青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん×松岡昌宏くん表紙『LOOK at STAR!』vol.8(2004年)舞台「TRUE WEST」グラビア・インタビュー/大野智くん「今までやってきた役柄の中にはなかった賢いやつの役だから、新しい自分を自然に出せそうな気がしてる」

こんにちは。


前回レポした過去の少プレでは、ゲストの智くんに、松兄の送ったメッセージビデオが流れました


そこで今回は、そのとき話題になっていた舞台『TRUE WEST』を取り上げた雑誌をご紹介。


と言っても、まだ舞台は始まっておらず、智くんと松兄は稽古中。


その稽古シーンが載っているのが非常~~~に私は嬉しい✨✨✨


稽古シーンを見られるのは舞台系の雑誌や、あとパンフレットの醍醐味ですよね♪


オースティンや成瀬さん、そして榎本さん、智くんの知性的な役柄をもっともっと見たくなってしまいました💙



あと、こちらの雑誌には、当時のMAが出演した舞台『真夏の夜の夢』の特集も掲載されていました。


このときの役柄、妖精・パックの演技を、町田慎吾くんはバースデー・イベントで少しだけ披露したことがありました。


きっと町田くんの中で大きな経験となった舞台なのだと思います。


全員そろうことはなくても、MAのメンバーでまた舞台やってもらいたいなあ♪
屋良っち自身も言ってたし。


町田くんと米花くんはこの間、また共演を果たしたから……。
次はぜひ、町田くんと屋良っちが同じ舞台に再び立つ日が来ないかな♪
(屋良っちは真剣に考えてくれてそう)


Look at STAR! vol.8(2004年)

松岡昌宏×大野智 表紙「TRUE WEST」グラビア・インタビュー(巻頭6ページ)


表紙の智くんと松兄は、モノトーン系のカジュアルなジャケットとTシャツ。
そしてジーンズという組み合わせ。


智くんは黒白ストライプのシャツジャケットに、ラインの入った白T、ユーズドジーンズを履いていました💙


靴は白のスニーカーで、首にはシルバーネックレスが光っています✨


これ、撮影場所はどこかの古いスタジオのようですね。
映画スタジオか、テレビ局のスタジオか……。


そのゲートの前で、智くんと松兄がポーズを決めて立っています。
智くんは安定のジーンズのポッケに親指だけ突っ込んだスタイル😊


お顔は童顔全開で、まだ高校生ぐらいな感じ🍀
松兄は……この人、本当に雰囲気も何もかも、今とほとんど変わらないな~😲


舞台『TRUE WEST』のグラビア・インタビューは、ページをめくってすぐの巻頭6ページ。


1ページ目はスタジオの中で撮影。
うん、やっぱりかなり年季の入ったスタジオですね。


そこに、表紙と同様に全身の2ショットが掲載されています。


ただ、衣装は変わって、松兄はイケイケな柄もののスーツ姿。
一方の智くんは、入社し立てって感じの紺色のスーツに白シャツ、トリコロールのネクタイを締めていました✨


でも、こうして黒っぽいスーツを着こなすと、一気に成瀬さん味が増すなあ‼️
この4年後には、成瀬さんになるのですから、本当に演技の幅が広い智くんです。


2ページ目は、表紙と同じ衣装に戻り、お二人は壁際に。


松兄はヤンキー座りで、智くんはそのそばで、壁にもたれて立っていました。
右足の裏を外側に向ける立ち方も、智くんの癖ですよね💙


3~4ページ目に1枚ずつ、アップのお写真が大きく載っています。
こちらも表紙と同じ衣装。


陰影の強い撮り方で、智くんのクールな流し目にドキッとさせられます💙
童顔なんだけど、色気すごってどういうこと!?(笑)


5~6ページ目にも2ショットが2枚。
これがね、すんごい『魔王』風❗️


ちょっと背中合わせの二人を別々の角度から撮った写真、『魔王』のグラビアでもありましたよね?


衣装も、斗真くんのカジュアルなスタイルと、智くんの黒っぽいスーツという組み合わせに、よく似ています。


そして、その下に『TRUE WEST』の稽古シーンを写した小さな写真が7枚‼️


うん、これは東京グローブ座のスタジオだと思うんだけど……。


智くんは黒のトップス、もしくはブラウン系のジャージにジーンズという格好で、演出家のアリ・エデルソンさんから演技指導を受けているようでした。


このときの舞台はストレートプレイだから、私の大好物のタオル鉢巻きはしてないね😊


――その、アリ・エデルソンさんのインタビューも載っているので紹介したいと思います。


松兄と同い年なんですよねえ、アリ・エデルソンさん。


アリ・エデルソンさん「ものすごいエネルギーと存在感で、周りにも影響を与えているのが松岡さん。大野さんは、静かで、内省的に物事を考えていく人。異なった性質の知性を、二人は共に持っていますね」


――それでは、智くんと松兄のインタビューをまとめてみたいと思います。
インタビューって言うか、対談?


(´・∀・`)「松兄に最初に話しかけられたときのこと覚えてるよ。僕がJr.として、TOKIOのライブにでたときのことだった」


(´・∀・`)「これから踊りのコーナーってときに、ステージ袖で松兄、『ここがしんどいんだよ~』って言ってた」
松兄「愚痴じゃねえかよ!(笑)」
(´・∀・`)「でも、すごい気軽に話しかけてくれるんだなって、嬉しくなったよ」


(´・∀・`)「僕も役作りにつては、あんまり考えてないなあ。でも、今までやってきた役柄の中にはなかった、賢いやつの役だから、新しい自分を自然に出せそうな気がしてる」


(もちろん演じ方は異なるだろうけれど、このグラビアの智くんにどこか成瀬さん味を感じるのは、オースティンとも共通したキャラクター性があるからかも‼️)


(´・∀・`)「僕は、かなりの難しさを感じてる。って言うのも僕、動いてないと何していいかわからなくなるから」


(´・∀・`)「だから、動いていれば台詞も一緒に覚えられるんだけど、今は座ったままのシーンが多いから、どう表現できるのか不安……でも、楽しみ」


松兄「大野は俺に気を使わないやつだから一緒にいて楽なんだよ。"先輩だから"ってかしこまれると、こっちは何も言えなくなっちゃうから、大野みたいなやつのほうがいい。まあ、失礼なときもあるえどね!(笑)」


(´・∀・`)「失礼かも(笑) かなり。例えば、東山さんとか、いきなり声かけてくることがあるから、つい『うん』なんて返事しちゃうときがあるんだよね」


(´・∀・`)「本番前の楽屋では音楽をかけるけど、作品のタイプによって違う曲を選ぶ。『センゴクプー』のは動き回る芝居だったから、盛り上がる曲をかけてたけど、今回はたぶん静かな曲にすると思う」


(もしも、智くんがこれから新たな舞台に立つとしたら、どんな作品になるのかなあ? 色々妄想してしまいます♪ 殺陣も歌もダンスもある和風なミュージカルがいいかなあ、やっぱ✨)




●嵐 LIVE DVD&Blu-ray『アラフェス2020 at 国立競技場』7月28日(水)発売!


楽天ブックス予約ページ


タワーレコードオンライン予約ページ


TSUTAYAオンラインショッピング予約ページ


セブンネットショッピング予約ページ


Amazon予約ページ