書を読まないっていう……バカなんですよ」


(´・∀・`)「だって読めば、たいていできんだよ?」


(´・∀・`)「でも何か……たぶんね、読むとねえ、つまんないんだよね」


(´・∀・`)「できるよ? そりゃ。あと、やり方とか」


(´・∀・`)「ま、今こう色々作ってる、あいっ(笑)、中でねぇ……」


(´・∀・`)「大抵、そっ、ちゃんときっちり測んない、量とか。ふふっ☆彡 目分量とだいたいなの。だから失敗すんの。ふふっ☆彡」


(´・∀・`)「計量器なんてなくてさあ! こないだ色々何か……」


(´・∀・`)「あの、シリコンの型ができたから、その中にい、あのぉ~、人肌の、に仕上がるゲル、ゲル状、ゲルっていうねっ、のがあって」


(´・∀・`)「それをね? その型に流し込もうつって。とりあえず~、2個ぐらい買って」


(´・∀・`)「で、説明書みたいの見たら、ちゃんと、正確、あの、計量器? に、測って、やらないと、ちゃんとした具合いに固まらない……ことがすごいあるので、とか言って。うん」


(´・д・`)「『でも、うち、計量器ないしなあ』と思って。『今から、買に行くのもぉ、俺ぇ……』みたいな。『いいやぁ』つって!」


(´・∀・`)「でも自分ん中で頭、色んな計算して、『あそこで、こう、ね? 器に、残るから、それを』とかっ何か色んなことわけわかんないこと考えて(笑)」


(´・∀・`)「で、こないだ、流し込んだらね、ちゃんとできたの!」


(´・∀・`)「ただね! 難しいね! やらかすぎちゃってね」


(´・∀・`)「んっ、ちょっと自分のイメージと違かったからあ、今度はねえ、ちょっと、シリコン、の、型? にっ、同じシリコン流してやろうかと思って」


(´・∀・`)「それね、あの(笑)、5年前にやったことあんの。そしたらねぇ、できたの!」


(´・∀・`)「だから、でっ、俺、できんじゃねえかと思ってね。それは、今日やろうと思ってんの。ふふふっふ☆彡」


(´・∀・`)「そうすると柔らかいフィギュアになる。ゴム状の。ちょっとそれを目指そうと思って」


(´・∀・`)「ま、ちょっと色々そういうの好きですね、僕はやっぱり。ええ〜」


(´・∀・`)「ま、これ、もし成功したら、ちゃんと報告しますんで(笑) ええ、期待しててください」


(´・∀・`)「以上、大野智でしたあ!」


――智くんも今、人の通らない道を行っているのかなあ?


それと、智くんが説明書を読まないって言うの、ものすごく「っぽい」なあって😊


何事も自分流でと言うか、独自の方法でチャレンジするのが本当に好きな方ですよね♪


根っからのアーティストなのだと思います。
アートにしてもダンスにしても。


そう言えば『嵐のオールナイトニッポン』でも、Webで連載している絵の制作方法を明かしていましたよね。


線画に、色など指定してパソコンで彩色してもらっているって。


わたせせいぞうさんというイラストレーターの方と同じ手法だと思いました。


制作過程を昔、拝見したことがあります。


線画に自身では色を塗らず、細かなところまで全て番号とかアルファベットで色指定して作品を製作していました。


あとから印刷所が色を入れていたのかしら。


全部のイラストをああして描いているかどうかは不明ですが、数多くの色を把握していないとイメージできない所業だと、ものすごく驚いたの覚えています。


絶対音感ならぬ、絶対色彩感覚とでも言えばいいのか?


智くんの色彩感覚にも、わたせせいぞうさんに似たものがあるのかもしれませんね❗️




●大野智くん雑誌情報


○3/5(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」150号(メディアパル)
interview ARATA 6 プロのダンサーが語る 大野智の凄さ
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 150号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 150号



●大野智くんテレビ情報


 ○2/26(金) 25:30-27:40〔CS放送〕
 映画「忍びの国」(TBSチャンネル1・TBS CS)
 大野智