青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

櫻井翔くん『櫻井・有吉THE夜会』櫻井翔×石橋貴明:緊急対談(下剋上コント秘話)「大野くん、何かいいんだよね」

こんばんは。


今夜放送の翔くん司会の夜会では、石橋貴明さんとの対談がありました。


智くんについての話も飛び出し、『うたばん』の下剋上コントの映像なども流れました❗️😆


特に、石橋貴明さんが智くんや嵐について語るお話が興味深く、うんうんとうなずきながら聞いていました。


タカさん、ありがとうございます!
私も「食わず嫌い」に智くんの出演するところ見たかったな~‼️💦


主に智くんについての話題を、文字起こしとともに感想など書いてみたいと思います。


櫻井・有吉THE夜会(2021/2/18)

恩人・石橋貴明とサシ飲み!


翔くんによると、「活動休止をした自分として聞きたいことがある」とのことで……。


石橋貴明さんによると、お嬢さんが大騒ぎをして嵐さんの大晦日ライブ配信を見ていたそうです。


対談での話題は、まず、嵐さんが30回出演した『うたばん』のことについて。


(当時の下剋上の映像もチラッと流れました♪)


(`・3・´)「あれって、"中居くんがしゃべる"、"タカさんが大野に耳打ちする"、"ケンカ始まる"……。あれ何で生まれたんですか? 何がきっかけだったんですか?」


タカさん「あれ、別に台本になかったから」
(`・3・´)「なかったですよね? ね、そう」


タカさん「何か、俺からすると、匂ったんだよね、大野くんが(笑)」


タカさん「大野くんって、すげえ……あんまりしゃべらなかったじゃない、あの、スタジオで」


タカさん「何か、絵とか描いてもすごく上手いし、『あ、この人、何か、ちょっと角度変えてみたら、すごくおもしろくなるんじゃないかな』って、ちょっと感じてた。匂ってたんだよね(笑)」


タカさん「それで、中居正広が、また、ほら(笑)、もうね、ジャニーズのね、後輩が来るとね、収録が長いのよ!! 中居正広、しゃべるから」


タカさん「長いな! 中居正広は……と思って、それで(笑)、ちょっとおもむろに、ずっと俺思っていた中居正広に対する、こう、何? 恨みつらみ?(笑) それを大野くんに代弁してもらうっていう(笑)」


タカさん「何か、また中居くんも、何か、こう、先輩風吹かした話が一通り終わったところで、トンッってやると(太ももを叩いて合図すると)、『そんなこと言ったって、おまえは口パクだろ~』とかって、なるっていう(笑)」


(『うたばん』での下剋上コントの映像が流れました♪)


(`・3・´)「最高だったな~」
タカさん「でも、あれをやり始めて、嵐はいいグループだなって思ったのは……」


タカさん「ちょっと、大野くんにこうやって耳に入れてるときに、ちょっと『えっ? えっ?』ってやって(聞き返して)るときに、ちゃーんと四人は中居くんのほうを見ながら、ちょっとこう大野くんを見つつ、ちょっとその、間を作ってくれてんだよね」


タカさん「で、中居正広もちゃんと、こっち見てるもんだから、中居正広もちゃんと間を作って、『あ~、やっぱちゃんとしたグループだった』って思いながら(笑)」


タカさん「ちゃんとそこのね、尺をちゃんと作ってくれてるっていうね」


タカさん「やっぱおもしろいよね、抜群に(笑)」
(`・3・´)「最高でした。あれやっぱり、席順の妙もあったかもしれないですけど、大野じゃないほかのメンバーだとちょっとしんどかったです。やっぱり」


(`・3・´)「だからあれはタカさんが大野に耳打ちしているっていう。大野のキャラあってのあれだった。最高でしたね、あれ、ほんとに」
タカさん「大野くん、何かいいんだよね(笑)」


また、タカさんから嵐さんへの思いを語られていました。


タカさん「みんなもう40歳近いわけでしょ? あ、何か、知らぬ間にやっぱり、若人が青年になり、青年から、やっぱりひとりの大人の男になり、ああ、やっぱり去年、大人の男が五人で出した、そういう判断っていうのは、やっぱりみんな受け入れるんだなって」


タカさん「たぶんすごい、五人で葛藤あったと思うし、う~ん、五人しかわからないことあるだろうし」


タカさん「だから、あの五人で、去年最後に紅白で『ありがとうございました』って言ったとき、やっぱり何か、キタよね(笑) グッと」


タカさん「わからないじゃん。それはもう、絶対五人にしかわからないことじゃない。どんな……近くにいても、わかるのは五人にしかわからないもんね」


タカさん「だからその五人で出した答えだから、見てる俺らは、それをちゃんと、うんと、応援していくしかないなっていう」


(`・3・´)「いや~、嬉しいです。そんなに……。だからやっぱり、僭越ながらですけど、何かやっぱり見守っていただいていた印象があるから、僕は」
タカ「何だろうね? 『うたばん』、ほんと『うたばん』だけなんだけけどね」


そのあと、話は「食わず嫌い王決定戦」のことへ……。


タカさん「俺はねえ、ほんとにねえ、あれも好きだったけどねえ、『食わず嫌い』にね(笑)、みんなが来てくれて、ひとりずつ」


タカさん「ほいでで、必ず(笑)、え~、必ず倒して、負け、『負けたら罰ゲームだからね』つって。あの、デビュー曲を歌うっていう」


タカさん「ひとりずつやって、次に、う~ん、それこそ櫻井くんがやって、その次に松潤も負けてってって、あと、リーダーだけだったんだよ!」


タカさん「あれをねえ、コンプリートしたかったのよ、俺」


(智くんが出演していたら、十中八九コンプリートできたことでしょう~🤣)


(`・3・´)「あと一歩だったですよね~」
タカさん「そう。あと、綺麗に五人で、綺麗に構成して……」


それから、翔くんはこんな話もしていました。


(`・3・´)「僕は、その12月31日、コンサートして、活動休止なりましたつったら、今はもう大丈夫だけど、20日間くらいかな? 毎日嵐の夢見るんですよ」


さらに、話題は嵐五人の関係性へ。


タカさん「大野くんはちょっと年上なんでしょ?」
(`・3・´)「僕の1個上、一番上です。40(歳)」


タカさん「それ、先輩……的な感じはちょっとあるの?」
(`・3・´)「……うん、それもメンバーによるんすが、僕はあるんですよ。ちょうど1年先輩で1個上なんで」


タカさん「今は何? どうしてんの? たまに会ったりすんの? みんなと」
(`・3・´)「うん、連絡は取ってますし、うん、あの、『ご飯行こうね』って話もしてるから……。そう、全然連絡は取ってるんですけど」



●大野智くん雑誌情報


○3/5(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」150号(メディアパル)
interview ARATA 6 プロのダンサーが語る 大野智の凄さ
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 150号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 150号