青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「柳岡くんがいきなり何か教室の椅子座って机を叩き出したわけ」

おはようございます。
昨日は結構色々とアラシゴトありましたね!


まず、予告されていた通り、嵐さんのJAL新CM「嵐 Meets A350」篇の動画が公開されました。


さらには嵐さんと米津玄師さんがコラボした『カイト』が、『みんなのうた』で2〜3月に放送決定したりと。



しかし、何と言ってもようやく公式サイトで解禁されたアレグラFXの新キャラクターですよ!!


ええ、大野智くんに加えて、知念侑李くんがサトシーラ様の後輩アレグラ人、チネラーとして起用されました!


もうね、西と言うか南のほうでは、だいぶ前から店舗で販促のポップなども飾られていたんですよね。
ようやっと関東にもその販促とポップの波が来たという感じです。


それにしても久光製薬さんは広告上手いな~。


実は、前々からアレグラFXについては、来年以降からCMキャラに起用されるのが誰かと考えたとき、私の中で最良の人物が知念くんだったんですよね。


でも、きっと世の中そう上手くはいかないと思っていたんですが、どうやら久光製薬さんがその最良のチョイスをしてくれたようです。
来年以降も、きっと知念くんがCMを引き継いでいくんじゃないかな!?


知念くんの起用が最良だと思うのは、智くんのCM後継者選びがすごくたいへんだから。
ファンの中には、CMキャラを降りたり変更されることで、あろうことかスポンサーさんへ苦情を言う人も少なからずおられます。


気持ちはわかりますが、時を置いてまた起用してくれる可能性だってあるスポンサーさんにファンが難癖をつけるのは、自担にとってマイナスのほうが大きいとしか考えられません。


ちょうど、マックの新CMキャラに木村拓哉くんが新たに起用されたことが今朝発表されましたが……。
次のCMキャラが同じ事務所のタレントさんだったら、なおのこと。


そして、智くんを慕っている知念くんが後継として最良なのは、そういった負の感情がファンに起きにくいのではないかと考えるからです。


来年以降の知念くんの起用があるとしたら、智くんのCM契約が終わってから突然切り替えるのではなくて、その前に共演を実現させているのも手法として上手い広告になっていると思います。


智くんの貢献で、アレグラ星人という設定もしっかり世間に浸透しているはずですからね!
後継ということであれば、ファン以外の方からも応援したい気持ちが起こるんじゃないでしょうか。


サトシーラ様は地球での活動を終えたら、アレグラ星に帰るのかな? それとも、また別の星の花粉症を退治しに行くのかな?


何はともあれ、近々公開されるであろうCMを楽しみにしたいと思います。



ほか、今日はテレビ誌を始め、雑誌の発売日がいくつも重なっているので、このあとレポと感想を投稿予定です。


昨晩は嵐さんのインスタストーリーズの投稿もありましたね♪
そろそろかな~って、待ち構えていました😊


お正月休みはおヒゲを生やして、ご実家のお母さんに何度もカレーを作って差し上げたのでしょうか⁉


ずっと前には、ヒゲを生やすとファンの子に「やめてくれ」って言われるって、そんなこと仰っていた智くん。


今だったらもうファンの子たちだって受け入れてくれるかもしれませんよ?🍀


ARASHI DISCOVERY forever(音源2015/12/10・レポート2020/1/15)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「おはようございます! 嵐の大野智です! "今日の一言"、カモン」


(SE)


(´・∀・`)エコー「とにかく俺は、どんどん上に向かってないとっいやなんです。落ちてく自分も見たくない。1か月かけてぇ落ちるんだったら、1時間のうちにどん底に落ちるのがいい。そしたら、その残りの29日と23時間は、また、上がってくことに使える」


(BGM:青空の下、キミのとなり)


(´・∀・`)「確かに!」


(´・∀・`)「これはですね、日本を代表するロックバンド、X JAPANのっメンバー、YOSHIKIさんの言葉です。ええ~、X JAPANは現在20年ぶりのぉ、ジャパンツアー中で、ええ、年末の紅白歌合戦にも18年ぶり、6回目となる出場を決めているなど精力的に、え、活動してます、ねっ」


(´・∀・`)「いやぁ、すごい言葉ですよ。ま、確かにそうですよね。無駄な時間なっちゃいますからね、この1か月間落ちるんだったらねっ」


(´・∀・`)「いやぁ、僕はねえ~、X JAPANはねえ! 初めて知ったのはあ、え~っと、あれはねえ、小学校ぉ、五年生かなあ~?」


(´・∀・`)「当時その同級生のぉ、柳岡くんがいきなりぃ、何かあ……教室のぉ、ま、椅子座って机ぇ、を叩い、叩き出したわけすんごい頭振って」


(´・∀・`)「『何してんの?』みたいなみんなが注目集めてえ、『知らないの? X JAPAN』みたいなって。当時ぃ、彼のお兄ちゃんも大ファンだったかな」


(´・∀・`)「ほんで、お兄ちゃんが買ったCDか何かを、持ってきてえ。そんときのCDのジャケットぉの! X JAPANの皆さんの、ひとりひとりのショットがすごい強烈だったの」


(´・∀・`)「そ、そんときたぶんYOSHIKIさんはあ、クモの巣に引っかかったみたいな(笑) ははぁ☆彡 すごい、演出で、と、撮られてて。まあ~、ちょっと怖かったよ、当時は」


(´・∀・`)「でえ! そのぉ、映像? も、持ってきたのかな柳岡くん。で、初めて見たときに、やっぱ衝撃を受けたの、覚えてる。すんごい頭振ってるのに、よく叩けるなっていう、そのね」


(´・∀・`)「そっからねえ、Xを、X JAPANを知ってえ、で、YOSHIKIさんが俺、ドラムだけだと思ってたけどお、透明なピアノも、ひ、弾き始めたとき、『何て多才なんだこの人は』と思って。うん。それ覚えてんだよねえ」


(´・∀・`)「散々ドラム叩いたあとにねえ!? 冷静な顔んなって歩き出しぃ、透明なピアノのとこにたどり着き、冷静に弾き始めるっていうねぇ」


(´・∀・`)「まあ、かっこいいわけえ!」


(´・∀・`)「それをね? けっ、いつだっけぇ? 去年か。『ミュージックステーションスペシャル』か。で、ひっさびさの……X JAPAN登場んときにぃ、YOSHIKIさんがそれをやってくださったのを見てえ、もうね、感動でしたね。俺そんとき生で、見てたの、袖で確か」


(´・∀・`)「だから、そ、見たいね。どんなパフォーマンスしてく、くれるんだろうね、紅白歌合戦。袖で見れんのかなぁ~。見たいよね、ぜひ」


(´・∀・`)「いやあ~、だからねえ、柳岡くんの(笑)、おかげで、僕は小学校五年生からっ、知ってますよ」


(´・∀・`)「だから柳岡くんに感謝しながら、え、紅白歌合戦もね、袖で見れたらと思っております!」


(´・∀・`)「以上、大野智でしたあ」


――智少年の目にした"クモの巣に引っかかったみたいなYOSHIKIさん"は、どの曲のジャケットやMVなんでしょう。


ググるとそれらしき曲はいくつかあるように思うんですが、これだ! という決定打が私には判断できませんでした💦


YOSHIKIさんも多才でしょうけど、そのトークしているご本人がねえ、誰よりも多才ですよね😊
歌もダンスも芝居もピカイチです‼️


それにしても智くん、小学校の頃の同級生のお名前まで、よく覚えてらっしゃるな~。


この音源を聞き返して、私も小学校の頃の友達の名前を思い浮かべてみましたが、ごく仲の良かった子のフルネームは言えても、そうでもない子は名前がもう出てこないですもの。


ラジオでは以前、ちょこちょこと同級生の方々との交流話を聞かせてもらえましたが、今でも連絡ぐらいは取り合っておられるでしょうか。
来年になったら今度こそ同級生の皆さんとゆっくりお花見などできるといいですね!




●大野智くん雑誌情報


○1/15(水)
「ASIAN POPS MAGAZINE」143号(メディアパル)
《前号で好評の「第22回小津安二郎記念 蓼科高原映画祭」上映の『忍びの国』共演者小松利昌、沖田裕樹が語る「大野智の凄さ!」のパート2を掲載等、正月号にふさわしい充実の内容!》
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 143号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 143号



●嵐さん雑誌情報


○1/15(水)
「ザテレビジョンZoom!!」vol.38(KADOKAWA)
嵐 新国立競技場&東京ドーム
ジャニーズカウントダウン/紅白歌合戦
(表紙 横山裕)
・楽天ブックス

ザテレビジョンZOOM!! (ズーム) VOL.38 2020年 2/28号 [雑誌]
・Amazon:ザテレビジョンZoom!! vol.38


○1/15(水)
「QLAP!」2月号(音楽と人)
嵐:デビュー20周年を祝うライヴツアーの最終公演。ファンへの愛を叫んだ感動の一夜
・楽天ブックス

QLAP! (クラップ) 2020年 02月号 [雑誌]
・Amazon:QLAP!(クラップ) 2020年 02 月号 [雑誌]


○1/15(水)
「ジュニアエラ」2月号(朝日新聞出版 )
スペシャル企画:嵐が新国立競技場に登場!
・楽天ブックス

月刊 junior AERA (ジュニアエラ) 2020年 02月号 [雑誌]
・Amazon:ジュニアエラ 2020年 02 月号 [雑誌]


○1/15(水)
「TV LIFE」3号(学研プラス)
櫻井翔×相葉雅紀 連載「嵐の"しやがれにしやがれ"~こんなもんじゃない?~」


○1/15(水)
「TVガイド」1/24号(東京ニュース通信社)
二宮和也×松本潤 連載「週刊VS嵐ガイド」