青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog

歌声・ダンス・演技、そしてその心に……。嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。

嵐さん『嵐音』(2000年9月7日放送)文字起こし"嵐ひとり語り反省会"/大野智くん「3日もクソも何もかかってこない」

こんにちは。


スマホの嵐ウィジェット、5月のライブカレンダーが智くんセンターでめちゃくちゃかっこいいですね‼️💙


やっぱり大きいサイズで見た~い❗️😆


そう、今日から5月になりました。


4月に1度『嵐音』の文字起こしをアップしたら、もうあっと言う間です。


今回レポした回では、嵐さんが自分の「ひとり語り」について反省したり、メンバーから感想をもらっています。


智くんの「ひとり語り」については、こちらからどうぞ↓


嵐さん『嵐音』(2000年8月31日放送)文字起こし「大野智ひとり語り"超嬉しかったこと"」遅れていったら翔くんが待ち合わせ時間に起きていて嬉しかった話 - 青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog
 

嵐音(音源2000/9/7・レポート2022/5/1)


(`・3・´)「嵐のインパクトのあるトークをぶちかます! 『嵐音』!」


(´・∀・`)「大野!」
(`・3・´)「桜井(当時の表記で)」
(‘◇‘)「相葉ぁ!」
(.゚ー゚)「二宮ぁ!」
ノノ`∀´ル「松本っ」


(´・∀・`)(`・3・´)(‘◇‘)(.゚ー゚)ノノ`∀´ル「嵐~!!」


(`・3・´)「五人一緒って、ウイ!」
(´>∀<`)「あはははは☆彡」
(‘◇‘)(.゚ー゚)ノノ`∀´ル (笑)


(‘◇‘)「さあ~! やまちゃんからの、命令でですね。先週から今週にかけて、嵐ひとりしゃべりに挑戦しましたが、いかがでしたでしょうか?」


(.゚ー゚)「はい、もう今夜はですね、お互いのひとり語りについての感想や反省をしてみたいと思います」


(.゚ー゚)「では、さっそく行ってみましょ~。嵐ひとり語り、まず最初を飾ったのは翔くんでした」


(.゚ー゚)「テーマは『超ムカついた話』でした。どうでした?」


(`・3・´)「あのねえ、僕のまず反省点としては……」
(.゚ー゚)「はい」


(`・3・´)「あの、『学校で笑わない』っていう」
(.゚ー゚)「あー! 聞いた聞いた聞いた」


翔くんの『超ムカついた話』は、女の子二人組が「櫻井翔、授業中に全然笑わないらしいよ」と言っていたと聞き、「おまえは授業中に笑ってんのか!?」と思ったという話でした。


(`・3・´)「あの、あれはちょっと、雑誌で前言ってて。やや……」
(.゚ー゚)「かぶっちゃった!」


(`・3・´)「でも、お気に入りの話なの、あれは」
(.゚ー゚)「はははっ!(笑)」


(`・3・´)「俺、それ言われたときに、爆笑したの、俺は」
(.゚ー゚)「ああ、なるほどね」
(`・3・´)「そう」


(.゚ー゚)「だからちょっとここでも言っておこうと思って」
(`・3・´)「言っておこう……あの、電波使いたいなっみたいな」
(.゚ー゚)「なるほどね」


(`・3・´)「そして、僕の次はニノ? 大野くん」
(´・∀・`)「あっ!?」


(`・3・´)「大野くん? 『超嬉しかった話』だったけども」
(´・∀・`)「ン゛ッ! ン゛ッ!」(←咳払い)


(´・∀・`)「そう、あれけっかん(結果)嬉しかったからぁ」
(`・3・´)「俺の話しなくていいよ(笑) ほんとに」


智くんの「超嬉しかった話」は、待ち合わせに遅れてしまったものの、翔くんがその待ち合わせ時間に起きたから一番遅刻した人にならずに済んだ……という内容でした。


(´・∀・`)「待ち合わせ時間に起きやがってって」
(`・3・´)「でもだって、結果、新幹線に間に合ったんだって」
(´・∀・`)「そうです」


(`・3・´)「でもほんと、皆さんすいませんでした。遅刻しました」
(.゚ー゚)「は~い」
(´・∀・`)「僕も、すいませんでした」


(.゚ー゚)「続いてはですね……」
(´・∀・`)「続いてはニノだっ」


(.゚ー゚)「『超感動した話』でした」
ノノ`∀´ル「うん」


(.゚ー゚)「聞いた?」
ノノ`∀´ル「聞いた」
(`・3・´)「聞いてたよ」


ニノの「超感動した話」は、ジャニーズに入った中学時代、周りの人たちの態度が変わる中、保育園や小学校からずっと一緒の子だけが唯一、変わることなく接してくれたという話でした。


その子は高校に進学することなく、やりたいことが見つかるまで家業を手伝っている……という、マジで感動する内容です。


(.゚ー゚)「激的な感動の話」
(`・3・´)「あべの話だろ?」


(.゚ー゚)「そう……言うなよ、おまえ、あべとかよぉっ!!」
(`・3・´)「フフフ(笑)」


(.゚ー゚)「どう?」
(`・3・´)「いい話だったよ」


(.゚ー゚)「ありがとうございます」
(`・3・´)「うん」
ノノ`∀´ル「なるほど」


(.゚ー゚)「はい。ま、次はあれですよ、松本さんが」
ノノ`∀´ル「はい」


(.゚ー゚)「『超ビビった話』でした」
ノノ`∀´ル「これね、ほんとね、この間も言った通りにね、普段からね、ビビりっぱの僕にはね、超ビビった話っていうのはなかなか難しかった(笑)」


(.゚ー゚)「聞いた人いますか?」
(`・3・´)「聞いてたよ。大野くんと二人で『おまえ寝過ぎだよ』って話してた」


(.゚ー゚)「ハハハハッ(笑) あ、『おまえ寝過ぎだよ』って話てたの(笑)」
(´・∀・`)「おっ、俺らより寝てるよっていう」


松潤の『超ビビった話』は、歌舞伎を見ているときに寝てしまい、友達と遊んでいるとき一旦家に帰って戻るはずがまた寝てしまい……という話でした。


ノノ`∀´ル「いや、そりゃあないよ! 大野くんよりは寝てないから」
(´・∀・`)「翔くんも寝てるよ!」
(`・3・´)「……ちょっと、その話は勘弁して(笑)」


(´・∀・`)「……相葉ちゃん!」
(.゚ー゚)「ハハハッ!(笑)」
(‘◇‘)「はーい」
(.゚ー゚)「すんごい流れた」


(.゚ー゚)「(相葉ちゃんのテーマは)『笑わせて』」
(‘◇‘)「ねっ! キツかったよ~。しかも俺さ、みんなの聞いてなかったから」


『笑わせて』のテーマで相葉ちゃんがひとり語りしていたのは、「朝、タモリの時間に起きようとしたら寝坊した。小堺の時間だった」など。


(`・3・´)「そうね。俺も大野くんも、最初の『タモリの時間』と『小堺の時間』は悪いけど爆笑した」


(`・3・´)「そう、だから相葉家では、その『12』って数字の部分には『タモリ』で、『小堺』かっていう」


(‘◇‘)「そうそうそう、そうそうそう(笑)」
(`・3・´)「それ、もう、爆笑させてもらった」


(´・∀・`)「レベル上げたな~と思った」
(‘◇‘)「フフフッ(笑)」
(`・3・´)「思った」


(.゚ー゚)「つかみは良かった、確かに」
(`・3・´)「あとね、途中ウケたのあった、何か。『俺、最近、足速くなったんだ~』とかって」
(‘◇‘)「ウヒャヒャ」


相葉ちゃんはさらに、以前のひとり語りで、家の近くのTSUTAYAの閉店が12時で、59分に家を出てダッシュしたら30秒ぐらいで着いた。だから足が速くなったのでは!? とも言ってました(笑)


(.゚ー゚)「な、おまえ出んなよ、そんな時間によー」
(`・3・´)「普通12時までだったら59分には家出ないよ」


(‘◇‘)「出ても30秒で着いたからね。あの距離だよ! ねっ?」
(.゚ー゚)「で、行く、行こうと思ったあなたもすごいと思う」


(´・∀・`)「ふふっ☆彡」
(‘◇‘)「ちょっ、もう延滞がすごかったんだっつって」
(´・∀・`)(`・3・´)(.゚ー゚)ノノ`∀´ル (笑)


ノノ`∀´ル「なーんだ、それ(笑)」
(‘◇‘)「7日、7日。そう、3日置きに電話かかってくんだね、あれは」


(´・∀・`)「え、俺かかってこないよ、全然」
(‘◇‘)「3日でかかって来ない?」


(`・3・´)「3日じゃかかってこなくない?」
(´・∀・`)「何もかかって……3日もクソも何もかかってこない」


ノノ`∀´ル「す~ごい親切なんだよ、だってさ、あんなとこなんかさ、黙ってりゃ黙ってるだけ金取れんじゃん」


(`・3・´)「またさ(笑)、君、ほんと黒いなー!!」
ノノ`∀´ル「黒いよ、俺!」


(`・3・´)「ほんとにー」
(.゚ー゚)「金取れんじゃんとか言うなよ、バカじゃねーの! 死ねっ!」
(´・∀・`)(`・3・´)(‘◇‘) (笑)


(.゚ー゚)「はーい、じゃ、次、大野くん行って」
(`・3・´)「締めんべ、締めんべ!」


(‘◇‘)「ってなわけでですねえ、また機会があったらひとりしゃべりもやりたいなと思っています」
ノノ`∀´ル「はい」


(‘◇‘)「ひとりしゃべりのテーマをですね、ハガキやメールでお寄せください」
ノノ`∀´ル「うん」


(´・∀・`)「ハガキは郵便番号10……2の、え~、8080、Tokyo FM『ラジアンリミテッド・嵐音』の係りまで」
(※現在、募集は行われておりません)


(`・3・´)「では今日は嵐で『台風ジェネレーション』を聴きながらお別れです」


(`・3・´)「それではまた来週、『嵐音』!」
(´・∀・`)(`・3・´)(‘◇‘)(.゚ー゚)ノノ`∀´ル「バイバ~イ!」


(‘◇‘)「う~ん、やっぱり五人は一緒がいいっ!」
(`・3・´)「……日本語変だよ」
(.゚ー゚)「んふふふっ(笑) 五人が一緒はいい(笑)」




●大野智くん雑誌情報


○5/13(金)
「ASIAN POPS MAGAZINE」157号(メディアパル)
《好評連載中のプロのダンサーでユーチューバーのARATAが語る「大野智の凄さ」No13は、ソロ曲"静かな夜に"と"まだ見ぬ世界へ"について》
・楽天ブックス

ASIAN POPS MAGAZINE 157号
・Amazon:ASIAN POPS MAGAZINE 157号

プライバシーポリシー

『青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog』は、嵐のリーダー・大野智くんのファンブログです。大野智くんについて、ラジオ・雑誌・ドラマ・映画・舞台、ダンスや歌やコンサートの情報、TwitterやInstagramのニュースなどをお知らせしています。
「青嵐 Blue Storm 大野智くん Fan Blog」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。