青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん表紙『オリ★スタ』2009年3/16号①「ひとり時間の楽しみ方」グラビア・インタビュー「曇りのち、快晴」/大野智くん「流されない。疲れちゃうから」「自分のためだけにやってるわけじゃないね」

こんにちは。


今日は少し時間に余裕があるので、智くんがソロで表紙を飾ったオリスタを読んでいました。


智くんの大好きなグラビアが載っている雑誌です💙


単独インタビューも掲載されているのだけれど、今読み返すと何だか泣けてきちゃって……😢


智くんの思いは本当に昔から変わっていないなあ。


インタビューの発言も、ダンス同様に軸が全くブレていません。


過去のインタビュー記事を色々と漁っていると、伏線のようなものが張り巡らされて、発言の真意などあとから気づかされることがとても多いです。


この号ではほかにも、『歌のおにいさん』収録現場のレポートや、翔くんと一緒に受けたインタビューも載っていてボリュームがあります。


長くなるので、そちらについてはこのあとに紹介しますね♪


オリ★スタ 2009年3/16号

大野智 表紙


表紙の智くん、ヘアスタイルは当時放送されていた『歌のおにいさん』の健太くんスタイル💙


衣装は白Tの上に黒白チェックのジャケットとパンツという組み合わせで、軽く袖をまくっています。


両手の親指だけをパンツのポッケにインして、佇んでいるショット。


まっすぐカメラを見つめるまなざしが男前です💙


でもね、これ、表紙よりグラビアのほうがずっと素敵なんです‼️


グラビアのほうはかわいい系のジャケット脱いでTシャツだけだからかなあ?

大野智「ひとり時間の楽しみ方」グラビア・インタビュー(9ページ)


智くんの「ひとり時間の楽しみ方」グラビア・インタビュー、9ページは、とにかく写真が大きくて素敵な特集です♪


衣装は表紙と同じ物を含めて2種類。


グレーのベストにストール、白のロンT、そしてダメージジーンズ、さらにはショルダーバッグをかけて、智くんがドアを開ける場面からグラビアはスタート。


これが1ページ目。


2ページ目では、ベストとストールを取って、ベッドの上に身を投げ出しておられます💙


このロンT、下に着ているタンクトップが透けるほど薄い素材。


首には大きな鍵のペンダントトップをつけたシルバーネックレスも。


裸足だし、脇とかも透けて見えるし(キャッ💙)、ベッドに横たわるポーズもセクシーだし最高だなあ‼️


めっちゃ好きなグラビアです✨


3ページ目でなんて智くんが歯磨きしているからね🦷
超かわいい❗️


でも、実際はこんな風に口をすぼめて歯磨きなんてしてないんだろうな~。


そう、えづきながら歯ブラシしてるって言ってましたものね。
それはそれですっごい見てみたいです(笑)


表紙で着ているジャケットを脱ぎ、Tシャツだけになっているグラビアがそのあと4~7ページまで続きます。


リンゴの皮むいてる🍎


撮影中だし、ナイフを握る手は白いのだけれど、まるでブロンズ像で見るかのように筋がくっきりと浮かんでいます。


皮をむいている間、唇噛みしめて集中しているところがかわいいのだけれどね(笑)


ほかにも床に寝転び、お魚図鑑を眺めている智くんや、なぜかカメラに背を向けて、ソファに正座している場面も。


よく見れば手にしたボールを高く放り投げているので、どうやらソファの背に飾られていたピンボールで遊んでいたみたい。


ラストのページでは表紙と同じ衣装で、ソファに身を沈めてらっしゃます。


でも小さなソファだから、ひじ掛けから超スリムな足を放り出しているのが本当にかっこいいです💙


もうほんと、こんな絵になる体型している人いないよ~‼️


そう、モデルさんともちょっと違うの。
とにかく体のパーツが芸術的なのよ❗️


智くんの等身大フィギュアが欲しいです😆


【INTERVIEW】


インタビューもとてもボリュームたっぷり。


ちなみにライターさんは、『MORE』でニノの連載をずっと手掛けていた芳麗さんです。


・ドラマ『歌のおにいさん』の主題歌『曇りのち、快晴』について。


(´・∀・`)「すごく耳に残るよね。『DAN DAN DANG!』って何だろう? っていう感じだけど(笑)」


(´・∀・`)「こういう曲だから、ノリで歌えた感じ。レコーディングは、笑いながら歌ってました」


(´・∀・`)「ディレクターさんが笑いながら歌ってって言うから、ま、後半は疲れて普通に歌っていましたけど(笑)」


(´・∀・`)「ディレクターさんやスタッフさんの言うことをできる限り、聞き入れて、自分なりに表現しただけ。そこもいつもと同じ」


・ミュージックビデオについて。


芳麗さん「前半の上半身だけのパフォーマンスが特に良かった。あれも振付が先に決まっていたの?」


(´・∀・`)「いや、あの上半身のところだけは何も決まってなかった。監督が『自分で何となくやってみて』って」


(´・∀・`)「あそこは、一番最初に撮影したから朝早くて……感覚だけで、もう、パッパッパッと動いただけですけど(笑)」


(智、ほんとしゅごい‼️💙)


芳麗さん「本当に音楽と仲がいいですよね。ライブのダンスも、体の奥までリズムが入り込んでいる。きっと普段から音楽とかダンスが好きな人なんだろうなって」


(´・∀・`)「毎日、音楽は聴いているけど、特別なことじゃなくて。本当に常にBGMみたいに流れているんですよ。好きって言うより、癖みたいなもんだと思う。止められない癖」


(発言もめちゃくちゃかっこいい~💙)


(´・∀・`)「(普段は)洋楽ばっかりだねぇ。あ、でも、ドラマ『魔王』のサントラはよく聴いてる。あれ、考えた人は天才だと思う」


(智くんの審美眼……ならぬ審美耳はとても的を射ていて、『魔王』の劇伴を作曲した澤野弘之さんはその後、『進撃の巨人』やガンダム・シリーズのBGMも手がけ、海外からの評価も高いんですよね。また、智くんの作品の劇伴を担当してくれないかな~♪)


・ダンスについて。


(´・∀・`)「ウインドミルはねぇ……Jr.の頃に究めたくなって、1回挑戦したら落っこちちゃって。激しく股間を打って、猛烈に痛くて、それ以来二度とやっていない(笑)」


でも、できるよね?(笑)
ウインドミルは、開脚したまま、背中を軸に回転する技。
(※見たほうが早いという方へ↓)


www.youtube.com


・性格について。


(´・∀・`)「流されない。疲れちゃうから」


(´・∀・`)「ま、しゃべりたいときにしゃべればいいやって、本当はダメなのかもしれないけど(笑) 昔から、『みんなでご飯行こう』ってというときも行きたくなければ行かないって言っちゃうタイプだったし」


(私はそれでいいと思う。日本社会だと生きにくいかもしれないけれど、今後はもっと社会全体がそういうタイプの人も許容できる雰囲気になってもらいたいな)


・仕事自体は好き?


(´・∀・`)「そうだね。ライブはお祭りとして楽しいし、舞台は終わったあとが一番好き。やっている最中は、怖いけど、それを超えて終わったあとの達成感が好きなんだと思う」


・アートについて。


(´・∀・`)「自由に思いのままに作ることが全て。やっぱりね、人の評価じゃないんだよ。もちろん結果として、それを見て喜んでくれる人がいるのは嬉しいけど」


・嵐を続けている理由は?


(´・∀・`)「な、何で? そんなこと考えたこともないや(笑)
芳麗さん「話を聞いていて、自分のためではないんだろうなって」


(鋭いなあ、芳麗さん)


(´・∀・`)「うん。確かに、自分のためだけにやってるわけじゃないね」


(´・∀・`)「自分自身はどこに行っても、どうなってもいいやって思っているから(笑)」


これね、10年以上経って読み返すと思い当たること多くて、ほんと涙出る……😢


(※Amazonに良さげな書影がありませんでした。代わりに、昨日撮影した、満月後の夜空でも見ていてください~)




●大野智くんテレビ情報


 ○10/8 (金) 17:00-
 映画 怪物くん(BS日本映画専門ch)
 大野智

「青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。