青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「あそこでね、『いや、メロディーで』って言ったんですよね。それがね、今では良かったですよね」

おはようございます。


昨日は、ちょっとクスッとしたことが😊


『VS魂』というタイトルに、もう変わったはずの公式さんが、間違えて『VS嵐』とTwitterに投稿していて。


長年使っていたタイトルですし、予測変換もまだ残っているでしょうからね。


私も全然間違えそうになります。


習慣って、なかなか変えられところがありますよね~💦



ところで、昨晩は町田慎吾くんのニコ生を見ました!


旅行の話とか聞けて楽しかったなあ♪


町田くん、恒例のお参りのあと、ご友人のお宅に遊びに行った話をしていたのですけど、お名前が智くんにちょっと似ていてドキッとさせられました(笑)


智くんと同様に、町田くんも誰かが何かを始めるきっかけや、後押しを自然と行う方だな~って、ほっこり😊


うん、絶対ね、智くんと町田くん、変わらず連絡を取り合っていると思うんだけど……。


以前に町田くん、前の事務所(ジャニーズ)のことは話さないって決めてるって言ってたし、智くんのことも語らないと思います。


今は。


ジャニーズの皆さんも誰もが、退所した方のことは本当に話題にしなくなりますよね。


ただ、町田くんは今なお、結構ジャニーズの舞台を見学しているらしく、たびたびお客さんが姿を見かけています。


ちゃんと交流続いているんだな~って、そのたび嬉しくなります✨


またいつか、気軽にお名前を出し合ったり、エピソードを語る日が来るといいな。
智くんと町田くんも。


ARASHI DISCOVERY forever(音源2007/11/2・レポート2021/4/30)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「今日はぁ、東京都! 三鷹市のぉ、みかこさんからいただきましたぁ。え~、僕達、嵐の問題です」


(´・∀・`)「僕達嵐は! 1999年11月3日! CDデビューを果しました」


(´・∀・`)「さて、CDデビューした曲のタイトルはっ! 何でしょうか? 次の3つの中から、選んでくださいっ」


(´・∀・`)「1っ、ARASHIC。2っ、いざッ、ARASHI。3、A・RA・SHIっ!」


(リスナー:解答/BGM:A・RA・SHI)


(´・∀・`)「答えはぁ、3番の、『A・RA・SHI』ですっ」


(´・∀・`)「嵐はぁ、1999年にリリースした『A・RA・SHI』以来! え~、今日まで、20枚のシングルCDをリリースしています」


(´・∀・`)「スバラシイッ! ねっ?」


(´・∀・`)「え~、今週は(笑)、え、横浜市のさとみさん。え~、川崎市の、ことこさん。さいたま市のなっちゃんさん など! え~、たくんさんの方からいただいた質問にぃ、答えます!」


(´・∀・`)「その内容は……初のシングルCD発売からぁ、え、8年! 嵐はたくさん曲を出していますがぁ、思い出に残っている曲や、エピソードありますか?」


(´・∀・`)「っと言うものですねっ。え゛~」


(´・∀・`)「まぁ、でもねえ、やっぱ思い出に残ってんのはやっぱこれですよね? 『A・RA・SHI』です」


(´・∀・`)「正直ねえ! 僕ねえ、もうわけわかんなかったんですよ。ええ」


(´・∀・`)「だから、もぉー、『とりあえず歌ってちゃって、You』みたいな感じ?」


(´・∀・`)「ほんで(笑)、ゆ、全部歌ってぇ……(笑)」


(´・∀・`)「僕も、あの、この嵐の『A・RA・SHI』の? あのぉ~、ラップ(破裂音)、チェケソーソー。あれ、歌っ、歌いましたからね、レコーディング」


(´・∀・`)「ひと通り全部歌ったんですよ。ほんでえ! あぁの、ラップっ(破裂音)『担当するか、メロディー担当するか、どうする?』って言われて」


(*´・∀・`)「もぉ正直どっちでもいいやぁ~と思ったけどぉ(笑)」


(´・∀・`)「あそこでラップってったらぁ、おいら人生変わってたねぇ。え~」


(´・∀・`)「あ、もっとあの、イケイケ……の男になってたかもしんないかも。んふふっ☆彡 ほんとにね?(笑)」


(´・∀・`)「いやぁ、あそこでね、『いやっ、メロディーで』って言ったんですよねっ。ええ~」


(´・∀・`)「ま、それがねっ、え~、今では良かったですよね」


(´・∀・`)「あそこで俺が、『ラップ(破裂音)がやりたい』だなんて言い出した日にはね?」


(´・∀・`)「ねぇ? あの、たぶん、この、ラジオの言い回しも変わってくるんでしょうねっ? ええ」


(´・∀・`)「え、(ラッパーっぽく)『答えはぁ~!』みたいなねっ?」


(´・∀・`)「ということで!! 毎週金曜日は、いただいたメッセージを紹介していきます。メールでお待ちしております。メールアドレスは、arashi@fmyokohama.co.jpです。たくさんのメッセージお待ちしています!」


(´・∀・`)「ではまた来週、大野智でしたぁ!」


――この音源の5年後ぐらいに、やはりラジオで、智くんがまた『A・RA・SHI』のラップ部分もレコーディングしたこと話していましたよね❗️


そのときは、「テケソーソー」と言うように指示されたと語っていたのを覚えています。


ラップも素敵だけれど、やっぱり伸びのある美声を生かしたメロディー担当が智くんにはぴったりです‼️😆💙


林くんの出演したミュージカル『イン・ザ・ハイツ』で、レゲエ・ミュージシャンであるMicroさんのラップを聴いたんですけど……。


これがすごく良くて❗️


ラップって私、「聞けよ、これが俺のラップだあ!」って、イキってるイメージだったんですけども、全然違ってました。


ラップにも色々な種類があるのでしょうけど、Microさんのはこう、話す言葉が自然とラップになっているような感じで。


ああいうラップだったら、智くんにもすごく合うんじゃないかな⁉


本当に、智くんのミュージカルを観たくなってしまいます💙




●大野智くん雑誌情報


○4/30(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」151号(メディアバル)
interview ARATA プロのダンサーが語る大野智の凄さ7
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 151号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 151号