青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

2007年5月20日放送・プレミアムゲスト大野智くん『ザ少年倶楽部プレミアム』①/町田慎吾くんメッセージ「シンメで踊ってたのも、ここだけの話なんですけど大野さんが一番しっくり来るんで」

こんにちは。


昨日はお祭りでしたね♪


嵐さんのライブDVD&Blu-ray『アラフェス2020 at 国立競技場』が、やっと円盤化ということで❗️💿


いや~、リリースまですんごい時間かかったから、私は「ひょっとしたら円盤にならないのでは……」とハラハラしていましたよ💦


収録タイトルを確認し、真っ先に目に飛び込んできたのは、大宮SKの『希望の証』‼️😆


良かった~、入ってた~👍


発売日が待ち遠しいです♪


ただ、アラフェス2020と同日に配信された嵐会のほうはいったい……⁉


特典などにも収められていないようですし、これも円盤化してもらいたいんですけど❗️


会員限定とかで全然構わないので、ぜひぜひ🙏



さて、今夜9時からはですね、町田慎吾くんのニコ生が放送されますよ🍀


今日は、町田くんがフリーで活動してから6周年の記念日。


もうそんなになるんだね……。


こちらも配信を楽しみにしています😊


そこで、今日は智くんがゲスト出演した回の少プレを番組レポしたいと思います。


自然体でトークする智くんにほっこり💙
若智くんの映像もたっぷりです✨


今日は町田くんが寄せたビデオメッセージのところまでブログに書きました。


町田くんの言葉、今聞いても智くんへの思いがいっぱいで何だか泣けてきちゃうなあ😢


レポの続きはまた今度😉


live.nicovideo.jp
 

ザ少年倶楽部プレミアム①(2007/5/20)

プレミアムゲスト:大野智


ソファに腰かけ、太一くんと二人きりで向かい合う智くんは、柔らかな茶髪をツンツンと言うよりは、フワッと立てた感じ👶


ベージュの半袖シャツを羽織り、白のタンクトップを中に着ています。
細身の黒っぽいパンツも素敵‼️😆


太一くん「僕と大野の、あの、初めて会ったときとか覚えてる?」
(´・∀・`)「太一くんが話しかけてきたのは、あの、宝塚の……新しくなる、建て替えるときの、ジャニーズの、いっぱいジャニーズやったときに、エレベーターん中で二人になった……」
太一くん「おー!!」


(´・∀・`)「そんときにに(笑)、太一くんが、『君、名前、何て言うの?』みたいに聞かれて、『あ、大野です』『大野くん、踊り上手いね〜!』って言ってくれたんす」
と、太一くんをちょっとだけ指さす智くん。


太一くん「ほお!」
(´・∀・`)「あ、見ててくれたんだ。リハーサルとかたぶん見ててくれたのかな~と思って」
太一くん「はあはあはあはあはあ!」


(´・∀・`)「それが初めての……」
太一くん「『ありがとうございま〜す!』みたいな」
(´・∀・`)「うん」


太一くん「ああ~、ごめん、全然覚えてない」
(´>∀<`)「んははは!☆彡」
太一くん「全然覚えてない!」
(´・∀・`)「あれは嬉しかったんだけどなぁ~……」
智くんはちょっとがっかり。


太一くん「おまえ(笑)、最後まで力強くしゃべろ!」
(´・∀・`)「ふふふ!☆彡」
太一くん「『嬉しかったなあ』……。『なあ』疲れ切ってるじゃないか」(←太一くんのせいなのにww)
(´・∀・`)「あはは☆彡」


太一くん「俺ね、しゃべったことかあんま覚えてないんだけど〜、大野が、Jr.にいたときに、キンキの光一に似てんな~ってずっと思ってたことはあんだよね」
(´・∀・`)「あ~」
太一くん「そう言われた? 言われなかった? 一時期」


智くんは左手を頭の後ろへ。
(´・∀・`)「いや、もう、すっごい言われて」
太一くん「言われたでしょ?」


(´・∀・`)「だから、街、そ、Jr.んとき街歩いててもぉ……『キンキだ』みたいな。うっすら通りかかりで言われて、『うわ、違うんだけどなぁ』と」


(´・∀・`)「地元をチャリンコで、駅まで行くときに、姉ちゃんとすれ違ったんで、僕は覚えてないんだけど」


(´・∀・`)「んで、『あんた、光一くんだと思ったよ』みたいな」
と、今度は左手を耳のあたりへ。


太一くん「姉ちゃんが間違えるんだ(笑)」
(´・∀・`)「間違えるぐらい」
太一くん「ほんと似てた、その当時」


太一くん「ただ、地元のチャリンコって言っちゃったよね?」
(´・∀・`)「言っちゃった」
太一くん「地元のチャリンコって何かなあと思ってたの」
(´・∀・`)「ええ、ええ、ちょっとぉミスです」
太一くん「ミスった?」
(´・∀・`)「ミスった(笑)」


太一くん「ハハハハハハ(笑)」
(´・∀・`)「違う違う、え……」
太一くん「何、この、何この世界観!(笑) 斬新な世界観と空気をお送りしております」
(´・∀・`)「ええ、NHKで」


太一くん「あの、事務所に入ったのは(笑)、いつですか」
(´・∀・`)「事務所に入ったのは14歳で」
舌ペロッ💙
太一くん「14!」


太一くん「誰が(履歴書)送ったの?」
(´・∀・`)「うちの母ちゃんが送って……ぇ」
太一くん「母ちゃんが送ったんだ。うん」


(´・∀・`)「ほんで、すごいいやだったんだけどぉ……」
太一くん「何で?」
(´・∀・`)「いや、全く興味なかったから」


(´・∀・`)「ほんでぇ、『行きたくない! 行きたくない!』って言ってたら、『あんたが受かるわけじゃにでしょ!!』みたいなこと言われて」


(´・∀・`)「『ああ、確かにな』と思って、何か、『じゃ、別にいいよ、送って』みたいになって」


太一くん「芸能界に興味ないって言ってたじゃない?」
(´・∀・`)「はい」
太一くん「俺ももともとは芸能界、全然興味なかったんだけど」


太一くん「でも俺は何かサッカーとか野球とかすごい好きで、そっちに行って、行きたいな~みたいな気持ちあったんだけど、その当時、何やってたの?」


太一くん「興味あるものだったりとか」
(´・∀・`)「きょ……」
やや上を見つめ一瞬思案。


(´・∀・`)「やっぱ小学校のときから絵描いてたからぁ……」
と、右手で絵を描くそぶり。


(´・∀・`)「まぁ、何か、イラストレーター的な」
太一くん「こと、ができればいいな」
(´・∀・`)「できればいっかな~と思ってたんだけどぉ」


太一くん「それもあれだもんね、インだもんね」
(´・∀・`)「イン……」
太一くん「外に出て何かこうね? 前出てって感じじゃないもんね」
(´・∀・`)「ない」
太一くん「ああ~」


(´・∀・`)「そう! ほんでやっぱ、踊りやっぱ興味持ったから」
太一くん「ああ、あ!」
(´・∀・`)「ああ、じゃあ、踊り極めたいなぁと思って。だから部活感覚だったんですよね」


太一くん「ああ~、戸惑いとかなかったの?」


(´・∀・`)「……後輩が入ってきて、あんまり踊れないのに、こう、マイク持ったりするじゃないですか。マイク持って前で……」
太一くん「後輩が?」
(´・∀・`)「ほんで後ろで踊ってる自分とか、何かわけわかんなくなりましたけどね」


太一くん「ああ~、なるほど。後輩がマイクを持って」
(´・∀・`)「って」
太一くん「歌い始めて」
(´・∀・`)「って」
太一くん「そのバックをやっていたってことだ」
(´・∀・`)「バック、引き立て役でや……っ、やってた……」
と、智くんは右手を鼻へ。


(´・∀・`)「時期とかは、『あんまり認め、られっないのかなぁ~』とか」
太一くん「認めて?」
(´・∀・`)「くれてないのかな~って言うか」


太一くん「上の人たちが、事務所の人たちが、大野という存在を」
(´・∀・`)「そういう時期もありましたね」
太一くん「ああ~、そうなのかな~と」


太一くん「じゃ、もしかしたらそのぐらい悩んでるときの映像かもしれませんけど、ちょっと昔の映像観てみます?」
(´・∀・`)「はい」


ここで流れたのは、1994年12月4日OAの『アイドル・オン・ステージ』です。


チェック柄の赤いシャツに黒いハーフパンツ、当時14歳の智くんが、15歳の森田剛くんらとともに踊っていました。


曲は男闘呼組さんの『MEN'S BUGI』です。


モニターを見つめる瞳がキラキラしている智くん。
(´・∀・`)「ははは☆彡」


太一くん「これは何? 剛とかはJr.なの?」
(´・∀・`)「Jr.」
太一くん「へえ~」


(´・∀・`)「ふふふ☆彡」
と、楽しそうに映像を見てらっしゃるのがかわいい💙
太一くん「何これ」


踊っているメンバーにはほかに町田慎吾くんや三宅健くんの姿も。


太一くん「ああ~! 結構いるねえ!! 健もバックなの!?」
(´・∀・`)「バック」


(´・∀・`)「これ、は……っ、これ初めてだ」
太一くん「え、初めてってどいうこと?」
(´・∀・`)「初めての……」
太一くん「バック?」
(´・∀・`)「『アイドル・オン・ステージ』だと思う」
太一くん「これ『アイドル・オン・ステージ』か!」


と、ここで、映像の智くんの上に「踊りに注目」という矢印が。


(´・∀・`)「これ、間違える! 僕」
すごいよねえ、間違えた振りもちゃんと覚えているなんて😲
(´・∀・`)「ははっ☆彡」
太一くん「全然できてないよー!」


映像は、続いて1995年12月17日OAの同じく『アイドル・オン・ステージ』へ。


少年隊さんの踊る『PGF』がスロー再生に……。


太一くん「どこ!?」
(´・∀・`)「(小声で)わかんない」


しかし、映像では一番奥に智くんが♪
「大野」と矢印が出ています。
太一くん「よく見つけたね、これは!」


太一くん「少年隊のバックで緊張した?」
(´・∀・`)「緊張し……うん、これ、初めての少年隊のバックですね」


次は、1997年5月28日OAの『ミュージックジャンプ』の映像へ。


カミセンが『KISS YOU, KISS ME』を歌っています。
太一くん「カミセン!」


智くんはJr.の一番前に♪
太一くん「ああー、ほら! 光一に似てるよ!」
(´>∀<`)「んはははっ☆彡 はは☆彡」
 

(´・∀・`)「こんときが、い、似てるんですかね」
太一くん「似てる似てる」


Jr.の中には今井翼くんもいます。
太一くん「あ~、ここら辺が同期なんだあ」
(´・∀・`)「ああ~、懐かし……」


太一くん「いいポジションにいるじゃない、センターの」


そしてっ❗️
1999年6月20日OAの『ミュージックジャンプ』より、『朝日を見に行こうよ』をソロで歌う若智くんの映像も💙


テロップには「大野(デビュー5か月前)」の文字が。


太一くん「光一じゃん!!」
(´>∀<`)「はっ☆彡 違うって!! ふふ☆彡」


太一くん「デビュー5か月前? あっ」


歌う智くんが引きの画になると、その手前でソロで踊る町田くんが。
(´・∀・`)「ああ~」


いいよねえ、町田くんのダンスと智くんの美声の親和性✨✨✨


太一くん「うわ、何かちょっと、おまえ売れ線で行こうと思ってただろ?」
(´>∀<`)「ち……っが、あはは☆彡」


太一くん「ほら、ほら! 首の動き見た!? 今」
いい感じにセクシーです💙
(´>∀<`)「ふははははははっ!☆彡」
パーンと、智くんが手をひとつ叩いた音が高く響いています。


太一くん「『売れるぞ』っていう動きだよ、あれ」
(´・∀・`)「違う(笑) こういう風に何も考えてないっすよ」 


(´・∀・`)「こんなんやったなあ」
太一くん「こういうの恥ずかしくなる?」
(´・∀・`*)「恥ずかしい」
(めっちゃかわいいんですけどー‼️😆)


VTRが終了すると……。
太一くん「どうですか?(笑)」
(´・∀・`)「恥ずかしいなあ……」


太一くん「『アイドル・オン・ステージ』に出てたんだね?」
(´・∀・`)「そう、『アイドル・オン・ステージ』出てましたね、最初」


(´・∀・`)「最初に観た映像がたぶん、初めての『アイドル・オン・ステージ』だと思う」
太一くん「ああ~、そう」


(´・∀・`)「ほんで、いつもラジカセでリハーサルしてるから……音あんまりでかくないんだけども」


(´・∀・`)「ここの、ちょうどここで、ジャァ~ン!! っていきなりかかったときに、真っ白になったの覚えてるですよ」
太一くん「あっ、音が大きくて!?」


(´・∀・`)「大きくて。そんで途中でもうわけわかんなくなって(笑) フッ☆彡 こんなことやって」
と、間違えた振りまでちゃんと再現❗️


(´・∀・`)「もう~(笑) そう、これ最初ですよ」


太一くん「そのあとでも何か、"大野&Johnny’s Senior"?」


太一くん「おまえ何か気持ち良さそうに歌ってんじゃん! 『俺、これで食ってきます』みたいな」
(´>∀<`)「違うって!!(笑)」


太一くん「『俺、この路線で行きます』みたいな」
(´・∀・`)「ちゃうちゃう! あれ、もう辞めようと思ってたときですもん!」


太一くん「辞めようと思ってたとき?」
(´・∀・`)「ええ」


(´・∀・`)「やっぱ最初踊りに興味持って、満足行くまでやろうと思ってて」


(´・∀・`)「わりとあの時期、自分の中で何か、満足……しちゃったみたいで」


太一くん「さあ、じゃあ、そのJr.時代をよく知る人からコメントもらってますので」
(´・∀・`)「おっ」
太一くん「見てみましょうか」


流れ始めたのは町田慎吾くんからのメッセージ‼️


町田くんはグレーのニット帽をすっぽり頭にかぶり、オレンジ色のTシャツを着ていました。


町田くん「はい、ええ、大野さん、元気でしょうか? 覚えてますか? 町田です」


町田くん「『KYO TO KYO』……う~ん、たいへんでしたねえ。たいへんでしたね? あれね」


町田くん「何か色々あって、アパートの風呂場の電球が切れて、しばらく風呂に入らなかったり……」


太一くん(ワイプ)「何で? 替えりゃいいじゃん(笑)」
(´・∀・`)ワイプ「違う。町田が、怖がりなんですよ」


町田くん「ゴキブリが出て騒いだり、送ってきたミカン、ダンボールのミカンを、しばらく放っておいて、『何だ、これ!?』って開けたら、全部腐ってたという」


町田くん「うん、そんなことがあったり」
(´・∀・`)ワイプ「(ボソッと)懐かしいなあ……」


町田くん「まあ、たいへんでしたけど、あれがあったから今……ね? 何があってもへこたれない自分たちがいるんじゃないかと、思うけど大野はどうなんでしょうか? うん」


町田くん「そんなこんなで、色んな思い出があり……」


町田くん「ま、一番、俺と……俺のことを知ってるのは大野じゃないかなと。うん、何か、う~ん、悩んだりとか悩みとか全部、大野に話してた気がするし……」


町田くん「シンメで踊ってたのも、まあ、ここだけの話なんですけど、大野さんが一番しっくり来るんで」
(´・∀・`*)ワイプ「……!」


町田くん「うん、秋山(純)さんに言うと、内緒なんですけどね。うん」


町田くん「また一緒に踊りたいなあと思うし、うん、何か、仕事で舞台とかコンサートとか何でもいいけど、ほんとに一緒にやりたいなあって今、思いますけど」


町田くん「大野さん、どうでしょうか?」


智くんがうなずいたところで、VTRが終わりました。


(※つづく)



●嵐 LIVE DVD&Blu-ray『アラフェス2020 at 国立競技場』7月28日(水)発売!


楽天ブックス予約ページ


タワーレコードオンライン予約ページ


TSUTAYAオンラインショッピング予約ページ


セブンネットショッピング予約ページ


Amazon予約ページ

「青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。