読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐"前人未到"15作連続・10年連続DVD総合首位!BD今年度最高初動!&櫻井翔アフラック新CM「がん保険を、話そう。つんく♂さん"声"」篇WS&「今まで何回ステージに立ったんだろう」〔大野智・ラジオ〕

おはようございます。


今朝は、嵐さんのライブDVD&Blu-ray『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』が、DVDで24.4万枚、BDでは27.8万枚を売り上げ、オリコン週間DVD/BD両ランキングで総合1位を獲得したことが報じられています。


しかも音楽DVDとBlu-rayの売り上げ枚数を合算した「総合ミュージック映像ランキング」でも首位に輝き、映像ランキング主要3部門を制覇しているそう。


嵐さん、おめでとうございます\(^o^)/
記事ではどこでも「前人未到」という言葉が使われていますね。
"未開拓地をまたまた開拓"、これからも開拓者たらんことを!


【オリコン】嵐、前人未到の10年連続DVD総合首位 BDは今年度最高初動27.8万枚 | ORICON STYLE


嵐が前人未到の15作連続&10年連続「DVD総合1位」:ジャニーズ:スポーツ報知


 



深夜放送の『アカデミーナイトG』では映画『忍びの国』が取り上げられました。


紹介されたのは既出の智くんのキャスト就任インタビュー。
そして、すでに発表されている「お国」、「下山平兵衛」、「日置大膳」の配役を当てるというクイズでした。


映画がクランクアップしたときにはまた何か新しい情報が発表されるでしょうか?
追加キャストなどもまだあるのか気になります。
男性エキストラも頻繁に募集されているので大勢の人が集まるといいなあ~。



また、WSでは櫻井翔くんのアフラック新CM「がん保険を、話そう。つんく♂さん"声"」篇も流れています。
つんく♂さんがパソコンのキーボードを叩きながら文字で会話を。
CMは9月1日から全国OA、、60秒バージョンは公式サイトにて同日より配信開始とのこと。


www.oricon.co.jp


櫻井翔、がん体験つんく♂の「声」聞く…9・1からアフラック新CM:ジャニーズ:スポーツ報知


ARASHI DISCOVERY(2016/8/31)


(始まりの挨拶)


("今日の一言")「我々プロゴルファーは一般人からみたら雲の上のような賞金をもらっているんだから、もっと切羽詰まったゲーム、高度な技術、それに魅せるものがなければいけないと思う」


(´・∀・`)「おお~、すっごいですねえ」


("今日の一言"の説明)「これはですね、日本を代表するプロゴルファーであり、ええ、今年から、えー、日本ゴルフツアー機構の会長を務めている青木功さんの言葉です。青木プロは、え、1971年に初優勝してからこれまで、国内、え、海外合わせて85回優勝されています」


(´・∀・`)「すごいね!」


("今日の一言"の説明)「現在も、え、シニアの大会などに出場する現役で、え~、これまで1272試合に! 出場しています」


(´・∀・`)「おお~、すっごいわあ゛~……(小声)」


「で、え、ちなみに青木功さんはですよ、本日、今日ですね、75歳のお誕生日だそうです。おめでとうございます!」(←私からもおめでとうございます^^)


(´・∀・`)「うわあ~、75歳で現役ですよ。あ゛あ、もう~これこそプロゴルファーですよね。ええ~」


「でもさあ、俺も考えた、今ふと思ったんだけども、これってえ、誰も数えてない、のかもしんないけどお。僕が、このじゃみゅーじゅ(ジャニーズ)に入ってね? まあ先輩のバックも含め、今まで何回ステージに立ったんだろう」


「ふふふ☆彡 気になんない? そういう人いんのかな(小声) そうだね、1日2回公演の日もあるからねえ。しかもJr.時代からねえ。誰も知らないんだよ、これたぶん。ふふ☆彡」


(´・∀・`)「でもお! 結構、いくよ!? そこそこいくと思うよ? だって京都ぉの劇場だけでも、まいんち(毎日)やってたし。1日5回公演とかあ、もやってたしぃ。(ス~ッ)どれくらいやってんだろう。1000はいってんだろうなあ。う~ん」


「や、ちょっと、う~わ、数えときゃ良かったあ! つうかここまで来ると思ってなかったしさあ」


(´・∀・`)「いや思ってないでしょ!(笑) そんなJr.んときなんて。そうかあ~失敗したなあ。とか、思いますわ。できる限りね(カサッという物音)、知りたいねえ。う~ん」


「まあまあ、嵐なってっからだったらそらわかるでしょうね。だい、あのがんばれば。う~ん。まあでも相当な数だと思いますよ? ええ~。とかね」


(´・∀・`)「プロってどっからプロって言うの? 僕ね、釣り人~もプロってえ、プロフィッシャーマンて、何をもってプロなのかなって。やっぱお金もらうようになってからかな。仕事になってプロなのか」


「だってだから、わかんないよ、究極ね? 技術は長けててえ、知り尽くしてるけど、運がなくて釣れない人もプロなの? 全然釣れない人とかいたらどうすんだろうね」


(´・∀・`)「っははは!☆彡 ま、そんなことはないと思うけどね? ええ~」


「まあでもねえ、何かのプロってやっぱかっこいいですよね。ええ~」


(´・∀・`)「僕は何のプロかわからないすけど。ステージのプロではないな~(笑) な、ねえ? 何のプロかわかんないですけどね~」


「ま、プロの気持ちで、今日もやっておりますよ! じゃあ、ラジオのプロですよ」


(終わりの挨拶)「以上! 大野智でしたあ。ふはは☆彡」


DJ栗原さん「はい、大野くんでした。いや、印象的でしたね。何をもってプロというか。や、ジャニーズ事務所の正規タレントってだけで十二分にプロフェッショナルではないでしょうか」(←クリちゃんの声が若干智くんのトーク終わりの笑い声とかぶっていました)


――Jr.時代も含めて智くんが今まで何回ステージに立ち続けているか、長年の熱心な智担の中にはカウントしている方がひとりぐらいおられるような気もしますが!?
ステージの範囲も含まれますよね。
コンサートに限定するのか、舞台や歌番組は含めるのか。


ご自分のことを「何のプロかわかんない、ステージのプロではない」と謙虚に仰っていた智くん。
でもちゃんと「プロの気持ちで」とも言っていたので、何よりもそういう気持ちこそ大切なのでしょう。


ふとこぼれた「ここまで来ると思ってなかった」という一言にも、ただひたすら1つ1つの努力を積み重ねてきた様が見えるような気がします。


……という、今朝も甘噛み具合がキュートな智くんでした(笑)


BGMは『ミラクル・サマー』、リクエスト曲は『夏の終わりに想うこと』でした。


 



●大野智くん雑誌情報


○8/31(水)
「ASIAN POPS MAGAZINE」123号(メディアパル)
Pick Up Samurai&Ninja Movie「真田十勇士」「忍びの国」


ASIAN POPS MAGAZINE 123号



●嵐さん雑誌情報


○8/31(水)
「TVガイド」9/9号(東京ニュース通信社)
大野智×相葉雅紀 連載「週刊VS嵐ガイド」