青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

ラジオ番組『なりカル!』テーマ「この実写化ドラマ良かったよね」ドラマ「怪物くん」

こんばんは。


今夜放送のラジオ番組『なりカル!』では、リスナーさんへと「この実写化ドラマ良かったよね」のテーマで募集がありました。


その中で、ドラマ『怪物くん』についても語られていたので、ざっくりとですが文字起こしをアップいたします。


なりカル!

テーマ「この実写化ドラマ良かったよね」


リスナーさんから次のようなメッセージが!


(メッセージ)「『怪物くん』! 主人公・怪物くんが嵐の大野さん。ドラキュラ役が八嶋智人さん。で、オオカミ男の役がダチョウ倶楽部の上島さん。で、フランケン役がチェ・ホンマンさん! 豪華キャスティングでしたよね」


(メッセージ)「実写化ドラマにあたって原作者の藤子不二雄A先生は快く了承したが、怪物くんに大野くんを知って驚いて、『どう考えてもイメージが結びつかなかった』と話しているそうなんですね」


(メッセージ)「ただ、放送開始後、先生は、『見事に大野くんが自分の怪物くんを作り上げてくれた』と。そして、『テレビにへばりついて見ています』とコメントされたそうで、『怪物くん』ほんとに楽しいドラマでしたよね」


成田弘毅さん「ま、あの、先週ね? ニュースになったのもあって、色んなシーンがこう、見たんですけども」


成田弘毅さん「その怪物くんのときに、こう、藤子不二雄A先生が出てきて色々こうしゃべられてるの見たんですよね」


成田弘毅さん「そのときに『怪物くん』をドラマ化してすごく喜んでらっしゃいました! 先生がやっぱり」


成田弘毅さん『こんなにいいものありがとう!』っていう風に、って感じで喜んでたんですよね」


はなちゃん「いや、まあ、今思うとですね、あの、怪物くんがその、大野さんでドラマ化するときに、『あっ、今"怪物くん"を実写でやるの?』ってやっぱ思いましたよね」


(思えばファンは「智くんが怪物くんに!?」の衝撃のほうが大きくて、「今やるんだ」のほうまで気が回らなかったな~😅)


成田弘毅さん「思ったのはありますよ、僕もね。で、どんな感じになるんだろうっていうのもありましたし……」


成田弘毅さん「僕も『怪物くん』は知ってました。ただ、じゃ、ちゃんと見たことあるかって聞かれたら、なかったです。だからドラマでわかりやすかったです、僕」


はなちゃん「まあ、主題歌もね、嵐の『Monster』でしたからね」


成田弘毅さん「そうですね。♪も~んすたっていうやつね」


このあと、しばらく『怪物くん』のキャラや、野沢雅子さんが歌ったバージョンの『ユカイツーカイ怪物くん』について語られていました😊




●大野智くん雑誌情報


○5/13(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」157号(メディアパル)
《好評連載中のプロのダンサーでユーチューバーのARATAが語る「大野智の凄さ」No13は、ソロ曲"静かな夜に"と"まだ見ぬ世界へ"について》
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 157号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 157号

「青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。