青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くんゲスト2005年11月15日放送・ラジオ『吉田照美のやる気MANMAN!』①今日のファッションは、インドの店か何かで売っていた500円ぐらいの象さんのTシャツ(「WISH」番宣)

こんにちは。


今日は、2005年11月のラジオ音源より、『吉田照美のやる気MANMAN!』を紹介します。


智くんは『WISH』番宣のため、15~17日にかけて複数のラジオ番組にゲスト出演していました。


『吉田照美のやる気MANMAN!』では、最初にファッションやアートの話題が。


45分ほどのコーナーですので、たぶん5回程度に分けてブログに文字起こしをアップいたします。


つづきはまた今度。


トークでは、当時まだ携帯もそんなに普及していないし、アートの話題になっても、智くんの絵を吉田照美さんらへすぐに披露できなかったのが残念。


反応を聞きたかったな~。


あと、この日の智くんのファッションを写真で見てみたかったです💙


吉田照美のやる気MANMAN!(音源2005/11/15・レポート2022/6/19)①


吉田照美さん「さて! え~、今日『午後2時の興味津々』は、嵐の大野智くんにお越しいただいてます。こんにちは!」
(´・∀・`)「ど~も~!」


吉田照美さん「よろしくお願いいたします」
小俣雅子さん「こんにちはー」
(´・∀・`)「お願いしまぁーす。こんにちはぁ~」


小俣雅子さん「カニの匂いがいっぱいですけどね、スタジオの中(笑)」
吉田照美さん「ごめんね! 匂いだけ嗅がしてねえ?」
(´・∀・`)「僕も食べたいな」


吉田照美さん「そうだよね!? 何個が置いてあけば良かったんだけど」
(´・∀・`)「んふっ☆彡」


吉田照美さん「何か、残骸みたいな感じだったから(笑) 失礼だから片付けさせてもらいました」
(´・∀・`)「片付け……。ええ」


吉田照美さん「匂いだけで。すいません」
(´・∀・`)「いえいえいえ(笑)」


吉田照美さん「え~、帽子がまた、それは……似合いますね」
小俣雅子さん「やけに尖がってますよね、上のほうが」


吉田照美さん「これは何帽って言う~のかな?」
(´・∀・`)「俺、僕もよくわかんないんですよ。つ、通販で買ったんですけど」


吉田照美さん「あっ、マジ!?」
(´・∀・`)「えぇ」
吉田照美さん「えっ、通販で買い物するときあるの? 大野くんは」
(´・∀・`)「もう、あの、時間かけるのめんどくさいんでね」


吉田照美さん「ああ、そうなんだ!」
小俣雅子さん「へえ~! えっ、ほかにはどんな物買いました? 通販で」


(´・∀・`)「靴もとか」
小俣雅子さん「靴?」
(´・∀・`)「ええ」


小俣雅子さん「えっ、はっ、履かないで?」
(´・∀・`)「履かないで。もう……」
吉田照美さん「ああ、そう!」


(´・∀・`)「そんな試着とかしないんですよね」
吉田照美さん「ああ、そうなんだ」
小俣雅子さん「えっ、あの、普段、洋服買うときも」
(´・∀・`)「はい」


吉田照美さん「今度はラジオショッピングもぜひよろしくお願いします」
(´・∀・`)「ああ、もう使います。ぜひ」


小俣雅子さん「あの、あとでカタログお渡ししますから、お使いになってください」
(´・∀・`)「ああ、使わ……」


吉田照美さん「リーダー、いい客だからね」
(´・∀・`)「ふふふ☆彡」
小俣雅子さん「つかまえとかなくては(笑)」


吉田照美さん「ええ~、でもファッションって言うのは、自分でこう~、あの、まあ、ん~、アイドルなわけで気をつかう部分ってのはあるでしょ? 何かね、まだ若いしね」


(´・∀・`)「いや、でもあんまりあのぉ、原色系は着ないですね」
吉田照美さん「原色系は着ないの?」
(´・∀・`)「あの、電車乗っててバレたりしたら……」


吉田照美さん「ああ~、そうか~。電車乗るの!?」
(´・∀・`)「いや、今日も電車で……」
吉田照美さん「嘘ぉ!?」
(´・∀・`)「ええ」


吉田照美さん「ええ、電車乗るの!?」
小俣雅子さん「だって、だってバレたら襲われちゃうでしょう!?」


吉田照美さん「『伊東四朗さんも電車乗る』って言うと、みんな『え~っ!?』ってびっくりするよね。『伊藤さん、電車乗るんですか!? 地下鉄~?』とか言って。乗るんだよね? みんなね?」
(´・∀・`)「いやっ、乗りますよ。ええ」


吉田照美さん「おすぎさんだって乗るもんなあ!?」
小俣雅子さん「おすぎさん乗ってますけど……」


吉田照美さん「おすぎさん、早足ですよ!! 新宿通り歩くとき!」
(´・∀・`)「んふふふ☆彡 ふっ☆彡」


吉田照美さん「すごいですよ! 忍者みたいだなあ!?」
小俣雅子さん「うん」
吉田照美さん「忍びの者か、おまえは! みたいな。なあ?」


(´・∀・`)「ふふっ☆彡 あ、そんなに、いるんですか?」
吉田照美さん「うん」


吉田照美さん「え、大野くんは何? 車で動くこともあるでしょ? もちろん」
(´・∀・`)「僕、免許ないんですよね」


吉田照美さん「あっ、免許取ってないの?」
(´・∀・`)「ええ。まだね、興味ゼロなんですよ」
吉田照美さん「珍しいね!」
(´・∀・`)「ええ」
吉田照美さん「へえ~!」


小俣雅子さん「嵐のほかのメンバー……」
(´・∀・`)「ほかはみんな免許があるんですよ」
吉田照美さん「普通にほかは取ってるんだけど大野くんだけ、リーダーなのに」
(´・∀・`)「そうなんですよ」


吉田照美さん「示しがつかないよね」
(´・∀・`)「もうほんとにどうしようもないですよ」
吉田照美さん「いやいや、そんなことはない(笑)」


吉田照美さん「別に免許があるからって……(笑)」
(´・∀・`)「ふふ☆彡 ええ、ねえ? はい」
吉田照美さん「それは全然関係ないですけど」


吉田照美さん「えっ、でも、あの、そうそうファッションの話で途中になりましたけど、原色は着ない! あとはどういうこう、ポリシーみたいなものを持ってるんですか?」


(´・∀・`)「いやっ、あぉのぉ~、親が買ってくんですよね、勝手に」
吉田照美さん「ああ~! そうなの? え、お母さんお父さん?」
(´・∀・`)「うっ……お母ちゃんが」
吉田照美さん「お母ちゃん」


(´・∀・`)「お母ちゃんがぁ、あのぉ~、ストレスたまったら、勝手に買い行って……」
吉田照美さん「ハハハハハハ!(笑)」


(´・∀・`)「だから、人の金で使う、ストレス解消してるわけですよ」
吉田照美さん「ああ~、解消してんだ! もう智のためにと」


小俣雅子さん「いやっ、でもね、買い物って気分いいんですよ~」
(´・∀・`)「ああ、そうらしいですね」


吉田照美さん「そう、今日はね、Tシャツが象さんのかわいいね? 普通の何かいい感じだよね」
(´・∀・`)「はい。これ、これは自分で買ったんです」
吉田照美さん「これは自分で買ったの?」
(´・∀・`)「ええ」


吉田照美さん「え、これはどういう買い方したわけ? この、象の……」
(´・∀・`)「これはね、何か、インドの店か何かでね……。ん。500円ぐらいで売ってて」
吉田照美さん「安いね!!」


(´・∀・`)「んふふ☆彡 こ~れはお買い得だぁ! と思って」
吉田照美さん「500円の買い物をするんだ」
(´・∀・`)「しますよぉ」
吉田照美さん「ああ~、そう」
(´・∀・`)「ええ」


吉田照美さん「でも、大野くんが着てるとそうには見えないもんね!」
小俣雅子さん「見えないですねえ~」
(´・∀・`)「いやっ、それはないですよー」
吉田照美さん「見えない見えない! へえ~」


吉田照美さん「え、あとはどういうの? 靴なんかに。一番気をつかう部分はどこ? 例えば、履き物に気つかう人いるじゃない。高田純次さんみたいに。もう靴と見りゃすぐ買っちゃう人とかね」
小俣雅子さん「そう! ○○フェチっていますよね~」


(´・∀・`)「僕、ブーツは履かないですね」
吉田照美さん「それは何で?」
(´・∀・`)「足が痛くなるんですよね(笑)」


吉田照美さん「ああ~、めんどくさいしね!」
(´・∀・`)「めんどくさいしねぇ」
吉田照美さん「ああ~、ブーツは履かない」


(´・∀・`)「履かない。いざ、逃げるときに逃げられない」
吉田照美さん「逃げられない(笑)」
小俣雅子さん「フフフフフフフフフ(笑)」


(´・∀・`)「いや、逃げることはないんですけども!(笑)」
小俣雅子さん「何から逃げるんですか?(笑)」


吉田照美さん「スニーカー、スニーカーですけど、何かおしゃれな感じのね?」
小俣雅子さん「あの、まん丸くてねえ」
(´・∀・`)「そう、僕ね、まん丸いスニーカーが好きなんです」
吉田照美さん「好きなんだ。へえ~え」


小俣雅子さん「あ、それで帽子もまん丸くて」
(´・∀・`)「そうなんですよ。まん丸、僕好きで……」


吉田照美さん「誰か参考にしてる人とかいる? あの、例えば、あの人みたいにとか。外国の人でもとか! あとは雑誌、こういうの読んで、ちょっと研究してるとかね」


(´・∀・`)「いや、もう、そんなに……」
小俣雅子さん「メンバーだったら、誰それくんとかねえ?」
(´・∀・`)「そんなにぼっく(僕)、そんなファッションは……」
吉田照美さん「うるさくないよね?」
(´・∀・`)「うるさくないですよね」


吉田照美さん「え、女の子のファッションにも?」
(´・∀・`)「僕、全然だいじょぶです」
吉田照美さん「え、どんな格好しててもいいの?」


(´・∀・`)「まあ、あの、そんな変な……」
吉田照美さん「汚いかっこはやでしょ!?」
(´・∀・`)「汚い格好と言うか(笑)」
吉田照美さん「清潔感あふれるほうがいいよねえ?」


(´・∀・`)「まあ、何かあのぉ~、露出度だったら、何かぁ……」
吉田照美さん「高くてね?」
(´・∀・`)「真っ赤とか着られたらちょっと……」


吉田照美さん「やっぱ原色系はあんまり好きじゃないんだ」
(´・∀・`)「ええ……」
小俣雅子さん「そうですね、過激なのはね、あんまりお好きじゃないみたいですね」
(´・∀・`)「ええ。地味~に、地味~にですよ。ふふふ!☆彡」


吉田照美さん「ま! だけど気になるのがね、僕と同じです! 僕は最近ですけどね、絵を描くこと……。え、描いてんの?」
(´・∀・`)「絵、最近は描いてないですよね」


吉田照美さん「うん、いつ頃まで描いてたの?」
(´・∀・`)「やっぱあのぉ~、暇ができれば。描きたくなったら描きます」


吉田照美さん「あ、油絵?」
(´・∀・`)「水彩ですね」
吉田照美さん「あ、水彩やってんだ」


吉田照美さん「俺、水彩、断念しちゃって、難しくて」
(´・∀・`)「あ、そうですか」


吉田照美さん「水彩、難しいじゃん! もう、1回しくじったらあ、こう、ちょっとにじんじゃったり何かすると……」
(´・∀・`)「はい」
吉田照美さん「何か取り返しつかないでしょ、もう」
(´・∀・`)「いや、上から塗れますよ?」


吉田照美さん「いやっ、だけど何か気に入らない感じなのよ」
(´・∀・`)「ふふ☆彡」


吉田照美さん「俺はちょっと。だから、熟練の域に達すれば、それも何とかできちゃうかもしんないけど」
小俣雅子さん「でもまた、にじみもね、味わいのうちだったりしせん?」


吉田照美さん「好きな画家とかいます?」
(´・∀・`)「んっ。昔よく、の、ノーマン・ロックウェル」
吉田照美さん「あ、いいね」
(´・∀・`)「ええ」


吉田照美さん「ノーマン・ロックウェルは」
(´・∀・`)「あの絵は……」


吉田照美さん「もう、だって、1枚の絵で、もうストーリーがね? 感じられるよなね?」
(´・∀・`)「そう、全部見えるんですよねぇ」


吉田照美さん「ついてこれない。勉強しなよ! 絵とか!」
小俣雅子さん「これから勉強しましょ~」
吉田照美さん「いや~」
(´・∀・`)「ええ」


小俣雅子さん「あっ、照美さんのカレンダー」
吉田照美さん「照美さんの絵を今、白石が見せていますけど」


(´・∀・`)「照美さん、上手いですね」
吉田照美さん「上手いだろ!? なっ!? 少し尊敬した? 僕、油絵」
(´・∀・`)「これ、油絵っすか?」
吉田照美さん「うん」
(´・∀・`)「僕、油絵できないっすよ」


吉田照美さん「いや! 習えば? 今ね、ちょっと……習った(笑)」
(´・∀・`)「あっ、あれは……(笑) ああ、そうなんですか」
吉田照美さん「それは別にいいんだけどね(笑)」


小俣雅子さん「油絵はどんどん載ってけば……取り返しがつくって言いますよね」
吉田照美さん「そう、油絵はね、まず失敗しないのよ」
(´・∀・`)「はあ~」
吉田照美さん「水彩のほうが緊張するから」


吉田照美さん「えっ、作品とか、みんなファンの人とか見られんの?」
(´・∀・`)「ま、たま~に、昔、出したり……しましたけど」
吉田照美さん「ええ~、見たいなあ。どういうの描くんですか?」


(´・∀・`)「僕、ほとんど人物ですね」
吉田照美さん「いいね、僕と同じだ。僕もどっちかって言うと人物が好きなんですよ」
(´・∀・`)「人物です」


(´・∀・`)「人物いいですよね!」
吉田照美さん「いい! やっぱり人物っていうのが、何かこう、色々物語性が出てくるもんね?」
(´・∀・`)「ええ」


(´・∀・`)「こないだ描きましたよ」
吉田照美さん「誰を描いたの?」
(´・∀・`)「適当に、あの、黒人の絵を」
吉田照美さん「ああ~、そう」


(´・∀・`)「1週間かけて」
吉田照美さん「じ、実際に、例えば、あの……裸婦像とか、そういうのあんまり?」


(´・∀・`)「ああ~、まぁ、わかんないっすね」
吉田照美さん「わかんない(笑)」
(´・∀・`)「俺、そんな絵詳しくないですからね(笑)」


吉田照美さん「いやいや、でも、あの、ノーマン・ロックウェルは……」
小俣雅子さん「あの、でも、実際にあの、こう、女の人に目の前に立ってもらって描いたとか、そういうことはないんですか?」
(´・∀・`)「ああ、それは絶対にないんですよ」


吉田照美さん「こないだ、そのモデルになったっていう人がゲストに来られたけどね」
(´・∀・`)「ああ、そうですか」


吉田照美さん「うん、そうだよね?」
小俣雅子さん「ああ、学生さんでねえ」
吉田照美さん「学生のとき」
小俣雅子さん「あの、全裸のね?」


(´・∀・`)「動かれるとダメになるんです」
吉田照美さん「ああ、そりゃそうだよね。え、今までで一番気に入ってる作品は、誰を描いた絵?」


(´・∀・`)「誰ってのはない。ま、人物で、黒人さんを何か描くのが好きで」
吉田照美さん「いいね~」


吉田照美さん「あの人の絵をね、1回見て欲しい。水彩画はね、佐々木悟郎さんっていうのがいるのよ」
(´・∀・`)「佐々木悟郎さん……」



吉田照美さん「うん! あのね、さだまさしさんのねえ、たぶん、アルバムとか何かに載って……」
小俣雅子さん「あの、Goro」
吉田照美さん「あの、顔を描いたりね、してて……」
(´・∀・`)「ほぉ~」


吉田照美さん「元歌手の人なんだよ」
小俣雅子さん「え、そうなんですか?」
吉田照美さん「そうだよ! ほいで、歌やめちゃって、絵のほうに進んでんだけど」


吉田照美さん「あのね、黒人描いたりなんかしてると、ほんと、ジャズが聞こえてくるんだ。かっこいいよ。だから、俺、それをやりたくて、まねして描いたんだけど全然ダメで」
(´・∀・`)「あぁ~」


小俣雅子さん「そう、佐々木悟郎さんって、顔だけがすごくリアルで、そのあとがずっとにじんでたりするんですよね」
吉田照美さん「にじみは上手に使ってる」
(´・∀・`)「あぁ、見たことないっすね、ちょっと。ええ」


吉田照美さん「1回、今度、あの、大野くんがいつ来てもいいように、僕持ちあるくようにするから」
(´・∀・`)「あはは☆彡」
小俣雅子さん「ほんとですか~?(笑)」


吉田照美さん「佐々木悟郎の、今度はね?」
(´・∀・`)「えぇ、ありがとうございます」
吉田照美さん「いやいやいや」


(※つづく)



●嵐ニューライブ 4K ULTRA HD Blu-ray&Blu-ray「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」9/15(木)発売決


・楽天ブックス



【初回限定】「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」【4K ULTRA HD Blu-ray+Blu-ray】



「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」【Blu-ray】 [ 嵐 ]


・Amazon



ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories" (4K ULTRA HD Blu-ray)



ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories" (Blu-ray)



●大野智くん雑誌情報


○7/8(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」158号( メディアパル)
《好評連載中のプロのダンサーでユーチューバーのARATAが語る「大野智の凄さ」No14は、“夜の影"と“Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ"について》
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 158号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 158号

「青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。