青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「改札のね、ところをね、あの、水をね!? 飲みながら行っても、これよろしいんでしょうかね?」

おはようございます。


ブログにアップするのを忘れていたのですが、こちらは智空な秋晴れの火曜に撮った写真です🍂


我が家の玄関を出ると、遠くに壮大な山々が見えるのです。



あの、大きな山の頂上には、どうやら神社があるみたい。


体力が無限大にあったのなら、私も登山をしたかもしれませんが、現実には登ろうとも思いません😅


ただこうして遠くから景色を眺めるだけで満足です。


ただ、あの大きな山のふもとには、キャンプ場やカントリークラブ、温泉などがあるらしく……。


せめてその辺りなら、行ってみたいなって思っています。
そのうち、時期を見て。


近くで見たら、山もさらに立派で迫力あるだろうな~。


今は智くんも海より山に行くことのほうが多いかしら⁉
どっちに行く回数が勝っているのでしょう。


いずれにしろ自然の中なので、気をつけて行ってきてね😉


ARASHI DISCOVERY forever(音源2004/10/28・レポート2021/10/28)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「今日は! イベントに関する問題です」


(´・∀・`)「横浜市のっ、野毛地区周辺で行われる、春の恒例イベントがあります」


(´・∀・`)「このイベント、今年はこの秋にも開催されることになりました。さて、このイベントのなまい(名前)は何と言うでしょうか!? 次の3つの中から、選んでください」


(´・∀・`)「1っ! 野毛大道芸。2! 野毛ジャンケン大会。3、野毛カラオケ大会」


(リスナー:解答/BGM:a Day in Our Life)


(´・∀・`)「答えは!! 1番の! 野毛大道芸です!」


(´・∀・`)「野毛大道芸は、春の恒例イベントでしたがぁ~、野毛地区周辺を活性化しようと! 今年は春と秋の、年2回となりましたっ」


(´・∀・`)「今週末の30日と31日に開催されます」


(´・∀・`)「今回のぉ! 野毛大道芸に合わせ、横浜市営地下鉄は『おもしろ水きっぷ』というペットボトル型のっ、フリー乗車券を発売するそうです」


(´・∀・`)「この乗車券はぁ、市のっ、水道局が販売している飲料水『はまっ子どうし』のペットボトルにぃ! 特製ラベルを貼りつけた物で、ラベルには、有効区間や運賃がっ、デザインされています」


(´・∀・`)「乗車券はっ、横浜駅で、30日と31日、それぞれ限定1000本が販売され、30日が赤ラベル、31日が青ラベルと、区別されるそうなんです」


(´・∀・`)「ねーっ!! すぼらしい(素晴らしい)ですよ~♪ ほんっとに。フリー切符で、え、水が飲める! 便利だなぁ~」


(´・∀・`)「もうほんっとおもしろいですねえ!? ほんっと色々考えますネエーッ!! これ」


(´・∀・`)「ねえ!? 改札のね? ところをね、あの、水をね!? 飲みながら行っても、これよろしいんでしょうかねっ?


(´・∀・`)「ええ、ぜひ皆さんちょっと(笑)、試してもらいたいですね、これはね!」


(´・∀・`)「いやぁ~、でもねえ? このペットボトルっ! 皆さん飲み終わったらちゃんとっ! ええ、リサイクルしましょうねっ!! よろしくぅっ!!」


(´・∀・`)「以上っ!! 大野智でしたっ!」


――野毛大道芸はまだ続いていて、今年も無事に行われたようですね。


nogedaidogei.com


「おもしろ水きっぷ」について、2004年当時の記事もまだ残っていました。


地下鉄・水道局・吉本のコラボで「おもしろ水きっぷ」 - ヨコハマ経済新聞


大道芸と言うと、すぐ浮かんでくるのが、しやがれの「引退する大道芸人の最後のモップあご乗せ」のパントマイムですよ😆


あれ、本当に素晴らしかったな~。
動きとか表情とかも全て豊かで。


もともと智くんご自身も、ラジオで大道芸の話題をしていたりと、やっぱりお好きなようでしたものね。


こまごまとした大道芸っぽい遊びにもハマりやすいイメージ。


ゴルフリフティングだったり、トランプカード飛ばしだったり、おパンツアタックだってその部類では!?(笑)


ヒロシさんの番組を見ると、サバゲ―とか弓矢とか、色々チャレンジしているようなので、智くんも今、そんな感じの遊びに何かハマっているかもしれないですね😊




●大野智くん雑誌情報


○11/5(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」154号(メディアパル)
《好評連載中のプロのダンサーでユーチューバーのARATAが語る「大野智の凄さ」No10は、ソロ曲"Bad Boy"と振付を担った"TWO TOTANGO"》
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 154号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 154号



●嵐さん雑誌情報


○11/5(金)
「キネマ旬報」2021年11月下旬号No.1879(キネマ旬報社)
巻頭特集「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM "Record of Memories"」「嵐」が映画史にのこした足跡、「嵐」と「映画」について考える
・Amazon

キネマ旬報 2021年11月下旬号 No.1879