青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

大野智くん主演映画『忍びの国』新宿バルト9 応援上映 参集!!

【お知らせ】


 ・8/23(水) 4:00-5:25
 めざましテレビ アクア(フジテレビ)
《二宮和也 西島秀俊》


 ・8/23(水) 5:25-8:00
 めざましテレビ(フジテレビ)
《二宮&西島シェフ姿》


 ・8/23(水) 5:50-8:00
 ZIP!(日本テレビ)
《二宮和也が料理人に》




こんばんは。
本日、全国各地で行われた映画『忍びの国』応援上映ですが、管理人は新宿バルト9での応援上映に参集してまいりました!!
バルト9で忍びの応援上映が行われるのは3回目、私は2度目の参集となります。


上映スクリーンの手前のロビーでは、忍びの5連のポスターがお出迎え^^


始まる前に「忍びの国祭り~!」って声を上げてくれた方がいたのが嬉しかったなあ♪
私も全力で「でいっ!!」って返してきました(^^)/


そしてバルト9でもやっぱり応援上映は無門に次いで大膳が人気でした。


上映後にはスクリーンの横に映画館のスタッフのお姉さんが現れて、肉声で「忘れ物にご注意を」との呼びかけをしてくださいました。
温かいアナウンスに客席からは拍手が沸き起こっていました~^^


応援上映は楽しい! っていう気持ちももちろんあるけれど、作品へのたくさんの方の声援やスタッフさんのお心づかいにいつも胸が熱くなり、それがとても幸せです。
今回も応援上映ありがとうございました!!


『忍びの国』をまだご覧になってない方には、忍者同士が見せる超接近戦の疾風のごとき殺陣をぜひ映画館で体感していただきたいです。
短刀と苦無のぶつかる金属音、刃が風を切る音、息づかいなど臨場感が絶対違うはずですから!



●ジストシネマ和歌山での『忍びの国』応援上映の実施が決定しました!!



※Myojo 公式Twitter

MYOJO10月"創刊65周年記念超特大号"は8月23日(水)発売です!
【5面表紙】嵐
5年ぶりに、5人がMYOJOの表紙に! しかもスペシャル仕様の全5面の表紙です(通常版とちっこい版は写真、デザインが異なります)。
【SPECIALウラ表紙】Mr.KING

 


●二宮和也くん主演映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』オリジナルサウンドトラック 11月1日(水)発売



映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」オリジナルサウンドトラック



●松本潤くん雑誌情報


○9/12(火)
「+act.」10月号(ワニブックス)
松本潤 表紙巻頭 完全独占!撮り下ろしポートレート&ロングインタビュー


+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2017年 10月号


○9/12(火)
「J Movie Magazine」Vol.27(リイド社)
松本潤 表紙・巻頭特集「ナラタージュ」


J Movie Magazine(ジェイムービーマガジン) Vol.27 (パーフェクト・メモワール)



●嵐さん雑誌情報


○8/23(水)
「Myojo」10月号(集英社)
表紙は「嵐」 5年ぶりに5人で登場! 表紙&グラビア10p!
アイドル公開伝言板SP「嵐のみなさんへ」


Myojo 2017年10月号 (ミョージョー)


○8/23(水)
「ちっこいMyojo」10月号(集英社)
表紙は「嵐」 5年ぶりに5人で登場! 表紙&グラビア10p!
アイドル公開伝言板SP「嵐のみなさんへ」


ちっこいMyojo 2017年10月号 (ちっこいミョージョー)


○8/23(水)
「TV LIFE」18号(学研プラス)
櫻井翔「24時間テレビ40 愛は地球を救う」亀梨和也・小山慶一郎 表紙+グラビア・インタビュー
大野智×松本潤 連載「嵐の"しやがれにしやがれ"~そんなもんじゃない?~」


○8/23(水)
「TVガイド」9/1号(東京ニュース通信社)
櫻井翔 表紙


○8/23(水)
「ザテレビジョン」35号(KADOKAWA)
櫻井翔 表紙


○8/24(木)
「TVfan」10月号(メディアボーイ)
櫻井翔×亀梨和也×小山慶一郎「24時間テレビ40 愛は地球を救う」表紙&巻頭グラビア


○8/24(木)
「TVnavi」10月号(産経新聞出版)
櫻井翔×亀梨和也×小山慶一郎「24時間テレビ40 愛は地球を救う」表紙&巻頭グラビア&インタビュー



●嵐さんテレビ情報


 ○8/23(水) 21:00-21:54
 今夜くらべてみました(日本テレビ系)
 櫻井翔

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「東山さんにお会いすると背中見てしまう自分がいる」

おはようございます。
映画『忍びの国』興行収入23億円突破!!
おめでとうございます\(^o^)/


昨日、忍びの宣Pから次のようなお知らせがあったのです。
今日は全国の数多くの映画館で『忍びの国』応援上映がありますが、私も新宿バルト9に参集いたしますぞー!!


※映画「忍びの国」公式Twitter

宣Pです。
昨日までの51日間で「忍びの国」ついに興行収入23億円を突破しました!
応援してくださるみなさまのおかげです。ありがとうございます!
今週は応援上映も目白押し!
まだまだロングランで忍びますぞー!!
#忍びの国 #特大ヒット上映中


応援上映も残すところあと3県かな!?
ぜひ応援上映で天下統一を成し遂げてもらいたいものです!!
やはり甲賀(滋賀)は最後の砦になるのでしょうか???



●横浜ブルグ13とテアトルサンクでの『忍びの国』応援上映の実施が決定しました!!



ARASHI DISCOVERY forever(音源2014/3/6・レポート2017/8/22)


(´・∀・`)「おはようございます。嵐の大野智です。"今日の一言"、カモン!」


(SE)


(´・∀・`)エコー「もっと軽い荷物にして欲しい、とっ、祈ってはならない。もっと強い背中にして欲しい、と祈りなさい」


(BGM:Bittersweet)


(´・∀・`)「これは、第26代アメリカ合衆国大統領、セオドア・ルーズベルトの言葉です」


(´・∀・`)「え~、リスナーのちかさんに教えていただきました。メールを読みますとぉ」


(メッセージ)「智くん、おはようございます。この言葉は、会社の掲示板で見つけた言葉です。この言葉を見て、え、自分は、ええ、責任の重さに文句ばかり言ってはいないかなあ? とハッとしました。え、私は智くんの背中が大きくて、温かそうで大好きです。そして、この言葉のように智くんの背中は強い背中だな~と思います。え、智くん、いつまでも、え、素敵な背中のかっこいい男でいてください(笑)」


(´・∀・`)「おいら背中見たことねえや、自分で。そりゃそうだよね。ん〜」


(´・∀・`)「いやでもねえ、一時期ねえ、すごいなって思ってたのがね、Jr.んときからぁ、かなあ。先輩の東山さん? 東山さんのあの姿勢の良さとぉ。も、背中見るだけで東山さんってわかる、ってのがすごいな。あのオーラどっから出てくんだって、ずーっと思ってたときある。ん〜」


(´・∀・`)「あの、京都、で舞台やってるときにぃ、東山さんもあの〜、公演、やって、くださったことがあってね」


(´・∀・`)「もう何もかなわない感じなのよ! 何でもやっちゃうじゃん。だってうちらがさあ、あの〜、仮面を、1個1個はがしたり、ちょっと、んん、イリュージョン的なことをやたっりマジックやったり、するものをね?(スーッ) 1日の稽古で、やっちゃったんだよ? んふふふっ☆彡」


(´・∀・`)「うちら、うちら何ヶ月やってんの? みたいな。夜来てえ、夜中までやって。で、次の日本番やん」


(´・∀・`)「で、東山さんも正直その、『ちょっとこれぇ厳しいかもなあ』みたいな。『一夜漬けじゃちょっと、厳しいよ~』とか言って。(スー)そりゃそうだと。でもちょっと嬉しかったよ、そりゃ。そりゃそうだよねえ? ふっ☆彡」


(´・∀・`)「でも俺、袖から見てたのかなあ。完璧にやったときにねえ、びっくりしたね。で、1回ね、その、衣装の、紐がぁ、ちょっと、ゆ、ほどけ気味だったのかな」


(´・∀・`)「で、その瞬間、俺だったらあ、ヤバいと思ってちょっとコソコソ何か、やってしまうのがあ、東山さんは、いきなりそれを、振り付けみたいにぃ、真後ろバァーッて向いてえ、その紐を堂々と、直して、ビッ!! って縛って、ゆっくり正面向いたんだよね(笑)」


(´・∀・`)「何が起きても動じない(笑) それを、全部演出に見せちゃうみたいなとこがねえ、あったんだよねえ。すごい背中だよね。今でも忘れないっすねえ。え〜」


(´・∀・`)「だからよく東山さんに、お会いするとちょっとやっぱね、背中見てしまう自分がいる」


(´・∀・`)「そうなの! もう猫背やめよう! んふふふ☆彡(フ~) 意識してね? 僕も変えていきたいと思いますよ」


(´・∀・`)「以上! 大野智でした!」


――智くんが東山さんの背中を思うように、メンバーや後輩、そしてファンからも智くんの背中には熱い視線が注がれておりますよ!!(^^♪
翔くんも夜会では、ステージ上での智くんの背中を「去り際セクシー」と評しておられましたもの。


「何が起きても動じない」という話で思い起こすのは、確か2010年のMステスーパーライブで嵐さんが『Monster』を披露したときのこと。


智くんの背中についていたワイヤレスマイクの機材が曲の最後あたりでブランブランしちゃって……。
そんなハプニングにも慌てることなく、後ろに歩いていくときに素早く直して、最後に颯爽と振り返った智くんの姿を思い出します♡
めちゃくちゃ男前でした!


それにしてもこうやって過去の音源をレポしてみると、2015年のジャポコンで智くんが披露したマスクについ2014年3月の時点で振り返っていたりと、予兆とも思えるような話がチラホラと出ていたことがわかります。


今年のコンサートのソロ曲では、智くんはどんなステージを見せてくれるでしょうか?
個人的には殺陣を取り入れたようなパフォーマンスを見られたらな~って思ってます。
えへへ^^


 



●櫻井翔くん雑誌情報


○8/22(火)
「サンデー毎日」9/3号(毎日新聞社)
櫻井翔 表紙


サンデー毎日 2017年 9/3号 [雑誌]



●嵐さんテレビ情報


 ・8/22(火) 22:25-23:15
 グッと!スポーツ選「孤高のヨットレーサー 白石康次郎」(NHK総合)
 相葉雅紀

『歴史秘話ヒストリアSP「新発見 そうだったのか!忍者の真実」』

こんばんは。
『歴史秘話ヒストリアSP「新発見 そうだったのか!忍者の真実」』の録画を先ほどチェックしました!


と、その感想の前に、映画『忍びの国』やほかの番組のことなどを……。




月曜の午後、管理人は有楽町スバル座にて19回目の参集をしてまいりました!!
有楽町スバル座での『忍びの国』上映は8月12日(土)~9月8日(金)ということで、セカンドランにあたります。


私達が入ったときには、30名ほどの観客だったでしょうか。
座席など落ち着いた仕様で、映画の始まりを告げるチャイムの音などもノスタルジックで、大人の劇場といった雰囲気でした^^


映画を観終わったあとには成瀬弁護士事務所……が入居している(と言われている)、学士会館の201号室ビアホールでお食事♪
学士会館は外観を撮影したことありますが、中に入ったのは初めてです!


2017学士会館ビアホール - 学士会館


ビアホールは毎年の恒例で、今年は7/3(月)~8/31(木)まで行われています。
こちらは予約が必要でした。
言わずと知れた『I'll be there』ジャケ写の撮影場所^^
私はもっぱらカクテルを飲んでいましたが、お酒もお料理とっても美味しかったですよ~♪






さて、番組では……。


月曜『ZIP!』の「24時間テレビ メインパーソナリティー名場面」では、2004年に相葉ちゃんが手紙を読み上げるシーンが流れましたね。
私も智くんの目からポロッて涙が流れるの、何度見てもウルウルしちゃいます(/_;)


そして、皆さんご存知の方も多いと思います。
中国で偽造タクシー営業証明書に、あろうことか我らが大野智の写真を貼り付けていたおバカさんの話を~。


嵐・大野智になりすます 上海の偽タクシー運転手逮捕される│NEWSポストセブン


『とくダネ』でも、この話題が取り上げられていました。
運転手の男は「写真がイケメンのほうが客が喜ぶと思った」、「自分にとても似ていると思った」と言っていたらしいのですが……。
いや、1mmも似てないから!
勘違いも甚だしいからね!!


小倉さんが「リーダーに感想聞いてみたいね」って言ってました(笑)


歴史秘話ヒストリアSP「新発見 そうだったのか!忍者の真実」


冒頭から「"忍びの里"に来ています」との紹介にドキッ(笑)
まずは伊賀流忍者博物館の忍者屋敷が紹介されていました。


それから伊賀忍者の誕生秘話について、番組ではその理由は「木」にあると解説が。
伊賀では建築用に良い木材が採れたそうで……。


そう言えば無門殿も劇中で木挽き歌を歌っておられましたね^^


そして番組では、天正伊賀の乱を詳しく解説。
リアル織田信雄の肖像画が~!!(うん、知念くんのほうがだいぶ印象がいい。笑)


すごい。
天下統一を目指して着々と領地を広げていた織田信長と、その信長でさえも手をつけずにいたのが伊賀……なんて説明も、その解説の図も、まるで『忍びの国』を見ているみたい!


史実も映画の通りだから、『忍びの国』を観たあとだと余計にリアリティを感じます。
劇中に登場する丸山城の跡も、十二家評定衆の掟「惣国一揆掟書」の書物も紹介されていました。


伊賀者に敗した信雄は、父の織田信長から「縁を切る」とまで言われていたようで(;^ω^)


また、『アカデミーナイトG』などでもおなじみの忍者研究の第一人者である三重大学教授の山田雄司先生も番組にご出演されていました。


ほか、忍者の火器、身体能力なども紹介。
「鶉隠れの術」からは、やっぱり『忍びの国』に登場する忍びの「ウズラ」を連想しますよね^^


忍者の"印"についての説明では、智くんの『つなぐ』の振りつけや、百地三太夫を思い起こしました。
印のほかにも、「息長」という呼吸法も興味深かったです。


番組の最後も、もちろん『忍びの国』のラストに通じる内容で、劇中では語られていない裏側のような話をとてもおもしろく見させてもらいました。


まだまだ公開中の映画『忍びの国』。
ロングランヒットしている間にこの番組が見られて本当に良かったです!

相葉雅紀くん松本潤くんコーセーコスメポート・ジュレーム新CM「チェンジ篇」動画・メイキング公開

●相葉雅紀くんと松本潤くんのコーセーコスメポート・ジュレーム新CM「チェンジ篇」の動画とメイキングが公開中です。


壁紙も更新されています。


www.je-laime.com


ダウンロード | ジュレーム[Je l'aime] - コーセーコスメポート


●ジュレーム オリジナル 松本潤&相葉雅紀 QUOカードプレゼントキャンペーン実施中


ジュレーム オリジナル松本潤&相葉雅紀QUOカードプレゼントキャンペーン| ジュレーム[Je l'aime] - コーセーコスメポート



●二宮和也くん主演映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』オリジナルサウンドトラック 11月1日(水)発売



映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」オリジナルサウンドトラック



●松本潤くん雑誌情報


○9/12(火)
「J Movie Magazine」Vol.27(リイド社)
松本潤 表紙・巻頭特集「ナラタージュ」


J Movie Magazine(ジェイムービーマガジン) Vol.27 (パーフェクト・メモワール)



●嵐さん雑誌情報


○8/23(水)
「Myojo」10月号(集英社)
表紙は「嵐」 5年ぶりに5人で登場! 表紙&グラビア10p!
アイドル公開伝言板SP「嵐のみなさんへ」


Myojo 2017年10月号 (ミョージョー)


○8/23(水)
「ちっこいMyojo」10月号(集英社)
表紙は「嵐」 5年ぶりに5人で登場! 表紙&グラビア10p!
アイドル公開伝言板SP「嵐のみなさんへ」


ちっこいMyojo 2017年10月号 (ちっこいミョージョー)


○8/23(水)
「TV LIFE」18号(学研プラス)
櫻井翔「24時間テレビ40 愛は地球を救う」亀梨和也・小山慶一郎 表紙+グラビア・インタビュー
大野智×松本潤 連載「嵐の"しやがれにしやがれ"~そんなもんじゃない?~」


○8/23(水)
「TVガイド」9/1号(東京ニュース通信社)
櫻井翔 表紙


○8/23(水)
「ザテレビジョン」35号(KADOKAWA)
櫻井翔 表紙



●嵐さんテレビ情報


 ○8/21(月) 23:00-23:59
 NEWS ZERO(日本テレビ系)
 櫻井翔


 ・8/21(月) 24:55-25:45〔再放送〕
 グッと!スポーツ(NHK総合)
 相葉雅紀


 ・8/22(火) 22:25-23:15
 グッと!スポーツ選「孤高のヨットレーサー 白石康次郎」(NHK総合)
 相葉雅紀


 ○8/23(水) 21:00-21:54
 今夜くらべてみました(日本テレビ系)
 櫻井翔

〔大野智くんラジオ ARASHI DISCOVERY forever〕「『ジュラシック・パーク』は、僕人一倍詳しいと思いますよ」

おはようございます。


今日『忍びの国』応援上映が行われるのは、北海道・群馬・福岡で合ってるかな?
参集される皆さん、どうぞ盛り上がってくださいませ!!(*'▽')


昨日はノンノ公式さんから、智くんと松潤の連載「セイザノアラシ」について、TwitterとInstagramでそれぞれで素敵な撮影裏話が♪
やっぱり、あのグラビアのセットは皆さん『Beautiful days』を思い浮かべたみたいですね^^


それにしても気になるのは大野さんの占い結果。
ゲッターズ飯田さんといい、水晶玉子先生といい……。
2017年後半、それも12月付近に、いったい大野さんはどんな活動をするのやら!?
今からドキドキワクワクしています!



※non-no 公式Twitter

今号の嵐連載は大野智×松本潤「セイザノアラシ」超人気の占術家・水晶玉子先生が直接鑑定する豪華企画!結果に大きく頷く大野さん、ドンドン質問する松本さんとそれぞれに「らしい」反応。結果は、大野さん「リーダーを極めていく」、松本さん「新しい魅力が生まれる」という兆し……!(その2へ)

(その2)またその場にはいなかった櫻井さん・相葉さん・二宮さんも鑑定していただいたところ、大野さん&松本さんともに「納得!」と「意外~」の両方のリアクションが。その内容は是非誌面でチェックしてみてくださいね!インスタでも裏話UP中♪


※non-no Instagram

今号の嵐連載は大野智×松本潤「セイザノアラシ」なんと超人気の占術家・水晶玉子先生に直々にお越しいただき、お二人を12星座占いで鑑定するという贅沢企画!詳しい内容は是非誌面を見ていただきたいですが、特に、大野さんの「物事を受け入れる力が強い」というくだりでは松本さんもスタッフも多いに納得、松本さんの「殻が割れて新しい魅力が出てくる」には、現場が「おおお!」とザワつきました!撮影では、満点の星空、と思ったのですがそれじゃ大野さんも松本さんも真っ暗になっちゃうので(笑)夜空の星座に見立てた約40個の電球を用意。撮るカット撮るカットがいちいち美しく、本当はもっとお見せしたいくらいでした☆撮影始めてみてすぐ「Beautiful days」が頭をよぎりましたが、皆さんそこは理屈よりリキュールを。「星」つながり、ということで今回はオマージュということにさせてください(完全に後づけ・苦笑)Twitterでも裏話公開中☆
#乙女座の松本潤 #射手座の大野智 #ちなみに嵐は乙女座 #真面目で優しい気配り上手なグループなんだそうです #なんかジーンとする #流星の絆 #涙チョロリ #お兄のハヤシライス #嵐 #nonno #水晶玉子

www.instagram.com


ARASHI DISCOVERY forever(音源2007/10/30・レポート2017/8/21)


(※以下は過去のラジオ音源のレポートで現在のものではありません)


(´・∀・`)「今日はぁ英語の問題です。CDやDVDを借りてぇ、自宅で聴いたり観たりする人も、多いと思います。さてぇ、お金を払って物を借りることを、英語では何と言うでしょうか? 次の3つの中から選んでください」


(´・∀・`)「1っ、レンタル。2、トンネル、3、チャンネル!」


(リスナー:解答/BGM:Happiness)


(´・∀・`)「答えは、1番のぉレンタルです! あなたは年間どのくらいレンタルビデオやDVDを見ますかあ? あるアンケートによると、え~、二人にひとり、50%の人が、月1回以上の頻度で、レンタルショップを利用しています。一方で、え~、3分の1の人が、ほとんど利用しないと回答しております。理由は、『返すのがめんどくさい』というのが断トツです。また、インターネットの動画配信やCSチャンネルといった映像コンテンツの、え、選択肢が増え、わざわざレンタルビデオやDVDを利用する必要がないという声もありました!」


(´・∀・`)「え、レンタルショップはよく、皆さん使いますかあ!? 僕の場合はね、基本的にあんまりレンタルビデオに行かなくなりましたね」


(´・∀・`)「え、何でかって? それはもう、CSチャンネルに入っておるからですよっ! ねっ! え~」


(´・∀・`)「あのね、いいですよ、あの映画チャンネル。ただ最近ねえ、家帰ってCSつけるでしょ。よく見るのが『ジュラシック・パーク』ね!」


(´・∀・`)「チャンネル、ピッて押すでしょ? そしたらジュラ、『ジュラシック・パーク』がねえ、最近常にやってるね」


(´・∀・`)「ええ、だからね、『ジュラシック・パーク』は、僕人一倍詳しいと思いますよ。ええ。ずーっと観てますからね。ええ」


(´・∀・`)「これはねえ、何度観ても飽きないですね。ええ」


(´・∀・`)「だから1回仕事行くの遅くなりましたからね。ええ、そんくらいハマぁ~る『ジュラシック・パーク』でしたあっ!!」


(´・∀・`)「以上、大野智でしたあ!」


――先週レポした2009年9月のラジオ音源でも智くんは『ジュラシック・パーク』の話をしていましたが、この頃ほんとにハマってたんでしょうね^^


レンタルビデオは私も昔はたびたび借りていましたが、今ではすっかり動画配信を利用するようになりました。
やっぱり借りたり返したりという手間がいらないし、手軽で便利なので。


CS派の智くん、今はどんな映画をよく見ているのかなあ?


 



●二宮和也くん松本潤くん雑誌情報


○8/21(月)
「FLIX」10月号(ビジネス社)
二宮和也「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」撮影現場レポート
松本潤「ナラタージュ」インタビュー
(岡田准一 表紙)


FLIX(フリックス)2017年10月号

二宮和也くんラジオ『ベイスト』1週間経たないくらいにまた木村くんから服をもらった

 

BAY STORM(2017/8/20)

オープニング


(.゚ー゚)オープニングの一言「嵐がいっぱい!」


(メッセージ)夏休みになりましたね。私はキリンビールの工場見学に行ってきました。嵐さんがCMしている一番搾りの制作工程をじっくり見れてとても楽しかったです。そこには嵐さんのポスターやチラシ、ボードがたくさん置いてあって、嵐さんがいっぱいでした。二宮さんは工場見学参加したことありますか?(ニノのミニ二宮ののみミニスカートさん)


(.゚ー゚)「……あれ未成年でも別に行けるもんなんですね。できるもんなんすねえ。へえ~(紙をめくる音)」


(.゚ー゚)「(スタッフさんへ)行ったことありますか? まあまあビールじゃなくてもいいですよ。ええ、何に行きました? 醤油? それは千葉産。野田行って? 銚子で? へえ~! 銚子でも、あるんだ。はあ~。わあ、野田かと思ってました」


(.゚ー゚)「絶っ対なくてはならないものなわけじゃない。『や、別に醤油はなくても別にいいよ、生活できるよ』って人ももちろんいる、ね? いるにはいるだろうけど。醤油かけてなくても誰かが醤油それに使ってんだよっていうさ、な、わけじゃない、結局は。だからやっぱりすごいよねえ。いつもそう思ってた、俺」


(.゚ー゚)「見学ないなあ。社会科見学みたいなのはあったと思う。でも覚えてない(笑)、どこ行ったか。どっか行ってんだろうね、でもね。う~ん」


(.゚ー゚)「さすがにこんなに覚えてないってのも先生はショックだろうけども。覚えてないなあ。でもどっか絶対行ってますよ。うん。絶対行ってるはず(笑)」


1曲目はTOKIOで『クモ』です。


 

神が来た


(メッセージ)私は今年から大学生になりました。そこで人生初となるアルバイトを探していたのですが、申し込んだ会社からの電話で、面接の日時を6月17日に提案されたのです。さらにその面接は合格となり人生初アルバイトは二宮さんの誕生日に決まったのです。
ほかにもいくつか申し込みをしていたのですが、条件が合わずなかなか決まらなかっただけにとても嬉しかったです。やはり二宮さんの誕生日には何かすごい力があるのですね。二宮神が降りてきたと思いました(嵐に会うまでは死にきれない!さん)


(.゚ー゚)「誕生日か。うん。大阪にいましたけどね、私は。この子も大阪にいたんだ。うん。じゃ、私、二宮神が降りてきたのかもねえ、ほんとに。うん」


(.゚ー゚)「俺はまだ会ったことないけど、二宮神には。うん。降りてきたかもね?」


(.゚ー゚)「会ったことあります? 二宮神に……。毎週日曜日? へえ~。あ、そんな定期的に(笑) へえ、あ、そうですか(笑) (?)的に来るもんですか。へえ。ああ、じゃあ、いいですね。そのときに、じゃあ何かガッと、あります?」


(.゚ー゚)「例えば何があるんすか、二宮神に、一応、(?)とき……。二宮神に会うと、ちょっと能力が芽生えるんすか? フッフ! な、何のってことじゃないんすね? 具体的、な、何だろ、いつもよりあの何だろな、掃除が早くできた! とかさ。いつもより美味しいご飯が作れた! とか?」


(.゚ー゚)「足の裏の汗、自由に出せるようになった。毎週日曜日、二宮神のおかげで? 何、二宮神は何を司る神なの、それって。それってたぶん二宮神じゃないでしょ?」


(.゚ー゚)「サンダルが滑るんだ。ま、夏ってこともあるのかな? う~ん。滑らないように滑らないようにって言うと、滑らなくなるんだ。それ心の持ちようの話で二宮神一切出てきてないけど(笑)」


(.゚ー゚)「二宮神お願いします! サンダル滑らないようにしてください。滑らない! は、すげ~、二宮神。じゃん。滑らないように滑らないようにって自分に心がけて歩いて、滑らないんでしょ?(笑) たぶん違うんだよなあ。ちょっと違う。もう1回考えてもらって、いるから! あなたの中にも二宮神は。うん」


(メッセージ)私は『忍びの国』のジャパンプレミアに行ってきました。最後に手裏剣の形をした落下物が落ちてきたのですが3階席だったために取ることができませんでした。しかし映画が終わったあと外で友達と『忍びの国』の感想を話していたら知らないファンの人が大量の手裏剣の落下物をくれました。このときは神が来たな~と思いました(デンデンのアディコキッチさん)


(.゚ー゚)「手裏剣落っこってくるんすか。よくケガ人も出ずに、無事に終わりましたね、ジャパンプレミア。え、本物じゃないすか?(笑) 本物でしょ、だって」


(.゚ー゚)「あ、『手裏剣の形をした』って書いてある。『手裏剣の形をした落下物』ですって。だから落下物ですね。正確には」
(とても綺麗でした^^)


(.゚ー゚)「やはりこう~、手を変え品を変え、やらないと、たいへんな時代になってきましたね。う~ん。やっぱ『忍びの国』の前売券、で、クリアファイルが当たったっていう。当たったっていうかいただけるっていうような、ね? ありましたけど」


(.゚ー゚)「手裏剣ですか。こういうのって我々がもう、いいとか悪いとかそういうことじゃなく、勉強していかないと。じゃあ、『ラストレシピ』のときに何を降らせますか? ナイフとフォークの形をした落下物、がいいですか? お皿の形をした落下物、がいいですか? レシピ? うん、何がいいですかね」


(.゚ー゚)「『ラストレシピ』の? 『ラストレシピ』の前売りの特典って何なんだろう?(笑) まだ決まっ……さすがに決まってんじゃない。11月3日の前売りでしょう? 決まってるでしょう」


(.゚ー゚)「100万円が当たるんじゃないの? フフフフフッ」(←特典は宝くじ!? 笑)


(.゚ー゚)「100万円、100万円がたぶん10万人ぐらいに、先着、先着で! 違うか。違うかったかな。違うかな」(←宝くじではなくて金一封!?)


(.゚ー゚)「何だろうね!? でもそういうのが必要な時代になってきたんだねえ。たいへんだよ、考えるほう」


(メッセージ)先日地元で花火大会がありました。私は人ごみが苦手なので何回かしか見に行ったことがないのですが、今年から打ち上げ場所が変わり、家からでも花火が見られるようになって神が来たと思いました。二宮くんは花火大会の思い出などありますか?(人は人を呼ぶ人さんが気になる人さん)


(.゚ー゚)「家から見られるってすごいねえ! やっぱりあの~、どっちもいるじゃないすか。あの人ごみの中、見るのが、『ま、いいよ』って人と、あの人ごみだからなかなか行きづらいよっていう人と、これたぶん2分するわけじゃない。そう考えるとね、どっちの選択もできるじゃん、この人は」


(.゚ー゚)「前者が良かったら見に行けばいいし、後者の人なんだったら家から見られるのもそんな最高なことないね」


(.゚ー゚)「花火とか見てねえな~、ほんとに。国立で自分たちでやった花火以来かもしれない、見てない。あれぐらいじゃないかなあ。う~ん」
(考えてみたら私もです! 打ち上げ花火って国立以来見てないなあ。できれば次も嵐さんの野外のコンサートで花火見てみたいです)


(.゚ー゚)「ま、でもそっかあ。そう、見下ろす形になるから、まあ、あれは別に花火とは言わないっていうか、何か、ねえ? まあま、自分で、ねえ? 打ち上げやったりもしますけど、ねえ?」


(.゚ー゚)「じゃあ行こう! 行こう! って。バァーン。うん。職人さんたちが。『ヘイッ!!』って言って、ジ~ッて、てのありますけどぉ。やっぱそれってやっぱりちょっと違うわけじゃないすか」


(.゚ー゚)「花火大会! の花火、なわけだから。行ってないな~」


(メッセージ)私は高校生からアルバイトをしていてちょうど1年ぐらいになります。そのバイトでは電話対応などがあって住所を聞くときに1回で聴き取れず、もう1度お願いしますと言ったらお客さんに怒られてしまいました。バイトであまり怒られることに慣れてなくてとても泣きそうになりました。
そんなときバイト先で一番偉いマネージャーさんが来て電話を代わってくれ、その後お客さんが頼んだ物を取りに来たときも対応してくれました。そのマネージャーさんに「俺はずっとこの仕事やってて慣れてるからこういうときは代わってあげるからね」と言われて神が来たと思いました(二宮くんより和也くん派さん)


(.゚ー゚)「ねえ。怒ります!? でもその前に、住所を聞いて、ねえ? 『ごめんなさい、もう1回お願いします』って言って、『何で1回で聞き取れないんだよ!』って怒る? 『やだ、絶対言わないね! もう、怒った。当ててごらん! もうさっき言ったもん!』ってこと? なります?」


(.゚ー゚)「ならないよね?(笑) いや、ならないよね? もおかしいのか、なってんだから、実際。あります? でもそんなことって」


(.゚ー゚)「『もう言いました。今言いました』って。『何でもう1回言わなきゃいけないんすか?』なるってこと?」


(.゚ー゚)「でもねえ、聞き間違いはやっぱあるんだよなあ。う~ん。俺も電話とかしてて、あの、何か、お、お名前聞いてもいいですか? ってなったときに、『ああ、二宮です』って言うと、あの、『あ、梅宮さんですね?』ってまずなるんだよね。で、『あ、二宮です』って『梅宮様、はい』ってなっちゃうから、もう梅宮でいいやって思うようになったの、最近」


(.゚ー゚)「何か『二宮』が言いづらいの! 何か言いすぎたせいか、言いすぎたものって言いづらくなってくるのかなあ。何だろ」


(.゚ー゚)「『あ~、二宮です』とかって言うと、『あ~、梅宮さん』とか何かもう、もう最終的に何とか宮であればいいやって最近思うようになるもんね、電話とかだと」


(.゚ー゚)「電波が悪かったのかな? 何かザザザッ、ザザザザ宮になったのかな? とかさ。こっちのいいように解釈し出してるもんね」


(.゚ー゚)「うん、どっちが悪いとかじゃない。だから、俺は、俺の、い、発音が悪いんだろうなって思って、もう怒ったことは1回もないよ、間違えられたことに対して。みんなそうじゃないのかなあ? 怒ったことないでしょ? ねえ? なかなかないよねえ」


2曲目はA.Y.T.で『Are You There?』です。


 

裏嵐


(メッセージ)先日、映画館に行って二宮さん出演の映画『ラストレシピ』のフライヤーをもらってきました。ラックの中には色々な映画のフライヤーがありましたが、『ラストレシピ』だけ大勢の方に行き渡るように「ひとり1枚でお願いします」と書いてありました。二宮さんさすがですね。11月映画公開楽しみにしてますよ(私のラストレシピは普通のカレーライスさん)


(.゚ー゚)「ふ~ん。『天才料理人は最後の一皿に何を託したのか』ねえ? 何か調理専門誌みたいな。ねえ? うん、業界の、あの、『新しいコック服出ました!』の表紙みたいだね。フフフフ!」


(.゚ー゚)「全然そういうやつよ、『新しいコック服出ました!』の表紙だよ、これ、どう考えても。不思議だねえ」


(メッセージ)この間、『検察側の罪人』の追加キャストが発表されましたね。とても豪華な方々ばかりで、特に私は二宮くんと吉高由里子ちゃんの絡みが大好きなのでますます映画を観るのが楽しみになりました。クランクインを迎えたと思いますが、現場の雰囲気など教えて欲しいです(二宮くんのもちもちほっぺに埋もれたい!さん)


(.゚ー゚)「現場の雰囲気いいですよ! あの、すごく。あの~、ま、監督~を始め、ねえ? 木村くんを始め、キャスト側とスタッフ側と。まあ、非常にこう仲良く、やっている感じが、俺の中ではしているけどねえ? う~ん」


(.゚ー゚)「結構ね、僕はもうね、大方終わってるんすよ。僕ん中では、あの~、山は越えちゃったんで、あと何か、正直な話、黙ってついてくとか、そういう、おかず(?)系が多いんすよね」


(.゚ー゚)「何か、現場見て、とか、何かあんま。今日もだから朝、7時ぐらいから撮影してて、そんときとか別に何か、みんながバーッてしゃべってる中に、何かひとり座って酒飲んでる、みたいな、シーンだったりしてえ」


(.゚ー゚)「だから俺結構終わってんだよな~、意外と」


(.゚ー゚)「木村くんが側がやっぱ何か、色々あるから、家の、家族とのシーンだったりとか、犯人とのシーンだったりとか、諏訪部(利成)とのシーンだったりとかって色々ある。まあ、たぶん残ってるはずだから、そっちが重点的に、なるんじゃないのかなあ」


(.゚ー゚)「楽しみですよねえ~♪ うん」


(.゚ー゚)「あ、そうそう、でさあ、誕生日なんですよっつってさ、洋服もらったじゃん。言ってたじゃん。ラジオだよね? あれ言ったのね」


(.゚ー゚)「でもそっか、あれをもらったんですよって、ここで言って……1週間経たないくらいかな。に、またもらったんす、服。だから、あれっ!? と思って。あれ誕生日でもらったんじゃないの? っていう」


(.゚ー゚)「俺誕生日にもらったと思ってるから、もう来年の誕生日分ももらってるわけ、すでに。同じ分量ぐらいあったよね? (?)なあ?」


(.゚ー゚)「あったんすよ。めためたもらってんす、今」


(.゚ー゚)「夏! だけで考えればね、あの分量だけでもう俺10年はイケると思ってるよ。いやいや、もうほんとにすごいよ」


(.゚ー゚)「何だろ、Jr.とかがほんと、五人とか十人とかで分け合って、満足するレベルひとりでもらってますから。俺が持ってるTシャツ、今まで持ってたTシャツの量、分ぐらいもらってる、2回で」


(.゚ー゚)「もう止まらないよ、ワクワクが」


(メッセージ)先日、TOKIOの太一くんが司会を務めている『ビビット』で、ジャニーズJr.のダンススタジオに太一くんが初潜入していました。Jr.の子たちの中には学校が終わってから毎日練習に通っている子もいるそうなのですが、二宮くんがJr.だったときレッスンは週でどのくらい通ってたんですか? また、Jr.時代に印象に残ってる思い出があれば教えてください(毎日二宮先生の授業受けたいゆうちゃん)


(.゚ー゚)「これはJr.の子たちは嬉しかっただろうな~。太一さん来てさあ。フフフフッ! いたんだ。へえ~(笑)」


(.゚ー゚)「じゃ、嬉しかっただろうなあ。サンチェも嬉しかっただろうねえ」
(私もそのときの『ビビット』を見ましたが、テレビでもサンチェさんがお名前つきでしっかりと紹介されておりました^^ 嵐さんもこれまではサンチェさんのお名前を口にすることめったになかったのに、もう解禁なのかな~)


(.゚ー゚)「なかなか、だって、ほんとにカウントダウンとか、でしか会えなかったりする場合もあるからね。年にね。ねえ? う~ん」


(.゚ー゚)「だって今TOKIOやってるわけじゃないじゃん。だから意外とね? サンチェも嬉しかっただろうな」


(.゚ー゚)「でもさ、やっぱさ、今の時代、とさ、私の、私がJr.だった時代って違うじゃない。あの、何だろ、価値観が違うじゃない。きっとさ」


(.゚ー゚)「だから、俺たぶん週……いや、毎日あった気がするよ? うん。毎日あったんじゃないかな。週……『毎日練習通ってる子もいるそうなのですが』ってことだから」


(.゚ー゚)「だって、『アイドルオンステージ』でしょ? 『愛LOVEジュニア』でしょ? 8Jと京都にあって、で、Mステは毎週だから」


(.゚ー゚)「たぶんピークで週、レギュラー5本持ってたもん。だからもう練習とかじゃなくて、もう、仕事で週5使われるじゃん。で、土日はさ、それのその、し、週の練習をするから」


(.゚ー゚)「売れてたよねえ、あの頃。5本持ってた。今より持ってたレギュラー」


(.゚ー゚)「学校も行ってた。うん。学校と同じ量行ってたもん、だって、結局。学校より行ってたか、土日行ってるからね?」


(.゚ー゚)「だから何だろ、1時間目国語、2時間目理科、算数・社会、昼休憩あって体育。で、7時間目ぐらいに『アイドルオンステージ』とかさ。かっこいいでしょ? 『アイドルオンステージ』、7時間目」


(.゚ー゚)「俺の月曜日はそうだよ。うん。そうなのよ。そういうことだったからね。今はだからそういったJr.単体での番組ってのも~、俺らの時代よりは少ないはずだからさ。だから練習に明け暮れるんだろ」


(.゚ー゚)「でも嬉しかっただろうな~、こうやって。ね? 普段関わりがあんま持てない、せん、ぐらいの先輩が来てくれるって嬉しいよね?」


3曲目は『I'll be there』でした。


 

エンディング


エンディングは先週決定したリスナーフェスの告知でした。

大野智くん表紙『AERA STYLE MAGAZINE』Vol.35「大野智が実践する、新しいリーダー論。」

こんばんは。
『忍びの国』雑誌祭りでレポしきれなかった分をアップするぞシリーズです(;^ω^)
今回は6/24(土)発売の『AERA STYLE MAGAZINE』。


映画公開中にまだアップできていない分を全部載せられるといいのですが……。
そのためにも『忍びの国』のますますのロングランヒットを期待いたします!!


AERA STYLE MAGAZINE Vol.35

大野智が実践する、新しいリーダー論。(表紙・スペシャルインタビュー 全9ページ)


表紙は、濃いグレーとも茶ともとれるマホガニー色の背景。
そこでひとり、左手で頬杖をついている大野智。
軽く握られた右手は机の上に置かれています。


紺色のスーツに水色のシャツ、黒と青の斜めストライプのネクタイが、鮫島社長を連想させられるような組み合わせ。
照明が強くないので、背景からぼんやりと浮かび上がってくるような、格式を感じる中にも柔らかさのある写真です。


また、写真に柔らかさがあるのは、智くんのまなざしがとても優しいからなのかも。
色気を含みつつ、じっとこちらへ視線を送っています(*ノωノ)
両手も怪しいほどの美しさ!!


「大野智が実践する、新しいリーダー論。」という見出しのグラビア・インタビューは9ページ。
英文で「"NEW LEADERSHIP THEORY" SATOSHI OHNO」とも書かれています。


背景は表紙と同じダークなテイストで、衣装も同じ物。
1ページ目、かっこいい!!(≧▽≦)
眉間にしわを寄せ、横を向いているバストショットです。


スーツ姿だと鮫島社長を思い出しはするんだけど……。
でも、やっぱり零治さんとは違う。
どこか深い悲しみを感じさせる表情には無門が潜んでいる気がします。
少し伏し目がちなまぶたと、鼻筋が最高に美しい~♡


2~3ページ目では写真は右に1枚。
足を組んで座っているところで、太ももに置かれた両手がこれまた素晴らしい造形美!
スラッと伸びた指が長いし、綺麗だし、こんなん見惚れるわー。


4ページ目の膝から上のショットは、管理人の一番のお気に入りです♡
いいですよね、両手をポッケに突っ込んで、ちょっと上から見下ろされる感じ(/ω\)
首の傾げ方とか、眉毛のラインとか絶妙で///


5ページ目は斜め横向きのバストショット。
若干眉毛をひそめており、目つきもきつく見える、ちょっと複雑な表情です。
カメラマンさんからどんな指示があったのか気になる~。


6~7ページ目は左にお写真が。
机の上で両手を組み合わせているバストショットで、智くんの体は正面を、顔はやや斜め上を見つめています。
そういえば白いポケットチーフが見えているのですが、背景が暗めの写真が続く中で、このポケットチーフの白はいいアクセントになっていました。


8~9ページ目には映画のカットを掲載。
映画の内容紹介と、撮影についての智くんのインタビュー部分は既出でした。


――さて、『AERA STYLE MAGAZINE』のほうのインタビューはというと……。
こちらも既出部分は割愛しつつ、ポイントを箇条書きに。
また、ネットで公開されている記事のご紹介も。


dot.asahi.com

インタビューは定刻よりも30分近く早く始まった。
さすが「好きな言葉は"3時間巻き"」を公言する嵐のリーダー、大野智である。その日は9媒体ものインタビューが分刻みで詰まっており、そのたびに異なる衣装に着替えなければならなかったがとにかく支度が早い。休憩時間もほとんど取らない。それでいてひとつひとつの質問に丁寧に答え、カメラの前に立てば表情もポーズも完璧に作り上げる。


・(中村義洋)監督と昨年3月に顔合わせして、「大野くんにぴったり」「そのままで無門になるから」と言われた覚えがある。


(´・∀・`)「普段の自分がそんな風に見られているとは正直よくわからないけど、そう言われることは別にいやじゃないです。あ、そうなんだ、と(笑)」

姿勢や声色を変えるなどの役作りはほとんどしなかったというが、本当にただそのままでいるわけもなく、狡猾で人を裏切ることはおろか殺(あや)めることすら平気な残忍さを持ち合わせているのは、まさしく無門。素の大野を彷彿とさせながらも、凄腕の忍者が憑依しているようなムードが不思議な作品である。


・(鈴木)亮平くんとは待ち時間もあまり世間話はしなかった。


(´・∀・`)「僕がワンカット休みのときも、亮平くんだけのカットを撮るなどお互い常に動いていたし、たまに二人とも並んで座っていることがあっても、殺陣のことをずっと考えていたから」


・映画はひとりではなくみんなで作っていくものだから、「僕が引っ張っていきたい」とも思わないし、実際、引っ張っていくことはできない。


(´・∀・`)「僕が休みの日も別のシーンを撮っているので、僕の空気には絶対にならない。監督の空気の中に入っていくという感覚」

監督に意見することはなかったのかと問うと「そんなこと言える立場じゃない」と即座に否定した。


(´・∀・`)「僕は監督が描きたい世界のなかの役者のひとり。求められるものを読み取って、それにどう近づけていくかを考えていた」


・(知念)侑李との共演は"弟"という感覚があるから嬉しかった。


(´・∀・`)「でも、"憧れている"というのは不思議。テレビで見てのことだろうけど、僕のプライベートは知らないだろう? って(笑)」


・若手アイドルが必死で追いかけてくることへの恐れは?


(´・∀・`)「そういう感情はない。競争心? ないないない。競争って何を争えばいいの?」

前に出よう、勝とうという気持ちとは無縁。歌、ダンス、演技、アート、多彩な才能がありながら、誇示することはない。どの肩書きが自分としてしっくりくるのが問うと考え込んだ。


・"アイドル"って言われても、「アイドルって何だ?」と思う。これがアイドルと言うのなら、そうなのかもしれない。


(´・∀・`)「位置づけしなくていいんじゃないかと思う。"嵐の大野智"でいい」


・リーダーらしくない、しっかりしてないと批判されてもしょうがない。できないものはできない。


(´・∀・`)「もちろん、仕事する上で自分として我慢していることも山ほどあるけど、他人が『もっとこうしたらいいのに』と言うことに無理に従う必要はないと思う。他人と自分は違うから、言われたようにできないし、そもそもそっちの方向に興味がない。自分にしかできないものがあるから」
(ファンとしても、これは色々と考えさせられる言葉ですね)


・人には相談しない。ほぼ自分で解決する。演技も始めたばかりの頃は役がつかめなくて悩みっぱなしで先輩に相談して怒られたこともあった。そういった経験を経て、今は何だかんだ自分で決めている。


・どんどん欲がなくなってきた。20代半ばくらいまでは「こうしたい、ああしたい」という思いもあったけど、今はない。


(´・∀・`)「今のままでいいと思っているわけじゃなくて、よくわからないんだよね。地に足がついてないというか、夢なのか何なのかわからない感じが続いている。10周年あたりから、ずっと」


(´・∀・`)「(10周年を迎えた2009年から)もうずいぶん経ってるでしょ(笑) ずっとこうなんだよ、本当に。『嵐、嵐』と言われてもよくわからない。街で自分のでっかい看板を見ると『えっ、何で? 恥ずかしい』って思う」


・今年37歳で、40代も見えてきた。これからは色々考えていこうかなとは思っているけれど、それが何かはまだわからない。これから考える。
(これからの大野智に期待しております!!♪)



AERA STYLE MAGAZINE (アエラスタイルマガジン) Vol.35 2017年 6/24号 [雑誌] (AERA増刊)



●二宮和也くん主演映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』オリジナルサウンドトラック 11月1日(水)発売



映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」オリジナルサウンドトラック



●二宮和也くん松本潤くん雑誌情報


○8/21(月)
「FLIX」10月号(ビジネス社)
二宮和也「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」撮影現場レポート
松本潤「ナラタージュ」インタビュー
(岡田准一 表紙)


FLIX(フリックス)2017年10月号



●嵐さん雑誌情報


○8/23(水)
「Myojo」10月号(集英社)
表紙は「嵐」 5年ぶりに5人で登場! 表紙&グラビア10p!
アイドル公開伝言板SP「嵐のみなさんへ」


Myojo 2017年10月号 (ミョージョー)


○8/23(水)
「ちっこいMyojo」10月号(集英社)
表紙は「嵐」 5年ぶりに5人で登場! 表紙&グラビア10p!
アイドル公開伝言板SP「嵐のみなさんへ」


ちっこいMyojo 2017年10月号 (ちっこいミョージョー)


○8/23(水)
「TV LIFE」18号(学研プラス)
櫻井翔「24時間テレビ40 愛は地球を救う」亀梨和也・小山慶一郎 表紙+グラビア・インタビュー
大野智×松本潤 連載「嵐の"しやがれにしやがれ"~そんなもんじゃない?~」


○8/23(水)
「TVガイド」9/1号(東京ニュース通信社)
櫻井翔 表紙


○8/23(水)
「ザテレビジョン」35号(KADOKAWA)
櫻井翔 表紙



●嵐さんテレビ情報


 ○8/21(月) 23:00-23:59
 NEWS ZERO(日本テレビ系)
 櫻井翔


 ・8/21(月) 24:55-25:45〔再放送〕
 グッと!スポーツ(NHK総合)
 相葉雅紀