青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐「ARASHI Anniversary Tour 5×20」ナゴヤドーム(1日目)参戦

こんばんは。


管理人が今夜訪れたのは名古屋!
そう、嵐さんの5×20ツアー名古屋公演に参戦するためです♪


上は昼のナゴヤドーム。
下は参戦後に撮影した夜のドームです。




今夜の智くん、少し髪が伸びたように見えましたけど、それでも前日にヘアカットされたみたい。
サイドに流した前髪とか完璧な造形でしたよ♡


あと、やっぱり大野智のダンスは絶品だなと改めて思いました。
しなやかで流れるような動きの中に、さらにキレと正確さがあって。


セトリに、私が勝手に「大野智無双」と呼んでいる時間帯があるのですが、そのときの智くんの歌い方、歌声は鳥肌が立つほど!!


ダンスも彼のターン、ステップの技巧と芸術性に、「く〜っ」と悶えて何度も膝から力が抜けました!


かと思えばMCではキュートな面がたくさん(^^)


終わりの挨拶、一番最初の翔くんの挨拶が今回すごく感動的な内容で、私も思わず「泣かせるなあー」って、つぶやいてしまいました。


そのあとに挨拶した智くんは大きく息を吸い込む瞬間があったし、相葉ちゃんもかなりグッときてた感じです。


オーラスが近づくにつれ、終わりの挨拶がますます感動を呼ぶものとなることでしょう。


私はこのあとすぐに深夜に名古屋を出発する高速バスに乗って帰路につきます。


名古屋・大阪あたりなら、私はだいたい帰りは高速バス。


方向音痴をこじらせ気味な私は電車の乗り換えが超苦手で(^-^;


その上に乗り物酔いするたちなので、寝ながら移動できるバスの利用は重宝しています。
何より乗り物代が安いですしね!


それとナゴヤドームに入って、席でコンサートが始まるのを待ってたら、カウコンの当選メールが届いてびっくり!!


初めて当たったし、初めてカウコンに参戦することになりました。


全グループのファン応募するのだから当選確率を考えると当たるとは全く期待してなくて、むしろはずれることで嵐のチケットのほうが当たりやすくなてば……と思っていたぐらいで。


とは言え、もちろん当選してとても嬉しいです!
初のカウコンにドキドキしています(^ ^)

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「 前宙は着地が難しいんだよね、見えないから」&嵐「ARASHI Anniversary Tour 5×20」(ナゴヤドーム)1日目

おはようございます。


今日から始まりますね!
5×20ツアー名古屋公演3daysが!!


今後and moreもあることでしょうが、一応、ツアーの当初の予定の半分をこれで過ぎることになります。


智くん始め嵐の皆さん、長丁場です。
どうぞこれからもケガや病気をせずに元気に乗り切ってください。


智くんは足や喉の調子はその後どうでしょうか?
万全でありますように♡



さて、今日は年末年始号や新春特大号など、月刊テレビ誌の発売日でもあります。


いつものように雑誌レポを……したいところなんですが、管理人は何と3日連続でお出かけ。


基本、家で過ごすのが好きな体質なので、たいへん珍しいですよ、これは^^


いったいどこに出没するのか!?
また夜に、もしくは明日の朝にブログを書く予定です。


遊んだあとは、その間にたまった作業を片付けなくてはいけないわけで、明日からは怒涛のお仕事の日々へ(;^ω^)


月刊テレビ誌のレポは、どうやらもう少し先になりそうです。
昨晩のVSのレポのほうも。


でもVSは予告だけ録画を見てしまいました!


1月3日放送のVS新春3時間SPのBABA嵐では、智くんと相葉ちゃんが予選で最後まで残って戦うようで……⁉


ジョーカーは結局どちらの手に渡ったのか、非常に気になります(^^♪



そうそう、昨日、町田くんの舞台を見に行く途中の駅で、嵐さんが表紙を飾っている『週刊TVガイド』広告の写真も撮れました。


探していたわけじゃなくて、急いでいたときに運良く通りかかったんです。
ラッキーでした♪


ARASHI DISCOVERY forever(音源2013/11/28・レポート2018/12/14)


(´・∀・`)「おはようございます! 嵐の大野智です。"今日の一言"、カモン!


(SE)


(´・∀・`)エコー「幕天席地(ばくてんせきち)」


(BGM:Hit the floor)


(´・∀・`)「(フ~)え~、『幕天』の"幕"は、『幕末蛮風』の(笑)、"幕"。懐かしいね。『幕(まく)』という字ですねっ。ええ~。それに『天上(天井?)』のっ"天"! 『席地』という~字は、え〜、『ニノさぁ〜ん、ちゃんと席に着いてくださ〜い』の"席"。はい。そしてっ(笑)、地上の……え、"地"、と書きます」


(´・∀・`)「え、『これは気持ちの大きいこと』、また『小さいことにこだわらないようす』を表した四字熟語です。え、『空に広がる天をっ、え~、屋根代わりの幕として、ええ、地上をっ、え、座るための敷物に、し、してしまう』とい~うくらいスケールの大きい」スケールの大きい気持ちを持つことだそうです


(´・∀・`)「ほ〜、幕天ね。あれ! アクロバットのバク転ではないですからね? ええ~」


(´・∀・`)「バク転懐かしいね(笑) もうかれこれ、たぶんね、たぶんだよ? もう、わ、結構忘れてっから、間違ってるかもしんないけどぉ(スーッ) 『怪物くん』ときにぃ、3回、れ、バク転やったんだよぉ。あれでもう自分の中で封印したんだよね、確か。もうおいらやっちゃいけないなと思って。今やれって言われたら絶対できないもん」


(´・∀・`)「たぶんね、ニノも相葉ちゃんもできないと思う。相葉ちゃんはできそうだな! ふふふ☆彡」


(´・∀・`)「怖いね、もう……」


(´・∀・`)「でもねぇ、よくやってたよ! 一番やったのはねえ(スーッ)、ジャニーズJr.のときのぉ、あぁの、京都のときか何か。僕ねえ、結構できたんだよ!」


(´・∀・`)「今もう、Jr.の子が、ねえ? みんなやって、ちょっと当たり前みたいになってるぐらいだけどお、みんなすごいことやってるからね? でも僕もあれぐらい、できた時期があったんだよ……意外と」


(´・∀・`)「ロンダート、バク転、バク宙~、ス、スワンだの。残念ながらひねりはできなかったけどもね」


(´・∀・`)「いやあ、でもずーっと練習してたねえ。結構ね、おもしろいんだよ、あれ。慣れてくるとぉ、遠心力で体がどんどん、できるの、バク転て」


(´・∀・`)「そう、最初、できたてんときはもう~、難しいからぁ、手が痛くなったりするけども。いやあ、でもよくやってたよね、あのぉ〜、台、台からバク宙したりね」


(´・∀・`)「僕、前転もやってたね、前宙! 前宙は着地が難しいんだよねえ、見えないから」


(´・∀・`)「う〜ん。やってた時代はあったよぉ? もうでも、やる必要ないからね。もう。え? 誰も見たくないでしょ?(笑)」


(´・∀・`)「ファンの子、もしやっても、『ああ、危ない! 危ない!』って思うよ、たぶん。もうだって(笑)、そういう感じでしょ? もう、嵐くんも。ねえ?」


(´・∀・`)ファンの子「あぁ、危ない! 危ないからやめてぇ〜♡」


(´・∀・`)「みたいな。ファンの子はそうだと思う」


(´・∀・`)「ワイヤー使ってねっ(笑)、ほ、補助つきでね? んふ☆彡 腰持ってもらってね。うん。そこまでする必要もないけどもね(笑)」


(´・∀・`)「ええ~、やあ、でもね、そういうのありましたねえ。ん〜、ええ~。まあ、そういう時代もありましたけどね? あとはジャニーズJr.の子に任せましょう!」


(´・∀・`)「以上! 大野智でしたあ!」


――封印したり、「怖い」とか「できない」とか言いつつ、このあとハワイでも『日本よいとこ摩訶不思議』でも華麗にバク転してましたよね^^ 智くん!


智担にとっては伝説の2015-2016のカウコン、あのときの東山さんのバク宙を見て、智くんもかなり刺激を受けていたみたいでしたが!?


今後、バク転するかしないかはもう、智くん次第ということで……。


でも今度またバク転することがあっても。
(´・∀・`)「危ないからやめてぇ〜♡」
ってファンの子はなるかな!?
智くんの「ファンの子」のものまねはとてつもなくかわいかったけども♪


半分くらい「危ないからやめてぇ〜♡」と思いながら、でも「智ならできるっしょ!」と、どっしり構えている部分も"ファンの子"にはあるかも!


 



●映画「忍びの国」雑誌情報


○1/11(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」137号(メディアパル)
《FESTIVAL特集として、『忍びの国』等が上映され、中村義洋監督が貴重なトークショーを行った「筑波山麓秋祭り」の模様も掲載》


ASIAN POPS MAGAZINE 137号



●嵐さん雑誌情報


○12/14(金)
「TV navi」2月号(産経新聞社)
嵐 年末特大号 表紙 ピンンナップ・巻頭グラビア・インタビュー


○12/14(金)
「TVfan」2月号(メディアボーイ)
嵐 表紙 巻頭グラビア・両面ピンンアップ~Arashi染まる~
櫻井翔×内村光良×広瀬すず「第69回NHK紅白歌合戦」グラビア・インタビュー


○12/14(金)
「月刊TVガイド」新春超特大号(東京ニュース通信社)
嵐 表紙 SPグラビア・SPピンナップ・トーク・インタビュー
「元日はTOKIO×嵐」TOKIOとSPグラビア・トーク
櫻井翔「第69回NHK紅白歌合戦」SPグラビア・インタビュー


○12/14(金)
「月刊ザテレビジョン」2月号(KADOKAWA)
嵐 表紙
五人で「月刊嵐」スペシャル


○12/19(水)
「non-no」2月号(集英社)
表紙 嵐〈結成20周年スペシャル〉
さらに12ページの大特集「ARASHI-FUL LOVE」では、5人の今が詰まったビジュアル&インタビューをたっぷりお届け。


non・no(ノンノ) 2019年 2 月号 [雑誌]



●嵐さんテレビ情報


 ○12/15(土) 19:00-19:56
 天才!志村どうぶつ園(日本テレビ系)


 ○12/15(土) 21:00-21:54
 嵐にしやがれ(日本テレビ系)

町田慎吾くん出演舞台『ダンスカンタービレ2018』観劇

こんばんは。
2夜連続の舞台観劇です。


今夜は新橋駅のそばにある博品館劇場にて、町田慎吾くん出演の舞台『ダンスカンタービレ2018』を観劇してきました。





こちらは昨年春に町田くんが出演した舞台『ダンスカンタービレ』の第2弾。
前回はゲストだった町田くん、今回はレギュラーとして舞台に立っています。


タイトルにまごうことなきダンス一色の舞台で、台詞はほとんどなく、踊りでストーリーが表現されていく感じ。


そう言えば先月行われた『アクトカンタービレ scene1~Smoky Dog~』直前SP公開放送で、今回の『ダンスカンタービレ2018』の構成・演出・振付を手掛けている森新吾さんへ、町田くんが「女性の役じゃないよね?」って確認したそうなんですが……(笑)


舞台の幕が上がったときね、私すぐに「町田くんはどこかな~」って探したんです。
女性ダンサーが何人もいたので、「まだ出てこないのかな~。女性ばっかりだな~」って。


そしたらですよ、中央あたりにいた女性が前に出てきたと思ったら、よく見たら町田くんじゃないですかー!!( ゚Д゚)


私、今回幸運にもだいぶ前方の席だったんですが、町田くんの舞台メイクが美しすぎて一瞬女性だと思ってました(^^ゞ


ロビーのポスターの撮影とネットへのアップが許可されていたので、こちらのブログでもご紹介♪
お花もいっぱい届いてましたよ。




そんな美人さんな町田くん^^
『ダンスカンタービレ2018』ではダンスもキレッキレでした!


そしてフィナーレでは、ほんとに心から楽しそうに踊っておられました。


お芝居中に森新吾さんが着てたベージュのコートを、フィナーレで町田くんが着てダンスしていたところもかっこ良かった~。


あのね、ハイウエストな位置まで後ろにスリットが入っていて、コートでも動きやすく、そしてターンするときにたいへん綺麗に見えるんです、これが!


そのコートのすそをバサーッて頭からすっぽりかぶっちゃった一幕もあったけど、そんなハプニングも町田くんは楽しんでいたように見えました^^


そんでもって、森新吾さんの体型見て改めて思った。
ダンス極めると、腰のほっそい、お尻のちっさい、胸板うっすい体型になる説!!
智くんとか、屋良っちとかと同じ!


それから、今夜舞台を観ようと思ったのは、植木豪さんゲスト回だったからなんですよね。


今年公演のあった屋良っち主演の『THE CIRCUS!‐エピソード2 Separation‐』にも植木豪さんはご出演なさっていて、今私の暮している地元が思い出の地らしいので、何か親近感を勝手に持っています^^


植木豪さんの洋式のお辞儀かっこ良かったなあ。
胸に手をあてて、片足を引いて腰を落とすの。
パワーあふれるダンスも見ものでした!


町田慎吾くん、森新吾さん、そして植木豪さん、三者三様のダンスを見せてもらいました。
なかなか、これだけダンスを見られる舞台は少ないと思います。


私が観劇した『ダンスカンタービレ2018』は2日目。
16日(日)のお昼の回が千秋楽です。

嵐さん表紙ピンナップ隔週テレビ誌『TV LIFE』年末年始超特大号・1号「NEW YEAR COVER TALK」グラビア・インタビュー

二度目まして、こんにちは。
こちらは昨日発売されたLIFEのレポと感想です。


LIFEのグラビアは智くんの水色のダッフルがとてもかわいくて良かったです♡


テキストでは、「2018年のオフの思い出」として知念くんとご飯に行ったことや、「2018年、どんな年だったか、漢字一文字で表すなら?」との質問に、智くんが「船」と答えていたことが印象的!


来年はいったいどんな年になるんでしょうか?



そう言えば昨日、恒例の「今年の漢字」が2018年は「災」に決まったことが発表されていました。


個人的には私にとっても「災」な年でした。
フリーの仕事にありがちなトラブルが数々あって……。


サトシゴトも全くなくて寂しかったし(T_T)
でもその反面、ファン活動で何度も嬉しい出来事が起こったりと、良いことも。


来年は「智」な1年になりますように!!
何なら新しい年号に「智」の文字が入りますように!!(^^)


 

TV LIFE 年末年始超特大号・1号

嵐 表紙 ピンナップ+「嵐にしやがれすごろく2019」目次


表紙の嵐さんはニットにダッフルコートという組み合わせ。
智くんは生成色のセーターに水色のダッフル♡


私、水色のフードのついている服って、樽井翔太郎くんのイメージ^^
あのときの水色のパーカーがほんとに素敵だったな~って。
そこに黒の革ジャンと赤いエプロンってコーデがまたかわいくて♡


って、今回の水色のダッフルもかわいいですよ~!
上段ON、下段MASの配置で、画像処理で星が散りばめられているんだけど、肉眼で見る嵐さんの周りにもほんとにこうしたキラキラが飛び交っているようだから不思議^^


ピンナップはダッフルを脱ぎ、セーターだけになった嵐さんがNOMSAと体を少し斜めにして横一列に。
智くんとニノの生成色のセーターも、照明を明るくすることで真っ白に見えています。


ピンナップの裏面は「嵐にしやがれすごろく」で、過去のしやがれの名場面がマスになっていました。


信号のタップとか、火吹き実験のためにお口の周り粉だらけのさとちゃんとか、楽しそうに船の舵を握る智くんの写真がありました^^


それと、表紙と同じ配置の全身ショットを丸ごと使った、嵐さん専用の目次も1ページありました!(贅沢~)
松潤だけがピースしていて、智くん始め嵐さんは全員ガッツポーズ。


普通の目次にも表紙と全く同じ写真も小さく載ってます。

嵐「NEW YEAR COVER TALK」グラビア・インタビュー(巻頭12ページ)


嵐さんの「NEW YEAR COVER TALK」グラビア・インタビューは巻頭12ページ。


1~4ページ目では、それぞれ見開きで「ARASHI」のアルファベットのモチーフを使った撮影を。
ピンクの「A」とブルーの「S」が特に巨大で、立っている智くんがちょうど腕を乗せてポーズしているくらい。


背景は白、並びはOMSNA。
衣装は表紙のダッフルを脱ぎ、全員が白系のセーターになってる状態。
ボトムスは全員デザイン違いのジーンズ、そして黒いシューズ。
智くんのジーンズはつぎはぎがしてありました。


5~6ページ目は斜めの写真。
こちらも見開き使われており、あぐらをかいているニノの顔の上に、嵐さんが順番に頭を乗せていっています。
上からASMON。
階段を使った千手観音みたいな感じのフォーメーションで、わちゃわちゃ^^


智くんは中腰になって、右手はニノの肩に、左手は自分の膝に置いていました。
カメラに向けられた笑顔がいいですね♡


7~8ページ目は丸ごと座談会のスペースになっていました!
こちらはこのすぐあと、気になったところなどピックアップしてみたいと思います。


9~10ページは、ダッフルコートの嵐さんの2ショットが全組み合わせ分!
智くんは松潤と拳を合わせ、ニノとは手を取り合い、翔くんとは小さくハイタッチ、相葉ちゃんとは力強く手を組み合わせていました。


11~12ページ目は見開きで、前列SON、後列AMの並びで五人のバストショット。
智くんはイノシシのぬいぐるみを左手でなでなでしていたのが最高にかわいかったです(≧▽≦)


――それでは座談会をまとめてみたいと思います。

嵐 スペシャル座談会「決定!メンバーの2018年○○だったで賞」


・1年前、「『news zero』を見るために大きいテレビを買ったけど、まだ大きいテレビでは『news zero』を見ていない」と言った件に関して、今年は……?


(´・∀・`)「ふふ☆彡 見た……と思うよ」
「大きいテレビで見る翔ちゃんは……やっぱり大きいよね」
「あと、顔色とかもはっきり映るからね。見れば、体調がいいかどうかもだいたいわかったりする(笑)」


・野菜に関しては生産者からこだわる相葉ちゃん。その相葉ちゃんのおすすめサラダはみんな食べたことがある。


(´・∀・`)「俺も食べた。美味しかったよね。また前回と違うサラダ店の味で」


・RPG風に「松本はドリルを手に入れた!」ことが話題に(笑) ただドリルの音が大きくて、工事しているみたいな音がすることから、自宅では使えないらしい。


(´・∀・`)「松潤がそのドリルを体に当ててるのを見ると、『それ、ほんとに大丈夫なの?』ってなる(笑)」


・松潤いわく、ドリルは全然痛くない。


(´・∀・`)「そっか。それなら、ちょっと試しに1回使ってみようかな」
ノノ`∀´ル「いつでも使ってよ」
(´・∀・`)「ありがとうございます(笑)」


・ニノは、スタッフさんから「ずっとスーラータンばかり食べてるから、たまにはほかのを食べたほうがいい」と言われ、1度だけマーボー麺を食べたことがある。


・'17年に、相葉ちゃんから衣装のブーツが「似合っている」と言われ、「履きこなすで賞」を受賞した智くん。


(`・3・´)「(今年は)"デニムのシャツ、5年ぐらい着てるで賞"がいいんじゃない?」
(´・∀・`)「そう言えばこの間、全然違うシャツを着てたの。そしたらスタッフに、『お、珍しいですね』って言われた(笑) スタッフもそのデニムのシャツ知ってて、『もう5~6年着てますよね』って」


(‘◇‘)「あのデニムのシャツは、リーダーのお気に入りなんだよね」(←相葉ちゃんはいつでも優しい言葉を智くんにかけてくれるなあ)
(´・∀・`)「……何か着てしまうんだよね」


(´・∀・`)「ほかにもいっぱいあるんだけど」
「でも手に取るのは、基本やっぱりあのデニムのシャツなんだよね。『あ、今日もこれだな』ってなる」
「うん、選んだ結果」


(お気に入りの服を長年着続ける智くん、推せる♡)


【2018年のオフの思い出】


(´・∀・`)「侑李とご飯に行ったよ。俺から誘ったのにすっかり忘れちゃってて、侑李がテレビで連絡ながいって言ってるのたまたま見て思い出して(笑) 普通に色々な話をして平和に飲んだよ」


(マナブくんを見た智くんが、焦りながらLINEで知念くんに連絡入れるようすが目に浮かぶようです。笑)


(`・3・´)「ひとりでドイツに行ったこと」
ノノ`∀´ル「アメリカとヨーロッパを何か国か巡って、各地の美術館に足を運んだよ」


【2018年、メンバーのこんな瞬間目撃しました!】


(´・∀・`)「ライブのリハ室ですごい音がして。何だろうと思って見に行ってみたら、松潤がドリルみたいな形のストレッチマシンを体に当てて、"ブルブルブルー"って(笑) 『これ、いいんだよ』って言ってた(笑)」


(`・3・´)「大野さんはスマホの充電が少なくなってくるのがいやみたいで、よく充電してるんだよね。また、その充電コードがすっごく長い! だから『ずいぶん長いの使ってるなあ』って思いながら見てる(笑)」


【2018年、どんな年だったか、漢字一文字で表すなら?】


・大野智:船


(´・∀・`)「よく船に乗ったなと。船舶免許を取ったから、プライベートだけじゃなくて仕事でも乗らせてもらって。でも運転自体は月イチぐらいしかやってないから、まだ慣れないね」


・櫻井翔:広


(`・3・´)「幅広くお仕事させてもらったと思う」


・相葉雅紀:食


(‘◇‘)「特にうどんをよく食べた年だったね」


・二宮和也:楽


(.゚ー゚)「ドラマの現場が楽しかったから」


・松本潤:変


ノノ`∀´ル「色々な役を演じさせてもらったなと」

嵐「年末年始バラエティ」(2ページ)


嵐さんの年末年始バラエティの紹介が2ページ。


1ページ目は、1/3(木)放送の『VS嵐2019賀正新春豪華3時間SP』の収録レポになっていました。


OPはいつもの白い羽織りとグレー系の袴だけれど、ゲームでの対決では白地に黒いアクセントが入ったスポーツウェアにお着替えしている嵐さん。
中には黄色いTシャツも。


(´・∀・`)「風邪引くなよぉ」
という智くんの新年コメントもお写真つきで載っていました!


それからLIFEのカメラのほうへ、偶然なのか故意なのか、にっこりと笑いかけている智くんの素敵なショットも!^^


2ページ目には、今週12/15(土)しやがれより、相葉ちゃんとタッキーの企画がたっぷりと取り上げられていました。

櫻井翔×内村光良×広瀬すず「第69回NHK紅白歌合戦」グラビア・インタビュー・出場者名鑑(3ページ)


最初の2ページは紅白の出場者名鑑。
翔くんら、紅白司会者三名のグラビア・インタビューはそのあとに1ページ。
こちらもメディア共通の内容で、翔くんの衣装もほかと全く同じ白ジャケットでした。

次号予告


LIFE次号は、12/26(水)発売。
しやがれ連載は智くと松潤が当番です!



●映画「忍びの国」雑誌情報


○1/11(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」137号(メディアパル)
《FESTIVAL特集として、『忍びの国』等が上映され、中村義洋監督が貴重なトークショーを行った「筑波山麓秋祭り」の模様も掲載》


ASIAN POPS MAGAZINE 137号



●嵐さん雑誌情報


○12/14(金)
「TV navi」2月号(産経新聞社)
嵐 年末特大号 表紙 ピンンナップ・巻頭グラビア・インタビュー


○12/14(金)
「TVfan」2月号(メディアボーイ)
嵐 表紙 巻頭グラビア・両面ピンンアップ~Arashi染まる~
櫻井翔×内村光良×広瀬すず「第69回NHK紅白歌合戦」グラビア・インタビュー


○12/14(金)
「月刊TVガイド」新春超特大号(東京ニュース通信社)
嵐 表紙 SPグラビア・SPピンナップ・トーク・インタビュー
「元日はTOKIO×嵐」TOKIOとSPグラビア・トーク
櫻井翔「第69回NHK紅白歌合戦」SPグラビア・インタビュー


○12/14(金)
「月刊ザテレビジョン」2月号(KADOKAWA)
嵐 表紙
五人で「月刊嵐」スペシャル


○12/19(水)
「non-no」2月号(集英社)
表紙 嵐〈結成20周年スペシャル〉
さらに12ページの大特集「ARASHI-FUL LOVE」では、5人の今が詰まったビジュアル&インタビューをたっぷりお届け。


non・no(ノンノ) 2019年 2 月号 [雑誌]



●嵐さんテレビ情報


 ○12/13(木) 19:00-19:57
 VS嵐(フジテレビ系)


 ○12/15(土) 19:00-19:56
 天才!志村どうぶつ園(日本テレビ系)


 ○12/15(土) 21:00-21:54
 嵐にしやがれ(日本テレビ系)

嵐さん隔週テレビ誌『TVstation』年末年始超特大号・1号「2019 ARASHI & Hello 20th Anniversary」グラビア・インタビュー

こんにちは。
こちらは昨日発売されたけれど読み切れなかったテレビ誌2誌の雑誌レポです。


まずはテレステから。
表紙はイラストになっていますが、嵐さんのページは巻頭です!


その巻頭グラビアの智くんがほんとセクシーなんですよねえ。
何でしょう。
シャツがぴったりサイズだからなのかな!?
それともストライプの柄とかデザインのせい?


それに、智くんのインタビュー内容が素晴らしくって、どうやってこんな言葉の数々を彼から引き出したのかと記者の名前を確認したら、そこに上甲薫さんのお名前が。
ひょっとして……⁉


週刊隔週テレビ誌の年末年始号、グラビアだけなら雑誌レポを昨日アップしたジョンやガイドが好みですが、インタビューを含めたらこのテレステが一番おすすめです(^^♪


 

TVstation 年末年始特大号・1号

嵐「2019 ARASHI & Hello 20th Anniversary」グラビア・インタビュー(巻頭9ページ)


嵐さんのグラビア・メッセージが巻頭9ページありました。


五人は全員、デザイン違いの赤系のシャツに黒いパンツ、そしてサスペンダーというファッション。
智くんと翔くんと松潤は個性的な柄のネクタイを、ニノは蝶ネクタイをしていました。
相葉ちゃんはシャツと一体になっているらしいストールを結んでいます。


智くんのシャツはワインレッドとグレーのストライプ。
そこに組み合わせているサスペンダーが白で、黒地に白文字でたぶん「Thank You」ってデザインされているネクタイもこじゃれてて素敵♡


やっぱシャツがジャストサイズで、体のラインが一部わかるのがいいのかなあ?
こちらの写真では肩とか二の腕のあたりとか、特に。
定番の腕まくりも最高♪


そんな智くん始め、嵐さんは全員手に黒いハットを持ち、挨拶しているかのように掲げています。


茶色のひとりがけソファに腰かけているのは智くんだけ。
翔くんは床の上、にのあいはひじかけに座り、松潤は背もたれの後ろに立っていました。


2~5ページ目にはそれぞれのソロショット大小2枚とインタビューが。


先ほどと同じ衣装で、智くんも写真もカメラ目線の大きいサイズのものと、目線をやや落とした小さいサイズのショットが掲載されています。


智くんのインタビューのみまとめてみたいと思います。


・20周年イヤーを迎え、「ああ、そこまで来たか」という感じ。10周年のときは「もう10年経つんだ」っていう感じだった。


・20周年記念ツアーも始まり、改めて「この曲を出したときは自分たちはこんな感じだったな~」とよみがえるものがある。


・10周年のときはものすごくたくさんの方が祝ってくださった。


(´・∀・`)「そこから俺はもう地に足がついてない状態(笑)」


・もともと"芸能人精神"みたいなものがあまりないせいかもしれない。


(´・∀・`)「"俺たちって普通じゃん"って気持ちがあるからね(笑)」


・ただ、もちろん喜びや感謝はある。


(´・∀・`)「やっぱり応援してくれるみんなの思いにはこたえたい。だから、そのためには、これからも自分にできることを精一杯やっていこうと思ってるよ」
(どこまでもついていかせてください!!♡)


・11月3日のデビュ―日、嵐の19歳の誕生日を五人で祝った。その日はみんなのスケジュールが空いていて食事に行くことに。でも実際は乾杯だけして普通に過ごした。特別な日ではあったけど、普段からよく話すから話の内容に特別感はなかった。


(´・∀・`)「でも、五人だけってのは、すごく新鮮だったよ」


・考えてみれば、そうやって五人で色々と話してこれたのが、20年続いた1つの理由かもしれない。


・ターニングポイントはいっぱいあったが、印象深いのは1~2年経った頃、「変わっていかないとまずいな」っていう空気がみんなの中に生まれたこと。自分たちは何も成し遂げていないし、経験もない。そんな自分たちが、嵐を注目してもらえるグループにするにはどうしたらいいか、しょっちゅう五人で集まって話していた。


(´・∀・`)「やっぱり、自分たちで嵐を作り上げていかないと誰も助けてくれないよねって思ってたから」


・そこでみんなの思いが一致した。それがあったから、今があるんだと思う。


・20年も続くことって不思議。結局、誰よりも長くいるのはメンバー。つながりみたいなものは確実にある。だから言葉を交わさなくてもわかり合えるところもある。それは1年や2年じゃ得られなかったもの。


・"友達"でもなく、"仕事仲間"という感じでもなく、まさに"嵐"。なかなか味わえない特別な感覚の関係。


(智くんのこの言葉のポイントは、"友達"でもなく"仕事仲間"でもなく、そうした概念と同等の"嵐"という特別なくくりが自分たちの中にあるってことなんだよね。これはものすごいこと。いずれにも分類されない特別なコミュニティが自分達の中にあるってことだから。"友達でもあり"、"仕事仲間でもあり"とかって人間関係が重複している人はほかにも結構いると思うけど、"嵐"というコミュニティを持っているのは嵐の五人しかいない)


・個人的には'18年はゆっくりできた。


(そうでしょうねー! でも、この20年、いえ、Jr.時代を含めたらもっともっと長い時間を駆け抜けてきた中で、智くんがゆっくりと過ごせる余裕を持てていたことは嬉しくもあります^^)


(´・∀・`)「時間に余裕ができたから、自分を振り返ることもできたし、何より小型船舶の免許を取ったのが大きかった」


・取って良かった。仕事にも役立っている。海の上はすごく開放感があってホッとする。


・この1年間は結構充実していた。'19年も充実させたい。


・最近は、毎年同じ誕生日のマルとプレゼント交換するのが恒例。


(´・∀・`)「あいつがくれるから、俺も返す、みたいな(笑)」


・今回はたぶんマルと誕生日を過ごすことになる。


(´・∀・`)「あいつひとりが盛り上がって、そういう企画を進めているんだけど、さすがに俺も逃げられないと思うから(笑) まあ、そういう誕生日もたまにはいいかな」


(そのお話、いつかどこかで詳しく聞かせていただけたら……♪)


また、相葉ちゃんによれば、嵐の19周年の誕生日に五人で食事したとき、女子の気持ちがちょっとわかった……のだそうで(笑)
「メガネははずしたほうがいいんじゃない?」「このアングルのほうがいい」などなど言いながら、写真ばっかり撮っていたとか( *´艸`)


翔くんの話では、そのとき翔くんと松潤だけがジャケットを着ていて、智くんらほかの三人は普段通りのカジュアルスタイルだったらしいです。


【最近の悩みは?】


(´・∀・`)「やたら眠い(笑) 季節の変わり目のせいかなって思うけど、朝起きるのがきついんだよね。1年のうちで、どこかかしら眠い時期はあるんだよ。でも、今回はそれが長い。ビタミンとかが足りないのかな? だから、この眠さの原因は何かっていうのと、これを解消するにはどうすればいいんだろう? っていうのが今の悩みかな(笑)」


(`・3・´)「申し訳ないけど、何も思い浮かばないや。感じる時間がないというのが正直なところかも」
(‘◇‘)「食欲がすごい! めっちゃ食べる! 運動するから、おなかがすくのかな?」
(.゚ー゚)「悩みもない! 何かもう、悩むとかそういう習慣は突き抜けちゃったね(笑)」
ノノ`∀´ル「靴を大量に持っているから、どうしようかな~と思っているところ」


【最近ゲットした「いいもの」は?】


(´・∀・`)「色とか全部自分で選んでオーダーメイドできる釣り竿を買ったんだよ。何色にしようかな? って決めてるときも楽しかったけど、それがついに出来上がってきたから、今、興奮してる(笑) いつも竿は黒ばっかりなんだけど、それは黄色にして、ちょっと派手にしてみたし。何か釣ってもテンション上がりそうな気がするよ」


(`・3・´)「今回のツアーのパンフレット」
(‘◇‘)「(5×20の)ブランケットかなあ」「家でテレビ見るときとか、膝にかけたりして愛用しています」
(.゚ー゚)「うーん……あまりないなあ」
ノノ`∀´ル「ここ1年以上ずっと飲み続けている温泉水がいいの」


あとね、このページの最後にANOSMが横一列に肩組みしている写真が載ってるんです。


この写真の智くんがすごくいい!!
ちょっとだけ前屈みになったときの胸板の感じが///


6~7ページ目には、通路を歩く嵐さんの写真が4枚と、見開きいっぱいに同じような場所でポーズを決めている5ショットが。
並びはいずれもMNAOSの横一列です。


こちらには今回のツアーについて語る嵐さんの座談会が。
テキスト自体がそんなに長くないし、智くんの発言も少なめです。


(´・∀・`)「新規の踊りもそんなにないし、思い出しも意外と早かった気がする。やっぱり、染みついているんだろうね。あまり考えなくても体が動いている曲もあるからおもしろいよ」
(智くん、体に染み込むぐらいいっぱいいっぱい振りの練習したんでしょうね^^)


(´・∀・`)「ただ、今回のコンサート、結構疲れるんだよ(笑)」
(‘◇‘)「わかる! 終わったあとでしょ」
(´・∀・`)「そう! 打から結構、踊っているんじゃないかな」


さらに、翔くんの紅白司会については……。


(´・∀・`)「たぶん、優勝旗を持ってる回数は、かなり多いほうだと思う。でも、今回も、もし勝ったら、またちょっとだけ持たせて(笑)」
(`・3・´)「いいよ。写真撮ろう!」
(優勝旗を持ちたがる智くん^^ かわいいな~♡ そしておもしろいww)


8ページ目では、来年の干支、イノシシを折り紙で五人が折ることに!


スケッチブックに描かれたお手本を、翔くんがめちゃ厳しい顔つきで見つめております(笑)


どうやら折り紙でイノシシを折るときには、前足と後ろ脚を「舟」を折るときと同じ要領で行うらしいのですが……。
(´・∀・`)(`・3・´).。oO(ふね?)
と、お山の二人はそろって怪訝な表情に。


銀色の折り紙で智くんが作ったイノシシは……ひょっとしてオリジナルスタイル⁉
翔くんはイノシシ作りを最初っから諦めて(笑)、飛行機を折っていました~。


9ページ目はメイキングというか、撮影合間の嵐さん。


一番大きい写真、手すりに両ひじを乗せて寄りかかっている智くんを、あおったアングルから撮影しているのナイス!!


アゴの下なんて、なかなか拝める角度ありませんからね^^
前髪が照明でキラキラ金髪になっているところも、小指だけ伸びている手の形も、全部素敵♡


かと思えば、階段を下りてくる5枚の連続写真にて、一番てっぺんで目をギューッとつむり肩をいからせている智くんが(笑)
次の瞬間に嵐さん全員が笑顔になっているところをひっくるめて、実にいい写真です!


【かけ合わせたらおもしろいものは?】


(´・∀・`)「京都」
「20年以上ぶりにその舞台(Kyo to kyo)でやっていた牛若丸になって五条大橋で写真撮ったらおもしろいんじゃない?」
「でも、当時は子供でホテルと劇場を往復する日々だったから、本当は五条大橋や、京都の街に思い出らしい思い出はないんだよね(笑)」


(智くんにぜひ実現していただきたいのです!!)


(`・3・´)「KAT-TUNの上田かな」
(‘◇‘)「バイク」
(.゚ー゚)(←ない)
ノノ`∀´ル「松本潤×ムロツヨシ(笑)」

櫻井翔×内村光良×広瀬すず「第69回NHK紅白歌合戦」グラビア・インタビュー・出場者カタログ(4ページ)


翔くんを始め、内村光良さんなど紅白司会者三名のグラビア・インタビューは2ページ。
メディア共通のもので、翔くんの衣装もほかと全く同じ白いジャケットに赤いポケットチーフ。
残り2ページは出場者カタログになっていました。

大 Catch the 嵐(2ページ)


「大 Catch the 嵐」2ページでは、誌面の上段半分が『VS嵐 2019賀正新春豪華3時間SP』の収録レポで占められていました。


(´・∀・`) < テレビの前のみんな、風邪引くなよ!


《嵐を代表して気合いの一言を頼まれるも、ファンへの優しいメッセージになってしまったリーダー。嵐、初の総ツッコミ》


「お正月顔ミックス」対決では、智くん、隣の松潤を色っぽく流し見ていたり、あと正解がわかったのか目を輝かせている表情も。


新ゲームでは智くんが、
(´・∀・`)「嵐は新しいゲームに弱い」
と分析したことが的中⁉


ほか、下半分には、しやがれの相葉ちゃんの企画、TOKIO×嵐、マナブくんの紹介がそれぞれ少しずつありました。

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「やっぱ根本好きなんでしょうね。やりたくなるってことは好きなんです」&嵐「ARASHI Anniversary Tour 5×20」グッズプレ販売(ナゴヤドーム)

おはようございます。


今日は名古屋ドームのプレ販ですよ!
昨晩あたりから気になる会場限定チャームのお色の情報がチラホラ^^
愛しき青色チャームの行方は⁉



さらに、今日はVSの放送日でもありますけど、またまた私は夜にお出かけするのでレポは……いつになるかな?
仕事の納期が迫っているので、数日後になるかもしれません(;^ω^)


でも今夜またブログを更新しますよ~。
さあ、管理人はいったいどこに出没するでしょう!?



昨日読み切れなかったテレビ誌の残り2冊、テレステとLIFEの雑誌レポはこのあとに……。



※TVガイド Twitter

【TVガイドお正月特大号は本日発売!☆VS嵐連載裏話①】門松の前での撮影は、キリッとした表情からスタート。カメラマンが「次は、お正月らしくバッ!っとした動きある感じを…!」とお願いすると、大野さんが瞬時に両手を広げ"バッ!"と、松本さんはその隣で"グッ!"としてくださり見事な連携プレー♪

【TVガイドお正月特大号は本日発売!☆VS嵐連載裏話②】日本の伝統・紙風船でも遊んでいただきました。"ポンポン"と進むかと思いきや、本気の勝負で"ボスッ!ボスッ!!"という音が室内に鳴り響きます。最後は大野さんの一打が床へ…。紙風船の行く末と、爆笑のお2人はぜひ誌面で確認してくださいね。


※TVstation Twitter

【TVstation1号・本日12/12発売】巻頭グラビア #嵐①今年も、年末年始特大号グラビアを飾っていただいた嵐の皆さん。2019年&嵐アニバーサリーイヤーに向け、爽やかな笑顔&ハットで「HELLO!」。新たな年の幕開けです。

【TVstation1号・本日12/12発売】巻頭グラビア #嵐②エレベーターや階段付近への移動では、#松本潤 さんの「よし、行こう!」の一声で仲良く移動。笑い合い楽しそうな5人にこちらも思わず笑顔に。自然体な姿も併せてお楽しみください。



ARASHI DISCOVERY forever(音源2014/5/29・レポート2018/12/13)


(´・∀・`)「おはようございます。嵐の大野智です。"今日の一言"、カモン!」


(SE)


(´・∀・`)エコー「芸術とは、目に見えるものを、複製することではない。(スーッ)見えないものをっ見えるようにすることだ」


(BGM:GUTS!)


(´・∀・`)「おお〜、深いっすねえ〜。先輩ぃ。ふふふ☆彡」


(´・∀・`)「これはっ、色彩のっ魔術師と言われたスイスの画家、パウル・クレーさんの言葉です」


(´・∀・`)「え~、リスナーのよしみさんから教えていただきましたぁ。え、メールを読みますと」


(メッセージ)「私は子供のような純粋さを感じるクレーの絵が大好きなのですが、智くんはクレーの絵を見たことありますか? もし見たことがないのなら、ぜひ見てみてください」


(´・∀・`)「ぅあ〜、そう、ここにあるんですけどねえ。見たことなかったねえ!」


(´・∀・`)「いやあ、でも、(紙をめくる音)独特ですよね? うーん。色んなタッチありますね(ペラッ紙をめくる音)、よく見るとね」


(´・∀・`)「どういう思いで描いたんでしょうね、これ。や、だからそういうのが気になっちゃんだよねっ、僕ね」


(´・∀・`)「絵もぉ! もちろん気になるんだけどお、(スー)どういう思いでここまでの絵になったのかとか。まず何が浮かんだからこう描いたのかとか。何かそういうのがすごい気になるタイプなんだよね。ん~」


(´・∀・`)「いや、でも色んな絵ありますけどね。もうほんとにねえ、(チッ)正解なんかないなって思い始めて最近。(チッ)ま、自分の中で正解だったらいんじゃないですか? っていう感じのねっ。ええ~」


(´・∀・`)「だからねえ、ま、でももう〜、僕も、ぼちぼち描き始めようかなあと思って。え〜、ドラマももうすぐね、え〜、終わるということでねえ」


(´・∀・`)「ま、ちょっとね! ほんとに、でっかい絵を描きますよ」


(´・∀・`)「いや、描きたいなと思っててぇ、前から言ってたけども。そ、おっきい絵、ま、おっきいっつっても、まあ、縦2m、横150(cm)ぐらいなのかな?」


(´・∀・`)「そう、だからねえ、ちょっと玄関測ったからね。入ります。ええ~」


(´・∀・`)「それをちゃんとやんないとね、昔みたいなね、ほほ☆彡 全く玄関から出ねえじゃねえかって話ね。中で組み立、組み立てちゃうパターンね。うん。それはもうやめて、やめましたんで」


(´・∀・`)「あとっ、キャンパスの板、はずして描きますから(笑) 丸められる状態に(笑) それで描けば絶対安全でしょ? ええ~」


(´・∀・`)「だからちょっと考えて、もう学びましたよ、僕も。え~、30(歳)過ぎて、ようやく♪ ふふふ☆彡」


(´・∀・`)「まあ。でもね、ほんとぉ、おもしろい絵、ちょ、でかいの興味あるんでね、ちょっと、何かまあ、あんまり、凝らない絵も描いてみたいな。ね、勢いで描く絵も、あれば、凝る絵もあれば、ま、あと立体も何かおもしろいことやってみたいっていうね」


(´・∀・`)「やっぱ根本好きなんでしょうねっ。やりたくなるってことは好きなんです。う〜ん、だからちょっとね。ええ、描いていきたいと思いまぁす!」


(´・∀・`)「いじょっ(以上)、大野智でしたあ!」


――『死神くん』のドラマ撮影もそろそろクランクアップを迎えようという頃の智くんのラジオ音源でした!


絵が好きだから、絵を描きたくなる。
どんな作品でもどんな職業でも、こうした純粋な動機って一番強いんじゃないかな~って私も思います。


これが名誉やお金のためだったら、動機やモチベーションにはなるだろうけれど、いい作品やいい仕事につながるかはわからないですもん。


その時代の同じような思いを抱えている人たち、例えば自分をかっこ良く見せようとしてアートが趣味だと言う人や、絵の値段が高いからと言って褒めたたえる人に評価されたとしても。


一時もてはやされるかもしれないけれど、時を超えて愛される作品にまではならない気がしてしまいます。


智くんの歌やダンス、それにお芝居も、そうしたただ純粋な思いで練習や経験を重ねてきたものだから、こうしてずっとファンに愛されているんじゃないかなあ。


そろそろ智くんの絵の話も聞きたいですね。


 

林翔太くん出演・ふぉ~ゆ~松崎祐介くん主演舞台『デルフィニア戦記~動乱の序章~』観劇

こんばんは。
今日は「渋谷区文化総合センター大和田」のさくらホールで行われた舞台『デルフィニア戦記~動乱の序章~』を観劇してきました。




入り口の前に白い赤血球みたいな謎のオブジェが。



ロビーにはお花も。





こちらの『デルフィニア戦記~動乱の序章~』は、ふぉ~ゆ~松崎祐介くんが主演の舞台で、林翔太くんと、あと『転世薫風』で智くんとも共演している秋本奈緒美もご出演されていました!


林翔太くんはシェラという役。
舞台『デルフィニア戦記』公式サイトのトップページにもそのお写真載っています。


www.delfinianwar.com


ええ、今回は林くん、女装というか、女性になりすましている役柄なんです。
観劇する前は、正直どうなんだろな~って思っていたんですが……。


実際に舞台を見てみたら全く違和感なくてびっくり!
何がすごいって演じているときの声がね、ほんとに女性のようだったんです。


国王役の松崎くんも、出演している演者さんたちも、とてもいい演技をされていました。


それに王女役の佃井皆美さんの殺陣がものすごかったの!!
パンチする直前の腕の引き方とか、キックするときの腰の入れ方とかが全然違う。
剣さばきも見事でした。


女性であれだけのアクションができる人って、あまり見たことないのでこちらにも驚かされました。
気になってググってみたら、アクション出身の女優さんでした^^
なるほど、納得!


ストーリーとしては脚本と演出が硬く感じたんですが、これは好みの問題かな~と思います。


『デルフィニア戦記』は今日が前楽でした。
前回、林くんの舞台を観に行ったときも確か前楽だったっけ^^


「動乱の序章」という副題がついているからには、続編がありそうな気がします。
そのときはまた林くんも出るのかな!?




舞台の前に渋谷ヒカリエに寄って「ルパン ドゥ ジョエル・ロブション」さんのチーズフランスパンを買ってきました!
以前に、しやがれで智くんが召し上がっていたものです♡


明日の朝、温めて食べようと思います^^
きっと智くんみたいに食べるの止まらなくなるんじゃないかな!?(笑)