青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐さん表紙『ピクトアップ』2010年4月号「熱狂と興奮の作り方」グラビア・インタビュー②/大野智くん「周りがどうだろうと調子に乗ったりとかしたくないし、できない」

おはようございます。


こちらは、2010年4月号の『ピクトアップ』より、智くんのソロインタビュー部分を取り上げたものです。


前回、同じくこの『ピクトアップ』2010年4月号の座談会を雑誌レポしたのが、もう1週間以上前のこと。


同じ日、目黒シネマで『黄色い涙』の上映と犬童一心監督のトークイベントに参加して……。


そのあと、智くんのバースデーイブに舞台『イモンドの勝負』を観劇し……。


そして26日のお誕生日当日には、全国公開された嵐さんのライブ映画を鑑賞。


智くんのツイートも、アーティストメッセージでの会話も、繰り返し読んだり聞いたりして過ごしています💙💙💙


もう1年近くお休みしているのに、その声と言葉でこんなにも空白を埋めてくれるんだから😢


改めて、すごい人のファンになったな~って、嬉しく思っています🍀


さて、それでは、雑誌を開いて、11年前の智くんの言葉にもふれてみましょうか♪


ピクトアップ 2010年4月号

嵐 表紙「熱狂と興奮の作り方」グラビア・インタビュー(14ページ)

大野智「ずっと"大ちゃん"でいい」インタビュー(1ページ)


智くんのソロインタビューのページにもグラビアが。


表紙と同じ、白Tに白×赤系のネルシャツ、キャメルのレザージャケット、ジーンズにブラウンのブーツというスタイルです。


髪の毛は黒の短髪で、ナチュラルに立てています✨


そのインタビューのリードには、ライターさんのペンでこんな文面が。


《嵐のリーダーであり、メインボーカル。近年は数々のドラマに主演し、情感あふれる演技で高い評価を受け、アートの腕は個展を開くほどに》


《これだけ多才でありながら、驚くほどに「普通」。常に静かにゆったりを嵐を支える大野智は、なぜここまでニュートラルでいられるのだろうか?》


ということで、ライターさんがそのニュートラルさについて質問しています。


・どうしてそんなにニュートラルでいられるんでしょうか?


(´・∀・`)「今までの育ち方や環境、全てじゃないかな。あと、メンバーもみんな変わってないっていうのが大きいと思う」


(´・∀・`)「Jr.のときは、仕事が終われば周りは『みんな早く帰りましょう』っていう感じだったのが、デビューしたとたんに態度が変わったのをはっきり覚えてるから。ちょっと違和感があった」


(´・∀・`)「デビューしたからって特別なことしてるわけじゃないのに」


(´・∀・`)「ずっと"大ちゃん"でいいよ。『大ちゃん、元気?』みたいな感じで」


大ちゃん、元気~!?😆


ああ、でも私、「智くん」呼びが好きなんだよなあ。


完全なる趣味の世界ですが😊


さて(笑)、次に、話題は智くんの原点とも言える『KYO TO KYO』のことへ。


・フライングしながら泣いていたりもしていたけれど、つらかったっていう思い出はない?


(´・∀・`)「つらくなはい。楽しかったんだろうね。有名になりたいとか、そういう気持ちが全然なかったし、何にも囚われていなかったから」


(´・∀・`)「でも、今は今で楽しいよ。要は、自分が変わらなければいいことだから、周りがどうだろうと調子に乗ったりとかしたくないし、できない」


・どんなときに仕事をしている喜びを感じますか?


(´・∀・`)「『嵐と仕事して良かった』『楽しかった』とか、個人で舞台やドラマをやったときは『大野くんと一緒にやれて良かった』って言ってもらったときですね。あとは何と言ってもコンサート」


そのコンサート、今は映画館でたっぷりと堪能させてもらっています♪


智くんが今、またソロコンをやったとしたら、どんなセトリになるのかなあ⁉


そうそう、つい先日知ったのですが、屋良朝幸くんが年末年始に、『ヤラボッチ』っていうソロコンをするんですよ~😲


ぼっちのコンサートね(笑)
「屋良っち」ともかけてるんでしょうけど😆


智くんの場合には、この次どんなタイトルになるでしょう。


想像して楽しんでいます😊




●嵐 LIVE DVD&Blu-ray『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』12月29日(水)発売!


楽天ブックス予約ページ


タワーレコードオンライン予約ページ


TSUTAYAオンラインショッピング予約ページ


セブンネット予約ページ


Amazon予約ページ

「青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。