青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

中村義洋映画祭『忍びの国』『殿、利息でござる』&トークショー参集‼①

こんばんは。
今夜は先ほど帰宅しました。


大野丸が放送された夜は深夜1時過ぎまで起き、しやがれをリピ。
3時間ほど睡眠を取り、大野丸の智くんを見習って(!?)、朝4時起きの5時出発で、つくば市へ。
(移動の間にめちゃ眠りました)


「筑波山麓秋祭り2018」、中村義洋映画祭『忍びの国』『殿、利息でござる』&トークショーに参集してきました!!(^^)/



私は、北千住からつくばエクスプレスを降り、つくばバスセンターの3番乗り場から「つくバス小田シャトル」に乗車。


つくバスはコミュニティバスなんだそうで、普通の路線バスに比べてかなり小さく、乗車人数も限られたものでした。


つくばバスセンターから「小田中部」のバス停までは40~45分ぐらいかかったと思います。


その降車地点の「小田中部」で下車し、目的地である天満宮を目指しました。


と言うのも会場の小田西部公民館は、天満宮のすぐ隣……というか境内の中にあるからです。
(Google Mapには公民館ではなく小田西部集会所と書かれています)






映画は『忍びの国』と『殿、利息でござる』の2本立て、10時からと15時からの上映。
(トークショーが押して、2回目の上映は15時半からに結局なったみたいです)


天満宮のお社の前の野外、つまりは境内に木のベンチやパイプ椅子が並べられていますが、トークショーはこちらで行われました。
これは集会所がさほど広くないため、大勢集まったときの対策だそうです。


会場に到着すると、私はすぐに1回目の上映を見るために受付で記名して整理券を受け取りました。


少し早めに到着したので、近所を散策しようと小田城跡を目指します。


小田を訪れてみて驚いたんですが、城下町ということもあるためでしょうか、どこのお宅も立派な門構え&お庭のある、武家屋敷のような日本家屋なのです。


北海道出身の私は瓦屋根の街並みが未だに珍しく感じるので、町を散歩するだけでも楽しめました^^


きっとここなら立派なお城があるに違いない……! と勝手に勘違いしていた私。
地図にもちゃんと書いてあるじゃないのー、小田城"跡"って。


そう、到着してみると小田城跡にはお城はなく、広場にようになっていたのです。
でも、かつてお城が建っていた基礎部分の面影はしっかり残っておりました。




小田城跡のそばの駐車場にいた映画祭の関係者の方にお話をうかがったところ、散歩にはもってこいの場所だとのこと。


確かに広々としていて、爽やかな場所でした。
ここに昔お城が建っていて、合戦の話し合いも行われていたとは、幻のようにも思えます。


写真を撮ったので天満宮まで戻り、時間までしばらく待機。


9時半から開場だったんですが、その10分前くらいでしょうか。
緑のちゃんちゃんこを来た男性が、突然マイクを取ってトークを始める……ということに。


実行委員長の話では、何と中村義洋監督の恩師で、英語の先生をされていたそう。


その先生が楽しそうに、開場待ちをしている私たちに向かって、『忍びの国』のロケのときのことや中村監督の話を語ってくれました。


また、地元である小田と小田城、城下町についてもたっぷり。


15~20分ぐらいはトークしてらしたかな?
先生のお話が終わると私はさっそく会場へ。


事前に整理券をもらっていましたが、会場にはチラホラと空席(空座布団)があったため、誰でも自由に座っていいことになったみたいです。


集会場の中は畳で、何と広間には青と赤の座布団が敷き詰められていました。


もちろん青色(と言うか紺)の座布団に座り、『忍びの国』を鑑賞。
座布団に座って観る『忍びの国』も乙なものでしたよ! 智くん♡


ただ、上映は映画館のような感じではなくて、DVDをプロジェクターで映したものでした。
これもほかにはない体験です。


2本立てなので『忍びの国』のあとは『殿、利息でござる』の上映も。


その前の休憩時間、外に出てみると境内にはケータリングのラーメン屋さんとカフェが来てるじゃないですかあ!
ちょうどお昼時ですし、実行委員の皆さん、どうもありがとう~^^






ただ、私は『忍びの国』の予備知識として中村監督の時代劇を観ておこうと、『殿、利息でござる』を映画館で1度鑑賞しているし、ほかに行きたいところがあったので天満宮を一旦離れました。


向かったのは、こちらのギャラリーカフェ梟さん。
蔵を改装した、とてもおしゃれな古民家カフェです!




混んでるかな~と思いきやほかに誰も来てなくて、店先の案内に書かれていた通り軒先に吊るしてある鐘をゴイ~ンと叩くと、お店の人が母屋のほうから出てきてくれました^^


お店が開店しているときでも、お客さんがいないときは鍵をかけているそうなのです。


ここで私は偶然にもフォロワーさんと遭遇!
『忍びの国』ロケにも出されたという、美味しいコーヒーと、あとケーキを一緒にいただいてきました^^



こちらのお店、上映前に中村監督の恩師の先生も話していたんですが、『忍びの国』で智くんや石原さとみさんが待機していた場所でもあるとのことで……。


私もちゃっかり智くん席に座ってきました♡


お店の方からも、『忍びの国』ロケの話や中村監督の話を色々聞かせてもらえて楽しかったです。





そろそろトークショーの時間が迫ってきたため、お店の方にお礼を言ってカフェをあとにし、フォロワーさんとともに天満宮へ。


――そして、天満宮の目前で、私たちにとあるミラクルが……!!
待て次号!(このあとすぐ投稿します)