青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

「幸せ見つけてんな」・「自分で作ればいいんじゃない?」・左の爪をいかに速く切るか・クイズ〔大野智・ラジオ〕

【お知らせ】


 ・5/27(金) 23:00-23:30
 A-Studio(TBS)
《【ゲスト:森田剛】先輩としての向き合いも求められる頃…慕ってくれる後輩は嵐・相葉雅紀!「優しいですね、アイツは…」2人で飲みに行くことも!?》




おはようございます。


今日は「嵐のワクワク学校2016」当落発表がありますね!
管理人は所用にて午後にお出かけして夜に帰ってこなければならないため確認が遅れそうです……。
そわそわしちゃう。
皆さんのもとにもハッピーなメールが届きますように^^


『ZIP!』のHuluランキングでは『世界一難しい恋』が2位でした♪



伊勢志摩サミット これが「メニュー」だ 昼食会と夕食会


伊勢志摩サミットの昼食の乾杯酒が「智」(さとり)!


ARASHI DISCOVERY(2016/5/27)


(始まりの挨拶)「おはようございます。嵐の大野智です! 毎週金曜日はあ、いただいたメッセージにお答えしていきます」


「まず始めは、あやのちゃん、19歳から」


(メッセージ)「この前、電車で動画を見てひとりで笑ってたら急にヨダレがタラ~ッて垂れてきました。その日はスーツを着て髪型までキメキメでイケイケだったのにヨダレが、垂れてきました。え~、誰にも気づかれなかったけど、恥ずかしくて動画を見るのをやめてしまいました。ちなみに見ていた動画は嵐の番組です。大ちゃん笑わせ、笑わせないでください」


(´・∀・`)「あ~、いいと思いますよ? 何かかわいらしいじゃないっすか。そんだけ集中して見てて、見てくれたっていうことですよねえ。う~ん」


「でもねえ、そ、無我夢中になると口を開いてねえ、何かねえ、出てくんだよね、口から。うっふ☆彡」


「でもぉ何か、大人になってそれが、できてるってことは僕は逆に素敵なことだと思いますけどね。逆に」


「何かあ、よくないっすか? もう大人なのに、そういう無我夢中になって……集中してるってことだから。何か僕はあ、『うわっ、何この人』とは思わないかも。う~ん」


「『あ、何か、幸せ見つけてんな』みたいな感覚で思います。何かしゅ、楽しんでんなみたいな感覚に捉え、られますね。う゛~ん」


(´・∀・`)「まあでも、垂らしすぎたらダメだよ! ハンカチ持ってればあ?(笑) っふ☆彡」


「(フ~)続いて(笑)、はるちゃんから」


(メッセージ)「智くん、おはようございます。私は、アップルパイにアップルはいらないと思ってます。アップルのないアップルパイなんてただのパイやんけ、その通りです。私はただのパイが大好きなのです。だけどなかなかただのパイは売られてないのです。同じくアンパンに餡は入りません。なかなか共感してくれる人はいないのですが(笑)、智くんは共感してくれますか?」


(´・∀・`)「共感ね、できないな。んふふふっ☆彡」


「もうこれさあ、アンパンはもう、いらないんだったら、じゃパン食べてればいいんじゃない」


「これだってゆったら何でも、『私はカレーライスに、く、カレーのルーはいらないんです』みたいなことだからね。でもぉ、福神漬けはいるんですみたいな、こ、ことでしょ? うん。ふっふ☆彡」


「(ス~)『私は、ステーキでステーキはいらないんです』みたいなもんじゃん。『その周りにいるブロッコリーが食べたいんです』みたいなことですよね。うん」


(´・∀・`)「逆にでも! この人の気持ち今、ゆっててわかってきたかも」


「逆にステーキを頼んでえ、ステーキはいらないんです、周りにいる! ブロッコリーやらポテトが食べたいんです」


「『でも! その周りのブロッコリーやポテトだけは来ない。ステーキにかける、たれ、は必要なんです』みたいなことでしょ? 『そのたれに、たれを、ブロッコリーにたれをかけて食べたいんです』みたいなことよ。『でもそれだけ売られてるのはないんです』みたいなことだから」


(´・∀・`)「ちょっとわかってきた、俺。ふははは☆(ス~)うん。まあ、自分で作ればいいんじゃない? ふふふふ☆彡」


「さあ続いて、りのさん、16歳から」


(メッセージ)「智くん、おはようございます。私はオーケストラ部に、入ってるのですが、最近ハマっていることがあります。それはみんなが曲を練習しているときにこっそり嵐の曲を弾くことです。みんなそれぞれ、え、違う曲を練習していて、ガチャガチャしているので、ええ、意外と気づかれなくて、それが楽しいんです。智くんは最近ハマっていることはありますか」


(´・∀・`)「ああ、なるほどねえ? わかんない、くなるのか、紛れてね。う~ん」


「まあ何だろね最近。最近ねえでもねえ、爪を、切るときにねえ……」


「僕右利きじゃないっすか。(ス~)だから左の爪を切るときに、いかに速く切れるかみたいな、ことはひとりでやってます」


「だから普通、カチャン、カチャン、カチャンカチャン、みたいな感じですよ。それを、カチャンカチャンカチャンカチャンカチャンカチャンて。ふふふふ☆彡(ス~)」


「で、たまに深爪すんだけどお。ええ」


「でえ、ま、左、あ、右の爪を切るときはまだ慣れてないでちょっと、お、遅いんですけどね」


「そ、だから左の爪をね、ちょっといかに速く切るかってのはよくやってます」


「で、速く切れたときはちょっと結構、勝手に、あの、達成感をひとりで、味わってますね」


(´・∀・`)「こんなもんでいいんでしょ? ちっちゃいハマってることですから。ええ~」


「でもそれ結構幸せなんですよね。皆さん爪くるとき(切るとき)気をつけてくださいね」


「さあ続いて(笑)、チコリーさんから」


(メッセージ)「大野さん、おはようございます。いきなりですがクイズ!」


(´・∀・`)「♪ジャジャン」


(クイズ)「おじいちゃんとする、球技は何?」


(´・∀・`)「えっ!? ヒント、ある」


(ヒント)「おじいちゃんを、別の言い方にすると」(←私、わかったよ~)


(´・∀・`)「いぃやもう苦手だわあ~。おじいちゃんでしょ? ち、別の言い方ぁ? じじい」


(SE)ブッ!


(´・∀・`)「へへへ☆彡」


(SE)ゴングの音


(´・∀・`)「違う? 降参。早い降参だったな……」


「(ガサゴソと紙の音)答えは、ソフトボール!」


(´・∀・`)「何で? 祖父! ああ、なるほどねえ!」


「俺こうゆうの無理なんだよなあ。いや普通にゲートボールだと思ってたよ(紙の音) ふふふふ☆彡 なぞなぞにならないよねえ。う~ん」


(´・∀・`)「ゲートボールもいつかやってみたいと思ってます!」


(終わりの挨拶)「ということ、毎週金曜日はいただいたメッセージにお答えしていきます。メールでお待ちしています。メールアドレスは、arashi*fmyokohama.co.jpです。たくさんのメッセージお待ちしていまあす。ではまた来週、大野智でした!」
(※スパムメール対策のため、ブログ上では@を*に変えています)


――智くんが無我夢中になっている人を見て引いたりしないような方で良かった♡
体裁も気にせずに何かに集中できるってすごいことだと私も思いますもの。


アップルパイのパイなし、私は少し気持ちがわかるな~。
あのね、別々に食べたいんですよね、アップルとパイを(笑)
アンパンも餡とパンは別々がいい~、ほんとは。


最初は「共感できない」って言っていた智くんが、リスナーさんの意見を完全に否定するのじゃなくって少しずつ気持ちに寄り添っていってくれたのが素敵だな~って朝から思いましたあ!(≧▽≦)


左手の爪を速く切るという話を聞いて、「深爪しないでね~」って思ってたらやっぱり深爪していたさとちゃん。
国宝級の綺麗な手なんだから気をつけてね^^


BGMは『I seek』と『Daylight』と『supersonic』、リクエスト曲は『いつまでも』でした。